宮﨑駿がNHKスペシャルでドワンゴ社長に説教!仕方ないね!

NHKスペシャルの宮﨑駿

2016年11月13日のNHKスペシャル『終わらない人 宮﨑駿』で、宮﨑駿ドワンゴ社長・川上量生に説教する一幕があり、それがネットを中心に話題になっていました。

ご存知の通り、宮﨑駿と言えばアニメ界の巨匠と言われる人物で、ドワンゴ社長の川上量生も良かれと思って行なったプレゼン中の突然の説教にタジタジ状態…。 早速、内容を動画にて確認してみると、個人的には宮﨑駿の言っていることは納得できる説教でした。 しかし、ネットではこの説教一幕について賛否両論の声が挙がっているとのこと。

さて、今回はこのNHKスペシャルでの宮﨑駿の説教がどのようなものだったのか、そして、ネットではどのような反響があったのかについてみていきたいと思います。

Sponsored Link

宮﨑駿がNHKスペシャルでドワンゴ社長に説教!

宮﨑駿がドワンゴ社長に説教する一幕があったのは、2016年11月13日放送のNHKスペシャル『終わらない人 宮﨑駿』という番組でのこと。

ある日、子供向けアニメのイモムシの動きで行き詰まっていた宮﨑駿に、ドワンゴ社長・川上量生が人工知能で作られた頭を手足のように使って移動する人間のCGをプレゼン。 痛覚が伴わない故に人間らしからぬ動きで這いずる人間のCGを見て宮﨑駿は『これを作る人たちは痛みとか何も考えないでやっているでしょう。 極めて不愉快ですよね。 僕はこれを自分たちの仕事とつなげたいとは全然思いません。 極めてなにか生命に対する侮辱を感じます』と不快感を露わにしました。

詳しい内容はこちらのツイート画像から


このプレゼンにおいて、宮﨑駿は障害者の生活を引用しつつ、そういった人たちへの配慮に欠けていると指摘した上でモラル批判したわけですが、実際に動画で映像を見るとドワンゴ社長の言うとおり『気持ち悪い動き』だと感じますよね。

人工知能でCGの人間に気持ち悪い動きをさせてゾンビというデコレーションをすれば、うまい具合に嫌悪の対象になるとして、それがビジネスにつながると考えたのがドワンゴ社長・川上量生の言いたいところだったのでしょう。

しかし、宮﨑駿はその思考自体が気に入らないとして、説教するかたちになったようです。

宮﨑駿のドワンゴ社長説教は賛否両論

NHKスペシャル『終わらない人 宮﨑駿』での宮﨑駿のドワンゴ社長説教については、共感できる・共感できないという感じでネットを中心に賛否両論沸き起こっています。 宮﨑駿の突然の説教に『老害』だという意見もあれば、『宮﨑駿にあのプレゼンはあり得ない』といった意見もあり、受け取り方は人それぞれ。

それでは、NHKスペシャルを見た視聴者の意見をツイッターから、いくつか参考になるものをピックアップしてみたので紹介していきましょう。

宮﨑駿のドワンゴ社長説教についてのツイート

ジブリにはファンが多いので、宮﨑駿がどのような人物かご存知の方も多いかと思いますが、ひと言で言えば昭和の職人気質とでも表現するのか、とにかく自分のスタンスに確固たる自信を持っている人なので、今回のNHKスペシャルのドワンゴ川上社長のプレゼンについては、直感的に『あれはアカン』と思った人も多かったのではないでしょうか?

ただ、ドワンゴ川上社長自身が宮﨑駿に弟子入りしているそうで、今回は貴重なショットとしてこのような説教シーンが流れたとみられています。 師弟関係があった上での説教ならば、ある意味愛のある叱責だったということなのかもしれませんね。

Sponsored Link

宮﨑駿の説教は仕方ない…

今回のNHKスペシャル(以下、Nスペ)の宮﨑駿のドワンゴ社長に対する説教については、ある意味仕方ないところがありますよね。

プロデューサーの鈴木敏夫もよく言ってますが、(宮﨑駿は)一度言い出したら自分の意見を貫き通す性格だそうなので、宮﨑駿が奇妙な動きをするCGの人間に対して障害者への配慮が足りないと感じたなら、そこで弟子にお説教が始まるのは仕方がないことでしょう。

それに、今回のNスペは2年間に渡る追っかけ取材だったので、あんな面白いシーンがあったら使っちゃいますよね。 そして、そこだけがやたらと印象に残ってしまうというだけの話で、いつもブチ切れしてたら高血圧でぶっ倒れるのは宮﨑駿の方かもしれません(笑)

実際、今回のNスペの担当ディレクターは『怖いイメージがあるかもしれないけど、とても気さくで面白い人物』と評していますし、番組でのお説教もかなり理性的な感じでした(逆にそこが怖いという意見もありそうですが^^;)。

宮﨑駿が不快に思ったCG映像 宮﨑駿の説教シーン(説教する宮﨑駿)

ドワンゴ川上社長、宮﨑駿に説教される(言葉を失うドワンゴ川上社長)

ただ、障害者への配慮が足りないという宮﨑駿の意見はごもっともです。 変則的な動きをする人体CGを見せながら「気持ち悪い動き」と説明し、不気味なものを作ってヘイトの対象を作り上げる思想について、宮﨑駿がクリエイターとして共感できないとしたのは救われる話ですよね。

最近は暴力的だったりグロテスクなコンテンツが増え、さらなる刺激を求める風潮に疑問を抱くところがあったので、次世代を担うクリエイターのモラルを正すために宮﨑駿のこのようなお説教話は、決して悪いことではないのかもしれませんね。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ