不妊検査費用を東京都が5万円まで支給!世間の反応が興味深い

東京都庁、妊娠検査助成ニュース

2017年1月24日、東京都が不妊検査費用を最大5万円まで助成する独自制度を始める方針を固めたというニュースが報じられていました。

不妊検査費用の助成を受けられる対象は東京都に住む35歳未満の男女で、2017年度から制度開始を見込んで都税を2億円形状したそうなので、これはかなり重要な情報ではないでしょうか。

しかしながら、このニュースを知った世間の反応は好反応ながらも、少子化対策としては少し後手後手な感じが否めないのか辛辣な意見もチラホラと見受けられる様子。

今回はその辺りも含め、東京都が始める不妊検査費用の助成のニュースを紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

不妊検査費用を都が5万円まで支給!

東京都が少子化対策として、2017年度から不妊検査費用を助成してくれる方針を固めたそうです。

ざっとポイントをまとめてみましょう。

東京都在住

35歳未満

女性だけでなく男性もOK

上限5万円まで

今回、都が独自制度で助成してくれるのは『不妊検査』です。

東京都ではすでに不妊治療について、夫婦の治療1回あたり最大45万円を助成する制度を設けているのですが、高い検査費用のために不妊検査を受けないケースも多いことや少子化対策を理由に、今回、東京都の独自制度として不妊検査を助成する運びになったそうです。

妊娠と年齢の関係表

東京は小池百合子都知事ということで、知事が女性だとこういうところに目を向けてくれるので良いですね。

不妊治療をしたいと考えた時には、まず不妊検査が必要なのですが、不妊検査を行わずに妊活にはげむ人も多いかと思います。 しかしながら、独学の知識で妊活をするよりも、医師の診断のもと妊活を行った方が良いのは明白でしょう。

そこでネックとなるのが、保険を適用したとしても約5000円~と言われている不妊検査費用ではないでしょうか?

保険が適用されない高度な不妊検査になってくると費用が10万円になるものまであるそうですが、一般的な検査の場合であれば、2017年度から始まる東京都の不妊検査の助成金使えば、おそらく検査は無料になるはずなので利用しない手はありませんね。

不妊の原因の半数は男性にもある

そして、男性も利用できるというのは嬉しいですよね。

食生活の乱れなどから男性機能が低下して妊娠しにくいケースもあるのですが、男性は積極的に不妊検査に行きたがらないものなので、経済的な理由で断念していた夫婦にとっては助かる話になることでしょう。

不妊検査費用助成について世間の反応

不妊検査、男女の違い一般的な不妊検査の内容

この度、東京都が不妊検査費用を助成するという方針を決めたことは良いニュースですが、その背景には少子化対策があるということは言うまでもありません。

国や地方自治体が少子化対策として社会保障を施してくれるのであれば、不妊検査費用を支給する以外にも効果的だと思われるアイデアが色々と出てくるものです。

今回は、東京都の不妊検査費用の助成のニュースに伴い、世間の反応が興味深かったので色々と紹介していきたいと思います。

  • 凄く良いことだと思う
  • 子供を増やすなら待機児童問題を解決しなくちゃ
  • 労働環境を改善する方が大事
  • 早く結婚して子供を産んだ方がいいとは言うけど、どの会社も本音はそう思ってない
  • 助成金でお茶を濁してるが、経済的に困窮しつつある世の中で
  • 男性が検査を受けやすい環境はありがたい
  • 夫婦にとって国のためとか少子化に歯止めをかけたいとかはないけれど、自分が不妊治療が必要かどうかは早い段階で知りたい
  • 35歳で線引きする意味がよくわからない
  • 年取ってからじゃ遅いことを知る意味では35歳未満の制限は良いと思う
  • 正直、対策が遅いと思う
  • 待機児童問題も一緒になんとかしないと、その後が大変
  • 子供を望む家庭の負担を減らすことは良いことだ
  • 他の県でもぜひやってほしい
  • 国は妊娠から育児まで助成しないと難しい時代になってきていると痛感する
  • 不妊治療に理解のある社会になっていってほしい
  • 本来なら厚労省あたりがとっくに始めておくべきこと
  • いつも氷河期世代が通過した後…
  • あくまでも検査の助成なので、根本的な少子化対策ではない
  • 所得制限がないことを願う
  • 女性の社会進出が不妊治療を招いている側面もあることに注目するべき
  • 35歳という線引はよく考えられている
  • 今の女性たちは表面上の老化から逃げたくて目を背けているけれど、身体機能の老化の事実をしっかりと伝えるべき

Sponsored Link

不妊検査費用助成について思うこと

昨年、国内初の特定不妊治療に対する保険商品が発売されて話題になりました。

これはある意味、不妊治療費用が大きいことを表しているとも言えるのですが、もちろん身体的負担や妊娠しやすい体質にするために生活習慣を変えたり何かと大変なもの。

今回、都が助成する不妊検査費用というのはその入口ですが、不妊であるかもしれないという不安を抱えた女性にとっては背中を押してくれるありがたいものです。

すでに妊娠検査助成を行っている広島の妊娠検査案内すでに妊娠検査助成を行ってる広島県の案内

結婚前に子供が出来ることを『できちゃった婚』と言っていましたが、今やそれが『授かり婚』になり、結婚で子作りする段階で冷や汗を書く夫婦も少なくありません。 現代においては、それだけ妊娠についてデリケートなものになってきているのが現状です。

女性の社会進出自体がデータの少ない手探りな政策なので、世の中の潮流に乗せられて過剰なストレスを溜めたり、恋愛の機会なく晩婚化が進むと、結果的に『妊娠しにくい』という問題にぶつかってしまいます。

今や共働き世帯も多く、子供を産みたいと考える家庭内での女性の負担は計り知れません。

いざ結婚となった時に自分に不妊治療が必要かどうかを知るために、助成金で不妊検査を受けられるシステムはありがたいもの。

そして時々、妊娠や子育てについての問題提起や議論をして、命のバトンを次に繋いでいきたいものですね。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ