キンコン西野が絵本を無料にして炎上?お金の奴隷解放宣言って何?

キンコン西野

2017年1月19日、お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣(あきひろ)がプロデュースした絵本『えんとつ町のプペル』(幻冬社・税別2000円)を、お金がなくて絵本を購入できない子供たちのためにWebサイトで全ページ無料公開したというニュースがネット上で話題になっていました。

なんとこの絵本『えんとつ町のプペル』は23万部も売れてすでに大ベストセラーの絵本なのですが、無料でその全てを見ることができるところはなんとも太っ腹な話。

詳しく調べてみると、キンコン西野亮廣はある豊かな思想に基づいた観点から絵本の無料公開を決めたそうで、そこには『お金の奴隷解放宣言』というキーワードが隠されているようでした。

お金の奴隷解放宣言とは、引き寄せの法則といったスピリチュアル系自己啓発などでよく使われる言葉なのですが、ただ、なぜかキングコング(以下キンコン)西野亮廣は炎上するという不思議な現象が起きています。

そこにはどのような理由があったのでしょうか?

Sponsored Link

キンコン西野が絵本を無料にして炎上?

⇒えんとつ町のプペルはコチラから

2017年1月19日、キンコン西野亮廣(あきひろ)が23万部も売れた絵本『えんとつ町のプペル』を無料で完全公開したニュースがネット上で話題になっていました。

ただ、ちょっと炎上気味で話題になってます。

 

えんとつ町のプペルは、キンコン西野が脚本・監督・プロデュースした絵本作品で、昨年10月に幻冬舎から2,000円(税別)で販売されたものですが、これまでに23万部を売り上げたベストセラー作品です。

これだけの人気作品をわずか3ヶ月で無料開放するのは驚きですが、キンコン西野曰く、次のようなきっかけが理由としてあったからなんだそうです。

 

それは、

「2000円は高い。自分では買えない」

という、小学生の意見。

 

『えんとつ町のプペル』は2000円です。
色を綺麗に出す為に特殊なインクを使っていて、使用するインクの数も一般的な作品より多く、そしてページ数も多いので、2000円という値段設定はギリギリまで頑張ったのですが、それでも2000円。
たしかに、小学生からしてみると大金で、自分の意思で買うことは難しいです。
 
実は、ここ数日、このことがずっと気にかかっていました。
 
《自分は『えんとつ町のプペル』を子供にも届けたいのに、たった「お金」という理由で、受けとりたくても受けとれない子がいる。》
 
双方が求めているのに、『お金』なんかに「ちょっと待った!」をかけられているのです。
 
お金を持っている人は見ることができて、
お金を持っていない人は見ることができない。
 
「なんで、人間が幸せになる為に発明した『お金』に、支配され、格差が生まれてんの?」
と思いました。
そして、『お金』にペースを握られていることが当たり前になっていることに猛烈な気持ち悪さを覚えました。
 
「お金が無い人には見せませーん」ってナンダ?
糞ダセー。
 
…いや、モノによっては、そういうモノがあってもいいのかもしれません。
しかし、はたして全てのモノが『お金』を介さないといけないのでしょうか?
 
SNSで誰とでも繋がれるようになり、『国民総お隣さん時代』となりました。
ならば、お金など介さずとも、昔の田舎の集落のように、物々交換や信用交換で回るモノがあってもおかしくないんじゃないか。
「ありがとう」という《恩》で回る人生があってもいいのではないか。
 
もしかすると、『本』には、その可能性があるのではないか?
 
そんなことを思い、
そして、
一度思ってしまったら、行動せずにはいられないタチなので、行動します。
 
今日をもって、『えんとつ町のプペル』を無料にします。
 

普通に良いこと言ってます。

そんな世の中であれば素晴らしいですし、その辺りは芸術家らしい感性なのかなとも思いました。

ただ、西野亮廣が言うように、ツイッターなどのSNSではこの考え方について炎上しているところもあったので、少しその当たりん意見をまとめてみました。

お金の奴隷解放宣言についての炎上の様子

こちらは西野亮廣がお金の奴隷解放宣言をしたことについてのツイッター上での反応ですが、これまでの商売の原則に反するためか盛大に炎上してる様子が伺えますね。

ただ、お金の奴隷解放宣言として自身がプロデュースした絵本を無料開放にした行動についての賛辞の声もあります。

そちらについては後ほど紹介するとして、次はキンコン西野が掲げるお金の奴隷解放宣言について詳しくみていきましょう。

キンコン西野が言うお金の奴隷解放宣言って何?

キンコン西野が自身の絵本を無料にするに至った『お金の奴隷解放宣言』とは一体何なのでしょうか?

キンコン西野は、自分の作品を読者に届けたい思いと、その作品を読みたいという人の間にあるお金の壁を取り払いたいという考えがあり、そこに縛られないWin-Winの関係のことを『お金の奴隷解放宣言』と表現しているのです。

 

非常に興味深い話です。

正直、このような考え方は嫌いではありませんし、キンコン西野の言っていることも理解できます。 映画であれば『ペイフォワード』や『ザ・エージェント』に見られるような、資本主義社会をさらに昇華させたような思想とも言えますね。

書店でお金持ちになる方法といった類の本には、このような豊かになる考え方は当たり前のように書かれていますし、生活のためにお金を求め働く現代人を『お金の奴隷』と揶揄するものも沢山あります。

キンコン西野が、2000円の絵本が高くて買えないという小学生にお金の奴隷になってほしくないとし、また多くの人達が同じような理由で絵本を手にできないのは残念だという思いがあったのでしょう。

さらに『お金の奴隷解放宣言』と題された西野亮廣のブログを引用してみましょう。

お金を払って買って読みたい人は、買って、
無料で読みたい人は、インターネットで最後のページまで無料で見れるようにします。
 
お小遣いなんて貰えない幼稚園児や小学生が、
出費が重なってしまって手が出せない主婦が、
何かの関係で本屋さんまで足を運ぶことができない人達が、
『お金』の許可なんぞとらなくても、
それぞれ自分達の意思で、『えんとつ町のプペル』を見れるようにします。
 
制作サイドの理由になるのですが、実はこの決断には勇気が要りました。
制作スタッフには最初の段階ですでに給料が支払われていますが、僕や出版社は絵本の売り上げ(印税)で生活しているからです。
「無料にしてしまうと、食いっぱくれてしまうのではないか?」
そんな不安もあります。
 
しかし僕は、『10万部売れるコト』よりも、『1億人が知っているコト』の方が遥かに価値があると考えます。
 
1億人を楽しませることができたら、その瞬間は1円にもならなくても、後から何とでもなると思っていますし、なんとかします。
それに、「西野君、こないだはありがとね」と夜ご飯ぐらいご馳走してもらえるんじゃねぇかな、と思っています。
 
だったら、もう『お金』なんて要らないです。
僕とあなたの間から『お金』を取っ払います。
『お金』を払いたい人だけが払えばいいようにします。
 
僕の財産は、『えんとつ町のプペル』という《作品》だと思うのですが、
個人の財産を個人が独り占めするのではなく、分配し、皆の財産にしようと思いました。
皆が豊かになった方が、巡り巡って自分も豊かになるだろう、と。
『ギブ&テイク』ではなく『ギブ&ギブ』。
自分のことだけを考えても、その方が良いだろうと結論しました。
 
お金の奴隷解放宣言です。
 
これから、無料化できるところから無料化していって、『お金』なんて、そもそも存在しなかった時代や、地域で、おこなわれていた『恩で回す』ということをやってみます。
 
おい!
 
俺にコメントをくれた小学生!
もう大丈夫だ、2000円なんて必要ないぞ!
 
『えんとつ町のプペル』は、ここから読んでくれ。
 
そしてキミが、
キミのタイミングで、誰かに恩を贈ればいい。
もちろん、いきなり全部は無理だ。
「全部無償にしろ!」とも思わない。
お金を稼ぐことが悪いことだとは思わない。
僕だって、お金を貰わないと回らない仕事をたくさん抱えている。
 
だけど、今一度、一つ一つ確認して、
「もしかしたら、コレは恩で回せるんじゃないかな?」
「もしかしたら、コレは入り口でお金を取るのではなくて、人の善意に期待してもいいんじゃないかな?」
と考えることはできる。
そういうモノが見つかれば、そこに関しては自分ができる範囲で、自分から恩を贈ればいい。
 
たぶん、僕らの時代は、そっちに向かった方が面白いと思うよ(*^^*)
 
…てなワケで俺は無料にするけど、その代わり他のクリエイターに「西野はタダにしたんだからおまえもしろ」なんて絶対言っちゃダメよ。

引用元:西野亮廣オフィシャルブログ

※最後の太字の部分は追記された文章です。

 

冷静にこのブログ記事を読んでみると、衝動的な行動ながらも説明は丁寧な印象を受けます。

例えば、お金を支払うか支払わないかの判断は消費者に任せるとしていますし、他のクリエイターのことも一応気にかけてはいるようです。

絵本『えんとつ町のプペル』を手掛けたクリエイターにはすでに報酬は支払っていて、あとはキンコン西野自身と出版社への印税収入の問題だということですが、その問題もクリアしているとのこと。

 

しかし、なぜキンコン西野が炎上するのかというと、実は絵本作家になってから行っているマーケティング手法に問題があるとみる人が少なくないからではないでしょうか?

まず、キンコン西野は絵本作家といいながら、肝心のイラスト部分の殆どは外注クリエイターが手がけていたり、『えんとつ町のプペル』の初版の1万部を自分自身で買い取っているところから、絵本作家の実力というよりマーケッターとして売れているとみる人がいるということ。

ただ、キンコン西野はそのことを隠してはいませんし、別に法に触れるようなことをしているわけでもないので、それを良いとみるか悪いとみるかは人によりけりなので賛否両論分かれるということですね。

Sponsored Link

キンコン西野のお金の奴隷解放宣言は夢物語か?

では、キンコン西野のお金の奴隷解放宣言を肯定的に捉えてみたらどうでしょうか?

ブログでも書いているように、これまで常識とされていたギブ&テイクを、ギブ&ギブの精神で切り替えてやっていくのは西野亮廣自身の話で、決して周りに強要しているものではありません。

お笑いコンビとしてそこそこの知名度があったとしても、絵本作家・プロデューサーとしての手腕を発揮し、絵本がわずか3ヶ月で23万部の大ベストセラーであれば、まぐれ当たりだとしてもかなりの成功と言ってもいいでしょう。

 

しかしながら、実際にはSNSなどで炎上している現実もあります。

ひょっとすると、お金の奴隷解放宣言という言葉に反応している人たちこそ、キンコン西野はお金の奴隷となっている人だと指摘しているのかもしれませんが、彼らは彼らで自分本位な考え方による市場への不調和を容易に認めることはしたくないのでしょう。

たしかに、お金をどのように捉えているかで、絵本の無料公開の捉え方も変わります。

お金の奴隷解放宣言という言葉は、おそらくお金が人間を支配するということではなく、お金はお金ですばらしいけど、人々が抱えているお金へのネガティブな執着心からの解放という意味なんだと思います。

弁護するわけではありませんが、世間はそこまで思考が追いついていませんし、『お金の奴隷解放宣言』というワードは余計なひと言と捉えられても仕方がないと言えます。

スマトラ島で地震による津波で多数の死者が出た時、ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーが「彼らは因果で死ぬ運命だった…」とかなんとか余計な事を言って世間から反感を買ったことがありましたが、スピリチュアル的なことを言う時はある程度な素養がなければ受け入れられないものです。

お金の奴隷解放宣言というのも、まさにそれに当たるといっていいでしょう。

お金の奴隷解放宣言についての肯定的な意見キンコン西野について肯定的な意見

 

ただ、一歩退いてこの騒動を見てみると、絵本を無料にしたところで誰も損していないことがわかります。

それに、キンコン西野の絵本『えんとつ町のプペル』を手掛けた33人のクリエイターも、ひょっとするとこれを機になんらかのチャンスを手に入れることもあるかもしれないと考えることもできますからね。

今回の絵本無料化騒動については、背景に見えるビジネス的なところの好き嫌いが、お笑い芸人としての知名度の高さと相まって、炎上という形で現れやすかったという部分もあったのでしょう。

そして、クリエイターが買い叩かれる現状も…。

なんにせよ、炎上ステマだろうがなんだろうが、話題になるマーケティングを仕掛けてバズらせたキンコン西野の手腕は、ある意味お笑い芸人よりも才能があると言えるのかもしれませんね。

絵本『えんとつ町のプペル』の売上が落ちても、キンコン西野の望みどおり100万人が読む絵本になることは間違いないことなんですから。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ