アムウェイ勧誘の断り方|Amwayが看護師の間で広まっている件

アムウェイの勧誘の断り方のロゴ

Amwayが看護師の間で広まっている件

最近、医療介護で働いている友人に聞いた話。

『なんか最近よくアムウェイ誘われるんだよねー』

聞いてる私からすると『いまだに?』って感じなのですが、よく聞いてみるとアムウェイが話題になった時期から一世代ずれて、何も知らない若い看護師たちの間でアムウェイが流行っているというのです。

Sponsored Link

言われてみれば、今の20歳は阪神淡路大震災を知らない世代。生まれた頃からB’zもサザンもドリカムも活動していたんだから、アムウェイを知らなくても納得です。

一時期は『ねずみ講』やら『マルチ商法』なんていって、かなり評判が悪かったときもあったと思うのですが、未だに根強く活動を続けているというのが実情のようです。(なんか言い方が悪くなってしまいましたが・・・)

 

そんなアムウェイが看護師たちの間でよく勧誘したりされたりと、密かなブームになっているとのこと。友人もあまりに声をかけられるのでウンザリしているそうですが、その反面、アムウェイが再燃していることを指摘していました。

考えてみれば、病院などで勤務している人を引っ張るには、アムウェイのようにクチコミで商品を紹介していくシステムは最適です。看護師というのはシフト制で仕事をしているので、結構、生活が閉塞的になりやすいところがあります。

Amwayの話をする看護師のイメージ

もともと、クチコミを主体とし、狭いところでの活動を得意とするアムウェイにとっては、外部の人間に相談する機会が少ない看護師たちは、非常に都合のいいお客さんとなるのかもしれませんね。

彼女たち(看護師たち)は、それなりにお給料が良いわりに、夜勤や早出・遅出などによって勤務時間が不規則なので、なかなか友人たちと遊ぶ機会を作ることができないという悩みを持っています。(要するに、潜在的にお金を持っている人たちってこと)

そして、そんな彼女たちに、身体に良いものを使って、ついでにお金を稼ぎ、自由な選択ができる人生を送りましょうと言って、アムウェイがどんなに素晴らしいかを説いていきます。(宗教の勧誘っぽい言い回しになりましたが、決して宗教ではありません)

そして時々、自分たちが行っているパーティーが如何に素晴らしいかを説いたり、そのパーティーに行けるように一緒に頑張っていこうと強く押してきます。

あなたに、『健康に良いものを摂り、健やかなる人生を送り、それでお金を得ながら自分の幸せを追っていくのもアリじゃない?』と思わせるような感じで仲間意識を持たせ、アムウェイに誘ってきます。

Amwayのパーティー

別にそれはそれで構わないのですが、看護師がお金に多少余裕のある職業なだけに(給料の割に多忙なので使う時間がない)、結局はアムウェイの商品を購入して終わりって感じでしょうか?

もちろん、実際にアムウェイの商品を紹介して稼いでいる人もいますし、彼女たちの言うような自由な人生というのも本当にあると思います。

しかし、そんなにうまくいくのでしょうか?

アムウェイは商品は悪くない

アムウェイの商品一覧

よく彼女たちの言う話に『アムウェイは商品がめちゃくちゃ良い』というのがあります。

実際に昔、商品のカタログを見せてもらったことがあるのですが自社工場で製品の品質もきっちり管理し、良い商品を提供しようとしていることは確かです。

 

ただ、よく問題になっているのは紹介制度。

アムウェイの紹介制度は、MLM(マルチ・レベル・マーケティング)というのですが、紹介された人が商品を購入すると、紹介した人に何パーセントの報酬が入るという制度ですね。

これは海外では成功しているケースが多いのですが、日本ではあまり相性がよくないビジネスモデルのように思います。

寄付やチップの習慣がない日本人の感覚としては、やはり自分が商品を購入した分の何パーセントかが別の人のところに入るというのは理解し難いのかもしれません。もちろん、頭では理解できる仕組みなのですが感情的に腑に落ちないという人は多いみたいなのです。

このような背景から、最初は一生懸命知り合いや同僚、先輩、後輩、友人、恋人、親戚など、いろんな人にアムウェイの商品を紹介します。

だけど、けっきょくトラブルになるケースが多いのです。

アムウェイの紹介制度

商品が良い分、値段も決して安くない。その分高品質というところでカバーしているのですが、いまいち日本ではこの仕組が浸透しないんですよね。

このように、知り合いなどに紹介して商品を購入すればするほど紹介者にお金が入るという仕組みから、以前はよく『ねずみ講』と揶揄されたこともありました。(いまだにアムウェイ=ねずみ講という人もいます)

 

要するに、純粋に好きなものだけ購入したいのであれば、正直、アムウェイはお勧めできません。どうしてもそれ以外のところで商品購入を検討してしまうし、必要のないものまで購入する羽目になるからです。アムウェイの商品を購入し続ければパーティーに参加できるし、素晴らしい人にだって出会えるって、冷静に考えれば、好きな商品を購入することとはあまり関係ないですからね。

Sponsored Link

アムウェイ勧誘の断り方

アムウェイといえば、困るのが勧誘です。

思えば勧誘する方も勧誘されるほうも面倒なのですが、うまい断り方があればややこしいことも避けられるので、今回は『アムウェイに誘われたけど興味がないときの断り方』を紹介していきましょう。

 

よくあるパターンとしては、普段あまり関わりがなかった知り合いや友人などから、ある日とつぜん話を持ちかけられます。

看護師の場合なら同僚から勧誘されるはずです。

突然、『最近、どうなの?』とニコニコした感じで接近してきます。(本当にこんな感じの人が多い・笑)

そして、無添加で健康に良いサプリや化粧品の話などをしてきます(基本的にこの時点でアムウェイの商品と言うことは少ない)。

何度かの接点を持つようになるまでは、本題を切り出さない人もいますが、どこかのタイミングでアムウェイの良さを語り出すようになります。ここまで非常に気を持たせるような言い方をしてきますが、すべてはマニュアルに沿ったものです。この辺りはニューウェイズも同じです。

 

アムウェイ勧誘の上手な断り方のタイミングは実はここですね。

相手の勧誘が勢いづく前に『そういったことに興味ないから!』と、ハッキリ嫌悪感を出すことが大切。この嫌悪感というのは非常にポイントで、中途半端な優しさを見せると『まだきっとアムウェイの良さが伝わっていないんだわ』と、謎の勘違いをされるので注意しましょう。

かなりの確率でそう思ってきますから。

アムウェイの鍋など、商品知人の家で発見するAmway商品。あると思います。

 

アムウェイの勧誘にあったら、次のように答えるようにしてください。

『買い物ぐらい好きなもの買うようにしてるから』

これだけで十分です。

ついでに『アムウェイとかめんどくさいからいいよ』と言ってください。

相手もある程度わかっているし、それ以上勧誘してこないと思います。

ポイントとしては以下の点が挙げられます。

 

ハッキリと嫌いだと伝える

友達が居ないと伝える

以前もやったけど続かなかったと方便を使う

 

個人的に1番効果がある勧誘の断り方は『ハッキリ嫌いだと伝える』ですね。

これくらいで人間関係崩れないので安心してください。

アムウェイには勧誘マニュアルがあり、押したり引いたり緩急をつけた勧誘をしてくるので、ハッキリした意思表示をしないと再び勧誘されるのがオチです。それに、たとえ崩れても問題ないくらいに思っておきましょう(笑)もちろん、アムウェイの考え方が自分の中でしっくりくるなら、そういうビジネスをすることは何ら問題はないと思いますよ。

ということで、今回は何かと看護師の間で広まっているというAmwayについて話をしてみました。

ただ、友人・知人にアムウェイの商品を紹介し、買ってもらうことになるので、知り合い相手にビジネスを行うときのリスクは承知のうえで、アムウェイの勧誘に乗った方がいいことだけは間違いありません。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ