小林麻央の乳がんは治る?深刻そうだけど早期発見だったのかな?

小林麻央にエールを送る画像

小林麻央さんが乳がんだったというニュースがありました。 さきほど、夫の市川海老蔵さんが緊急会見で小林麻央さんの病状や様子を話していましたが、なんとも辛い話ですね…。

会見で小林麻央さんの乳がんのステージは明かされませんでしたが、どちらかというと深刻な様子みたいで、現在は抗がん剤治療を行っているとのことですが、ちゃんと治るのか心配です。

最近は芸能人のがん報告を聞くと(自分のことを含め)色々と心配してしまうんですが、いつも『早期発見できなかったのかな?』という考えが頭をよぎってしまいます。 特に芸能人の方たちであれば、人間ドッグなどは定期的に通われたりするという話も耳にするのですが、その辺り結構気になるところです。

今回は少し、乳がんについて書いてみようと思います。

【関連記事】
小林麻耶が病名をパニック障害にしてた理由!麻央への愛情が泣ける

小林麻央の乳がんについて

Sponsored Link

小林麻央さんが乳がんだという知らせを聞いた時、『なぜこの人が?』と思ってしまいました。

最近、メディアでは見かけないなと思っていましたが、海老蔵さんを支え、二人の子供の面倒を見て、梨園に入ってから良妻を務めてきた小林麻央が乳がん…。 まだ33歳ということで若いし、小さな子供が二人もいますからね、家族のことや、子供に対する想いを想像するだけで辛い気持ちになります。

すでに1年以上も闘病生活を過ごしていて、これから乳がんの摘出手術に向かって動いているとのことですが、本当に一刻も早く無事に病気から回復して欲しいところです。 ただ、海老蔵さんの会見から察するに少し暗雲が立ち込めている感じなのかなという気もするのですが…、本当に心配です。

最近、姉の小林麻耶さんが倒れたことがニュースで報じられていましたが、こんな理由が裏に隠されていたのだと思うと余計に辛いですね。 5月19日のバイキングの生放送中に体調不良で緊急搬送されたことで、色々な心配事や良くない噂が流れましたが、バラエティでブレイクしたぶりっ子キャラを徹底して貫いていた背景に、妹への励ましが込められてたり、その傍らで妹の生活のサポートだったりと、きっと精神的にも身体的にも限界に近い状態までがんばっていたのでしょう。

それを考えると、小林麻耶さんの姉としての知られざる努力に胸を打たれる思いです。

会見では海老蔵さんがこんなことを話していました。

「家族一丸となって麻央をバックアップしている中、麻耶さんも一生懸命(麻央さんの病気を)隠しながら、一生懸命お仕事をして、この1年間すごく大活躍されている。

ですから、そういった意味でも大変だったんじゃないかな。
家族の中で少しずつ疲れというか、そういうものが出てきてしまったのだろうなと。

麻耶さんも真面目ですし、麻央も真面目。

そういう意味で、本当に素晴らしい姉妹だなと思いますね」

引用元:J-CASTニュース

もともと美人姉妹な上、仲が良いということで注目されていましたが、こういう話を聞くと、本当に仲の良い姉妹であることを再確認させられますね。

とにかく、これで小林麻耶さんへの不快なゴシップもこれで鳴り止むでしょうし、イメージとは裏腹な、この陰ながらの努力に心を打たれた人も多いはずなので、お姉さんの麻耶さんも少し安心して休養していただければと願うばかりです。

小林麻央の乳がんが深刻…。早期発見だった?

kobayashi-mao-01

これ、いい画像ですよね。

本当に良い家族写真です。

小林麻央さんが乳がんということでショックを受けたのですが、今回特に会見を聞いて思ったのが、癌が少し深刻な様子だというところです。

すでに1年ほど闘病生活を過ごしているそうですが、乳がんの早期発見などについてはあまり触れられませんでした。 もちろん、会見で事細かく話すことでもありませんし、家族からすると会見で話すことも大きなストレスであることは間違いありません。 それに、乳がんで闘病生活を送っている方たちへの配慮というものもあったのでしょう。

ただ、小林麻央さんの場合、進行性乳がんということなので、その辺りがどうしても気になったので少し調べてみました。

 

乳がん罹患率最新データ(http://www.nyusen.com/nyugan/01.html)

最初に小林麻央さんが乳がんと診断されたのが1年8ヶ月前だそうで、発覚した時から今までの間、外科手術などは行っていないそうです。 人間ドッグや乳がん検診などで発見された場合であれば、基本的に早期発見ということになるのですが、なぜそこで手術をしなかったのかが不思議に思ったんですね。

 

よく言われるのが、手術しなかったのではなく、手術できなかった場合が多いということです。

つまり、いまから1年8ヶ月前を遡ってみると、第二子長男が生まれて1年と少しの時期だったので、立て続けの妊娠や授乳後の関係故にしこりなどに気づきにくく、乳がんの発見が遅れてしまった。 そして結果的に、手術をするタイミングを失してしまった…、ということが考えられます。

これは可能性としては普通にあり得ることで、小林麻央さんの場合、2011年7月に長女の出産、2013年3月に長男の出産を経ていることを考えれば、授乳などの関係で早期発見につながらなかったという見方ができなくもありません。(あくまでも仮定の話ですが…)

 

そう考えると、会見で手術をしていないというところにも合点が行くのですが、だとしても、なんともやりきれない話でしかありません。

日本人の約2人に1人はがんだと言われている日本社会で、がんで亡くなられる芸能人の方も本当に多いのですが、最近このようなニュースを見ていると、早期発見で事なきを得る場合とそうでない場合があります。 今回は前者であることを祈るばかりですが、乳がんは女性にとっては非常に罹患率が高いがんなので、決して無視できない問題であることは確かです。(乳がんは日本人女性の約26人に1人の割合で発症)

 

乳がん年齢別罹患率最新データ(http://www.nyusen.com/nyugan/01.html)

海老蔵さんは会見で『しばらくそっと見守っていてほしい』との旨を伝えていましたが、小林麻央さんがなんとか快方に向かって欲しいばかりです。

小林麻央の進行性乳がんは治るのか?

Sponsored Link

そして気になるのは、小林麻央さんの乳がんはちゃんと治るのか?ということですね。

小林麻央さんは進行性乳がんとのことで、これに関しては、担当の医師に訊かないとわからないのですが一般的に乳がん自体はがんの中でも比較的治りやすい部類だと言われています。 ただ、リンパ節や他の臓器に転移する可能性もあり、非常に注意しなくてはいけない病気であるので一概には言えないところもあります。

治療法としては、外科手術や抗がん剤治療が思いつくのですが、先ほども言った通り、小林麻央さんの場合は乳がんによる手術はまだ行っていないとのことで、今後の経過に関して、はっきりしたことは言えないということです。

ただ、ニュースでは進行性乳がんとの報じられ方をしていたので、手術できない原因がそこにあるのかもしれませんが、だからといって本当に深刻で治療困難だということを私たちが言える由もないので、完治することを信じて見守っていきたいですね。

それにしても、小林麻央さんが33歳ということで、この若さでの乳がんは他人事ではありません。

そして、小さいお子さんがいることを考えると、どうしても辛い…。

絶対になんとかならなって欲しいものです。

 

小林麻央さんの乳がんの報道について、ツイッターではどのような声があるのか見てみました。

小林麻央の乳がん報道に対するみんなの声

【関連記事】
小林麻央ブログKOKOROは終活?がんが治ると信じ感謝を忘れない

昨年、奥様を乳がんで亡くされた『ニュースten.』清水健アナもツイッターで呟いていますね。

そして、乳がんのニュースを報道するマスコミに対する意見が非常に多く見られました。 海老蔵さんの会見を見る限りでは、あまり騒ぎ立てられたくないという思いを感じましたし、私たちもあまり余計な心配はかけさせたくない気持ちは同じですからね。

旅行へ行ったり、家族での時間を大切にしたいという思いも、有名人である海老蔵さんや小林麻央さんたちにとっては叶いにくい願いなのでしょう。

できるだけそっとしておいてあげたいですね。

そして、小林麻央さんが快方へ向かうことを願っています。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ