NHKスペシャル追跡パナマ文書どうだった?闇が深すぎるだろ…

NHKスペシャル、追跡パナマ文書、オープニング

2016年11月27日午後9時から放送されたNHKスペシャル『追跡パナマ文書 衝撃の日本人700人』を拝見しました。

これはパナマ文書に関するNHKの追跡調査が特集として組まれた番組なのですが、ちょうど今朝、NHKが独自に分析したパナマ文書に500人の日本人の名前が新たに発覚したニュースと相まって、かなり視聴者も多かったのではないでしょうか?

パナマ文書というきっかけから、巨額の資産を蓄えている富裕層や大企業の不正が暴かれるかもしれないと考えると、決して軽視してはいけない事件だと思うのですが、中々先に進まないタックスヘイブンによる租税回避の実態を知る上では、今回のNHKスペシャル『追跡パナマ文書』は非常に興味深い内容でした。

というか、実際にパナマ文書に記載されていた名前をNHKの取材班が突き止めていくのですが、これが非常に闇の深い話で、ある種のミステリー小説のような展開。

さて、どのような内容だったのか、振り返りつつ感想を書いていきたいと思います。

Sponsored Link

NHKスペシャル『追跡パナマ文書 衝撃の日本人700人』

2016年11月27日、NHKスペシャル『追跡パナマ文書 衝撃の日本人700人』が放送されたのですが、まずはどのような内容だったのか振り返ってみましょう。

NHKは今年6月から約半年間、パナマ文書を分析するチームを編成し、今回、新たに500人の日本人と見られる名義がパナマ文書から出てきたことがわかったそうです。 これまでICIJのデータベース上のコンピューター自動識別により約200人の日本人の名前が出てきていたので、これで約700人を超える日本人の名義がパナマ文書で発覚したことになります。

今回のNHKスペシャル『追跡パナマ文書』で一番力を入れて特集されていたのは、ペーパーカンパニー設立の名義人の実態について。 これは非常に興味深く見させて頂いたのですが、アンギラというタックスヘイブンにある同一のペーパーカンパニーに登録していた数名の日本人が実在するのかどうかという追跡で、NHKのパナマ文書取材班が全国各地に行ってそれぞれ確認するのです。

結果、どうだったかというと、架空の住所だったり、別の人が住んでいたりと、ペーパーカンパニーに記されていたのは予想通り適当な住所や名義。

しかし、海外のタックスヘイブンにペーパーカンパニーを作るときには、パスポートと住所を確認する証明書が必要なので、パスポート自体は本物である必要があります。

 

???

住所や名義は適当なのに、パスポートは本物じゃないといけない?

 

…そうです。

パスポートは本物なのです。

つまり、ペーパーカンパニーの所有者は間違いなく存在し、しかも、今回のNHKスペシャルでは、パナマ文書に記載されていたペーパーカンパニーの名義人(パスポートの所有者)に取材することに成功しています。

これは胸熱の展開…!!!

実際に、NHKの取材班がパスポート所有者の居場所を突き止めて会いに行ったのです。

 

よっしゃ!

いよいよ脱税野郎がわかるんだな?

そう思いながらテレビを観ていると、パスポートの所有者は若いホストで、アンギラという場所も知らなければ、パナマ文書という言葉も聞いたことがないようで、イマイチ要領を得ない様子。

 

・・・?

パナマ文書のパスポートのコピーを見せると『自分に間違いない』と言い、住所の証明書となる携帯会社の請求書を見せると『これも自分の名義だけど契約した覚えのないものだ』と言うのです。

つまり、まったく身に覚えがないと。

NHKが付き添い、このホストの男性と調べを進めていくうちに、なんとパスポートのコピーは勝手に他人に使われ、携帯の請求書は偽造されたものだったことがわかったのです。

闇が深すぎるだろ、パナマ文書…

NHKスペシャル、追跡パナマ文書シーン画像

NHKスペシャル『追跡パナマ文書』を観ていると、そのカラクリが徐々に様相を呈してきたのですが、この段階でいえることは、パナマ文書に掲載されている名義自体が『他人に勝手に利用されているものである』という驚きの事実がたしかにあるということでしょう。

ということは、パナマ文書というのは、ただその名義がそのままビンゴではなく、『その黒幕を見破らなければいけない』というパターンが存在することになります。

 

なるほど。

想像通り他人が解明しにくいシステムになっているようですが、まったくの無関係な人間をスケープゴートとして使っているのは相当ずる賢く悪質です。

悪質過ぎます!

っていうか、違法じゃん!

 

NHKスペシャルに話を戻しますと、パナマ文書のペーパーカンパニーに勝手に名義を使われていたホストの若者は、パソコンレンタルサービスを利用した時にパスポートのコピーを提出したことがあり、なんとそのパソコンレンタルサービス会社を利用した顧客の何人かが、同じようにパナマ文書から出てきた日本人の名前と一致したのです。

この件に関して、パソコンレンタルサービスをしている会社は、『(経緯は分からないが)間違いなく当社から流出したものだと思います』と認めざるを得ない状況に。(申し訳なさそうにしてましたが…)

 

そして、同様のパターンで香川県小豆島に住んでいる女性も、パソコンレンタルサービスを利用した際に提出したパスポートからパナマ文書で名前が発覚し、やはり驚きを隠せない様子でした。

つまり、何者かが赤の他人のパスポートを裏で手に入れ、そこから携帯の請求書を偽造し、それらを元に勝手にタックスヘイブンでペーパーカンパニーを作っているのです。 これを非常にわかりやすく例えると、他人に成りすまして他人名義の銀行口座を持てるようなもの。 日本でそれが不可能であることからお察しの通りですが、タックスヘイブンでは事実上、パスポートと住所を確認するもの(もちろんお金も)があれば、誰でも無税のペーパーカンパニーを作ることができます。(善良な一般市民はまず考えませんが、ちょっと頭が回る人からすると、色々と悪知恵を働かせて悪いことを画策することもできるのです)

NHKスペシャルのパナマ文書の実態調査結果日本と香港の間に黒幕(日本の投資会社)の存在がある

 

パスポートを身分証明に使ったことがある人は、見に覚えがなくてもパナマ文書に名前が載っているなんてことがあるかもしれません。

さすが脱法行為、闇深すぎでしょ。

実際にパナマ文書に名前のある住所やその人のところに行っても、まったく知らないというパターンがあるのは非常に厄介じゃありません? NHKがこのような事実を報道してしまったら、パナマ文書やタックスヘイブンによる資産隠しが完全に明らかになるまでは、『知らぬ存ぜぬ』の一点張りで手詰まりになります。

これをされたら手も足も出ません!

もちろん、わかりやすい形で租税回避している人もいるでしょうが、この問答無用化する言い訳が真の狙いであるならば、前回記事で邪推した読み通りな気がしなくもないんですよね。 今回のNHKスペシャル『追跡パナマ文書』を観ていて思ったのですが、番組内容にミステリー要素が強く、このような個人情報を流用している黒幕を突き止める困難さが際立ってました。

しかしながら、それ以上にパナマ文書の解明の難しさや、租税回避に足がつかないような裏工作の実態など、思わず食い入って観てしまうような満足できる内容でした。

Sponsored Link

NHKスペシャル追跡パナマ文書どうだった?

NHKスペシャル『追跡パナマ文書 衝撃の日本人700人』ですが、タイトル通り現在のパナマ文書がどのように扱われているかなど、新鮮な内容が沢山盛り込まれていました。 個人情報を盗まれた挙句、ずる賢く立ち回る何者かのために、知らない間にパナマ文書のペーパーカンパニーの所有者にされてしまう実態についての追跡調査などは『さすがNHK!』という感じでした。

ちなみに、今回追跡されていた資産隠しの黒幕は日本のある投資会社らしいのですが、日本の投資会社から香港にあるタックスヘイブンの仲介業者にわたり、パナマ文書の流出元になった弁護士事務所モサックフォンセカの香港支部を通して出会い系サイトのペーパーカンパニーを設立していたそうです。

仲介業者はモザイクありで、依頼主である日本の投資会社の名前を明かすことはありませんでしたが、「自分も被害者だ」と言っているところは同じ穴のムジナと言った感じでしょうか。

パナマ文書に関わった仲介業者のNHKインタビュー自分も被害者だと語るふざけた仲介業者

ではここで、NHKスペシャル『追跡パナマ文書 衝撃の日本人700人』を観た視聴者がどんな感想を持ったのか、ツイッターでリツイートされているものを中心にいくつか拾ってみたので紹介してみましょう。

NHKスペシャル、追跡パナマ文書のみんなの感想

【関連記事】
パナマ文書日本人が716名に?NHKのGJで小室哲哉に悲報…

いかがでしょうか?

私が紹介したものはNHKスペシャル『追跡パナマ文書』の一部なので、興味のある方は11月29日(火)深夜0:10から再放送があるので、ぜひご覧になってみてくださいね。

今後、パナマ文書がどのような展開を迎えるのかわかりませんが、今回のNHKの取材・調査でパナマ文書実態解明の困難さが伝わったことは間違いなさそうです。 しかしながら、国民の私たちが関心を持たなければ、タックスヘイブンに流れた日本の資産が永遠に奪われてしまったままになるので、そこはしっかりと阻止しなければならないことは言うまでもありません。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ