介護士に外国人がOKになった理由!トラブルが心配だけど大丈夫?

外国人介護士

いよいよ外国人介護士を全面的に受け入れる法案が通ったようです。

これから介護業界に外国人介護士の姿を目にする機会も増え、介護現場の雰囲気も何かと変わってきそうですが、そもそも介護士に外国人がOKになった理由は何なのでしょう。 それはもちろん、日本の介護業界における人材不足が背景としてあるわけですが、少し踏み込んで考えてみると、やはり移民受け入れの取っ掛かりを作りたいという政府の意図が隠されています。

そして、これから日本の介護現場において外国人介護士が導入されることで、新たなトラブルなんかも心配されるのですが、その辺りも本当に大丈夫なのでしょうか?

今回は外国人介護士についてわかりやすく解説していきましょう。

Sponsored Link

外国人介護士が全面解禁!

2016年11月18日、外国人が介護福祉士として就労できる法案(関連2法)が参院本会議で可決、成立しました。

施行されるのは1年以内、これにより外国人介護士の日本での就労&技能実習が全面解禁になります。

関連2法は、改正出入国管理及び難民認定法(入管法)外国人技能実習適正化法

入管法は要するに、これまで日本の介護福祉士の国家資格取得ができたのは、ベトナム・フィリピン・インドネシアの3ヶ国出身者のみだったのですが、今回、すべての外国人がOKになったということ。 そして、外国人技能実習適正化法では、介護現場における外国人の技能実習をOKにしたということですね。

 

このように書くとわかりにくいかもしれませんが、要するに『これまで日本の介護現場には日本人しかいなかったけど、これからは外国人も介護福祉士という資格を取って働くことができますよということ。

言い換えると、これから外国人介護士がおじいちゃんおばあちゃんのお世話をする機会も出てくるし、将来、あなたに介護が必要となったときには、当たり前のように外国人ヘルパーのお世話になるかもしれない法案が、今日、成立したということです。

介護士に外国人がOKになった理由!

介護を学ぶ外国人介護士実習生

介護士に外国人がOKになった理由は、もちろん介護業界における人材不足問題です。

とにかく、薄給、キツい、不規則な勤務体系の三拍子で、介護の仕事は人気がないので人が集まらないのが慢性的な問題となっています。 これから益々厳しくなる少子高齢化社会の真っ只中において、お年寄りの世話をしてくれる人がいないので、外国から人材を集めるしか手がなくなったというのが現状なんですね。

一見、介護現場における労働者不足を解消する良い一手に見えますが、介護士に外国人がOKになった理由については、やはり移民受け入れ政策の意図が隠されています。(隠してないかもしれませんけど・笑)

 

これが今回、外国人介護士が解禁になった理由として、特に注目すべきポイントです!

なぜ、外国人介護士を認めるような法案が通ったのか?

外国人を招きたい主な理由は、ずばり『国内の人件費が高い』ということ。

基本的な解釈として、経済がうまく回っていない日本国内において福祉などの社会保障分野での職員の給料をこれ以上アップすることができないので、安い給料でも喜んで働いてくれる外国人を招く方が国にとっては都合が良いというのが理由としてあります。

 

日本人は給料面で文句言いすぎ!

と、国は言いたいわけです。

もちろん「そりゃ当たり前だろう?」とこっちも言いたいわけですが(笑)

少々語弊があるかもしれませんが、要するに今後の景気回復政策として『人件費の安い外国人>人件費の高い日本人』を国は選択しているということです。 そうなると、次はどうなっていくのかというと、当然、国内での競争力が高まってくるので、日本人の仕事は益々なくなり、否が応でも安い給料で働くしかなくなってくるということですね。

 

これは介護業界だけではなく、これから様々な分野において私たち日本人の仕事がなくなってくるということ。 要するに移民受け入れの取っ掛かりとして、今回の外国人介護福祉士の全面解禁が始まったということですね。

ただ、誤解しないで欲しいのは、日本は難民受け入れを進めているわけではなく、「高度人材」として移民政策を進めようとしているということ。 これ自体は決して悪いことではないのですが、今までの日本人のように平和ボケ状態だと、これから益々仕事に就けなくなる人も増えるので気をつけましょう、ということですね。

Sponsored Link

外国人介護士解禁もトラブルが心配だけど大丈夫?

外国人介護士がいよいよ解禁となり、実際にこれから外国人による介護を受ける人も出てくることでしょう。

そこで、外国人介護士によるトラブルなども心配されるところですが、その辺りは大丈夫なのでしょうか?

まず、日本の仕事におけるサービスが世界的に超一流と言っても過言ではないところから、日本人は基本的にどのような仕事でも『質の高いサービス』を求めます。 たとえそれが介護の分野であっても、それなりに質の高い介護を求めるのを当然としているので、それが外国人に理解できるのか?という心配があるということですね。

私も介護福祉士の資格を持っているのでわかるのですが、外国人介護士が介護福祉士の資格を持っている場合であれば、介護の質についてはそれほどひどいものにはならないと思います。 今の介護福祉士の受験資格の難易度は非常に高いので、逆に、無資格のヘルパーや、介護に抵抗のある家族・親族よりは期待できるとみれるでしょう。

 

そして次に考えられるのが、言葉の壁ですね。

実際にこれも問題ないと考えられます。 介護現場ではそれほど難しい会話をすること自体ありませんし、身体・生活介護の間にコミュニケーションを取ろうとしない日本人ヘルパーも少なくないことから、たとえ彼ら外国人が言葉に壁を感じたとしても大きな問題にはならないでしょう。

他に窃盗や虐待などの心配の声もありますが、経験上、窃盗や虐待を働くような輩は普段の言動からしておかしいものなので、外国人だから即そのような問題につながるということはありません。

外国人介護士全面解禁の本当の意味とは?

外国人介護士

介護現場で実際に働いてみると、大変な施設もあれば、みなさんが思っている以上に楽チンな施設もあります。 もちろん、前者の施設が多いと思うのですが、そういう所でうっかり働いてしまうと、安い給料なのに割が合わないと感じるものです。 皆がストレスを抱え、それが悪い連鎖を生み出し、誰もやりたくないというのが日本の介護現場の現状です。

そこに外国人介護士を迎え入れ、人材不足を解消しようというのですが、おそらく、この制度改革はどこかにしわ寄せがいくとみられています。

今回の外国人介護士の全面解禁は、外国人移民政策の一環ともいえるのですが、言い換えると、日本人よりも外国人に働くチャンスが回ってしまったということ。 当然、介護されるお年寄りは心配だし、介護業界で働く日本人の報酬が上がる望みも切り捨てられ、非正規社員やフリーター、ニート、引きこもりは益々仕事に就けなくなる社会になりつつあるということですね。

 

これは期待された介護士の給料アップではなく、今後は逆に介護士の給料が下がるなんてことも考えられるのですが、本当にこれでいいのかどうかは、もう少し先になってみないとわからない話です。

外国人介護士の全面解禁が悪いことだとは言いませんが、ただ国としては、社会的弱者は生かさず殺さず、生産性のない者にはそれなりの生活を強いる社会にしようとしている…、のかもしれませんよ。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ