桜井誠の支持率が急上昇中?高田馬場駅前神演説!全文書き起こし

 

桜井誠都知事選街頭演説【7/23高田馬場駅】

東京都知事選、桜井誠の支持率急上昇のイメージ

桜井誠氏が東京都知事選に立候補し、東京各所で街頭演説を行っています。

日を追うごとに桜井誠氏の支持率の急上昇が、その街頭演説の聴衆の多さから伺えるわけですが、テレビメディアはそれを伝えることはありません。

今回は新しい公約も宣言し、まさに神演説といえる2016年7月23日高田馬場駅前での街頭演説全文を書き起こしていきたいと思います。

※多少、読みやすく編集しているのでご了承ください。

Sponsored Link

【桜井誠演説】シナ人が行なってることについて

ただいまご紹介に預かりました、東京都知事選に出馬致しました桜井誠でございます。

まぁ、先ほどはですね、新宿駅と、大変多くの人達が足を止められて、そして、耳を傾けていただきました。 そして今ですね、この高田馬場でこれだけ大勢の人達が足を止めて、また同じように話を聞かれてることかと思います。

今日はですね、この高田馬場で一体何を訴えようかと、よくよく考えましたらですね、この高田馬場っていうのは学生街なんですよ。 この先を行きますと、早稲田大学がありましてですね、その早稲田大学のちょっと目の前に、例の『女たちの戦争と平和のミュージアム』、このですね、慰安婦の発火点となったとんでもない場所もあります。

まぁこのように様々な形で、ここは若い人たちの街だと言われております。 しかし、その若者の君達に一つ聞きたいんだけれどもさぁ、『国費留学制度』って知ってます? たしかにこれは国の所轄です。 国の所管です。 これは要するにですね、シナ・朝鮮をメインとして、日本に対して反日ヘイトスピーチをやる、やりたい放題の国からわざわざ、わざわざ日本からお金を払って呼び寄せる留学生。 それを月々17万円…、生活費だけで17万円。 そして学費もタダ。 このように優遇して日本に入れてるんですよ。 それで私は、この問題を5年前から取り上げていまして、5年前に『やめろ』と、『この国費留学制度なんてとんでもない』と…。

 

なぜか?

5年前に東日本大震災も起きました。 あの後、一体何が起きたか? あの後ですね、大勢の若い子たちが、高校に入ったばかりの、あるいは高校を卒業し、いよいよ大学に行こうかという子どもたちでさえ被災し、とてもじゃないけど学校に行けなかったんですよ。 だからその時に、シナ人・朝鮮人を中心とした、反日にとち狂う連中を、国費ですよ? 国が税金で、日本ですよ、これ? 日本の国民の税金を使って呼び寄せる。 「どうぞ来てください」と言って呼び寄せる…。

 

何をバカなことを言ってるんだという話ですよ!

そうでしょうよ? あのですね…、国費留学制度と言ってますけれども、こんなバカな制度をやってるのは日本だけなんですよ!

アメリカ、あるいはイギリスのような国では、自国民よりも外国からの留学生に対して、より大きな負担を求めています。 ところがですけれども、自国民であれば月々10万円で済む学費を、20万円払え、30万円払え…、これが普通なんですよ。

一方、我が国では、相手が朝鮮人・シナ人というだけで、国公立の大学に無料で入れてあげるどころか、生活費の面倒までみる。 これが今の日本の在り方なんですよ。

これ、許せますか?

 

これ自分たちの国のことですよ? あなたたちの国のことなんですよ? これは韓国のことを言っているわけでもないし、アメリカのことを言っているわけでもないんです。

日本のことを皆さんにお伝えしてるんです!

 

ぜひね、いま通りすがりの皆さんも、同じように憤っている人も沢山いると思う。 当たり前です。 先ほどの新宿でも申し上げました。 いま我が国は、我々日本人が、あなたたちと同じ日本人の血を引くものが虐げられ、そして苦しんでいます。 一方、外国人が優遇されるこんな世界は絶対あってはいけないんです! 

多くの人たちはこういうことを言えば、やれヘイトスピーチだ、やれ差別を止めろと言って、我々を攻撃します。 しかし、自分の国を愛することの、一体、どこが差別だよっ!!!

そうだろうよ!?

 

桜井誠の東京都知事選、高田馬場の街頭演説の正面アングル

自分の国を愛すること。 自分の国に生まれたんであればね、あなたたち一人一人にも愛国心の欠片くらい残っているはずなんです。 あなたたちにもです。 ここに今いる全ての人たちに愛国心があるはずなんですよ。

 

そりゃそうでしょうよ。 国がなかったらこうやって話を聞くこともできない。 シリアのように内戦で、ISISというね、とんでもない凶暴、凶悪なテロ組織が誕生する。 すべては国家があってこそ、平和というのは享受されるものなんです!

それがわからないのが、クソ左翼っ!

 

まぁ、ここは先ほども言った通り、早稲田大学のすぐ目の前に、ワムという慰安婦の発火点となった場所がございます。 私、ここに2回ほど行きましてですね、その時はまだ入れたんですよ。 今は入れませんけどね。 あるいは早稲田大学でも抗議活動を行いました。 早稲田大学で抗議活動をやったのは、胡錦濤(国家主席)がやってきて、そして、早稲田大学で演説をやってたんですよ。 講演をやってたんですね。 それで、その時に忘れちゃならないのは、チベット問題…。

 

皆さん、チベット問題はご存知ですか?

何の罪もないチベット人たちが、シナ人たちによって虐待・虐殺されてるんです! 先ほど言った通り、私はヘイトスピーチがどーのこーのと言われております…。

 

(緊急通行のため中断)

 

早稲田大学で、胡錦濤が演説をやりました。 しかしその時に問題になっていたのがチベットです。 1970年代にチベット第二次侵攻というのが行われました。 これはシナがですね、シナ軍が大量にチベットに入り込んで、それで皆さんもご存知の通り、チベットのポタラ宮殿からダライ・ラマ14世を叩き出したんです! そしてその後、その後です、チベットに対してシナが散々、虐待・虐殺行為を行なっております。

 

男は皆殺し、そして女性は強姦されております。 それで皆さんもご存知の通り、シナというのは父系社会、父親の社会です。 ですから、韓国、漢民族の父親と、そしてチベット人の女性…、この間に生まれた子供はシナ人なんです。 シナ人として登録されます。 こうやって行われたのは民族浄化。 あのヒトラーでさえやらなかった民族浄化をやったのがシナなんです!

 

しかも、現在進行形ですよ?

今現在、2015年だったと思います、2015年の統計におきますと、現在チベットにおける純粋なチベット人、お父さんもお母さんもチベット人という子供は、なんと全人口に対して、たった3割です! もう7割が! 7割が漢民族なんですよ。

 

あっという間でした、これ。

あっという間にシナ人によって占拠され、そして、漢民族がチベットを占拠し、ダライ・ラマが戻ってくることができません。 このような社会を築いた胡錦濤が早稲田に来て、学生たちに「平和の尊さを…」と、

…バカにすんなよ!

 

だからね、だから我々は早稲田大学に行って抗議したんです。 このようにね、シナ人や朝鮮人というのは、現在進行形で他民族を、他の民族を弾圧しております。 特にシナ人です。 先ほど言ったチベット人だけではございません。 東トルキスタン…、こういった様々な所で紛争を起こし、現在はインドネシア、あるいはフィリピンと南沙諸島で揉めております。 今ね、このシナの問題、先ほどから皆さんにお伝えしている通りです。 南沙諸島でも、あるいはチベットでも、東トルキスタンでも、どこでも揉めているのがシナ人なんです。 要するにね、戦争したくて仕方がないんですよ、彼らは。

実際、その通りでしょうよ?

【桜井誠演説】新しい公約を発表します!

桜井誠の東京都知事選、高田馬場の街頭演説

それで、問題なのが今の日本です!

今の日本が先ほど言った通り、好戦的なシナを国費留学という、我が国の学生たちを無視して…、今この声を聞いている学生さんがいるはずなんですよ。 その学生さん達、有償の奨学金、要するに将来に渡って、例えば100万円を借りたら返さなければいけない…。 こういうことは皆さんご存知ですよね? この有償の奨学金が問題になっている時に、無料でね!タダで!大学に行けて、無料(タダ)で生活費を保障してくれるって、実際にそうされているんですよ。

これを聞いて、君たち(学生たち)黙ってられるかよ!?

どうなんだ!?

 

この国費留学制度というのは、なぜ始まったのか? 文科省じゃないんです! 外務省がこの予算を取ってるんですよ! なぜか? 皆さんも、もうお分かりの通りです。 シナ・朝鮮は反日国家ですよね。 反日国家の人間を日本に入れて、日本に招いて、そして日本で勉強してもらい、そして国に帰ったら、少しでも日本の良いところを広めてもらおうというのが、この国費留学制度でした…。

しかし、それは失敗したんです!!!

 

未だに反日制度が変わってないじゃないですか? もう国費留学制度が始まって30年40年ですよ? それで、そこで国費留学制度で日本にやってきた数が数十万、数百万ですよ。 しかし、これだけ大量の外国人を、反日外国人を日本に入れて、そして日本で養い、日本で勉強させ、高度の教育を与えて、結果として反日が増幅しただけじゃないですか!

こんなバカなことをやっているのが、今の日本なんです!

 

でね、これが一体、都政とどう繋がるのか?

実はですね、ひとつ提案があるんですよ。 国費留学制度を改める…、これはもちろん国政の問題です。 大変残念ながら、都知事が口を利く問題ではございません。 しかしながらね、都知事にも権限があるんですよ。 東京都内であれば、東京都内の大学に通う子どもたちであれば、大学生であれば、東京都がその奨学金を払いましょう! 大学に掛かるお金を、東京都が払いましょうというのを、私は提案致します!!!

 

もちろんこれにはね、きちんとした財源があります。 私はね、今日ここへ来た取材陣がひとりだけきているんですけれども、なんか産経新聞らしいんですけれどもね。 もちろん他にね、いやちょっと産経新聞のあなたね、これを見て分かる通りね、これだけ大勢の人がいるでしょ? でも、カメラどこにある? テレビカメラはどこにある? ないですよね? うん。 テレビカメラ一台も来ておりません。 完全にこの街宣、これだけ大勢の人が集まっているのに無視されています。 無視して結構! 私はここで皆さんに呼びかけ続けるんです!

そのね、大学生…。 先ほど皆さんに言った通り、21名の候補者が…、メディアは3人しか取り上げません。 たった3人です。 小池候補、増田候補、鳥越候補、この3人以外、18人の候補者をゴミ扱い。 居ないものとして扱われております。 しかしもし私が都知事になったら、どうするのか? 7つの約束を提示し、そして今皆さんにね、新たに公約を!

東京都に通う学生たちに対し奨学金を東京都が払います!

 

それは無償として払います。

お金を返さなくていいんです。 じゃあ、その財源はですね。 この21人の都知事の、都知事立候補者の中において財源を明確にした形で、そして皆さんに政策を訴えているのは桜井誠ただ一人です!

外国人の生活保護を停止する。

これをやっただけで、これをね、私が8月1日…、2日ですか…確か、2日に当選証書をいただければ、その瞬間に! 窓口を閉鎖致します。 これだけでね。 たったこれだけですよ? なんか特別なことをするわけじゃないんですよ。 

 

(緊急通行のため中断)

 

…今言ったとおりね、私は特別なことをするわけじゃないんですよ。 都知事として決断すれば、決意すればね、誰でもできることなんですよ。 それをやろうと言っている。 そして、それをやれば、この一回でいくら皆さん入ると思います? 東京都に。

なんと400億円!

400億もの金が東京都民に入ってくるんですよ!

 

さらにね、反日ヘイトスピーチは許しませんよと…。 これをやれば、朝鮮学校、もちろん現在東京都はお金を出しておりません。 補助金を支出しておりませんけれども、しかし東京都下にある23区が個別にこれを支給している。 それについて、東京都知事として止めることが可能なんですよ! こうやって、一つ一つを見ていけば、財源というのはそこにあるんです! 財源は確かにあるんです! しかしながら、今言ったように財源を確保する、その財源というのは、基本的に外国人、在日韓国人、朝鮮人、シナ人に致されているものです。 

 

この財源に、外国人特権に斬りこむというのは大変厳しい戦いになります!

大変難しいと思います。 しかしながら、いまこうやって皆さんに訴えている桜井だけはね、10年続けて参りました。 この運動を。 もちろんこうやって壇上で皆さんに訴えるのではなく、路上でメガホンを使い、そしてこうやって皆さん一人一人に訴えかけておりました。 それを10年やっております。 思い出してください。 10年前、たった10年前ですよ。 その時、皆さん、何をやってました? 皆さんね、10年前、お子さんが生まれている人、生まれてない人、様々でしょう。 韓国問題、朝鮮問題、シナ問題を、このように言挙げできましたか?

 

誰も言挙げしてないんですよ!

誰もしてないからね、私がやり始めたんです! そして10年経ち、今、多くの人たちがシナ人問題、韓国問題に対して言挙げするようになりました。 私は、これを自分がやったとは言いません。 しかしながら、ここまで来る道筋をつけたのは、紛れも無く我々行動する保守運動なんですよ!!!

 

先ほどから述べている通り、東京都知事になった場合、必ずですね、私は約束を守ります。 だから、できない約束はしません。 「東京全土をアニメランドに変える」とか、こんなアホな公約は私はしないんです! いや、もちろんね、東京全土をアニメランドに変える…、これを秋葉原でやればアキバにいるオタクの皆さんは喜ぶかもしれない。 でもね、できないものはできないんです! それ以上に今苦しんでいる人たちがいるのであるならば、その人達に救いの手を差し伸べる、それが都知事としての仕事じゃないんですか!!!

Sponsored Link

【桜井誠演説】増田・鳥越は論ずるに値しない

この演説はですね、この高田馬場に降りる乗降客の皆さん、学生の皆さんが大変多くいるということで、今日はちょっと予定を変更いたしまして、この演説に切り替えさせていただきました。 もし、学生の皆さんが、この演説を聞いているならば、大学生はもうすでに18歳から1票を投じることができるようになりました。 前回の参議院選挙でもです。 20代30代、この若い人たちがいい加減目を覚まし、そして、投票に行くんです。 行かなければ、東京都政、国政、何も変わりません。 今までと大して変わらんのですよ。

 

これじゃ、イカンでしょ。

みんなそう思ってるんですよ。 だから、今日ここに来てるんでしょ? でなければ、こんなところに来るわけがないんですよ。 メディアもなんにもこない。 カメラもこない。 大変失礼ですけれども、有名人だっていない。 はっきり言いまして、これこそ正に手作り選挙なんですよ。 しかし、それでも! それでもですね、これだけ大勢の人たちが、集まっていただきました。 そちらにもです。 これだけ大勢の皆さんが、メディアに騙されずに、メディアに騙されずにやってきてくれたこと、ほんっとうに嬉しく思います! であれば、そこからもう一歩、もう一歩だけ足を進めて、ぜひ投票に足を運んでください!

 

面倒くさいじゃないんですよ!

あなたたちのね、未来を決める。 これは否が応でも次の四年間! 四年間はね、新しい都知事、新しい都政の元で、我々東京都民は過ごさなければならないんです。 このね、四年間、どうします、皆さん? 

小池百合子候補がいいですか?

増田寛也候補がいいですか?

鳥越俊太郎候補がいいですか?

先ほどの新宿でも申し上げました。 1人はね、移民1千万人を介護職として外国人を受け入れるんですと…、それは移民じゃありませんという子供だまし、こんなことを言っている候補者、あるいは、移民3千万人を受け入れようと言っている候補者、あるいは、韓国に日本はひどいことをしたんだ、だから日本人は韓国に対して償いをしなければならないと言っている候補者…。 反日、売国奴、もうそれ以外の言葉がないんですよ!

 

そんな人たちにね、あなたたちは一票を投じたいですか? 投じますか?

投じるんだったら投じていいっ!!!

投じていいけれどもその代わり、彼らが、彼女が都知事になった場合、絶対に文句を言うな! おそらく、小池百合子候補が今のところ一番人気です。 この人が都知事になれば、おそらく韓国に対して、非常に融和的な政策を取るでしょう。 そして、外国人をね、どうぞどうぞいらっしゃいと受け入れる。 でもその危険性、極めて危険なんだということに気付いていただきたいと思います。 この小池百合子候補ばっかりを、お前は批判するなという声も多数あることは招致しております。 しかしながら、増田寛也候補、鳥越俊太郎候補、こんなのは論外でしょうよ?

論じるに値しないんですよ!

 

桜井誠の東京都知事選、高田馬場の街頭演説別アングル

昨日ですね、その鳥越俊太郎候補について、私50年前と発言したんですけれども、15年前の間違いだったそうです。 15年前にですね、女子大生ですか、女子学生とですね、えーまぁ、色んなことをやっちゃったというですね、話を聞きました。 私なら大歓迎です。 私だったら本当にですね、もうウェルカムですからね。 なぜ私に来ないんですか!? …まぁ、ちょっと論旨が外れてしまって申し訳ございません。 それはともかくと致しまして、要はもう、どいつもこいつも、どれ選んでも同じ、もうこのままだとね、またそのメディアに皆さんが騙され、メディアの情報を鵜呑みにし、そして結局、小池候補か、増田候補か、鳥越候補か知らんけれども、この3人の中から誰かを選ばざるをえないんですよ。

 

これじゃイカンでしょ?

これじゃ、いつまで経っても変わらないんです。 先ほど言った通りです。 いま、この東京都政から、韓国問題、シナ問題、東京都政における外国人問題を根本から変えることができるが、桜井誠ただ一人でございます! このことを伝えまして、高田馬場の早稲田で街頭活動を行わせていただきました。 最後までご清聴、まことにありがとうございました。

 

【関連記事】
桜井誠の都知事選公約は実現できるのか?わかりやすく簡単に説明!

 

【日本人が知るべき真実】
桜井誠が従軍慰安婦について演説!7/27葛西駅|全文書き起こし

以上、7月23日高田馬場駅前での、桜井誠氏の東京都知事の街頭演説でした。

今回は新しい公約も飛び出し、演説を聴きに集まる聴衆の数も増えてきて、ますますヒートアップしてきた様相です。 毎回、魂に響く演説ですが、文字で書き起こすと、また違った印象を受けますね。

Sponsored Link

5 Responses to “桜井誠の支持率が急上昇中?高田馬場駅前神演説!全文書き起こし”

  1. KEN2 より:

    初めまして、都知事選の記事検索してて初見です。(^^ゞ

    桜井誠さんの神演説を文字に起こしてくれるなんて大変な作業だと思います。
    ありがとうございました。m(_ _)m
    小池百合子に勝つのは正直難しいかも知れませんが、桜井さんの勝利を願ってます。

  2. さかた より:

    桜井誠、まじ最高
    もっと広めてほしい
    ブログ管理人さんも頑張ってください

  3. ようこ より:

    はじめまして。いつも拝見しています。
    書き起こし、本当にありがとうございます!
    桜井氏の演説は本当に胸が熱くなりますね。
    私のブログに転載させていただいてよろしいでしょうか?
    よろしくお願いいたします。

    >>どうぞー^^

  4. メイ より:

    桜井誠先生、初めまして。
    以前からツイキャスなどの動画を視聴させて頂いておりました。
    その頃から、先生のおっしゃるお言葉に感慨深い事が多く、とても政治に興味を持つ1部にもなりました。
    今回は都内の色々な場所での多くの演説動画を拝見していて、メディアに負けずこんなにも頑張っている先生を更に応援してしたくなりました。頑張ってください!演説を拝見した方達もとても共感していると思います。先生しか変える事の出来ない政策を東京都から変えていって頂いて、日本人がもっと目を覚ますきっかけになれればと陰ながら応援しております。

    • メイ より:

      管理人さん、この様なサイトを作って頂きありがとうございます。
      頑張ってください。

コメントを残す

このページの先頭へ