2062年未来人や5月17日の地震は嘘?目的や理由は何なのか?

2062年未来人も5月17日の地震が嘘のイメージ

2062年未来人が5月17日に再び現代に訪れるとのことで、その再訪を心待ちにしている方が大勢いるようです。

もちろん、退屈な日常におけるミステリーとして楽しんでる分にはいいのですが、これで南海トラフ地震だの、東京大地震だのが起きることをマジで心配している人も少なくないようで、見てるこっちが心配になってきます。

 

最近で言うと、ヒラリー・クリントン氏が大統領になったら宇宙人との交信記録を見せるとか、世界中でミステリーブームが再燃しているような趣がありますが、私自身、幽霊をプラズマだと言い切るようなタイプではありませんし、目に見えない世界に対しては、わりと信じているところがあります。

ただ、2062年未来人や予言といった話に水を差すつもりはありませんが、世の中にはそれよりも怖い話もあるということで、今から記事を書いていきたいと思います。

 

要するに、未来人が居るとか、タイムマシンが存在するとか、得体の知れないミステリーではなく、もっと科学的に仕組まれたことに目を向けたほうが、色々と有益だと思うし、体感的にも寒気を感じていただけるのではないか?という話ですね。

ひょっとすると、あなたが関係している現実の話かもしれないんですから(笑)

ということで、前回記事『2062年未来人が2016年5月17日に再訪?地震が再び来る?』の内容を、もう少しくわしく突っ込んで見ていきたいと思います。

 

※前回もそうでしたが、この記事では『2062年未来人は存在しない』という仮定で読み進めるようになっています。 『そんなこと一々言わなくてもわかってる!』とか、『そういう話が好きなんだよ』という方や、ジョークに理解のない方は、この先、読まないことをおすすめします。

2062年未来人は実在する?それとも嘘?

Sponsored Link

『2062年未来人が実在する or それ自体嘘?』

こんなことを人から問われたら、あなたは何と答えますか?

どちらにしろ、

『そんなこと、証明できないんだからわからない』

というのが本心なのではないでしょうか。

 

ちなみに私自身、『未来人は嘘以外の何者でもない』と思っているんですが、まず、未来人が実在するのであれば、2062年の未来からやってきたことが事実であり、その頃にはタイムマシンが存在するということになります。

ここだけ取れば夢のある話であり、想像力をかき立てられるところなのですが、私が一連の未来人の話で一番気になるところは『恐怖心を煽っている』というところです。

 

情報弱者や騙されやすい人、社会的弱者にとって一番嫌なことは、実は『脅かされること』なのです。

生活や健康、借金、人権など、人よりもそれらを失ってしまうことは非常にストレスなり、不安を抱えれば冷静な判断が徐々にできなくなってくるものです。

だからこそ、詐欺やだましの手口、借金取りの脅し文句、宗教の勧誘などにはすべて、『恐怖心を煽る』という心理的誘導が欠かせません。

 

2062年という未来からきた未来人は、現世の私たちを助けに来たと言いながら、やたら恐怖心を煽ることばかり言っている印象があるのですが、申し訳ないですけど、詐欺師がよく使う常套手段なので、未来人の話は到底信じられないように感じます。

 

未来人の話す未来の嘘のイメージ

余談ですが、未来人がわざわざ質問に答えるという形式を取っているのも、想像力に限界があるからでしょう。 本当に未来から来たのであれば、私たちの現代人の考えそうなことを遥かに超えるようなことを言ってもらいたいものです(笑)

 

そして、世の中には科学的な手法を用いて人を騙そうとする人が沢山いるのに、なぜ未来から来たというサイエンス・フィクション的な話の方を信じてしまうのでしょうか。

もちろん、そういうSF的な話を信じる人が多い場所『2chオカルト板』を狙って、わざわざ未来人(と名乗る輩)が降臨しているわけですから、そこはちゃんと論理的に騙されやすい人をターゲットとして狙っていると考えられます。

未来人が嘘か本当かは、正直なところ、どちらを信じていたって良いと思いますが、もしも未来人の話を聞いて不安に思ったという方がいれば、私は胸を張って『それは嘘だよ』と言いたいのです。

未来人が予言する5月17日の地震も嘘?

2062年未来人と5月17日の地震の噂についてひと言

未来人が5月17日に再び現れると予告したことを受けて、その日の前後に地震が起きるのはないかという噂が流れているようです。

南海トラフ地震の周期を過去のデータから換算すると、この30年位内に地震が発生するということになるのだそうですが、未来人の話をうっかり信じてしまうと、ピンポイントで2016年5月17日前後に地震が発生する噂を信じてしまうということになります。

 

私が問題にしたいのは、どうしてそんなネットの書き込みを信じ込んでしまって、地震が発生すると早とちりしてしまうのかということです。

まず前提として、地震の発生がわかるのであれば、然るべき機関がちゃんとその地震を知らせるんですよね。 しかし、それができないから大災害になっているのです。

これが現代における地震予測の限界だということです。

 

しかし、2062年からきた未来人は約40年後の未来からきたから、地震がいつ起きるかわかっている。 そして、2013年に起きた3.11東日本大震災では事前に『山に登れ』という警告をし、2chオカルト板の住人のハートをグッと鷲掴みにしたとのこと。(ここが少し気味の悪いところなのですが、ここは前記事でアメリカあたりの仕業という線で話をしたので端折ります)

 

そして、未来人は『未来の出来事は直接言ってはいけない』ということで、あらゆる未来の出来事をぼやけさせて伝え、正確な日時や名言を避けています。

みんなの代わりに、私が言わせてください。

なら、来んじゃねーよ!

 

ぶっちゃけ、おまえ(未来人)役に立ってないと(笑)

だって、未来人を信じて『地震がくるか教えて下さい!』って聞いたり、こういう記事を検索して見る人がいたり、話の肝心なポイントをぼやかすということは、そもそもの話、最初からいない方がマシなんですよ。

 

だって、わかんないんだから!

試合の結果が出てから、あれはああだった、こういう意味だったって言われても、『バカか?おめーは!』くらい言ってやんないとダメですよ。

日本人は、非科学的なことを楽しむウィットはあっても、こんな子供だましに引っかかるほどバカじゃないって見せてやんなきゃ、いつまでたってもナメられっぱなしで悲しくなります(私ゃ、記事を書きながらココロで泣いてるぜ?)。

 

じゃあ、5月17日に地震が来たら責任取ってくれんの?

ひょっとすると、そんな風に考えてしまうかもしれませんが、このように他人に寄っかかる考え方が危ないという話なんですね。 詭弁に聞こえるかもしれませんが、他人に判断を委ねるということは、実はそういうことなんですよ。

ただ、私はあなたからお金を奪わないので安心してください(笑)

 

え?じゃあ未来人の目的はって?

未来人の目的を聞かれたときのイメージ

それを今から話していくのですが、ある意味、地震がくるこないの話よりも怖い話だと感じるかもしれないので、あなたが今の生活で十分幸せだったり、心に余裕がないというのであれば、この先は絶対に読まないでくださいね^^

2062年未来人の目的は何なのか?

Sponsored Link

未来人が嘘か本当かだけの話なら、『嘘だよ』と言ってハイ終了ー♪なのですが、なんでこんな面倒な話になっているかが気になるところでしょう。

ただ、世の中の仕組みから考えると、ただのリサーチなんじゃないかなって思うところがあります。

 

リサーチ?

何の???

ってことなのですが、日本国民がどれほど騙されやすいかのリサーチです。

ここは私の妄想が入っているのですが、当たらずといえども遠からずなのではないかと思う話で、ネット住民(利用者)がどれくらい情報操作の影響を受け易いかのテストです。

要するに、嘘の情報に対して、どれくらいの反応が返ってくるのかを調査しているのです。

つまり、今まではテレビや新聞で行っていた情報操作や印象操作による市民コントロール(またはその調査)を、今度はネット上で行っているということですね。

 

例えば炎上商法やステルスマーケティング、バズニュースによる印象操作など、いまやネットの影響力を利用するというのはお金になるし、大勢の人を煽動したりライバルつぶしには持ってこいなのですが、それらを規制するための法整備などは現状まったく追いついていません。

もし仮にこれが法律に触れるようなことであれば、即効でIPを抜いて警察辺りが調査してくれるかもしれませんが、2chオカルト板に出てきた『未来人の予言』なんて誰が捜査しますもんか(笑)

 

ただね、印象操作による市民コントロールというのは、集団心理を巧みに応用することですでに実践されているのですが、一部の人間以外そのことを伝えるメリットがないので、当然、ほとんどの人がこの事実を知りません。

だって、普段食す家畜である鶏や豚や牛や魚が、一々反論してきたらやってられないでしょう?

少し乱暴な言い方かもしれませんが、使う側からすると、使われる側が思惑通りに動いてくれればそれでいいだけなんですから。

しかしながら、家畜の世話をしている人に愛情がないのかというと、そういうわけでもありません。 管理する側からすると、人間もある意味、動物と本質的には似たようなものなのでしょう。

 

家畜を殺すときは痛みがないようにするそうですが、その瞬間までも、そんな現実がくることがわからないように大切に育てられます。 それは人間の良心の呵責がそうさせるのか、相手への思いやりからくるものかはわかりませんが、強者の論理に基づいた共生のもと生かされているというだけの話です。

 

2062年未来人が5月17日に嘘を言うイメージ

話が少し逸れたかもしれませんが、そういう市民コントロールのリサーチとして『2062年未来人』の話が出てきたということも考えられなくない、ということです。

そしてもうひとつ、ただの愉快犯の仕業ということも考えられます。

その場合、その愉快犯はネットでの情報で右往左往している人をみて高笑いしてるでしょう。 一時、ドラマや映画でもこういうオチの話が多かったように思いますが、私の印象としてはその可能性は低いように思います。

 

ただ、一環して言えるのは、『未来人が実在して、親切心から現代人に忠告しにきた』というのは『嘘』だということです。 はっきりとその目的や理由は特定できませんが、これだけはガチだと思っています。

もちろん、信じる信じないはあなた次第ですし、私が勝手に妄想していることが正しいというわけでもありません。(私は信じてますが、あなたが信じる必要は皆無という意味です)

【関連記事】
ぜひ、この記事とセットで読んでくださいね。

第一弾!
熊本地震予言者2062年未来人が2016年4月15日に再訪した目的

第二弾!
2062年未来人が2016年5月17日に再訪?地震が再び来る?

 

まとめると私が言いたいのは次の2点です。

・未来人の話は詐欺師のはめ込みに似ている。

・ターゲットはよく飼育された日本人

 

飼育という言葉は正直言ってキツイ言葉です。

きっと普通はこういう話を知る機会はないでしょうし、多くの人はサイトに訪れてもここまで読むことなくページを閉じていることでしょう。 ひょっとすると、ここまで読んだ挙句、嫌悪感を抱く人もいるかもしれませんが、見聞を広めるという意味で『面白い考え方だなぁ』と捉えてもらえたら幸いです。

2062年から来た未来人の話をノリノリで楽しむもよし、『嘘』だと見抜く眼力を養うもよし。

地震対策は当然準備しておくに越したことはありませんが、ただ、必要以上に怖がる必要はないという話ですね。

もし仮に、5月17日前後に大地震がくるようなことがあれば、それは人為的に引き起こされたものである可能性を疑ったほうがいいのかもしれませんよ。(詳しくは地震まとめ記事内参照)

ということで今回も、最後までおつきあいいただきありがとうございました。

Sponsored Link

4 Responses to “2062年未来人や5月17日の地震は嘘?目的や理由は何なのか?”

  1. ゆう より:

    こんにちは。
    今朝? 4月に現れた未来人が
    なりすましによる偽物だったと自白したというスレッドがあったようです。
    http://itest.2ch.net/test/read.cgi/occult/1463442835/

    これに対しても色々な意見がありますし、私自身も多少信じて不安になっていましたので、なんとも言えません。
    ただ、この狼少年のような存在を信じる方の多さ、またその大衆の意見にのまれる異様な空気が本当に恐ろしいと感じました。
    政治・経済でのアメリカの暴挙、日本のひた隠し報道を見ても 何か裏の力が働いているのは納得できますね。。
    安心しきれませんが、冷静な判断力をもっと養わなければいけないと痛感しました。

  2. 匿名 より:

    ですが、3.11も熊本の地震も言い当てたらしいですよね?

  3. 匿名 より:

    地震が人工的に起こせるというなら、本当は何か取引があったのでは?
    デマなら17日を待たずにデマでしたと言えばいいだけの話。
    前日の茨城?の地震が何か警告めいた感じしました。

  4. 名無し より:

    2013年に起きた3.11東日本大震災

    ん?13年?!
    過去改変されたのかな?

コメントを残す

このページの先頭へ