神宮外苑イベント火災原因が酷い…被害男児遺体をネットで晒すな!

神宮外苑イベントの木製建造物

2016年11月6日、東京・神宮外苑イベントに展示されていた作品が燃え、5歳男児が死亡するという事故が起きました。 ニュースは速報で入っていたのですが、よくよく出火原因が報じられると、よくもまぁ、こんな安全性に難ありの作品を展示していたなと憤慨してしまうのでした。

そして、イベントでは沢山の人が集まっていたのか、消化活動後に発見された被害男児の遺体が、なんとネットの掲示板に画像として上げられていました。 この火災の原因にもなった作品の安全や危機管理の杜撰さもそうですが、ネットで男児の遺体を晒しているクソバカどもに怒りが止まりません。

今回は、この神宮外苑の火災事故がどのようなものだったのか見ていきたいと思います。

神宮外苑イベントで火災

Sponsored Link

2016年11月6日午後5時過ぎ、火災が起きたのは東京・新宿区霞ヶ丘町で行われていた【東京デザインウィーク2016】というアート系イベントで、展示されていた展示品が発火して延焼し、5歳男児・佐伯健仁(さえき けんと)くんが死亡、助け出そうとした父親と別の男性2人が怪我をしたというニュース速報が流れてきました。

神宮外苑火事のニュース

焼けたオブジェ(展示物)は日本工業大学『新建築デザイン研究会』によるもので、高さ3メートル、幅5メートル、奥行き2メートルほどの木製ジャングルジムで、出火時、このオブジェの中に入り遊んでいた5歳男児が火事に巻き込まれたとのことですが、警視庁は使用していた照明のライトによりオブジェ内のおがくず(木くず)が燃えた可能性があるとして調べを進めているそうです。

 なんとも奇妙なニュースに面食らう思いですが、5歳男児を火の中から救い出そうとした父親を想像すると胸が締め付けられます…。 出火原因は一体なんだったのか調べてみると、調べるまでもなく燃える前のこの日本工業大学・新建築デザイン研究会のオブジェを見て合点がいきました。

詳しく見ていきましょう。

神宮外苑イベントの火災原因が酷い…

出火前の木製建造物

神宮外苑イベントで火災といっても、最初は屋台の火回りの不始末からの引火辺りかと考えたのですが、火災の原因を調べてみるとそれ以上に最悪でした。 悪くいうと、燃やすために組み立てられたともいえるオブジェで、風通しの良い組木、引火しやすいおがくずの山、高熱を発する投光器、タコ足配線、乾燥しやすい季節と悪条件が重なっているように思えます。

木製建造物の出火原因(オブジェ内部の様子)

この木で出来たオブジェは『素の家』という名前だそうで、コンセプト的には何となくオーガニックで自然の温かさを表現しているようですが、今となっては燃える前の画像を見るだけで背筋が寒くなってしまいます。 当然、『素の家』と銘打っているので、人が中にはいって体感できるようにはなっていたのでしょう。 少なくとも、このオブジェの作りからして子供が入ることは容易に想定できます。

ただ、このようなオブジェを作ってしまった日本工業大学の新建築デザイン研究会の学生たちは論外として、建築のプロを目指すような学生たちや、主催者、その道に詳しい人が集まるイベントで、誰もこのように火災を招くような事態を想定できなかったのでしょうか?

そして、消火器の設置や、人員配置、火災の想定などの危機管理はきちんとなされていたのでしょうか? もちろん、このオブジェの火災は事故で、想定外のことだとは思いますが、幼い子供が亡くなっていることを考えると安全管理が万全だったかというと甚だ疑問でなりません。

出火前の木製建造物(どう考えても燃える作りになっている…)

ニュースで流れているように、展示物から燃え盛る火の感じを見れば、恐ろしいほど危険なものだったと思わざるを得ませんし、実際に展示物の中に飾られてあったバカみたいに大量のおがくずやワラをみれば、少しの引火でも一瞬で火の山になってしまうことは容易にわかることでしょう。

この展示物を作ったのは日本工業大学建築学科の生徒だったそうですが、タコ足配線の電流の許容量を超えると発熱したり、白熱電球が素手で触れないほど熱を持つことや、おがくずやワラが燃えやすく着火時に使われるものであるという基本的なことさえ知らなかったのでしょうか?

とてもじゃないですが、そこまでバカだとは思えません。 だとしたら、学生たちの防災設計が甘さが原因だとしか考えられないのですが、そこに怠慢な気持ちがなかったのか問いただしたくなります。

日本工業大学工学部の学生たち

安全管理が行き届いてなければ、そもそも人の触れていい距離に置いていいアートデザインではなく、ただの危険建築物以外の何ものでもありません。 もちろん、この学生たちにそんな気はないのはわかりますが、それにしても悔やむに悔やみきれない話です…。

火災被害の男児遺体をネットで晒すな!

Sponsored Link

この神宮外苑のイベントの火災ではもう一つ腹立たしいことがあります。 それは、火災で死亡した男児の遺体をネットで上げている人です。

悪いですが、これも安全管理意識が抜け落ちていた学生たちと変わらず、良識がありません。 スマホですぐに画像が撮れるからといって、興味本位で死体にスマホを向ける神経には辟易します。 非常に残念な話ですが、これは本当に憂えるべき話です。

現代では、テレビが報じるよりも様々な情報を素早く手に入れられることができますが、親の気持ちを考えると軽々しく遺体をネットに上げるべきではないでしょう。 ただでさえ愛する我が子を失っているのに、これではあまりにも可哀想です。

共感ツイート

【関連記事】
神宮外苑イベント火事の全責任が日本工業大学に?学生や主催者は?

父親もこの火災で怪我を負ったそうですが、きっと自分の命に代えてでも子供を救いたかったでしょう。 子供が不慮の事故で亡くなるニュースは本当に辛いものです。

この男児の冥福を心からお祈りします。

Sponsored Link

One Response to “神宮外苑イベント火災原因が酷い…被害男児遺体をネットで晒すな!”

  1. 通りすがり より:

    消化器:胃腸や肝胆膵 → 消火器:火を消す道具

コメントを残す

このページの先頭へ