奨学金返済の厳しい現実!無視し続けると大変なことになる?

奨学金の返済が厳しいイメージ

奨学金返済の厳しい現実はなぜ起こる?

Sponsored Link

主に大学進学時に利用する学生も多い奨学金。

その学生時代に借りてしまった奨学金の返済が、今、

厳しい現実として社会問題となっています。

 

近年、世帯年収が伸び悩んでいる現状で

実は大学の授業料は高騰してきていることもあり

現在、このような問題が起こっているのにもかかわらず

まだまだ奨学金を借りる人というのは増えてきているのです。

平成17年度では約99万人だった奨学金利用者も

平成27年度では約134万人に増加しています

大学生2.6人に1人が奨学金を利用している計算になります。

 

奨学金の返済義務が生じるのは社会人になってからなのですが

彼らは社会人になった瞬間から百万円単位の借金を背負っての

スタートになってしまうのです。

これはなかなか厳しい話で、決して『自業自得』ということで

済ませられないのではないでしょうか?

 

というのも、現在、

社会人になってから3ヶ月以上延滞している人が

全国で約17万人にも上るというのです。

数が多ければ救済措置が出るのかというと、

今のところそのような話はなく、

現実は非常に厳しい状況となっています。

奨学金返済が厳しいのか?回収が厳しいのか?

奨学金の返済が厳しいイメージ

奨学金というのは、日本学生支援機構が

奨学金貸与事業として行っているものですが

学生であろうとなかろうと、

はっきりいって『借金』であることに変わりはありません。

そもそもの話として『奨学金』という名前に問題があるのではないか?

という意見も出てきているくらい、

多額の借金に対するイメージを和らげているところがあります。

 

先程も言ったように、奨学金返済を延滞しいるのが全国で約17万人。

そして、日本学生支援機構が延滞している人たちに対して

次々に訴訟を行っているというのです。

2014年度で5039件、2015年度で8495件という数の

訴訟にまで話が発展しているといいます。

 

学ぶために必要な資金が、人々の生活を苦しめる。

ここに大きな矛盾を感じずにはいられないのですが、

そもそも働いた経歴もなにもない10代の学生に

何百万円もの借金をすること自体おかしいのではないでしょうか?

つまり、企業がいま新卒の学生に内定を出しにくく

世帯年収が下がり、将来に不安を抱えている世の中で

無審査で何百万円もの奨学金を借りられるところがおかしい。

それで、奨学金の返済が厳しいとなれば、

しっかり法の力を借りて取り立てに来る。

とても知らなかったじゃ済まされない話ですよね。

 

ちなみに、返済が厳しかろうが厳しくなかろうが、

奨学金を延滞すると、損害遅延金を上乗せして請求されます

借りる時は奨学金として借りるわけですが、

例えば、督促を無視し続けるとブラックリストに登録されます。

返済しなければ裁判にかけられるし、親から取り立てられるのです。

 

面白い話なのですが、まずはブラックリストに登録されるのは

債務者(奨学金を借りている人)が多重債務を起こして

自己破産という逃げ道を作らないようにということですね。

これはつまり、生活が厳しいから支払えない、

じゃあ、自己破産する。という逃げ道を塞ぐという意図があるからです。

この辺りは金融の論理がしっかりと働いているので

債務者が10代であろうが20代であろうが関係ないわけです。

 

勉強するためにお金を借りてまで入った大学で

真面目に勉強して就職してお金を返さないと

非常に厳しい厳しい現実が待っているということですね。

奨学金返済の厳しい現実その2

Sponsored Link

奨学金の返済で一番多いパターンが

月々1万5千円前後の支払いということなのですが、

これは大体約20年近く払い続けることになります

もちろん毎月で、病気や怪我や失業でお金が払えないというのは

原則として通用しない話になります。

 

しかしながら、3ヶ月以上奨学金の返済ができない人が

全国に約17万人以上もいることを考えると、

現実的にその月々の支払いが厳しいことが伝わってきます。

 

【おすすめ記事】

奨学金の返済は何年かかる?学費を自分で払うのは大変厳しい現実

アムウェイ勧誘の断り方|Amwayが看護師の間で広まっている件

 

ある意識調査によると、奨学金を借りて進学する生徒自身

奨学金が『借金』であるという自覚がほとんどないそうです。

つまり、自分が借金をして大学に行くという意識が薄く、

この時点で返済が厳しいというところはある程度予測されるとのこと。

 

また、このような意見もあります。

学生の学びの場を支援するためのものが

社会に出た時に大きな足かせとなってしまうのは問題であると。

奨学金という借金を

お金を借りたことも返済したこともない学生に貸し付ける。

無審査であるから、安易にそれが通ってしまうのも問題。

いまの世の中では奨学金返済もますます厳しくなってきている。

弱者切り捨ての世の中になりつつあるなと実感してしまいますね。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ