桜井誠が従軍慰安婦について演説!7/27葛西駅|全文書き起こし

桜井誠都知事選街頭演説【7/27葛西駅前】

東京都知事選のイメージ画像

桜井誠氏が東京都知事選に立候補し、東京各所で街頭演説を行っています。

今回の桜井誠氏の演説は従軍慰安婦問題について語った2016年7月27日葛西駅前での街頭演説全文を書き起こしていきたいと思います。

※多少、読みやすく編集しているのでご了承ください。

【桜井誠演説】今日は慰安婦問題について語ります。

Sponsored Link

ただいまご紹介に預かりました、この度、東京都知事に立候補致しました桜井誠でございます。

いつもであればね、何せコレがあるもんですからね、あのー、やっぱり何というかね、その別に、パラッツォ(パチンコ店)に恨みがあるわけじゃないんですけれども、やっぱりパチンコ問題は取り上げるべきだと、私も思うんですよ。 まぁ、しかしね、先ほど瀬戸さん(応援演説の人)から皆さんにあったように、実はですね、今朝方ですか…、私もニュースで見たんですが、日韓合意に基づき、我が国政府が、韓国でですね、慰安婦の財団ができると…。 まぁ、これを作るという条件で、10億円を支払うという約束をしていたわけです。 そして、そこにですね、10億円を支払うと…、このようなニュースが流れました。 この件についてですね、改めて皆さんと考えてみたいと思うんです。

確かにね、慰安婦問題と東京都知事に、一体どんな関係があるんだと、こういう方もいらっしゃいます。

 

しかし!

現時点において、例えばですけれども、歴史教育の問題、これで徹底的に日本人は自虐教育に陥っているじゃないですか? その地方自治体における教育、そのトップは東京都知事じゃないですか!

 

はっきり申し上げます。

戦後70年間において、東京都において、教育問題を放ったらかしにしてきたから、こういう事態になってるんですよ! いろんな都知事…、まぁ、美濃部都知事まで遡れとは言いませんけれども、色んな都知事がいました…。 しかしね、教育問題を皆さんに訴えるようなね、あるいはその施策として、教育問題をやってくれた都知事というのは1人もおりません!

それどころかね、より一層自虐教育をやってきたんです。 ですから、今日は敢えてですね、この日韓問題、いわゆる従軍慰安婦の問題を訴えようと思っております。

 

このね、日韓合意…。 一体、何が起きたかと言うと、昨年12月28日です。 昨年12月28日、電撃的に、日本と、そして韓国、それぞれが、この慰安婦問題で合意をしました。 一体、何を合意したんだと言えば、韓国政府側は、もう慰安婦問題は国際的に取り上げることはありませんよと…。 その代わり、日本政府は慰安婦に謝罪し、その上で10億円を支払うと…。

 

あのですね…。

韓国の虚構たるこの従軍慰安婦に、なんで日本が謝らなければいけないんですか!

元がおかしいんですよ。 その一番元が…、今言った話というのはね、もちろん皆さんもニュースで知っているかもしれないけれども…。 でもね、その一番根底にある、なんで虚構の…、あの韓国の慰安婦ですよ? 皆さんご存知でしょう? 26,145円。 現在のお金に直せば、8千万から1億円を、たった2年ちょっとの間に稼いだね、その女に、謝罪しなきゃいけない…。

何ですか、これは?

 

あるいはね、「私は日本軍にひどい目に遭ったんだ」と…。 いつひどい目に遭ったんだ? 朝鮮戦争の時に言ってるんですよ! 朝鮮戦争の時に、ジープだの、ヘリコプターだの、そんなものを持ってきて、「私はもう本当にひどい目に遭った」と言ってるんですね。

で、考えてみればね、朝鮮戦争ってアンタ、もう韓国が独立し、そして国家を宣言した後の話じゃないですか? 日本兵なんか1人もいないんですよ。 で、ジープとか、ヘリコプターとか、そんなものありませんよ?

何ですか、これは?

 

こういうね、虚偽、歪曲、デタラメなね、慰安婦問題に、今の今まで日本人全員が、誰一人と言えども声を上げなかったんですよ。 その結果としてね、大変残念ながら、自虐教育が我々の子供、孫の世代にまで浸透していき、結果として、このような日韓合意が電撃的に、昨年12月28日に結ばれました。 しかし、考えてみればですね、韓国の虚構、デタラメな慰安婦に頭を下げるということは、我々のじい様、曾じい様の名誉を汚すことに他ならないじゃないですか!

 

【桜井誠演説】歴史を捻じ曲げるのは誰だ!

桜井誠の神演説、7/27葛西駅東京都知事選

これね、言い方を変えればね、君たちのじいちゃん、曾じいちゃんたちが、大東亜戦争の際に韓国において、朝鮮半島において、女性を無理矢理拉致し、そしてその女性に性暴行を加えた強◯魔だって言ってるのに等しいんですよ! その等しいからこそね、謝罪をして、ごめんなさいと謝ったのが、安倍晋三なんですよ!

この安倍晋三ね、保守派だなんてバカなことを言ってるアホが居ますけれどもね、

ふざけんじゃないよ!!!

 

我々はね、自分のおじいちゃん、曾おじいちゃんたちに不名誉を負わせるような人間を保守とは言わないんだよ!!!

かつて、我々のじい様、曾じい様たちは、日本のために、あなた達のために、自分の孫のために、なんとかしてね、この国に未来を、希望を見出そうとして、そして、米軍と闘ったんです。 結果は負けました。 これは動かしがたい事実です。 しかしね、その際に、命をかけて日本のために戦い、亡くなった人たちがいる。 それが我々のご先祖様たち。 いまの我々は、命をかけて戦うことはできません。 武器を持つことが禁止されているから…。 でもね、そうであるならば、いまの我々の使命とはなんでしょう。 いまの生きている我々としては、じいちゃん、曾じいちゃんたちの名誉を守ることこそがね、日本人に課せられた義務だと私は信じます!!!

 

よくね…、福島みずほとか、こういった連中がですね、従軍慰安婦は居たんだ、昔の日本軍はひどいことをやったんだと、お前たちは性奴隷を行なった、性暴行を行なった、性獣の子孫だと言って日本人が日本人を罵っております。 であれば、どうぞ遠慮なく首を括るなり腹を切るなりしてね、韓国人に謝罪していただきたいと思いますけれども、彼らは絶対にそんなことをしないんですよ。 結局ね、韓国人というのは、何を言ってもこの慰安婦問題を我々に突きつけてきます。

 

なぜか?

従軍慰安婦…。 まぁ、この事をよく聞くと思います。 しかし、この従軍慰安婦という言葉を作ったのは、毎日新聞の記者、千田夏光というオッサンでございます。 このオッサンが、従軍慰安婦という言葉を作り、そして、吉田清治ですね、この男が『私の戦争犯罪~朝鮮人強制連行』という本を書いて、従軍慰安婦という言葉を広めたんです。 で、その吉田清治のその話を、朝日新聞が特集として、1991年、平成3年に大特集を組んで、皆さんに紹介したわけです。 で、この記事を読んだ韓国が大騒ぎになったんですよ。

 

おかしいでしょ、この話?

何がおかしいか? 本当に慰安婦という存在が、非道な扱いを受けた。 性暴行、性奴隷にされたんであれば、韓国が独立したのが1948年8月11日です。 それ以降、日本は、何にも韓国に関与してないんですよ。 絶対にね、当然のことながら、自分が性奴隷にされたと手を挙げるんですよ。 でも、誰も手を挙げなかったんですね。

朝日新聞が、虚構の…。 虚構というのは、すでに朝日新聞が認めております。 虚構の、この吉田清治の嘘話です。 この話を特集として組み、そして現在、謝罪しましたよね? そしてその特集記事を見た韓国人が、「私も慰安婦にされたんだ」と言って、手を挙げました。 この一番最初に手を挙げたのが、キム・ハクスン、金学順というですね、売春ババァでございます。

このね、売春ババァって言うとね、実はちょっと苦情が入っておりましてね、で、「何で君はね、ババァとかそういう言葉を使うんだ?」とね…、

当たりめーだ!!!

日本人がここまで汚されたら、ババァにババァって言って何が悪いんだよっ!!!

 

当たり前の話なんだよ、そんなもん!

あのねぇ、女性にとってね、ババァとか何とかかんとかいう話を聞くのは辛いと思うけれどもね、でもね、我々のじいちゃん、曾じいちゃんたちが強◯魔って言われてるんですよ!? その時に、本気で怒らなくてどうしますか!?

ババァ、クソババァって言って当たり前なんですよ、そんなもの!

怒ってるからこそね、言葉が汚くなって当たり前なんです。 言葉を汚くしてね、それがいけないって言うんであるならば、遠慮なく私以外の人間に入れてくださいな、一票をね。 もちろん、今日は都知事選の立候補者として、皆さんに訴えるために来ております。 しかしね、それ以上にあなた達に伝えなきゃいけないことがあるから、私はいまマイクを握っているんです! どうかそのこと忘れないでいただきたい!

 

で、先ほどの話に戻します。

この売春ババァがですね、様々な形で、自分は強◯されたと言って手を挙げて、その後ワラワラ、ワラワラと韓国人の女たちがですね、婆さんたちが「私も、私も」と言って手を挙げ、その数がなんと60人、70人、80人! 総計で…、韓国だけですよ、総数で現在、400人近くの慰安婦がいると言われております。 そのうちのですね、すでに200人、300人くらいが地獄に行っておると聞いております。

まだ100人生き残っているんですよ。 でもね、この100人が生き残っている間に、この慰安婦問題を片付けないと、このままだと死人に口なしになるんですよ。

この従軍慰安婦というのは、このまま全滅すれば、地獄にみんな行けばですね、伝説になり、そしてそれに対して、こうやって言挙げすることすらままならない状況になってくるんです。

もうすでにその状況になっております!

 

【桜井誠演説】誰に頭を下げてるんだ!?

桜井誠の神演説、7/27葛西駅東京都知事選、応援者と一緒

先ほど言った通りです。 日韓合意なるですね、不届き至極! このようなですね、日韓合意という合意を結んで、そして、安倍晋三総理大臣が「ごめんなさい」と韓国に謝罪しました。 韓国のこのババァ共に謝罪したんですね。 じゃあ、お尋ねします。

 

我が国のじい様、曾じい様たちの人権はどうなるよ!?

 

強◯魔だ、殺人鬼だと罵られた我々じい様、曾じい様たちは、一体、どうすればいいんですか?

これが事実であるなら、まだわかる! でもね、事実じゃないってことが、今の話ですぐわかるでしょうに。

26145円…。 現在のお金に直したら8千万円から1億円稼ぐ。 そういった慰安婦ババァもいればですね、あるいは、黄錦周(ファン・クムジュ)という、カメレオン売春婦と呼んでるんですけれども、まぁ次から次へと証言を変えましてね…、6回! 6回の証言で、その最初の証言では、「自分は親に売り飛ばされた」って言ってたんですよ。 それが最後になると、「日本兵に無理矢理連れて行かれた」と、このようにコロコロ、コロコロと変わるんですよ。

で、その矛盾を、慰安婦たちに突きつけると、その慰安婦の支援者…、日本人です。 あなた達と同じ日本人が、自分たちの同胞の日本人のじい様、曾じい様たちを罵ってるんです。 「仕方がないじゃない、だって、もうお婆ちゃんたちは、ハルモニたちはもう年をとって、記憶もあやふやで、確かじゃない」んだと…。

そんなもんでね! そんなあやふやな記憶で! 我々のじい様、曾じい様たちの名誉を汚しとんのかっちゅ―話ですよ!!!

 

こんなね、むちゃくちゃが、韓国ではまかり通っています。 そしてそれに、大変、本当に残念ながら、我が国の総理大臣が頭を下げたんです! これ10億円払うとか払わないとかね、そういう問題以前なんですよ。 我が国の総理大臣が頭を下げてしまった…、この事実は変わりません! もちろんですね、国会でも、国会答弁で内閣はなんと答えているか?

「いやぁ、あの時頭を下げたのは、女性の人権を慰安婦にしたことによって侵害したから、だから謝罪したんだ」

と、「決して戦中の日本軍兵士による強◯、あるいは殺人、そういった犯罪行為に対して頭を下げたわけじゃないんですよ」と言っています。

 

しかし他から見れば、その国の総理大臣が頭を下げるというのは、悪いことをしたから頭を下げるんでしょうに! 当たり前なんですよ、それは! どんなに言い訳してもね、それこそ先ほど言った女性の人権というのであれば、一番真っ先に頭を下げなきゃならないのは、

当時、最も多かった慰安婦…。

一体、誰ですか?

 

当時の慰安婦について、秦郁彦先生が『慰安婦の戦場と性』という書籍を書いております。 その中において、きちんと計算しているんです。 2割は確かに朝鮮人でした。 そして、残りの2割がシナ人であったり、現地人であったりしました。 これは事実です。 じゃあ、残りの6割は、一体、誰だったんだ?

日本人の女性なんですよ!

 

であれば、一番最初に頭を下げなきゃいけないのは、日本人慰安婦に対してじゃないですか! その日本人慰安婦に対して何もしていない…。 というよりね、日本人慰安婦で、「私、慰安婦でした」と言って手を挙げる人がいないんですよ。

 

【桜井誠演説】反日資料館はなぜ存在する?

桜井誠の神演説アップ、7/27葛西駅東京都知事選

えー、私ですね、高田馬場にあるワム。 『戦争と女の資料館(wam)』でしたか…。 このワムというところに行って参りました。 2回ほど行ったんですね。 で、なぜここに行ったかというと、このワムというところが、実は日本における慰安婦問題の発火点なんですよ。 常にこのワムという言葉を皆さんね、お家に変えられたら、『慰安婦』、もしくは『従軍慰安婦』という言葉で検索をしてみてください。 様々な所で、このワムという言葉が出てきます。

そして、そのワムにね、実は入れたんですよ。 でも、今は無理ですけどね(笑) それで中に入りましたらですね、まぁとにかく凄かったんですけれども、こう…、マップが貼ってあるんですよ。 アジア地域の。 シナ大陸から、各島々ですね。 フィリピンとかインドネシアとか。 で、色んな所にピンを刺してるんですよ。

それで、そのピンは何かな?と思って見ていたら、このピンが刺しているところが、慰安所があったところだって言うんですね。 で、その慰安所の中の一つに、重慶に刺してるんですね。 重慶にピンが刺している…。

これは一体、どういうことですか?と…。

 

重慶というのは、皆さんもご存知の通り、日本軍が攻撃できなかったから、直接、陸軍兵士が攻撃できなかったから、だから、爆撃を加えたところなんですよ! その爆撃を加えたところに、慰安所があったってどういうことですか?

 

日本兵がパラシュートで落ちていったか? で、パラシュートで(落ちて)慰安婦を買って、その後、パラシュートを抱えて陸から帰っていったわけ? 

んーなわけあるかいっっ!!!

 

どう考えてもおかしいんですよ、こんな話は。 それを、ワムというところがですね、皆さんに広げている、話を…。 ちなみにワムというのは今からですね、15年前ですか…。 15年前に、女性戦犯国際法廷というのを開いております。 この中において、「被告・天皇裕仁!」と、このようにですね、行いまして…、で、先帝陛下に対し、死刑判決を下しております。

とんでもない連中です!!!

 

そして、これは全然関係ない話なんですけれども、その女性戦犯国際法廷が開かれたのが、九段下にあるあの会館ですよ! 九段下の会館。 当然ね、靖国神社の目の前にある会館ですよ。 九段会館です。 九段会館で、なんと天皇陛下…、先帝陛下を有罪とする…、このようなイベントというか、集会というかですね、茶話会と言いますか、こういったものが開かれているんです。

 

これに抗議した人たちも沢山おりましたけれどもね、あまりにも情けない。 同じ日本において、靖国神社を継承しなければならないはずの九段会館が、その靖国神社を否定し、先帝陛下を否定し、戦前戦中の日本を否定するような、そんなフザケたイベントを、自分たちの会館で開かせていたんです!

 

まぁ、これはですね、話が横に逸れましたので戻しますけれども、このように日韓合意というとんでもない韓国側の虚構に対し、我が国の総理大臣が頭を下げたと、何度も申し上げております。 その結果としてね、韓国人たちはもうすでに言ってるんですよ。 何と言っているか? お前たちが何を言ったところでね、結局、自分たちの総理大臣が頭を下げているじゃないかと。

 

これでね、どうするんだと…。

12月28日。 私はこの日を絶対に忘れません! この日に! この日にですね。 日本でいわゆる保守と言われている連中は全員死にました!

誰も生き残ってはおりません!

 

アメリカで、オーストラリアで、ヨーロッパで、慰安婦なんていうものは韓国の捏造なんだ。 だから、彼らがね、売春婦像ですか、これをですね、建てる…。 韓国内で建てるのは、まだ勝手かもしらんけれども、いま現在、世界各地に建てようとしております。

現在も、オーストラリアで建てようと画策しているところでございますけれども、そんなものにね、お金を出しちゃいけない、許可を出しちゃいけないと言ってがんばってる人たちがいたんですよ。 その苦労が一瞬で泡となって消えた…。 それが12月28日なんです!

何を言ったところで、我が国の総理が頭を下げた事実に変わりはないんですよ!

 

【桜井誠演説】自民党を理解しているのか?

Sponsored Link

さて、皆さん、もう一回お尋ねします。

安倍晋三、自民党…。 これは、保守ですか!?

保守なわけないでしょうよ!

彼らは中道左派なんです!

 

自民党が中道左派なら、民進党は左翼! 共産党は極左! 要するに左翼で、現在の日本の在り方を一生懸命討論している。 政策論争をやっているに過ぎないんです。

じゃあね、今の日本において右側、右派政党、右派の政治家、右翼の政治家と言ってもいい。 そういった人が1人でもいますか? 

居ないんですよ。

どこにも居ないんです!

 

だからこそ! だからこそなんです。 私はいま都知事選に出馬し、皆さんに訴えかけております。 慰安婦問題をはじめ、東京都内における自虐教育を改めることができるのは、桜井誠ただ一人です!!!

どんなに言ってもね、先ほど言った通り、自民党というのは中道左派にすぎないんですよ。 その中道左派の自民党が…、自民党から出ております増田候補、小池候補…。 ま、鳥越候補なんてのは論外なんですけれども。 この二人、どっちが勝ってもね、今までの都政は変わらないっちゅーことなんですね。

ま、先ほどのですね、豊洲のららぽーとで皆さんにお話した通りです。

小池百合子議員が、「自民党と戦う」、「私は自民党と戦うんです!孤軍奮闘しております」って言っておりますけれども、でも実際に自民党籍は抜いてないんですよ、あの人?

これ、ただの茶番じゃないですか!?

 

で、その小池百合子候補、週刊誌などが伝えるところによれば、金銭的に真っ黒です。 真っ黒なんですよ。 で、その人が知事になったとしたら…、多分、一番近いところにいるんでしょうけれども、このまんま都知事になれば、かならず都議会と揉めるのは、もう皆さん、お分かりですよね?

彼女は一番最初に「都議会を冒頭解散する」と約束しています。 しかし、そんな権限は都知事にはございません。 都知事が議会を解散できるのは、都議会が不信任案を叩きつけた時のみなんです!

ですから、来年6月に都議会選挙が控えている現在の都議会、これが冒頭解散に踏み切ることは絶対にあり得ないんですよ!

 

で、先ほどの話に戻ります。

議会と知事がケンカをおっ始めます。 そうすれば、議会は何を突っつくでしょう? 当然! 小池新知事の金銭問題を突っつくに決まってるんですよ! そうでしょ? そして、小池新都知事はいままでと変わらず、都議会とナァナァの関係にならざるを得なくなるんです!

「都議会と戦う」というのは、デタラメ以外の何ものでもないんです!!!

 

だからこそね、先ほど、村田さんから紹介があった通り、朝鮮学校への補助金は認められない。 あの…、東京都は補助金を出してないんですよ。 それで、認めるも認めないも…、すでに止めてるんですね、補助金を。 それで、補助金を止めてるもんだから、補助金を止めてると言ってるに過ぎないんです。 彼女は。

 

もし、本気で。 本気でですね、朝鮮学校の補助金を止めるというのであれば、23区、各区でですね、…ここは江戸川区ですか。 江戸川区なんかも朝鮮学校…、というよりですね、朝鮮学校に通う生徒を持つ親御さんにお金を出してるんですね。 これは直接的に、朝鮮学校への補助金ではないという明目です。

しかし、これは実質的に朝鮮学校への補助金なんです。

 

こういった抜け道を、朝鮮学校をディスるような、我々のね、じい様、曾じい様たちを罵って、そのような教育を致すような場所に対しては、絶対に、都民の税金を、日本国民の税金を流さない!

そのように言うのが当たり前じゃないですか!!!

 

…それが、小池百合子という人なんです。

先ほどから言っている通り、このまま行けば、増田候補と小池候補、この二人の争いです。 当たり前です。 朝から晩までテレビをつければ、もう、この二人の顔。 三人目の鳥越候補はほとんど出てきませんけれども。 この三人でテレビの95%以上の放映率・放送率をほこっているそうです。 それに対し、残りの18人。 東京都知事選に立候補しているのは21人です。 そのうちの18名はゴミ扱いですよ。 サラッと名前を読み上げて、そして、この人たちもいますよと…。

こんなんで公平な選挙なんかできるかいっ!!!

 

しかし、今日、これだけ大勢の人たちが平日にもかかわらず集まってくれました。 皆さんはメディアに負けない人たちなんですよ。 メディアの嘘に、デタラメに、騙されない人たちなんですよ。 もちろん、残りね、もう3日になりました。 この3日でね、逆転するのは非常に難しいと思います。

 

しかし!

しかし、まだチャンスは残っていると思うんです。 ぜひね、皆さんの知り合い、お友達でも結構、そういった人たちに私の話を…、あるいは残りの18名。 この人たちの主張を1人でも多くの人に伝えてください。 そして、メディアが伝える3候補と18名を比べて、皆さんが正しいと思う人、皆さんの主義主張と合う人に、ぜひ、一票を入れてください!

いつも言っていることですけれども、私は自分に一票なんぞ入れなくていいと言っております!

確かにね、私は口も悪いと思う。 品格がないと言われればその通りかも知らん。 でもね、あの舛添は一体、何ですか? 舛添にね、皆さんの税金を湯水のごとく使った! 韓国に行き、ソチに行き、イギリスに行ったり、フランスに行ったり、ドイツに行ったり、それで一泊二日で5,000万円を使う…。 こんなことをやる知事が、品格があったんですか?

人格的に優れてたんですか!?

口が良かったんですか?

 

あなた達が選んだこの舛添要一という男は、そういう男だったんです! 決して忘れてはならないのは、その舛添要一を『この人しかいないんだ!』と、『舛添候補しか、もう都知事に相応しい人間はいないんだ』と言ったのが、自民党の安倍晋三、公明党の山口那津男なんです! この二党、自民党と公明党こそが責任を取らなければならない話なんですよ!!!

 

ぜひ! ぜひですね、皆さん。 この声が届いているならば、お家に帰りましたらね。 よくよくご家族と話し合っていただきたいと思います。

本日はですね、葛西駅前よりお届け致しました。 街宣活動を行わせていただきました。 これだけ大勢の方にお集まりいただき、本当にありがとうございました!

【全文書き起こしシリーズ】
偽装された移民問題について演説!7/21五反田駅前

韓国人の通名の真実について演説!7/22品川駅前

国費留学と新しい公約について演説!7/23高田馬場駅前

 

以上、7月27日葛西駅前での、桜井誠氏の東京都知事選の街頭演説でした。

おそらく、多くの日本人が知らない話でしょう。 本来なら、ここで桜井誠氏は都知事選に絡めた話をするべきなのでしょうが、朝のニュースを見て演説内容を大幅に変更したそうです。 正直、このような臨機応変に日本人に大切なことから先に伝えていく姿勢は素晴らしく、いまだに人気投票まがいの選挙活動で都民や国民の目をだまくらかしている三候補とは格の違いを感じました。

もちろん、これを読んでいるあなたが誰を支持しようと自由ですが、正しい情報を伝えるべきメディアが、今回の東京都知事選のような偏向報道を行なっているのは紛れも無い事実です。

 

結局、みーんなお金なんですよ。

よい政治家はお金とは関係ないところで政治を考えられる人。 これは世界中で何千年も前から言われていることです。 答えはいつもシンプルなものかもしれませんね。

さて、あと残すところ3日間の選挙活動ですが、桜井誠氏にはぜひ、多くの都民、国民に真実を伝えていっていただきたいと思います。 もちろん、誰を支持するかはあなた次第です。 ぜひ、投票所に足を運んで、あなた自身の意思表示をしていただきたいと思います。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ