清竜人25解散かぁ…天才清竜人が名曲連発するも解散理由に納得?

清竜人25

『清竜人25(きよし りゅうじん トゥエンティーファイブ)』が解散…。

密かに『清竜人25』の動画をYouTubeで観て元気をもらっていただけに、来年2017年6月17日の幕張メッセイベントホールでのライブを最後に解散とは、ファンにとっては悲報以外のなんでもない話。

『清竜人25』を初めて観た時、『これはすごい天才さんやで…(ゴクリ)』と息を呑んだものですが、出す曲出す曲名曲ぞろいなので、今回の解散はなんとも勿体無いという印象を受けます。

しかしながら、清竜人が語った『清竜人25』の解散の理由を聞くと、なんか納得させられる感じもあったので、今回はその解散について思うことや、その魅力についても色々と語っていきたいと思います。

もっと肩の力を抜いて読んだらええやん、オーラゥイー♪

Sponsored Link

清竜人25の解散理由に納得?

『清竜人25(きよし りゅうじん トゥエンティーファイブ)』は、夫・清竜人と6人の夫人による一夫多妻制アイドルユニット。

作詞・作曲・プロデュースまで、清竜人がその天才ぶりを発揮しまくっている企画ユニットなんですが、2014年からの約3年間の活動に終止符を打つことが、先日、コンサートの演奏中に『清竜人25♡解散します♡ゴメンね♡』という清竜人の言葉で発表されることになりました。

 

ということで、清竜人25が解散するそうです。

仲のいいカップルの別れをみるようで切ない。

「きっと♡ 神様がさ♡ 見たいと願ってた ラブストーリーね♡」って、ほんとそんな感じ。

っていうか、上の動画の歌詞めっちゃいいし。

解散理由が何か気になるのですが、清竜人に言わせると『清竜人25』は、元々アルバムを1枚作ってツアーをやって、1年くらいで解散しようと思ってたけど、お客さんの反応が思った以上に良かったから続けることになっただけとのこと。

今回の解散は、ちょうど清竜人25が成熟すると考えていた3年という節目に、ピーク状態で終わらせるのが良いだろうということで、来年4月からのツアーをもって最後にすることにしたんだそうです。

清竜人25メンバー全員

はぁ…。

清竜人25の解散理由を聞くと終わり方としては悪くないし、これでもよく持った方なのかなとも思うので(笑)しょうがないですよね。

清竜人25というコンテンツは音楽業界においても稀有な存在なので、非常に勿体無いという気もするのですが、一夫多妻制アイドルユニットというちょっと奇抜な企画だけあって、間延びさせずに終わらせる決断は決して悪くありません。

清竜人が6人のアイドルとコラボレーションした企画としては、大成功で解散を迎えることになるわけですが、この『清竜人25』は清竜人の類まれなる天才ぶりが発揮されたユニットだったと言えるでしょう。

でも、ちょっと残念…(泣)

清竜人25はよく続いた方だと思う(笑)

清竜人25プロジェクト始動ニュース

とはいえ、清竜人25はよく3年間も続いたことだと思います(笑)

6人の夫人もオーディションで選んだそうですが、第2夫人・清桃花、第5夫人・清菜月などは現時点で清竜人25を脱退していますし、肝心の清竜人自身がずっとやりたいことかと言えば疑問が残るところ。

パッケージングされた作品群のクオリティは非常に高く、夫人たちのビジュアルレベルも高くて良いのですが、短期間のオーディションで集めたメンバーだった為か、ライブの生歌はちょっと残念な出来。

厳しく評価すると、夫人たちが楽しそうにやっているのはいいのですが、はっきりいってダンスや歌が・・・。

キレッキレで繊細な清竜人との足並みはイマイチという印象。

企画設定がしっかりしてるだけに、ライブで夫人たちが音程を外しちゃうところはちょっと勿体無いと思っちゃうんですよね。

PerfumeやBABYMETALみたいに、ボイスシンク(口パク)でステージングに徹すれば良いのでは?と思ってしまうのですが、振り付けのダンスもどっちつかずの中途半端になってしまったところがもったいない。

解散を発表した動画曲(これも名曲)にしても、これだけ夫人パートが多くサビまで歌うんだったら(サビだけはなぜかボイスシンク)、もう少し安定した歌唱力が欲しかったかなーというのが本音。

 

清竜人25初期

お断りしときますけど、清竜人25好きなんですよ

ただ、公式音源やPVの出来に比べて、ステージ上の夫人たちのなりきり度が甘い気がするんですよね。 もちろん、夫人たちはそれぞれキュートだし、ライブにはライブの良さがあるのは言うまでもありません。

下の動画は『清竜人25』が結成される前のライブパフォーマンスですが、出演者が一瞬たりとも気を抜いていないこのクオリティを考えると、夫人たちの伸びしろはもっとあるかなという印象。(こちらもほぼ口パクだけど、クオリティが高いので何回も観られる)

要するに、こんなに楽しい清竜人25なんだから、もっと楽しい夢を見させて欲しかったというだけのことなんですよね(T_T)

ただ、清竜人の音楽家としての才能や、プロデュース力の高さは、これからの日本の音楽業界においては貴重な財産なので、清竜人25は完成された伝説の企画としていつまでも残ることでしょう。

清竜人25の夫人たち

清竜人と夫人たちの紹介

清竜人25は、プロデューサー兼メンバーである清 竜人と、一夫多妻制結婚を受け入れた(という設定の)妻たち6名で構成されています。

夫人は当初、

清咲乃(第1夫人)

清桃花(第2夫人)

清亜美(第3夫人)

清美咲(第4夫人)

清菜月(第5夫人)

清可恩(第6夫人)

の6人のメンバーでしたが、割りと序盤に第5夫人の清菜月がご懐妊で脱退

途中加入した第七夫人

代わりに清優華(第7夫人)が加入した形になっています。

そして現在、第2夫人の清桃花が腰痛のため休暇中のため(事実上脱退?)、清竜人25は5人の夫人たちで更生されています。

Sponsored Link

天才清竜人が名曲連発していた清竜人25

清竜人はまさに天才アーティストと呼ぶにふさわしい人物ですが、清竜人25でも名曲を連発しています。

特にリリースされているシングル全てにおいてフック(サビ)の破壊力は凄まじいものがあります。

これだけキャッチーで耳に残るサビを生み出せる清竜人という人物は、楽曲編曲においてもかなり幅広くカバーしています。 ソロ時代の切ない楽曲とは違い、ミュージカル一本まるまる作れるくらいオーディエンスの感情に訴えかける変幻自在な作曲力は、やはり底知れぬポテンシャルを秘めた天才アーティストと言えるでしょう。

要するに、映画音楽をプロデュースできるほど凄い才能の持ち主。

個人的には、2016年に大ヒットした『君の名は。』の音楽を手掛けた野田洋次郎(RADWIMPS)のように、清竜人が全編音楽を担当する映画を観てみたいですね。

 

清竜人25のオススメ曲ベスト3

賛否両論あるかと思いますが、私個人としては清竜人25の素晴らしさはPVにこそ集約されていると思っています。

ぶっちゃけ、YouTube公式に上がっている音源はどれも良いと思うのですが、特にオススメの曲を3本紹介していきたいと思います。

◆Will♡You♡Marry♡Me?

一夫多妻制ユニットとしてはこれ以上ないオープニングの記念すべきファースト・シングル。 夢見心地な気分にさせられるハッピーな楽曲で、まさに清竜人『世界を変えてやるぜ』な珠玉の一曲と言えるでしょう。

最後に出てくる女の子まで可愛いハートフルなPV。

 

◆Mr.PLAY BOY…♡

男なら誰もが夢見る清竜人25の世界観が凝縮された珠玉の一曲! 冒頭の清竜人のキレッキレなダンスに「こいつ…、できる!」と予感させられることでしょう。 サビではおもわず一緒に踊りたくなること間違いなし!

竜人がバックのギター女子とハッチャけてるシーンが個人的にツボ。

 

◆A・B・Cじゃグッと来ない!!

アイドル的楽曲のセカンド・シングルですが、清竜人の高い歌唱力がそれを中和しているのでアイドルっぽく感じさせません。 サビの高揚感と一体感、そして3.08からの畳み掛けるようなCメロがヤバイです。 旦那様の朝の支度をイメージしたPVの夫人たちの献身ぶりやアゲっぷりに『惚れてまうやろ!』な一曲。

赤のスーツが似合い過ぎるだろう、竜人。

 

◆ハードボイルドに愛してやるぜ♡(おまけ)

バカッコイイというか、ダサかっこいいというか、とにかく目が離せないPV。 初っ端から撃たれまくってる清竜人に頬ががゆるみ、第2夫人・桃花の歌い出しから持って行かれます。 メヒコな清竜人がインド映画のスターみたいで笑えますが、ノリノリでテンションのアガる名曲!

クセのある世界観がやみつき。

 

清竜人と岡村靖幸の比較について

天才と言えば、『清竜人25』でのモテモテキャラの清竜人は、よく岡村靖幸と比較されるところがあります。 しかし、これに関してはやはり別物で、岡村ちゃんファンの私からすると、どちらも違う良さがあり、お互いが唯一無二の存在。

清竜人も岡村靖幸も天才であることは間違いないのですが、ステージから飛び出して観客を煽るところや、キレのあるダンス、内弁慶なところは妙に似てます(笑) 

【関連記事】
岡村靖幸が逮捕された後もブレイク?天才アーティストの光と影!

清竜人25後期

今回は、清竜人25の解散を機に、色々と思いの丈をぶちまけてみました。

ちょいとダメ出しもしたのですが、リリースされた音源はマジでどれも素晴らしいし、この先も残り続ける映像作品の夫人たちもとってもキュートで愛らしいので、たとえ清竜人25が解散したとしても激プッシュであることは変わりません!

解散まで残りの半年間、ハーレムフェスタやラストコンサートツアー、ファイナルコンサートなど目白押し! これを逃すと二度とお目にできない清竜人25のパフォーマンスは要チェックですね!

⇒清竜人25 Live & Event スケジュール

 

P.S.

この記事を書いている時に、ちょうど清竜人の新プロジェクト『TOWN』が始動したとのこと。

清竜人真プロジェクト、TOWN雪景色の中、全裸マンの清竜人

とりあえず、モヒカンになって裸になってツイッターを始めたようですが、えーっと・・・(困惑)。

背中の昇り龍は本物?

みたいです…(ΦωΦ)

思えば、清竜人ソロで『痛いよ』や『ヘルプミーヘルプミーヘルプミー』(どちらも名曲)に惚れたファンが、清竜人25で度肝を抜かれ、今度は『清竜人TOWN』で驚嘆させられる…。

ちなみに次はオーディエンスと一緒に音楽をやるそうですが、TOWNはとにかく痛快なほどイメチェンしてますね(笑) とにかく清竜人が天才なので、ファンが試されるアーティストであることは間違いなさそうです。

それはそうと、TOWNを機に清竜人が始めたツイッターが面白い。

⇒清 竜人Twitter

こちらもおすすめ。

「ねぇ。俺とアバンチュールしようよ♡」(←白目)

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ