未来人最新予言と2016年以降の南海トラフ地震の可能性について

未来人5月17日最新イメージ

今日は2016年5月17日ということで、未来人と地震の話がデマか嘘かわかる日になるかもしれません。

言うなれば、5月17日が未来人の最新情報となりうるわけですが、2chオカルト板に降臨し『南海トラフ地震』や『東京大地震』についての予言をしてくれるそうです。

 

さて、昨日16日に起きた関東地方での地震による未来人の検索で、私のサイトにも多くのアクセスが集まりましたが、この地震で不安になった方も沢山いらっしゃったようです。

こうなると、『2062年からやってきたという未来人はやっぱりいるのでは?』となるのかもしれませんが、そういうのは少し思考停止状態に陥っててよくないので、地震が起きた時の準備だけはしっかりして平常運転でいきましょう。

ということで、今回は未来人に関して不安を取り除けるような話をしていきたいと思います。

※今回も『未来人=現代人』という前提で話をしていくので、ミステリーを純粋に楽しんでいる方はこの先読まずにページを閉じてくださいね。

2062年未来人の最新予言について

Sponsored Link

本日5月17日に、再び2062年未来人が2ちゃんねるの掲示板に降りてきて、最新予言が訊けるということで何やら盛り上がっているようです。

2ちゃんねるでも嘘や創作話が多いと言われるオカルト板で、ユーモアやジョークがわかるミステリー・ファンだけが楽しんでいた2062年未来人の話ですが、一般の方までうっかり信じてしまって少し大変なことになっています。

そういった方々がちゃんと地震が起きた時の準備しているのかどうかわかりませんが、未来人の話が本当だろうと嘘だろうと地震の備えくらいはしておくといいですね。

【参考記事】
南海トラフ地震はいつ起きる?備えや事前対策、前兆・予兆を確認!

 

さて、未来人については散々否定してきたのですが、昨日16日に茨城県で大きな地震があったから、未来人は本当にいるのかもしれません。 これで未来人の話にも信ぴょう性が高まってきたので、大地震の警戒をしない方がおかしいという考え方もできます。

一般の人たちが未来人の話をバカにして日々の生活を優先し、働いたり、色々なことにうつつを抜かしている間にも、未来人の予言には極力注視して地震に備え、何かありそうな時は身の安全を確保するようにしましょう。

そして、私たちだけが未来人の話に気をつけ、歴史的事件になりそうなことを回避し、この馬鹿げた世界で生き残ることができるのですから!

 

…まぁ、お察しの通りです。

今のは私が考えていることではなく、これが正しい『未来人』の楽しみ方です

ついでに言えば、楽しみながら地震対策もできればいいね、といった感じでしょうか。

2016年以降の南海トラフ地震の可能性は?

5月17日前後の南海トラフ地震イメージ

未来人が再び来ると予告した2016年に大きな地震がくるのではないかという噂があります。

そして、南海トラフ地震についてはここ1,000年間の地震周期の関係で、この先30年以内に発生するのではないかという地震学者の意見なんかもニュースで流れていました。

そして今回問題になっているのは、南海トラフ地震が2016年内に起きるのではないかと噂されていること。 しかも、2016年以降近いうちに。

 

南海トラフ地震というのは、西日本の太平洋側にある断層によって引き起こされる地震で、想定では阪神・淡路大震災や東日本大震災クラスか、それ以上の大地震になるとも言われています。

しかも、いつ来るのかわからない。

なんとなくわかっているのは、この30年の間にいつ起こってもおかしくない地震であるとのこと。

現在、政府が発表している南海トラフ地震の被害想定は死者約32万人規模ということで、東日本大震災の15,000人超や阪神淡路大震災の6,000人超に比べると、かなり大規模な地震であるということがわかります。

ではまず、南海トラフ地震とは?ということなのですが、これは西南日本の下に沈み込んだフィリピン海プレートの境界面がすべり動いて発生する巨大地震のことで、想定では最大マグニチュード9クラスになるとも言われています。

そして、地震の影響範囲は上の図で確認していただきたいのですが、日本のお腹の部分一帯が被害範囲として想定されており、かなり広範囲な上、津波の心配なども警戒されている地震といえるでしょう。

引用元:南海トラフ地震が2016年いつ来ると語る予言者・未来人について

 

確かに南海トラフ地震のような大災害が起こる可能性があるのであれば、私たちにとっても無視できない問題であることは確かです。 しかし、地震予知については、地震学者でもはっきりしたことはわからないそうなので、このように未来人と名乗るネット狂言を信じてしまうのもわからなくはありません。

南海トラフ地震が、5月17日であったり、その前後にピンポイントで起きると予測するのは不可能と言われているだけに、そこで色々な憶測が飛び交うのは仕方のないことです。

 

残念ながら、地震災害を食い止める方法はありませんし、不安になる気持ちがあろうがなかろうが、地震が起きるかもしれないという事実は変わりませんし、それがいつ起きるかもわかりません。 私たちが食料を備蓄したり、有事の際にすぐに行動に移せる準備をしておけば、『あとはなるようにしかならない』というだけではないでしょうか。

未来人の最新予言からわかること

Sponsored Link

5月17日に未来人の最新の予言がわかるということですが、冷静になって考えてみれば、タイムマシンが存在するだとか、予言が嘘とかデマとか当たってるかどうかなんて実はどうでもよくて、未来人の予言(歴史?)を真に受けて浮足立つこと自体が、なんともおかしな話であること気がつくでしょう。

もちろん、冒頭でも話したようにミステリーとして楽しむ分には何も問題ありませんが、そもそも未来人の発言が異常なまでに注目されていることが何ともおかしい。

 

ズバリ言いますね。

それは、『表面上のニュースだけを鵜呑みにしている人たちだけが騒いでいる』ということです。

この事実が証明されただけでも大きな収穫だと思われているかもしれませんし、俯瞰でモノを観ている頭の良い人なら、きっとそう思っているはずですよ。

 

結局のところ、こんな根も葉もない噂をうっかり信じてしまう日本人が沢山いるというところがおかしい。

ひどい場合には、間違った情報を発信する人間が悪いという始末で、調べる時間がないことを理由にして情報の取捨選択もできないというのは困ったものです。 ついでにユーモアやジョークが通じない人も少なくなく、あたり構わずガチギレしているモンスター〇〇みたいな人が増えてきているのは憂えるべきところなのではないでしょうか。

 

未来人の最新情報を求めるのであれば、クソみたいなジョークに対してユーモアやジョークで返せるノリの良さが必要だということですね。 見てる方も仕掛けてる方も真剣だから盛り上がるのですが、あまり外野が『嘘だ!』『嘘だ!』と言い過ぎると未来人が出てきにくくなるかもしれませんよ(笑)

5月17日にやってきた2062年未来人にひと言

とにかく、そういう主体性なく他者に選択を委ねる人が如何に多いか露呈することになりましたが、海外の一部の人からすると、先進国でここまで魅力的なマーケットが拡がっていることこそが垂涎モノだったりします。

未来人の存在の有無よりも、そっちの方が深刻な問題だと思うのは私だけではないはず。

 

未来人も第三次世界大戦がどーのこーの言ってましたが、すでに日本は各国からサイバー攻撃被害を受けている状況なので、それは情報戦争という形で始まりつつあるのかもしれませんね。

戦争の話というと、核戦争とか銃の打ち合いということをイメージするかもしれませんが、それは20世紀までの話で、21世紀ではもっと巧妙な争いが起こっているようですよ。 話が逸れるので止めて起きますが、それでも平和に向かっているというのは間違いなさそうです。

【前回記事】
ぜひ、この記事とセットで読んでくださいね。
2062年未来人や5月17日の地震は嘘?目的や理由は何なのか?

 

ということで、2016年も引き続き南海トラフ地震には注意が必要です。

ちなみに私が未来人の正体だったら面白いですね(笑)

そんなナゾな指摘してくれた人はユーモアがあって素敵です/(^o^)\

また何かあったら追記するかもしれませんが、今回も、最後まで読んでくださってありがとうございました。

Sponsored Link

One Response to “未来人最新予言と2016年以降の南海トラフ地震の可能性について”

  1. また騙されそう? より:

    18何も起きなさそう。
    ワイは普通に生活するでー。
    どれが本当で
    どれが嘘なのか分かんないな。
    原田さんは当たりすぎなので
    それは信じる!
    いろんな未来人がいて
    ややこしいねん。
    18南海トラフ地震こないからな!!
    デマばっかりやんけ。
    また的中したら ほめてやるw

コメントを残す

このページの先頭へ