博多駅前道路陥没事故は地下鉄延伸工事が原因?地震の影響は大丈夫?

博多駅前道路陥没の様子

11月8日早朝5時頃に博多駅前道路が陥没し、現在、博多駅付近の交通に多大な影響を与えているというニュースが流れてきました。 テレビで確認すると、想像していた100倍くらいひどい陥没で驚いたのですが、なぜこんなに大きな陥没が突如起こってしまったのでしょうか?

調べてみると、ちょうど地下鉄の延伸工事が行われていたそうですが、福岡市交通局によると、詳しい原因については調査中とのこと。 ただ、この陥没は徐々に規模が広がる危険性があるとのことで、九州地方の地震の影響などは大丈夫なのか心配です。

博多駅前道路が突然陥没

Sponsored Link

2016年11月8日5時15分頃、博多駅前2丁目交差点辺りの道路で大規模な陥没事故が発生しました。

博多駅前道路は中央分離帯を挟んだ両側5車線。 午前10時の時点で、陥没は、幅約27メートル、長さ約30メートル、深さ15メートルの大きさとなっています。  幸い早朝に起きた陥没事故なので怪我人などはなかったそうですが、早朝から現在にかけて、徐々に陥没の規模が広くなり、一つの巨大な穴になったとのこと。

陥没のあった博多駅前通りに店や営業所を構える人たちには、一時避難勧告が出されて立入禁止になっているそうですが、陥没が歩道にまで及び、ビルや建物の倒壊などが心配される状況となっています。

博多駅前道路陥没の様子ツイート

 

これ、怪我人がなくて本当に良かった(・・;)

家族と博多駅前道路陥没のニュースを見ながら口を揃えて「中国か!」ってツッコんでしまいましたが、それはさておき、最近は地震なんかも多いので心配ですね…。

今までは建物の倒壊や何やで耐震性に目が行きがちでしたが、博多駅前道路の陥没みたいに地盤が崩れたら何ともしようがありません。 ちょうど豊洲新市場の盛り土が問題になっていたり、つい先日にも録画していた水曜日のダウンタウンで『地震の専門家が住んでる街が一番安全な説!』というのを観たところなので、やっぱり地盤は大事だなと考えさせられます。

その時、地震の専門家が『私は土地を買ったというよりも地盤を買った』と言ってましたが、なるほど至言だなという感じです。 ちなみに地盤は盛土ではなく切土を選ぶのが良いそうですが、博多駅前道路の陥没事故については、一体何が原因だったのか、もう少し詳しく見ていきましょう。

博多駅前道路陥没は地下鉄延伸工事が原因?

博多駅前道路陥没の様子

博多駅前道路陥没については、福岡市交通局が『地下鉄七隈線延伸工事に伴う陥没事故』と銘打って事故状況や安全についての報告をしています。

陥没の規模もかなり大きいので、原因が地下鉄工事の掘削が原因となっているとすれば、一応、合点がいく話です。  4月に熊本地震が起きてから九州地方では余震が続いていましたが、それらの影響などもあったのかもしれません。 ただ、詳しい原因についてはこれから調べを進めていくといった状況です。

それにしても、日本の主要都市である博多駅前道路がこれほど脆く崩れ落ちてしまうのは、ただただ驚きですね。

ネットで見た動画では、信号機が穴の中に落ちていく様が映し出されていましたが、深度15メートルほどあるとのことで、およそ5階建てのビルの高さくらいの穴が、突然地中に現れたということになるので怖いですね。 これが交通量の多くなる昼間や夕刻などの時間帯に起きていたとなれば大惨事になることは間違いありませんが、これで怪我人ゼロというのは奇跡的にも思えます。

それは工事中の異変による対応が迅速だったからだと言われています。

福岡市交通局によると、現場では当時、市営地下鉄の延伸工事中だった。

地下約30メートル地点を掘削機で掘っていたところ、水が噴出したため工事を中止。

博多署に要請して付近を交通規制した約5分後に道路が陥没したという。

同市は工事と陥没に関連があるとみて、調べている。

引用元:時事通信

 

とはいえ、正に想定外の陥没事故ですが、想定してないからこそ、博多駅前道路のインフラに問題があったとか、受注したゼネコンが手抜きしていたとか、それともただの老朽化など、何か他にも原因のようなものがあったのではないかと考えてしまいます。

考えすぎかもしれませんが、豊洲新市場の盛り土でさえゼネコンとの癒着疑惑が指摘されているので、その可能性はゼロではないかもしれません。 さすがに公道工事での手抜きは常識的には考えられないのですが、陥没の規模が大きいだけに原因究明を待ちたいところです。

博多駅前道路陥没の地震の影響は大丈夫か?

Sponsored Link

博多駅前道路陥没の画像(写真)を見る限り、この陥没事故に巻き込まれた人がいないのは奇跡的ともいえるでしょう。 早朝5時と言えば、まだ暗い時間帯ですが、下手したら車が穴に落ちていてもおかしくないですからね。

博多駅前道路の陥没も、地震で地盤が緩み、地盤沈下したという考え方もできるので、今後心配されるのは地震の影響については少し注意が必要かもしれません。 このところ北九州地方も地震が続いているので、何か危険や予兆を感じることがあればすぐに避難できるようにしておいた方が良いでしょう。 というのも、今回の博多駅前道路の陥没により、電気、ガス、水道などのライフラインが停止することが明らかになっているので、やはりそれなりに準備は必要であることは言うまでもありません。

 

今回、特に気になったのは、地下鉄工事が原因で陥没が起きたと考えられるということ。

地下鉄工事で陥没事故が起きるのであれば、東京や大阪のように地下鉄経路や地下街の多い場所でも同様のことが起き得るかもしれません。 地下鉄工事には、細心の注意と高い技術力を要し、安全管理には特に注意を払っているはずですが、それでも博多駅前でこのような陥没事故が起こってしまっては『大丈夫か?』と心配になってしまいます。

陥没と地震に関するツイート

【関連記事】
博多駅前陥没事故の地下鉄工事ゼネコンはどこ?地盤沈下理由は何?

それにしても、今年の九州は熊本地震・豪雨、阿蘇山噴火と災難続きですね。 今回の博多駅前道路陥没事故は、構造的には地盤沈下のような現象による陥没なのかもしれませんが、地震でもないのにいきなり道路が崩れ落ちてしまうのは何とも怖い話です。

Sponsored Link

One Response to “博多駅前道路陥没事故は地下鉄延伸工事が原因?地震の影響は大丈夫?”

  1. maz104 より:

     博多、道路陥没事故について
    今回のことで思いを馳せる、元推進屋より

    今日早朝、博多で大規模な道路陥没事故が。
    原因は、地下鉄工事とのこと。
    福岡市長が謝ってましたが、市長は詳細は何も知りません。

    簡単な理屈、NATMで掘った分だけ土砂が陥没した。

    上部の砂層、掘っていた岩盤層の境の調査不足。
    (同工区で小規模ながら陥没を起こしていることが、何よりの証拠)
    元請けが大成JVというのが、今回の味噌!

    スーパーゼネコン 土木4社のうち、清水・鹿島・大林は必要以上に調査する。
    大成は昔から、「設計・役所以上に調査する必要が無い」との対応。
    (中堅・下部ゼネコンならびに地元会社によくありがちな発想)

    大成ならやるわ!!

    大成のダメは、上記とおり。

    大成の良い点(あざといの)は、東日本大震災時の福島第一原発の発動。
    元々、福島第一原発は鹿島が保守管理をしていたが、震災時鹿島が逃げた。
    そこで、真っ先に手を挙げたのが大成建設。
    会社上層部の、会社イメージアップの確立のため手を挙げる。
    社員が嫌がっているところを傍で見ていて、心苦しいかったです。

    あと、今回優れていたと言われる、退避処理(退避指揮命令が効いて、規制がしかれた後に陥没した)の件。
    これは、すべてのスーパーゼネコンは優れていると思われます。
    増してや、大成は慣れてるので、小生の経験からしても、対応は早いです。

    過去は大成を除くスーパーゼネコンは、スーパーゼネコンとしてのプライドを保つためか、必要以上の調査・検討を繰り返しました。
    ただ、最近の豊洲問題もスーパーゼネコン施工の物ですが、今回の報道に鑑みますと、プライドも薄れ、事なかれ主義になっていると思われます。

    ただ、昔の良き時代を思い出すだけです。

コメントを残す

このページの先頭へ