フランス行方不明留学生はどこ?犯人国籍の報道なしとか謎過ぎる…

行方不明留学生の黒崎愛美さん

フランスで日本人女子留学生が行方不明になっている事件で、犯人と疑われている男の情報が徐々に明らかになってきました。

事件に関与したとみられる男は25歳。

行方不明になった女子留学生・黒崎愛美(くろさき なるみ)さんとはキャンパスないで知り合ったとみられていますが、この男は学生ではないとのこと。

フランス国内での仕事はないと見られており、米大陸出身とだけ伝えられ国籍に関しては明らかにされていません。

フランス行方不明事件、犯人の国籍を報道せず

海外留学生が事件に巻き込まれるニュースが後を絶たず、知らない土地でのこのような不可解な行方不明事件というのは本当に気味が悪いものです。

普段から海外渡航する人間でなくとも、グローバル化が進む日本においても決して無視できない話ですし、留学したいと願う子を持つ親からすると嫌なニュースであることは間違いありません。

私の義理の弟も来年から留学するので、事件の真相や最新情報はできるだけ明らかにしてもらいたいと思うところ。

今回はフランスで行方不明になっている女子大生の事件を詳しくみていきましょう。

Sponsored Link

フランスで日本人留学生が行方不明に


フランス・ブザンソンの地図

2016年12月、フランスの語学学校に留学中、行方不明になった女子大生・黒崎愛美(くろさき なるみ)さん(21)の捜索が行われています。

黒崎愛美さんは何らかの事件に巻き込まれたと見られており、捜査線上には25歳の外国籍の男が容疑者として浮かび上がっているそうですが、この男はすでにフランスから国外逃亡しているとのこと。

 

フランスの警察に犯人と特定された男と黒崎愛美さんは12月4日夜にフランス東部のブザンソン近郊のレストランで食事していたことが確認されており、食事の後に黒崎愛美さんの住む学生寮の部屋に訪れ、その後1人で学生寮を出たまま行方をくらましたことがわかっています。

寮では複数の人間が黒崎愛美さんの叫び声を聞いたという証言も出てきているそうですが、部屋からは犯人の指紋が見つかるも、荒らされた様子や血痕なども見つかっておらず、忽然と消えた黒崎愛美さんについては不可解としか言いようがない状況となっています。

フランス行方不明事件、地元記者の証言

 

まとめると次のような感じ。

  • 犯人の男が黒崎愛美さんと寮に戻ってきたけど、寮を出たのは犯人の男1人。
  • そして、黒崎愛美さんはそこからずっと行方不明状態。
  • 犯人の男は足取りを消す工作を行っており、こちらも行方がわからない…。

 

問題なのは、黒崎愛美さんの安否が確認できないこと。

黒崎愛美さんは、最後の姿が確認されている寮の中か、別の監禁された後、どこかへ連れ去られた可能性があると見られているのですが、TBSのニュースによると、フランスの地元警察幹部は、捜査情報の裏付けと、寮のあるブザンソン周辺の2ヶ所において人を監禁できるような場所がないことから、黒崎愛美さんが現在も近くで監禁されている可能性を否定しているそうです。

フランス女子大生行方不明事件ニュース

そして、黒崎愛美さんが事件に巻き込まれたとして、犯行の目的や動機はなんだったのでしょうか?

EU圏内でも多国籍で有名なフランスでということもあり、日本のように怨恨以外の理由が犯行の背景にある可能性も考えられるわけですが、今年9月にカナダ・バンクーバーに語学留学中に殺害された女性のような件もあるので最悪のケースも想定せざるを得ません。

もちろん、どこかで生きている可能性もありますし、無論そう願うばかりですが、警察に犯人として特定されている男が足取りを負わせないような行動を取っていることから、捜査が難航するのではないかとも見られています。

逃亡中犯人の国籍が報道なしとか謎過ぎる…


留学先のフランシュ・コンテ大学のPR動画

フランス・ブザンソンで行方不明になった留学生・黒崎愛美(なるみ)さんの情報を調べていると、警察が犯人の特定ができていると言いながら、行方をくらませている犯人の国籍が報道で伝えられていません。

先日のニュースでは、犯人は『北もしくは南アメリカ大陸出身』だと報じていましたが、ここまでわかっていながら国籍が判明していないのか、それとも敢えて報道しない姿勢なのかが引っかかるところでしょう。

これに関しては、最近話題となった二重国籍問題というのもあるので、ハーフや在米外国人の場合は報道を差し控えなければならない事情があるのかもしれません。

ちなみに、警察は犯人が南米系の名前であることも明かしています。

フランス行方不明、警察からの情報

 

ただ、黒崎愛美さんの安否が確認されておらず行方不明であることを考えれば、早急な解決が求められることは言うまでもありませんし、警察が容疑者を特定しているのであるならばどんな情報でも報じてもらって、犯人の逃走範囲を狭めて欲しいものです。

国籍、名前、顔写真を公表してくれれば、市民による通報も期待できるのですが、このままでは警察の捜査のみに頼るしかないので、せめてこの辺りだけでも何とかしてもらいたい。

フランスの警察はクリスマス返上で200人態勢の捜査にあたってくれたそうですが、犯人の男は国外逃亡どころか、すでにヨーロッパ圏内を離れている可能性があると言われているので、黒崎愛美さんの発見や犯人逮捕まで至るのかどうか心配なのが正直なところ。

犯人の逃走についての情報

 

なぜこんなにも不可解なのか?

本当に謎が多い行方不明事件ですが、黒崎愛美さんが寮の外で居なくなったわけではなく、寮の中に容疑者の男と一緒に帰ってきた後、黒崎さんのみ姿が確認されていないところが不思議です。

フランス行方不明事件、寮の中の様子

寮に設置された2基の監視カメラの死角から連れ出したのではないかとも言われていることから、突発的な犯行ではなく、事前から計画されていたものだった可能性も否めませんし、複数名による犯行と考えられなくもありません。

ただ、犯人が1人で寮を出てくる姿が防犯カメラに映っていることから、この録画記録が確信犯的な行動と捉えるのか、そうでないと捉えるのかは意見が分かれるところでしょう。

 

犯人とされる国籍不詳の男は、過去に日本に滞在していたこともあり、黒崎愛美さんとはこの頃から知り合いだった可能性もあると見られています。

フランス女子大生行方不明事件、犯人と居た時の様子フランス女子大生行方不明事件、犯人と居た時の様子レストランの店員の証言

黒崎愛美さんは2014年3月に都立国際高校を卒業。筑波大学に進学。今年9月からフランシュ・コンテ大学に留学したとのこと。

そして、容疑者の男が今月(12月)に入ってからフランス・ブザンソンを訪れ、学生でもないのにフランシュ・コンテ大学のキャンパスで黒崎愛美さんと会い、4日に食事に行き、自身の寮の部屋に招き入れる…。

やはり何か不自然さを感じずにはいられません。

ここがはっきりしない限り、どうもバンクーバーの拉致・殺害事件が脳裏に焼き付いてしまいます。

Sponsored Link

フランス行方不明留学生はどこ?犯人は何者?

フランスで行方不明となっている女子大生・黒崎愛美さんはどこへ行ったのでしょうか?

黒崎愛美さんが最後に目撃された日の翌日には、自身のアカウントから知人に『パスポートの問題で、リヨン(フランス南東部の都市)に出かける』とメールを送っていたとのことですが、実際にはフランス・リヨンはパスポートの管轄外なので、犯人によるなりすましメールの可能性が高いと言われています。

フランス行方不明事件、犯人の隠蔽工作

最新情報では、犯人は南米系の名前であるところまでわかっていますが、以前から知り合いだった可能性も指摘されています。

であるならば、わざわざフランスまで出かけてきて、ここまで跡を残さずに犯行に及んだ理由はなんなのでしょう?

行方不明の日本人女性と犯人の関係

単純な目的としては性的欲求や金銭が挙げられますが、海外となるとそれ以上に常軌を逸した理由での犯行なのか…。 あまり想像したくはありませんが、映画や小説に出てくるようなサイコパスの犯罪に巻き込まれたと可能性も考えられなくもありません。(サイコパスは知恵が回るので非常に厄介だと言われている)

そうでなければ、組織的な犯罪に巻き込まれたか…。

 

カート・ラッセル主演の映画『ブレーキ・ダウン』では、妻を誘拐した犯人に向かって「なぜ俺たちを狙ったんだ」という問いかけに、「たまたま目についたのがお前たちだっただけさ」という台詞を吐くシーンがありました。

もちろん、『96時間』や『ホステル』といった映画のようにフィクションであれば良いのですが、実際に今年の夏に摘発されたルーマニアの奴隷村のようなニュースを知ると、色々と考えさせられるところがあります。

フランス行方不明事件、地元記者の証言

若干話が飛躍してしまいましたが、女性や子供が拉致される事件において、海外は日本の比ではないことは確か。 ここでは書きませんが、海外では様々な理由で女性や子供が拉致・誘拐されるケースが多く、それだけモラルが崩壊した人間が野放しになっているという捉え方もできます。

まったく嫌な話ですが、先日、特定・書類送検された島根の女子大生遺棄事件の犯人も、性犯罪を繰り返した挙句の凶行であることが明らかになっていますし、バンクーバーのホームレスも前科でホコリだらけの人間でした。

【関連記事】
カナダ・バンクーバー行方不明女性殺害事件に危機感と怒りを覚える

島根女子大生遺棄事件の事故死犯人は在日韓国人?名前や真相は?

コロンビア強盗殺害の一橋大生…ブログに旅慣れの危うさを感じる…

今回のフランス留学生行方不明事件も同じであると断定はできません。

しかし、犯人が事件後すぐに逃亡していることや、未だに女子大生・黒崎愛美さんの安否が確認できないことなどから、どうしても不安な気持ちを抱いてしまうのです。

そして、改めて日本人は狙われていると痛感させられる、そんな恐ろしい事件だと言えるでしょう。

(追記)12/29

犯人がチリ国籍であると判明したニュース

犯人はチリ国籍の男であることがニュースで報じられていました。

複数の留学生が、「寮の中で叫び声を聞いた」と話していることから、警察は、寮から1人で立ち去った男が、何らかの犯行に関わったとして行方を追っていたが、この男は、20代のチリ人で、黒崎さんの元交際相手であることが、FNNの捜査関係者への取材でわかった。

男は、フランス語やスペイン語のほか、日本語も話すことができ、数年前には日本での滞在歴があり、その際、留学生の交流イベントなどで黒崎さんと知り合ったとみられるという。

また、男は事件後の12月7日、電車でフランスを出国し、別の国から、すでにチリに帰国したとみられ、フランスの捜査当局は、ICPO(国際刑事警察機構)を通じて、「拉致」と「監禁」の疑いで、国際手配をして捜査を進めている。

引用元:FNN

黒崎愛美さんの元交際相手だということも明らかになったとのことですが、ストーカーによる犯行の可能性も考えられます。 一刻も早くこの男の逮捕が待たれるところですが、それ以上に黒崎愛美さんが無事であることを願わずにはいられません。

(追記)1/4

黒崎愛美さんの行方不明に関わったとされているチリ人の男が、2017年1月3日に殺人容疑で国際手配されていることが明らかになりました。

身元や名前の公表はまだでしたが、殺人容疑で国際手配されている男はNicolás Zepeda Contreras(ニコラス・ゼペタ・コントレラス)という名前で、警察の捜査に使用されている画像もすぐに特定できました。

フランス行方不明留学生を拉致した容疑者黒崎愛美さんとニコラス・ゼペタ・コントレラス

このニコラス・ゼペタ・コントレラスというチリ人男性(26)は、チリの大学で補助的な仕事をしているそうで、母国語であるスペイン語の他に、フランス語や日本語も若干話すことができるとのこと。

やはり黒崎愛美さんの元交際相手だったそうで、今回の事件も計画的な犯行であり、その後に逃走を図っていることから、非常に卑劣で許すまじ人間だと言えるでしょう。

かならず逮捕していただきたい。

そう願うばかりです。

(追記1/7)

仏・留学生行方不明事件なぜ捜査終了?犯人が逮捕されない理由は?

チリでの捜査が終了したそうですが、さらに詳しく情報をまとめました。

Sponsored Link

2 Responses to “フランス行方不明留学生はどこ?犯人国籍の報道なしとか謎過ぎる…”

  1. より:

    いたたまれない事件で残念です。早く彼女の安否を知りたいです、ちなみに黒崎さんは”まなみ”さんではなく”なるみ”さんです。
    >>修正致しました。ご指摘感謝いたしますm(__)m

  2. 石川 より:

    必ず捜して。無事でいてください。お願いです。

コメントを残す

このページの先頭へ