娘を亡くした男が見守り中に飲酒運転の車から男児の命を救った話

島根県集団登校見守りイメージ

2017年1月30日月曜日の朝7時15分ごろ、島根県益田市の国道191号で集団登校をしていた小学生の列に1台の軽トラが突っ込むという事故が起きました。

車は飲酒運転の軽トラックで、小学3年の男児(9)と集団登校の見守りで付き添っていた男性(73)がはねられたとのこと。

車を運転していた男(62)は島根県益田市にある木材会社の従業員で、事故後、基準値を超えるアルコールが検出されたので、警察は過失運転致傷と酒気帯び運転の容疑でその場で現行犯逮捕したそうです。

この事故により、男児は軽傷で済んだのですが、見守りをしていた73歳の男性・三原董充(みはら ただみつ)さん2017年1月31日未明に搬送先の病院で亡くなったとのこと。

三原さんは33年前、事故が起きた現場近くで下校中の次女(当時7歳)を失っていたそうです。

Sponsored Link

集団登校見守り中に飲酒運転の車が列に突っ込む事故|島根県

島根県益田市、集団登校に軽トラが突っ込んだ事故のニュース

2017年1月30日、島根県益田市の国道191号線で飲酒運転の車が小学生が登校する列に突っ込み、9歳の小学3年男児と集団登校の見守りをしていた73歳の男性・三原董充(みはら ただみつ)さんをはねるという事故が起きました。

事故を起こしたのは62歳の会社員・山口伊佐男容疑者で、警察の調べに対し酒を飲んで運転したことを認める供述をしているとのこと。

報道によると、9歳の小学3年生男児は腕などに軽いけがで済んだようですが、集団登校の見守りをしていた三原董充さんが頭を強く打ち、搬送先の病院で治療を受けていたのですが、31日朝に死亡が確認されたそうです。

島根県益田市、集団登校に軽トラが突っ込んだ事故、犯人の名前

現時点での事故の状況をまとめると以下の通り。

  • 島根県益田市久々茂町の国道191号線
  • 午前7時15分ごろ
  • 集団登校中の小学生の列
  • 横断歩道を渡っているところ
  • 男児と見守りの男性がはねられる
  • 小学3年生男児が軽いけが
  • 73歳の三原董充さんは頭を強く打つ
  • 運転手は飲酒を認めている

軽トラを運転手が飲酒を認めたニュース

飲酒運転で軽トラを運転していた山口伊佐男容疑者は、月曜日の早朝から酒気帯びという状態だったことがわかるのですが、木材会社に勤めているということで出勤途中だったそうです。 詳しい状況については警察の取り調べによりこれからさらに進めていくそうですが、非常に罪の深い話です。

Sponsored Link

娘を亡くした男が次は男児の命を救った

2017年1月30日に島根県益田市で飲酒運転の軽トラが小学生の列に突っ込んだ事故では、小学3年生の男児が軽い怪我を負い、集団登校の見守りをしていた73歳の三原董充(みはら ただみつ)さんが亡くなっています。

小学生は9人で集団登校をしていたそうで、事故が起きたのは横断歩道を渡っている途中の出来事。

実はこの三原さん、33年前に事故現場近くで下校中の次女(当時7歳)を失っており、二度と幼い命が失われないようにと願うことをきっかけに、子供たちの集団登校の見守り活動をするようになったそうです。

今回、幸いにも小学3年生男児は軽傷で済んだとのことですが、三原さんが居なければ同様の悲劇が起きていたかもしれないと思うのは考えすぎでしょうか。

当時まだ7歳だった娘を事故で亡くし、その悲しみを乗り越えて30年以上子供たちの安全を守り続けてきて、最後は自分の命を顧みずに子供たちを守ったことには敬意払いたい。 おそらく危険な目に遭った小学生たちの親御さんは、そんな三原さんに感謝していることだと思います。

亡くなった見守りの三原ただみつさん三原董充(みはら ただみつ)さん
引用元:http://grandtoit.blog96.fc2.com/blog-entry-402.html

勝手な思いかもしれませんが、三原さんは事故で命を落とすことになったとしても、後悔することなく、きっと子供の命を守ったことを誇りに思う…そんな人のような気がします。

33年前の事故で亡くされたのはご息女は次女だったそうですが、残された長女や家族のことを思い、気丈に交通安全を見守る役割を引き受けてきたことを考えると頭が下がる思いです。 愛する我が子を失ってしまった悲しみが完全に癒えることはありませんから。

 

自分の子供が死の恐怖にさらされた時、どうしようもないことだとしても親は自分を責めるもの。

子供たちの登校を見守りながら、いつまでも娘さんの面影を感じていたのかもしれません。

そして、いのちを賭して子供たちを守った。

 

みんな大丈夫でしたよ。

天国の娘さんもそんなお父さんのことを誇りに思うでしょう。

33年間の見守り、本当にお疲れ様でした。

三原董充さんのご冥福をお祈りします。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ