乙武洋匡離婚!なぜ最終的に離婚を選んだのか?本当の理由とは!

乙武洋匡、離婚を報告

乙武洋匡氏がとうとう離婚しましたね。

今年春ごろの不倫騒動では最終的に妻・仁美さんともう一度やり直すということでまとまったはずですが、最終的に離婚という形を取ることにしたそうです。

一時は、乙武洋匡氏が妻であった仁美さんに謝罪させたことで大炎上し、世間からは尋常じゃないくらい大バッシングを受けました。 約一週間後に関係者のみで行われた自身の誕生日会では、仁美さんのスピーチが感動したという参加者たちの声で、とりあえず幕引きという感じだったのですが、いやはや、残念な話です。

乙武洋匡氏は話し合いの上、合意のもと、離婚するとのことでしたが、最終的に離婚を選んだ本当の理由が何なのか気になるところです。

というわけで、今回は乙武洋匡氏の離婚についてみていきたいと思います。

乙武洋匡なぜ離婚?

Sponsored Link

乙武洋匡氏が離婚するニュースが流れ、関連記事のコメント欄は結構荒れていました。

一番目立つのは、乙武洋匡氏の奥さんへのねぎらいのコメントですが、それ以外は乙武洋匡氏へのバッシングで大半が占められていました。

今回、乙武夫妻が離婚に至った最大の原因は、もちろん乙武洋匡氏の不倫問題です。

複数名の相手の中には、親しいヘルパーさんもいたそうで、三人の子供の子育てや乙武洋匡氏への身体・生活介助などを行ってきた奥さんへの背信行為として、世間からは大バッシングの大ブーイングでしたからね。 『離婚して当たり前!』という声が多いのも頷けます。

それ以外にも、レストランで障害者差別だというクレーマー問題や、女性にはかなりだらしないところがあったなどの過去も次々に暴露され、あと一歩で参議院選挙に出馬しようというところからの乙武洋匡氏の大転落は、多くの人から関心を持たれたニュースとなりました。

まぁ、そんなこんなでバタバタした話も、妻・仁美さんの乙武洋匡氏の誕生日会のスピーチで一旦丸く収まったはずなのですが、なぜ時長くせず離婚が決定することになったのでしょうか?

乙武夫妻が最終的に離婚を選んだ本当の理由とは?

乙武洋匡が将来を考える

乙武洋匡氏が離婚を選んだ理由については色々と憶測が飛び交いますが、一時は仲直りしたかのように見えたところを考えてみると、本当の離婚理由というのは何だったのでしょうか?

振り返ると、妻・仁美さんは夫である乙武洋匡氏の不倫が発覚した時に、いの一番に自身が謝罪するという形を取りました。 できすぎた妻であるがゆえに、このニュースに関心を持った人たちからは『もっと怒っていい!』という声もたくさん沸き起こりました。 それでも、その後は乙武洋匡氏が猛省するということで場は収まったようですが、結局、離婚という道を選ぶことになりました。

普通に考えれば、乙武洋匡氏の不倫が原因ということになるのですが、やっぱり仁美さんの方が許せなかったということでしょうか?

個人的には、おそらくプライドの高い乙武洋匡氏の方が許せなかったんだと思います。 乙武洋匡氏は非常に頭の回転が早く、弁が立つので、たとえ自身が五体不満足であろうとも、自分の中のプライドは高い位置にあるはずです。 そして、不倫相手が複数名いて、発覚時の開き直りの様相から考えるに、かなりの自信家であることは間違いないでしょう。 そんな男が、これから嫁さんに頭が上がらないというのはプライドが許さないんだと思います。

確かに乙武氏は、いままでも嫁に頭が上がらないアピールをしていましたが、子育てを任せっきりでの不倫三昧や、自身の不倫について嫁に謝罪させている辺り、主導権は乙武氏にあったと考えられるので、いわゆる男性によくありがちなパフォーマンスだったのでしょう。

しかし、これからは世間の目の監視つきなので、これまでのように主導権は自分にはありません。 おそらく、嫁である仁美さんが主導権を握るというより、世間の目を意識して生きていかざるを得ないということになります。

これは乙武氏にとっては耐えられないのでしょう。

不倫が発覚してから、乙武氏が失ってしまったのは威厳です。 少し言いすぎかもしれませんが、世間が乙武氏に求めてるのは『一障害者としておとなしくしていろ』というものです。 乙武氏のアイデンティティを守るためには、こういった世間の重圧から逃れるしかありません。

となると、乙武氏の言うように、父親としての責任(おそらく養育費のこと)を果たすという表現を使いつつ、離婚という道を選ぶことも理由としては十分に考えられるのではないでしょうか?

もちろん、そのような話し合いがあったのかどうかは本当のところわかりませんが、夫婦間で子育てのことを考えた時に、これまでのような結婚生活は家族にとってメリットがないと判断したのでしょう。

乙武洋匡の今後はどうなるのか?

Sponsored Link

まぁ、思うまま書いてみましたが、乙武洋匡氏が離婚したということは、今後、いったいどのような道を歩んでいくのでしょうか? 実際には、障害者福祉業界ではスター的存在ですし、五体不満足などの印税も数億円はあるとの見方から当面生活には困ることがないでしょう。

世間一般からのバッシングが強くても、彼の話を聴きたいという人はたくさんいます。 たとえ、テレビでその姿を見なくなったとしても、障害者福祉の世界だけでもかなり仕事はあるはずです。(基本的に福祉の本質を考えれば仕事がなくなることはない)

乙武氏のクレバーさとメンタルの強さを考えれば、これからも3人の子供の養育費をきちんと払いつつ生活していけるのではないでしょうか?

きっと、それが乙武氏にとっての責任なのでしょう。

それに、15年もの間、寄り添ってきた仁美さんこそ、その辺りの事情がわかっているのかもしれません。 離婚という形が必ずしも不幸の道とは言えないように、乙武夫妻の離婚も、お互いの幸福を考えた上でそれに近いものがあっても決しておかしくはないですからね。

個人的には、家族の繋がりはずっと続くんじゃないかと思ってますが、乙武洋匡氏はとてもクレバーな方なので、自分で巻いた種とはいえ、この逆境もうまく乗り越えていってもらいたいものです。

ただ、政治の道はしばらく閉ざされてしまったことは言うまでもありませんが…

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ