NHKなぜ受信料が必要かわかりやすく!ネット配信でも有料化?

NHK受信料についてのイメージ

NHKの経営委員長がネット閲覧者からも受信料をとる必要があると発言したそうで、そのことが何やらネットで話題になっていました。

以前、東京都知事選の際に『NHKから国民を守る党』の立花孝志氏の政見放送の書き起こしをしたことがありますが、今回もやはりスクランブル放送についての議論がネットで沸き起こっています。

ただ、実際にNHKのネット配信での受信料の徴収するといっても、そんなことが可能なんでしょうか? 当然、それに反発する国民も多いと思うので、今回は改めて、NHKの受信料がなぜ必要化についてわかりやすく記事を書いてみたいと思います。

Sponsored Link

NHKなぜ受信料が必要かわかりやすく!

まず、なぜNHKには受信料が必要なのかわかりやすく答えると『企業CMがないから』です。

民放の番組でCMがこれでもかと流されるのは、その製品・商品を作っている企業がテレビ番組の制作費を出してくれているからです。 NHKには、そういったスポンサーが付いてないので、番組制作費やNHKの運営費を国民が受信料として支払わなくてはならないという理由があります。

 

ではなぜ、NHKが企業スポンサーを付けないのかというと、『情報の公平性を維持するため』です。

例えば、民放での視聴率競争のように視聴率優先番組に偏ったり、特定の勢力や団体に媚びうることなく、国民が必要とする情報を公平に届けるために、公平に国民がNHKの受信料を支払わなければならないということですね。

そして、その延長線上で、緊急時や災害時に必要な情報を届ける役割も担っています。

NHKになぜ受信料が必要かをわかりやすくひと言でまとめると、『もともと利益を追求しない国民のための情報発信してるんだから、税金並みに徴収して当たり前』ということですね。

NHKネット配信でも取る気満々!

NHK受信料に対するデモ

じゃあ、NHKの受信料は税金で賄えばいいじゃないかと言う意見もありますが、NHKはあくまでも国民のための放送なので、税金で予算を組んで国会でなんだかんだしてる内に、どうしても政治的な介入を避けて通れなくなります。 すると、やはりそこで偏った内容になってしまうことが考えられるということですね。

ちなみに、以上が建前的な意見と言われています。

しかし、NHKの本音を言うと、おそらく税金になると職員の給料は激減し、予算も削られるので、今のような殿様商売(大胆に予算を使った番組構成)ができなくなるからでしょう。

NHKの実態については、上記リンクから立花孝志氏の記事をご一読いただければと思いますが、以前に比べてNHKの受信料の徴収については段々と厳しくなってきたところがあります。 それは時代に伴う不景気の影響ももちろんあるのですが、それに加え、視聴者が徐々にテレビからネット視聴へ移り、NHKの受信料徴収についての情報が、幅広くネットユーザーの間で交換されてきたところがあるのでしょう。

以前よりNHKは放送法の改正を訴え、より国民からの受信料の徴収を強化したいと考えているのですが、今回さらに、NHKの石原進経営委員長がネットのみでNHKを見てるユーザーから受信料を取るべきだと発言したということですね。

 

NHKから絶対に受信料を取られない人

いやー、受信料を取る気満々ですね。

ネットがあるからテレビを見ないという層が増えてきているのか、それともそう言われて『ぐぬぬ…』となって引き返すNHK受信料徴収員が多いのかわかりませんが、要するにもれなく全員から受信料取りたいということですね。

実際にネットしか見ないユーザーから受信料を取ることが可能かどうかはさておき、その前に放送法の改正が必要だそうですが、ニュースによると総務相幹部は将来的な法改正に肯定的なんだそうです。

なんだかJASRACみたいなしつこさですが、結果的に国民の反感を買うことになったら意味がないような気もするんですが…。 あ、すでに国民の反感を買ってるか(笑)

まぁ、NHKの新社屋の建設費が3400億円ですからね。

徴収率3/4程度で黒字経営、職員の給料は軒並み高水準ときて、まだまだ受信料を国民から取る気満々というのは何ともすごい話です。

Sponsored Link

NHKはスクランブル放送にするべき?

さて、NHK受信料の話題が出る度に『スクランブル放送にするべきだ』という議論が沸き起こります。

スクランブル放送とは、受信料が必要な番組をそのまま垂れ流すのではなく、契約者のみに放映するという意味です。 簡単に言うと、NHKを見たくない人にはテレビで流さないようにできる放送システムにしてくださいということですね。

結局どういことかというと、『NHKを見る見ないは視聴者に決めさせろ!』ってことなのですが、例えば、電気、ガス、水道なんかは支払いが滞ると、最終的にそれが止められるのに、ライフラインでも何でもないNHKがなぜそこを飛び越えてくるのか納得ができないということですね。

 

今回、ネットが繋がっていれば受信料は支払うべきだと言っていますが、こうなると、テレビとネットがない家庭以外からはすべて徴収できることになります。 NHKの言い分からすると、ほんの10秒程度見ただけでもNHK放送を利用したということなのでしょうが、たしかにそれで高額の受信料を取られるのであれば、いっそのことスクランブル放送にしてくれた方が良いという人の意見も合点がいきます。

そして、今は昭和と違って、緊急時や災害時と言えども民放各局が緊急特番をしたり速報を打ってくれます。 地デジ化でデータ放送ができるようになったことから、NHKに必要性を感じるのかといえば、そうではないと答える視聴者も格段に増えてきていることでしょう。

 

NHKスクランブル放送のイメージ

スクランブル放送を認めてしまえば、NHKとしては受信料が激減します。 そして、インターネット上の動画で間に合う事実が広まってしまえば、NHKとしてもいままでどおりの殿様商売ができなくなることは明白でしょう。

いま、世の中が不景気で、既得権益者に対する風向きがきつくなってきているので、NHKとしてもこの問題の糸口を早く掴みたかったのかもしれません。  ただ、それはわかるんですが、ネット配信でも受信料を取る件に関しては、時期尚早だった感も否めませんし、吉と出るか凶と出るのかは微妙なところですね…。

ただ、ネット上の意見を見る限りでは『大凶』でしたが。

【関連記事】
立花孝志都知事選政見放送全文書き起こし!公約はNHKをぶっ壊す!

ちなみに『NHK徴収員撃退シール』なんてものもあって、効果はテキメンだそうです。 気になる方は、ぜひ記事上部の『NHKから国民を守る党』の立花孝志氏のリンクから辿ってみてくださいね。 立花氏は元NHK職員だったというところが面白いですね。

過去に何があったのか気になりますが…(笑)

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ