コーランとは何か?ダッカテロ人質への暗唱強要について

コーランの聖典

コーランとは、イスラム教の聖典として知られていますが、イマイチどのような内容なのかは知られていないものです。

コーランは基本的に詠唱(言葉に出す祈りのようなもの)するものなので、アラビア語で覚える必要があるため、ほとんどの日本人がコーランに対しての知識がないといっても過言ではありません。

今回、バングラデシュ・ダッカの人質テロで、日本人7人の命がIS(イスラム過激派)のシンパによって犠牲になってしまいました。 そして、彼ら日本人を含む外国人たちが人質として拘束されている時、ISシンパのテロリストたちに『コーランの一節を暗唱しろ』と強要され、答えられなかったものにはひどい罰を与えられたそうです。

なんとも恐ろしい話ですが、今回は、コーランとは一体何なのか?

そして、その内容や、イスラム教とイスラム国との関係などについて、わかりやすく簡単に解説していきたいと思います。

※この記事はイスラム教やコーランについて、まったくわからない初心者向けに書いた記事なので、細かいところなどはかなり抽象的な表現で書かれているので、ご了承くださいね。


(神の言葉:コーラン)

コーランとは何か?その内容について

ここではコーランについて簡単にわかりやすく説明していきましょう。

ひとことで言うと

コーラン=イスラム教聖典

ということになります。

Sponsored Link

コーランはクルアーンと呼ばれることもあります。

わかりやすく例えると、キリスト教における聖書と同じですね。

そして、イスラム教には唯一神アッラーフという存在があるのですが、日本の神道のように八百万の神ではなく、イスラム教徒は基本的にアッラーフ以外の神は認めていないという背景があります。 それゆえに、イスラム教徒の多くはコーランに書かれている厳しい戒律を守り、敬虔なイスラム教徒として自分たちの宗教に誇りを持っています。

余談ですが、昔、ロックバンドBUCK-TICK『楽園』という曲中にコーランをサンプリングしたことで、イスラム教からクレームがついて、CDを自主回収したというのを音楽雑誌でみたことがありますが、それくらいコーランは神聖なものとして扱われています。(ちなみにBUCK-TICKの『楽園』という曲は『SIX-NINE』というアルバムに収録されています)

コーランの詠唱を待つイスラム教徒

基本的にイスラム教徒は、毎日コーランを詠唱して祈りを捧げる時間を持っているので、イスラム教徒は何らかの部分でコーランを暗唱することができるのですが、では、その内容はどのような感じなのでしょうか?

このコラムでは基本的にわかりやす解説することをモットーとしているので、簡単に説明すると、コーランの内容は以下の通りになります。

コーランとは『昔、唯一神アッラーフから最後の預言者に選ばれたムハンマドが、神から告げられた内容を語り、それを弟子が記したもの』です。

要するに『神の言葉』として、天地創造から人間がどこへ向かっているのか、人として生きるとはどういうことなのかが記されています。

イスラム教徒にはよく知られた戒律があり、

  • 朝晩の礼拝
  • 豚を食べてはいけない
  • 女性は肌を露出させてはいけない
  • 平等に愛せるなら妻は4人までOK

など、このようなことはすべて、コーランに行動規範として記されているものです。

そして、コーランといえば、詠唱したときのアラビア語の韻律の美しさでしょう。 この美しさはアラブ人やイスラム教徒のDNAに浸透するほどのもので、コーランはこのような人間業とは思えない韻律の神々しさに、何か特別で神聖なものを感じさせてくれるところが特徴的ですね。

ダッカ人質テロがコーランの暗唱強要

ダッカ人質テロ犠牲者に祈りを捧げるイスラム教徒たち

2016年7月1日の夜(現地時間)に起きたバングラデシュ・ダッカで起きた人質テロ。 その時、ダッカの人質テロの武装集団は、イスラム教の聖典コーランを人質一人一人に暗唱させ、コーランの暗唱が出来なかった者に対して拷問を加えたと言います。

一般的にアラビア語を話せない日本人であれば、『コーランを暗唱しろ』と言われてもほぼ答えることはできませんが、例え非アラブ人であっても、イスラム教徒であるならコーランを暗唱できない人は存在しません。 まるで江戸時代の踏み絵のような話ですが、イスラム教徒以外がコーランの暗唱ができないことを考えると、非常に卑劣極まりない行為と言わざるを得ません。

冒頭でも話したように、コーランは詠唱を繰り返すことで覚えるものなので、イスラム教徒か否かはそこではっきりと分けられることになるでしょう。

ここでは、ダッカ人質テロを行なった犯行目的やその理由については触れませんが、コーランにはジハード(聖戦)という概念があり、簡単に言うと、イスラムの教えに反する異教徒への戦いは神の道として正当化しているところがあります。

もちろん、それは間違った解釈ですし、実際、コーランにはそのような血を流す戦いを認める意味は含まれてないのですが、一部の過激派集団は、それをジハード(聖戦)として天国にいける道だと説いているのです。

これは非常に憂える問題で、IS(イスラム過激派)は己の主義主張を訴えるべく、学のないものや少年兵などを扇動し自爆テロを促すなどの非人道的行為を行なっています。 これは実際に、国際的に大きな問題となっています。

イスラム教徒の女性

今回、ダッカ人質テロ事件の実行犯の多くはバングラデシュ人で、裕福な家庭で育ち、教育水準も比較的高かったと言われていますが、彼らのその頭脳はこんなにも恐ろしいことに使われてしまったことは残念でなりません。

Sponsored Link

イスラム教とIS(イスラム国=イスラム過激派)は違う?

ここではイスラム教についての基礎知識について見てみましょう。

ただ、よくある勘違いなのですが、IS(イスラム国=イスラム過激派)の連中とイスラム教徒似て非なるものです。

いわゆるIS(イスラム国=イスラム過激派)というのは、イスラム教徒を中心とした一部のテロリスト集団のことで、自らを独立国として主張しているのですが、自爆テロや人質テロなどを行い主義主張を訴えることから、世界中のほとんどの国から国際的に避難されています。

当然、世間一般に知られているイスラム教徒とは違うのですが、IS(イスラム国=イスラム過激派)の中には、イスラム教徒にうまく紛れ込んでテロ活動を行うので、正に手段を選ばないテロ集団として国際問題化しています。

イスラム教寺院の美しい画像

イスラム教徒は世界中にいるのですが、彼らの多くはISとは関係ありませんし、敬虔なイスラム教徒からすると、かなりいい迷惑だと思っているに違いないでしょう。

イスラム教は世界中で10億人の信者がいると言われていますし、世界三大宗教の一つとして数えられるほどメジャーなもので、中東アラブの国々にはそれぞれ素晴らしい文化や歴史があり、美しい調和によって成り立っているのは、イスラム教や教典であるコーランのおかげともいえるでしょう。

ただ、一部の西洋文化を憎む過激な人達により、ISとしてテロ活動が行われているということですね。

日本にもイスラム教の人たちを時々見かけますが、彼らがISとつながっていると安易に考えるのは止めるべきですし、彼らもISのテロ行為はイスラム教を地に貶める行為だとして避難しているのは確かなのです。

【関連記事】
コーラン暗唱方法はカタカナで重要な一節だけ暗記!ダッカテロ対策

コーランを持つイスラム教徒

今回はイスラム教やコーランとは?ということでわかりやすく解説しましたが、非常にざっくりした内容になったかもしれません。

このところ、IS(イスラム過激派)が世界中で脅威になっていますが、今回のバングラデシュ・ダッカの人質テロをみるかぎり、日本人は完全にISの標的になっていることがわかります。今後、海外渡航などの予定がある方は、外務省HPなどで治安の最新情報を調べ、細心の注意を払うことが大切だということですね。

Sponsored Link

One Response to “コーランとは何か?ダッカテロ人質への暗唱強要について”

  1. JHVH より:

    確かにコーランには、【豚を食べてはならない】と記されている。しかし、【アッラーは物事をたとえで示される】とも書いてある。そして、【豚】と同じように【犬】も出てくるが、【犬】は、明かにある種の人間を示していると読める。ならば【豚】も、何かのたとえである可能性が高い。
    ただ、コーランの解釈権はアッラーに属し、人には与えられていない。アッラーの神権を犯す行為が、コーランに於ける最大の罪となり、その者は【火獄におとされる】とされている。
    つまり、豚を動物の豚と決めつければ、火獄は免れない。同様に、豚を何かのたとえであると決めつけても火獄は免れない。両方とも、アッラーだけが持つコーランの解釈権を犯す行為だからである。
    今のイスラム教徒は、豚を動物の豚と決めつけているのではないのか???・・・・・・この決めつけこそ、コーランで一番禁止されている行為なのに、決めつけることにより彼らはコーランに違反していることにすら気づかないのか。
    この決めつけの最たるものがISである。そして、彼らISはコーランに定められた通り、現実に火獄の中に置かれている。
    こんなことにも気づかないのか!!!

コメントを残す

このページの先頭へ