流行語大賞2016『日本死ね』がトップテン?審査員の良識を疑うわ

流行語大賞2016授賞式

2016年も残すところ1ヶ月を切り、ついに発表された流行語大賞2016!

今年の流行語年間大賞に選ばれたのは『神ってる』でしたね。

ちなみにトップテンに選ばれた流行語の中で、私の唯一知らない言葉が『神ってる』だったわけですが、家族に聞くと『有名じゃん』と言われました…。(そうなのか?)

まぁ、それはいいんですが。

トップテンに『保育園落ちた日本死ね』がランクインしてますが、これは…?

よくもまぁこのような言葉が選ばれたもんだと審査員の良識を疑うばかりですが、こんなもんを選ぶくらいなら『パナマ文書』か『二重国籍』でも入れとけや!

そんでしっかり本腰入れて調査しろ。

平成の埋蔵金だぞ、バカヤロー。日本しn…

ということで、今回は流行語大賞2016についてみていきたいと思います。

Sponsored Link

流行語大賞2016&トップテン発表!

流行語大賞2016結果発表

2016年もユーキャンの新語・流行語大賞が発表されましたね。

さて、気になる流行語大賞&トップテンは何だったのでしょうか?

早速見てみましょう。

流行語大賞2016結果

【年間大賞語】

  • 神ってる(広島東洋カープ監督 緒方孝市/外野手 鈴木誠也)

【トップテン】

  • 聖地巡礼(ディップ)
  • トランプ現象(受賞者なし)
  • ゲス不倫(週刊文春編集部)
  • マイナス金利(日本銀行)
  • 盛り土(受賞者辞退)
  • 保育園落ちた日本死ね(衆議院議員 山尾志桜里)
  • ポケモンGO(ナイアンティック/株式会社ポケモン)
  • アモーレ(サッカー日本代表セリエA・ 長友佑都)
  • PPAP(ピコ太郎)

【選考委員特別賞】

  • 復興城主(熊本市)

なるほどね~。

可もなく不可もなくって感じですが、どっちかっていうと不可かな(笑)

ネットでも納得できないっていう意見も多いですし、Google上でもそれほど検索されてないデータがあるっていうね…(笑)

選考のポイントはユーキャンのホームページ上に書かれてるんですが、要するに皆さんのイメージ通り『今年流行った言葉』ということで、流行語大賞&トップテンが決められます。

では、流行語大賞2016でノミネートされていた他の言葉をみてみましょう。

【流行語大賞2016ノミネート】

  • アスリートファースト
  • 新しい判断
  • 歩きスマホ
  • EU離脱
  • AI
  • おそ松さん
  • 神ってる
  • 君の名は。
  • くまモン頑張れ絵
  • ゲス不倫
  • 斎藤さんだぞ
  • ジカ熱
  • シン・ゴジラ
  • SMAP解散
  • 聖地巡礼
  • センテンススプリング
  • タカマツペア
  • 都民ファースト
  • トランプ現象
  • パナマ文書
  • びっくりぽん
  • 文春砲
  • PPAP
  • 保育園落ちた日本死ね
  • (僕の)アモーレ
  • ポケモンGO
  • マイナス金利
  • 民泊
  • 盛り土
  • レガシー

【選考者】

  • 姜尚中(東京大学名誉教授)
  • 俵万智(歌人)
  • 室井滋(女優・エッセイスト)
  • やくみつる(漫画家)
  • 箭内道彦(クリエイティブ・ディレクター)
  • 清水均(『現代用語の基礎知識』編集長)

流行語大賞2016『日本死ね』がトップテン?審査員の良識を疑う

流行語大賞2016年間大賞受賞大賞受賞も謙虚だった鈴木誠也選手

今年話題になった言葉に贈られる流行語大賞2016のトップテンには

『保育園落ちた日本死ね』

という縁起でもない言葉が選ばれています。

この言葉に対して、タレントのつるの剛士が『残念に思う』という趣旨のツイートをしたことが話題となり、賛否両論の議論が沸き起こったとのこと。 ツイートは以下の通り。

つるの剛士流行語大賞2016のツイート つるの剛士流行語大賞2016のツイート
気持ちのいい男じゃないか…。

つるの剛士のこのツイートに何を批判することがあるのかわかりませんが、『保育園落ちた日本死ね』が今年の流行語トップテンに入り、満面の笑みで受賞を喜んだ山尾志桜里議員(=民進党)こそ批判されるべき話。

ならばということで、つるの剛士の代わりに堂々と批判させていただきましょう。

流行語大賞に日本死ねで受賞した山尾志桜里議員この言葉でなに笑ろとんねん…

あのな…、

流行語大賞なんて、子供からお年寄りまでその言葉で今年を振り返れるようなものであって、基本的に良い意味での社会現象や流行を象徴する言葉であってこそだろう。

『日本死ね』なんて言葉が流行語だと?

冗談は顔だけにしろよ。

どこの日本人がこんな言葉で喜ぶんだよ?

ちょっとは頭使え、バカ。

国会議員が何ありがたく受賞してんだよ。

そもそも、この『保育園落ちた日本死ね』のブログの主は自分だって言ってるもんじゃねーか(笑)

 

恐ろしいのは、鳥越俊太郎も審査員に入ってたかもしれないというところ。

あー(察し)

今まであんまり気にしてなかったけど、ユーキャンも反日に加担して流行語大賞をコントロールしてるってわけですか。

そりゃ、『日本死ね』ですもんね。

だいぶ汚染されてるわ。

大体、『死ね』という単語自体があり得ない。

こんなネガティブしか感じられないような言葉でも選ばれるんだったら、『原発いじめ』、『相模原障害者殺傷事件』、『高齢者運転事故』でもなんでもいいだろうが。 審査員に良識はないのか? 子供が『死ね』という言葉を使うイメージはできんのか?

なにが流行語大賞じゃ。

そのための審査員なのに、平気で自国を貶めるような言葉を流行語トップテンにして、クソみたいな審査してんじゃねーぞ!

Sponsored Link

流行させたい語大賞に名前を変えたら?

2016年も流行語大賞が発表されたわけですが、毎年、『賛否両論が起きるものだ』という意見もあるのですが、私はこれに異を唱えたいんですよね。

昨年の流行語大賞2015も『トリプルスリー』の年間大賞語で国民を興ざめさせ、『アベ政治を許さない』という言葉が恥ずかしげもなくトップテン入り。

で、今年2016年の流行語大賞がこれですからね。

完全に主催者側の意図が盛り込まれてるとしか言いようがないし、そんなことしてるから国民のイメージしてるものとかけ離れたものがランキングに飛び込んでくる…。

これで賛否両論起きないわけがない。

よどみなく普通に審査してるものなら賛否両論は起きないだろうし、少なくともつるの剛士の意見がニュースになることはないでしょう。

 

鳥越俊太郎は流行語大賞2016の審査に対して次のようなことを言っています。

「大賞受賞者は、基本的に表彰式に来られる人を選びます。そう考えると『ゲス不倫』は躍った言葉ではあったが難しい」

何抜かしとんねん。

それだったら、冠に『受賞に来れるひと限定!』流行語大賞って大きく入れとけ!

そんな意味わからん裏ルールを付け加えるから毎年荒れるんじゃ、ボケ!

よく都知事候補で立候補したったな、おっさん。

ネットの流行語大賞2016ノミネート作品ネットのニュース番組『Abema Prime』より

 

流行語大賞に毎回賛否両論が起きるのは、主催者側や審査員がコントロールしてるからであって、従来のマスメディアの力や影響力が弱まってきているというだけのこと。 利権を必至に守ろうとしている企業や政治団体に対して、ネットを通じて『NO』と言える環境ができあがってきただけなのに、『賛否両論あるのは当たり前』なんて言ってると、レコード大賞の不正発覚みたいに足元をすくわれて、名誉も地に落ちることとなるでしょう。

まだ、『流行語大賞』は興味が集まるのでニュースになれば話題になりますが、レコード大賞なんてオワコン化してから「やっぱりか(笑)」って感じですもんね。

でも、自業自得なので放っておきましょう。

結局、メディアコントロールという韓国のお家芸がまた発覚しただけのこと。

今日読んだ新聞には、韓国パク・クネ大統領の相談役だったチェ・スンシル被告の娘が、名門大学の不正入学が認められて退学になったと出てました。

これも当然の話。

利権があるとこういうことを平気でやりますからね、お隣さんは。

【関連記事】
鳥越俊太郎の都知事公約がん検診100%!反日・韓国の噂とは?

三代目JSB(LDH)のレコード大賞買収が報道されない理由とは?

それにしても、流行語大賞か…。

『神ってる』の年間大賞語にしても、『ポケモンGO』『PPAP』『文春砲』より知名度あったか?

なぞの野球推しには去年同様戸惑わされますが、今年は『野球賭博』の方が印象的だったぞ(笑)

とにかく、審査に余計な手が加わるようなものはいらんわ。

『日本死ね』が2016年流行語?

バカも休み休みYEAH!

Sponsored Link

3 Responses to “流行語大賞2016『日本死ね』がトップテン?審査員の良識を疑うわ”

  1. 森 啓 より:

    貴殿の意見に賛同します。
    こんな汚い日本語が流行していたんですよ。なんて、恥さらしを得意げに選び、発表し、満面の笑みで受賞する。なんて情けない話でしょうか。

  2. 通りすがり より:

    山尾志桜里、死ね

  3. 楽学 より:

    しかし「日本死ね」のおかげで保育園不足の論点が表出したわけですし、一概に悪いことでもないでしょう。
    議論の一端を担うことができたと議員が考えたならば、笑っていたことは必ずしもおかしくはないと思います。

コメントを残す

このページの先頭へ