パナマ文書日本人リストの有無で議論する前に知っておくべきこと!

パナマ文書日本人リストの有無で議論するイメージ

パナマ文書のデータベースが2016年5月10日に公開され、私たち日本人にとってもパナマ文書のリストは非常に興味を引かれるものです。

5月10日にICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合)がHP上に公開したパナマ文書の中には、日本人個人の名前や企業の名前がリスト化されてあったり、検索によってタックスヘイブン(租税回避地)を利用していたオフショア企業の代表名や法人がわかるようになっています。

 

パナマ文書が公開されてしまったからには、これらのリストがどのように取り扱われ、利用されていくのかに注目が集まりますよね。

すでにネット上では、肯定派・否定派で色々な意見が飛び交ってはいるのですが、現時点ではいまいちはっきりした方向性が定まっていない様子でした。

確かに、ニュースでも取り立てて長く報道するわけでもなく、パナマ文書が公開されたけど大した問題ではなかったという、なんともふわっとした雰囲気を醸し出していますからね。

 

私個人としては庶民派なので、パナマ文書は問題であるというスタンスで、これからパナマ文書で知っておくべき大事なことについて、少し話していきたいと思います。

※当記事は、タックスヘイブンを合法的に利用している方の気分を損ねさせることを目的に書いているわけではありません。 また、これから読まれる方に意見を変えて欲しいとも思っていないので、時間や心に余裕がない方は記事を閉じることをおすすめします。

パナマ文書日本人リストの有無について

Sponsored Link

パナマ文書でリスト化されている日本人や日本企業の名前が、私たち一般の人間でも見られるということで、すでに色々な人が槍玉に挙げられていますよね。

想像していた通りの人や企業の名前がリストの中に有ったり無かったり・・・。

たとえリストの中に有名な人物や日本企業があっても、『海外製品や海外ブランドの輸入事業を興すために会社を立ち上げただけで、そんなのはふつうのコトだよ』なんて言われたら、思わず納得してしまうのではないでしょうか?

 

また『パナマという場所は太平洋と大西洋を結ぶ交易拠点だから、そこに子会社を作るのは何ら不思議なことではない』と言われたり、『節税のための外貨投資をするために口座を作ることに違法性はない』と言われたら、パナマ文書がいくら問題だと思っていても『ぐぬぬ…』と唸ってしまうかもしれません。

すでに、大企業のお偉いさんたちも、『私たちも正直、驚いている』という耳馴染みのあるフレーズで、パナマ文書問題についてはシャットダウンの姿勢を決め込んでいます。

 

さて、手詰まりです…。

うっかりにネットでのノリを会社の同僚や友人たちに持ち込んでパナマ文書の問題を説いても、おそらく、大した関心を持つことなく終わることでしょう。

 

でもね。

日本において、これは、昔からこうなんですよ。

普段、怒り慣れてない人間が鬱憤をつのらせてブチ切れたって、大抵それは滑稽で、おかしい人間扱いされて終わりというのが関の山だったりします。

 

だけど!

腹立たしい話じゃないですか、やっぱり。

パナマ文書の関心度の高さから考えて、理不尽だと思ってる人って沢山いると思うのですが、このままいくとどう考えても『合法論』に押し切られて終わる可能性が非常に高い。 非常に悔しい話ではあるのですが、いつものパターンで終わってしまうのではないかと思ってしまうのです。

 

『結局、パナマ文書は大した問題じゃなかった。ネットでは一部の人たちが騒いでいるけど、テレビやニュースでも問題ないって言ってるし、ただの取り越し苦労だったじゃん』

って思ってる人って、かなり沢山いるはずです。

それが自明の理や自然の摂理だと思っている人、はっきりいって『アウト』ですよ(笑)

パナマ文書問題の理不尽なイメージ

 

こんな面白いパナマ文書問題に注目しないというのは、実はそれは自分の意志ではなく、注目しないようにさせられているからかもしれませんよ。。

陰謀論といった怪しい物ではなく、そういった世の中の仕組みをしらない人が多いので、パナマ文書になぞらえて、それをこれから少し話していきたいと思います。

 ※時々いるのですが、イライラしながらこんな個人ブログに目を通す必要はありませんからね。 安心してください。 現時点でつまらないと思っているなら、この先読み進めてもスカッとすることはありませんから(笑)

パナマ文書日本人リストをどう捉えるべきか?

panama papers illust

パナマ文書で議論するとしたらネット上でのことだと思うのですが、元をたどればそれは、タックスヘイブンへの租税回避疑惑が持たれる富裕層や大企業への怒りがエネルギーになっているんだと思います。

まず、私たちがパナマ文書問題で感じていることで整理しておきたいのが、タックスヘイブンに国家予算を遥かに超える額のお金が流れていっているために、日本の税収システムが機能せず景気が回復しないのではないか?ということですね。

 

この問題を考えるうえで、ここでひとつ質問をしたいと思います。

昨年の消費税収(国・地方)が約21.7兆円あったのですが、これを支払っているのは誰でしょうか?

その答えは『私たち日本国民』となりますよね。

では、それを上回る額のお金をタックスヘイブンに預けていたのは誰でしょうか?

その答えは『富裕層や大企業』となるでしょう。

 

何が言いたいのかというと、両者とも実体がないということです。

例えばの話でありえないことですが、両者の立場を逆にして考えてみましょう。

仮に、消費税をむちゃくちゃ沢山払ったAさんが居て、そのAさんを裁こうという声が高まった場合、Aさんの考えからすると『(なぜみんながやっているようなことで)私の名前が出るのか、正直困惑している』ということになるのではないでしょうか?

 

要するに、今回のパナマ文書で著名人や有名企業の名前があったとしても、『はい、そうです。租税回避やっちゃってましたね』とはならないということですね。

もちろん、こちらも『この度は大変でしたね(にっこり)』とはならないわけですが(笑)

パナマ文書の日本人リストを見たイメージ

 

日本の名だたる大企業がいくつかパナマ文書にリスティングされていますが、コンプライアンス上疑問は残っても、合法であるかぎり責任追及するのは難しいという現状があります。

※『コンプライアンス(法令遵守)』=企業が法律やモラルを守り活動すること。

パナマ文書を世界中にリークしたICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合)も、政治家の道義的責任を追求したり不正を暴くという主旨で公開しているのですが、これは政治家や親族、またはそれらが関わりのある企業が税逃れをしている実態を追求する方が、問題としてわかりやすいからです。

最初のパナマ文書で政治家ばかりが名前に挙がっていたのは、このような背景があったということですね。

 

ただ今回のパナマ文書は、実体がわからないと言えども、巨額のお金がタックスヘイブンに流れている事実を突き止めた大きな『答え』であることは変わりありません。 これをきっかけに租税回避への監視の目を厳しくしたり、消費税増税や社会保障問題などを解消させるだけのポテンシャルを秘めていることはたしかなのではないでしょうか。

『知る』、『知らなくてもいい』は自分の意志なので自由です。

ただ、無関心でいいと考える人は『知っている人だけが得をしてもいい』と暗に認めてしまっていたことになるのかもしれませんね。

パナマ文書で議論する前に知っておくべきこと

Sponsored Link

そして、パナマ文書問題で議論する前に、ぜひ知っておいて欲しいことを話していきたいと思います。

ひょっとするとネガティブな意見に聞こえるかもしれませんが、きっとあなたの役に立つと信じています。

今回は大きなポイントを3つ紹介します。

① 怒りは持続しない

② 相手は格上

③ 正義が勝つとは限らない

では、早速見ていきましょう。

 

① 怒りは持続しない

先ほどはパナマ文書の見るべきポイントを話していったわけですが、なんにせよこの怒りをどこにぶつければいいのか?

フラストレーションは溜まる一方です。

しかしながら、実はこの怒りのエネルギーというのは、私たちが思っているほど長続きしません。

試しにこの半年前、あなたが何で怒っていたかということを思い出して欲しいと思うのですが、いかがでしょう? おそらく、未だに鮮明にその怒りが続いているという方は、かなり少数だと思います。

怒りは大きな原動力にはなりますが、一時のもので、長続きはしないということです。

 

② 相手は格上

そして次に、タックスヘイブンを利用するお金持ちというのは非常に頭が良いということです。

なぜかというと、お金持ちというのはお金を稼ぐ方法を知っているうえに、日本という国の税制システムがおかしいということをとっくに見抜いているからです。 つまり、自分の資産を守ることについて、国を当てにせずに行動に移すことができるほどクレバーだったり、そういうブレーンを扱える立場にあるということです。

そして、私たちがつい最近まで知らなかった租税回避も、色々なダミーや言い訳を用意した上で利用しているので、普通の人よりも頭が良いし、且つ、なかなか手ごわいと思っておきましょう。

中には抜けてる人(議員でたまにいますよね?笑)もいますが、彼らは大抵の場合、二重三重に防衛策を練った上で行っているので、今回のパナマ文書が最大のリークと言えども、冷静に対処するのみです。

 

③ 正義が勝つとは限らない

そして、私たちが振りかざす『正論』という落とし穴もあります。

言い換えると、『正しい方が勝利する』という勘違いなのですが、残念ながら、正しいから勝利を手にできるというのは映画やテレビの見過ぎと言えるかもしれません。

もちろん、子供の情操教育や性善説に基づいた考え方は大事なのですが、ここ一番で勝ちをさらっていくのは事前に色々と企てている人だったりするんですよね。

子供が何か泣いてる時って、あれはあれで正当性を訴えているんですが、結局大人には敵いませんよね。 それと似ているかもしれません(笑)

そもそも、正義が必ず勝つのであれば、お金持ちは皆正義ということになりますよね。

パナマ文書日本人リスト者のイメージ

 

【まとめ】

まとめると、パナマ文書で明らかになった日本人や企業というのは、これらを理解した上で租税回避していると思っておいてください。

パナマ文書やオフショアリークスのようなものが出まわるとは想定していなかったでしょうが、彼らが『知らぬ存ぜぬ~』でこの問題が沈静化していくことくらいは理解しています。

そして、それはあるモンスターによって成り立ってしまうということを知っているのです。

そのモンスターについては、次の記事『テレビがパナマ文書を真剣に取り扱わない事をあなたが知らない理由』で話していきましょう。

【関連記事】
5月10日のパナマ文書、日本企業&日本人リスト!

 

 

とにかく、『パナマ文書問題は日本人には関係なかった』と収束に向かうのはおかしい話です。

5月10日にICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合)が公開したパナマ文書は全体のリストのみ。 ICIJの手元にはそれらペーパーカンパニーのメールのやり取りや、代表者のパスポートのコピーなどもあるそうなので、パナマ文書自体が中途半端な代物ではないことはたしかでしょう。

もしあなたの中で『何か怪しい』と直観が働いているのであれば、少しそれを信じてみるのも悪くはないのではないでしょうか?

少なくとも私はそうと思っているのですが、パナマ文書問題で資本主義のダークサイドが浮き彫りになりつつあるのは間違いなさそうです。

 

ということで、今回も最後まで読んでくださってありがとうございました。

Sponsored Link

One Response to “パナマ文書日本人リストの有無で議論する前に知っておくべきこと!”

  1. かざぐるま より:

    隠してまでお金を溜め込む理由ってどこにあるんでしょうね?
    お金を溜め込んで何をしたいんでしょうか
    自分達が汗水かいて働い(本当に汗水かいてるのはシモジモの庶民ですが)て得た対価を
    無駄に税金にとられるのがヤダって単純な心理からだけなんでしょうかね
    頭のいい?人たちって
    本当はそのいい頭を社会一般に役立つように使って行った方が
    結果的に脳の快楽を得られるんじゃないかと思うんですけどね

    もしかすると
    本当はホントに単純にマネーのゲームをやってるだけ…?
    ゲームはうまく行くと脳の快楽を得られマスからね…

    苦しむシモジモから絞り取った労働の対価で
    ゲームをしているって
    鬼畜の構造になりますねw

コメントを残す

このページの先頭へ