ASKA逮捕へ報道…それをASKAがブログで答える謎展開がヤバイ

アスカ、釈放時

何気なくミヤネ屋を見ると、CHAGE and ASKAのボーカリストASKA(アスカ)が再び覚せい剤使用で逮捕された(る)とのニュースが報じられていました。

正確には『【速報】ASKA元被告逮捕へ・・・』みたいな感じの見出しが大きく出ていたのですが、正直、「あーあ、やっちまったかぁ」という感じでした。 というのも、覚せい剤の再犯率は非常に高いと言われており、一度薬物中毒に陥った人間はそこから抜け出すことが容易ではないからです。

私も過去に同じ過ちを犯した知人がいて(今は疎遠となっている)、沢山の薬物中毒の本を読んで理解しようとしたことがありました。 その時に得た知識から、ASKAの経験年数で復帰・更生はかなり難しいと考えていたのですが、このニュースを聞いて案の定という感じです。

ミヤネ屋、ASKA逮捕速報

しかし、『逮捕へ・・・』というのは何なのでしょうか?

早速ASKAのブログをチェックしてみると、なんとブログ記事を更新してるじゃないですか!

しかもミヤネ屋に対して『間違いですよ』とアンサー的な内容。

なんだ、この謎展開は…!?

一体何が起きているのか詳しく見ていきましょう。

Sponsored Link

ASKA逮捕へ報道…

2016年11月28日、テレビを付けるとミヤネ屋で『ASKA元被告逮捕へ』という速報ニュースが流れていました。

どうやらCHAGE and ASKAのASKA(本名・宮崎重明)元被告は、先週の金曜日に警察の事情聴取を受け、尿検査をしたところ覚せい剤の陽性反応が出たことで、これから覚醒剤取締法違反の疑いで再逮捕されるとのこと。

 

出た…。

一度クスリに手を出した人間の4年以内の再犯率が約25%と言われているので、ASKAは見事にこの1/4に入ってしまったということですね。 しかも、ASKAはいわゆる弁当持ち(執行猶予付き)なので、今回の再逮捕には、現在背負ってる懲役3年が重くのしかかってくることになります。

つまり、これから獄中生活が待っているわけなので、これからしばらく受刑者番号で呼ばれるASKAのことを考えると、チャゲアスファンからするとまったく笑えない話。 ちなみに覚せい剤で捕まった受刑者は、刑務所内ヒエラルキー(暗黙の階級)では底辺らしいので、余計悲しいのですが・・・。

 

いや、ちょっと待って?

ASKAの公式ブログを見ると、『報道は間違いっぽい』内容の記事が投稿されています。

ASKAのブログ記事

え?

何々?

よくわかんないんだけど?

NHKのWebニュースにはこのように出ていました。

NHKのASKA逮捕ニュースNHKWebニュースより

どちらが信憑性が高いかと言われると、NHKの捜査関係者から聞いた話の方が信じられそうですが、このASKAのブログの内容は一体何なのでしょうか?

陽性反応は100%ないといってますが、警視庁は逮捕する方針を固めたとなっていますが、これは・・・?

ASKA逮捕へ報道とASKAブログの謎

ASKAは前回の逮捕後、盗聴されていることをブログで訴えていたことがあり、それがネットを中心にちょっとした話題になっていました。

盗聴を疑いだしたり、幻聴や幻覚が出てくるのは、間違いなく覚せい剤の副作用や禁断症状ですが、ASKAは『オレは正常だ。だけどこれ(盗聴)は真実なんだ!』と訴え、ネット民に呆れられるという悲しい話に、思わず

(T_T)

 

今回も自宅からみずから100番通報し、何らかの被害者であることを訴えているようですが、駆けつけた警察官が不審に思ったところ、ASKAの尿検査に至ったそうです。

まさに悲報以外のなんでもないのですが、ASKAの抱えてる罪状が罪状だけに、執行猶予中ということで疑われても仕方がないですよね。

『はいはい。みなさん。落ち着いて。』とブログに記事を書いてるASKA自身が本当に落ち着けているのか首を傾げてしまうところがあるのですが、文中にある「被害の内容は、想像して下さい」って、やっぱりアレなのかなぁ。

ASKAのブログ記事

 

ザ・盗聴

うーん(゜_゜)

申し訳ないですけど、若いアイドルでもあるまいし、現在のASKAを盗聴したい人が仮にいたとして、その目的がまったくわからないんですが、

何かやましいことでもあるのでしょうか?

ちなみに薬物常用者は、快楽を求めながらも悪いことをしている自覚があるので、やたらと警察の盗聴を疑うという特徴があります。 尾崎豊なんかもそうだったという話を本で読んだことがありますし、猜疑心が強くなるのは薬物を使用した後もその傾向は顕著です。

 

そして、わざわざ『ミヤネ屋さんへ。』という記事を番組放送中に公式ブログに投稿。

ミヤネ屋へ宛てたASKAのブログ記事ミヤネ屋へ宛てたASKAのブログ記事

ASKA、本当に大丈夫なのかなぁ?

後、「サイバーを紹介して下さい」って何だよ!笑

Sponsored Link

ASKAが再逮捕される可能性は?

ASKAが覚せい剤で逮捕される前、一般市民は真偽が掴めなかったかもしれませんが、いわゆる経験者からすると『すぐわかる』特徴が出てたといいます。

この話は、ASKAが一昨年逮捕された時に、ワイドショーなどで散々報じられていたのですが、当初、ASKAが使用していた『アンナカ』の話ほどクロに近い話はないそうです。 そして、昔から『YAH YAH YAH』や光GENJIの『パラダイス銀河』の歌詞などは、キマってる状態を暗喩した内容だとして有名でしたからね。

ASKA逮捕のニュース

そんな話を踏まえると、覚醒剤取締法違反者の再犯率や、ASKAが抱える猜疑心の強さの感じ、今回駆けつけた警察官の「ろれつが回ってなかった」という証言から、再逮捕の可能性がないとは言えないかもしれません。

今回、ASKAが公式ブログでそれを否定しようとも、前回の逮捕前も同様のパフォーマンスを行っていたことを考えると、悲しいけれどちょっと疑ってしまうところがあります。

【関連記事】
高樹沙耶が逮捕で劣化?石垣島虹の豆『浮世離れ』から想像する逮捕前の生活

誤解なきように言っておきたいのですが、別に逮捕されることを楽しみにしているわけではなく、それほど『覚せい剤』の使用というのは尾を引いて人生を狂わせるものだと言いたいのです。 ASKAがもし、現在そのような影響を受けずに真人間に戻っているのであれば結構なことですし、今回の逮捕秒読み報道が誤報でも身の潔白を証明するという意味では良い機会なのではないでしょうか?

ASKAの最新ブログ記事報道後に投稿されたASKAのブログ記事

ただ、ASKAがブログで発信している内容と今回報道されている内容の違い、どちらが真実なのかはわかりませんが、ASKAが心身ともに復帰しているのであれば、(名誉毀損に発展するなど)大きな問題ではないといえるでしょう。

逆に、これで逮捕だったら相当恥ずかしいぞ!

(その可能性は高いですが…)

ただ、これ以上堕ちてしまうASKAを見るのは悲しいのひと言です。

【関連記事】
ASKAがミヤネ屋で言ったギフハブとは?GitHubでARって何?

(追記)

逮捕されましたね。

ASKAにとってはこれで良かったのかもしれません…。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ