42歳男性が中1女子にラブレター渡し逮捕!前科持ちで気持ち悪い…

中1女子にラブレターを渡した木田啓介容疑者

2016年11月18日、42歳男性が、「大好きです」などと書いたラブレターを12歳の中学1年生女子のバッグに勝手に入れ、ストーカー規制法違反の疑いで逮捕されたというニュースが報じられていました。

この42歳男性は木田啓介という男で、なんと2010年にも小学4年生男児を誘拐し逮捕されているという前科持ち。

うげー。

素直に気持ち悪いんですけど。

子供がいる親なら『絶対に許せん!』話ですが、警察に連行されるこの42歳男性の姿を見ると、気持ち悪いというより『なんか怖い…』という感じです。(わかりますかね?)

それより、何を思って女子中学生にラブレターなんか渡したのか理解に苦しむのですが、ひょっとしてなんらかの精神疾患でもあったりするのでしょうか? ただのロリコンだと言えばそれまでですが、日本では変質者ですからね、完全に。

色々ツッコミどころ満載な感じもしますが、これから詳しくみていきましょう。

Sponsored Link

42歳男性が中1女子にラブレターを渡し逮捕!

『42歳男性が中1女子にラブレターを渡し逮捕!』

そんなニュースがテレビで流れ、軽い衝撃を受けてしまいました。

「女子中学生にラブレターを渡して逮捕って、一体、何の罪状で捕まるんだ?」と思ったのですが、考えるまでもなく中1女子からすると恐怖以外の何でもないし、今回の場合は一応、ストーカー規制法違反の疑いによる逮捕だそうです。

逮捕されたのは飲食店アルバイトの木田啓介(きだ けいすけ)容疑者・42歳で、2016年6月に通学途中の中学1年の女子生徒のカバンに『好きです』『連絡先を教えてください』などと書かれたラブレターを入れ、それが原因で警察から警告を受けていたとのこと。 しかし、その後も待ち伏せするなどのストーカー好意を止めなかったため、ストーカー規制法違反の罪により今回の逮捕に至ったそうです。

 

テレビで警察に連行される木田啓介容疑者を見たのですが、見た目より若くみえる感じですね。

ただ、あのキノコ頭は今年悪い意味でブレイクしたアイツを連想させますし、42歳のおっさんアルバイターがする髪型か? まぁ、それはいいとして、相思相愛でもなんでもない中1女子に『好きです』とか本気で書く時点で、「気持ち悪い」のひと言に尽きるでしょう。 そして、周りにそれを止めてくれる良識のある大人はいなかったんでしょうかね?

42歳男性が逮捕された警察署

もちろん恋愛は自由ですが、42歳フリーター男性が、街で見かけた中1女子生徒に恋をして、それが成就するなんてことは宝くじで3億円当てるくらい『ない』ですからね。 普通に考えても親が許さないと思うのですが、それがなぜ『いける』と勘違いしてしまったのか不思議です。

ひょっとすると、精神疾患か何か心の病でもあるのかもしれませんが、よくよく調べると5年前にも小4男児を誘拐する事件で捕まってるんですよね…。

逮捕された42歳男性は前科持ちだった?

今回、女子中学生にラブレターを渡して逮捕された42歳男性・木田啓介容疑者は、2010年、当時会社員で35歳だった時にも、小学4年男児を誘拐して警察に逮捕されたことがあったそうです。

うーん、前科持ちかぁ。

なんか元々そういう気質があって再犯に至ったという感じでしょうか?

ちなみに誘拐に関しては、2010年2月19日午後7時ごろ、東京都杉並区の路上でゲームをして遊んでいた小学4年男児(当時)に声を掛け、自宅に連れ帰り、3日間に渡り家に閉じ込めていたとのこと。 小学4年男児は、21日の早朝に「帰る」と言って自宅を出たところで近所の人に保護されたそうですが、木田啓介容疑者は未成年者誘拐の疑いで逮捕。

この件に関して、『雨に濡れていてかわいそうだから自宅に連れ帰った』と供述していたそうですが、2晩に渡り男児を家に閉じ込める必要はなく、どう考えても誘拐です

 

このような前科があると知ると、今回のラブレター騒動もやっぱり逮捕で正解かもしれませんね。 今回、42歳の木田啓介容疑者が逮捕された事案についても、『ラブレターを渡しただけで逮捕というのはやり過ぎじゃないか?』という声もあったのですが、もしこの女子中学生に何かあったら目も当てられないし、犯罪ラインの自覚が曖昧だとわかるような前科があると仕方がないといえるでしょう。

Sponsored Link

42歳が12歳女子中学生を好きになるって気持ち悪いよ…

42歳が12歳女子中学生を好きになってはいけないかというと、はっきりいっていけません。

純愛だとか言う意見もネットで少し見られますが、残念。

好意の欠片も持ってない女子中学生を一方的に好きなる42歳のフリーターなんて、ストーカー以外に何があるというのでしょうか?

ファン?

それはアイドルだけにしとけって…(゜-゜)

42歳で去年まで小学生だった子にラブレターを渡すなんて常識では考えられないので、正直、『気持ち悪い』という感情しか出てこないのですが、警察は余罪の追求をする方針だということから、ちょっと普通じゃないのかもしれませんね。

中1女子にラブレターを渡した42歳の顔

そして気になるのは、逮捕された木田啓介容疑者が42歳に見えないことですね…。

引きこもりの人が見た目より歳を取らないというのは有名な話ですが、間接的な意味で、外部との接触があまりない人だったのでしょうか? 精神年齢が幼いままであることは言うまでもなさそうですが、こういう勘違いからストーカーにまで至ってしまうと本当に厄介なので注意が必要ですよね。

後、個人的に、この木田啓介容疑者の目が怖い。

なんか42歳という年齢を経ている目ではないというか、何か別のものを見つめているような瞳ですよね。 話すと印象が変わるのかもしれませんが、迷いがなさそうな黒眼の範囲の大きな純粋な目にヒヤッとするものを感じさせます。

これで何らかの特殊な性癖でもあったらゾッとしますね。 例えば、13歳以下の子供にしか性的興味を持つことができない小児性愛(ペドフィリア)など。 世間ではロリコンとか言われていますが、小児性愛障害などは現代の医学で精神障害として認識されているので、この可能性も否定できないところがあります。 ただ、病気であるにせよ、こういった性癖は子供の安全を守る側からすると厄介な人種であることは間違いありませんが…。

 

この42年間、木田啓介容疑者はどんな人生を送ってきたのでしょうか?

『42歳男性が女子中学生にラブレターを渡して逮捕』

この見出しだけでかなりインパクトのあるニュースですが、サッカーで言うと完全にオフサイドですね。 笛が鳴って旗が挙がってるのに、テンション挙がってもうてシュート決めちゃうみたいな…。

「何やってんだよ」って思うのですが、早い逮捕は致し方ないところでしょう。 ただ、やっぱり気持ち悪いという感情が残るニュースではありますが。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ