女子大生刺傷事件の判決がおかしい!犯人の懲役14年6ヶ月は妥当か?

冨田真由

東京都小金井市で音楽活動をしていた女子大生・冨田真由(とみた まゆ)さんが、当時ストーカー化したファンの男・岩崎友宏(いわざき ともひろ)被告にナイフで刺されて瀕死の状態になった事件の裁判員裁判で、2017年2月28日、被告に対して懲役14年6ヶ月の有罪判決が言い渡されることとなりました。

元々、検察は懲役17年を求刑しており、あまりにも身勝手な犯行内容や、法廷での岩崎友宏被告の態度に反省がみられないところがあったことから判決に非常に注目が集まっていたのですが、ネットでは早くも求刑より2年半減の懲役14年6ヶ月という判決に『おかしい!』という声が溢れています。

小金井女子大生刺傷事件、被告に懲役14年6ヶ月の判決

私も前回記事⇒小金井女子大生刺傷事件犯人の法廷態度が不快…反省もなく許せん!で、怒りの言葉を連ねたのですが、他人の人生を身勝手な思いでぐちゃぐちゃに壊した加害者が、一定期間の刑期で罪を償えてしまう判決に納得いかないというのは共感するところです。

しかし、過去の判例においては、殺人未遂事件において懲役14年6ヶ月という判決はある意味妥当だという意見もありましたが、やっぱり納得がいかない…。

今回はこの件について見ていきましょう。

Sponsored Link

女子大生刺傷事件犯人に懲役14年6ヶ月…

小金井市の女子大生刺傷事件は、2016年5月21日にアイドルとして音楽活動をしていた女子大生・冨田真由(とみた まゆ)さんが、ストーカーとして付きまとわれていたファン・岩崎友宏(いわざき ともひろ)被告に突然ナイフで刺され、一時、意識不明の重体に追いやられたストーカー殺人事件です。

刃渡り8cmほどのナイフで計34ヶ所刺すという狂気じみた犯行について、犯人である岩崎友宏被告は「カッとなって衝動的にやった」と非計画性を主張し、その結果、懲役14年6ヶ月の有罪判決です。

犯人、岩崎友宏

でも、考えてみて下さい。

34ヶ所ですよ?

いくら計画性がない犯行だからと言っても、無抵抗の女性に対して34ヶ所もナイフを突き立てられる衝動を秘めていた犯人の猟奇性を見過ごす訳にはいきません。

 

法廷での被害者の意見陳述で、冨田真由さんは次のように訴えました。

「今まで大切に積み重ねてきたものや、時間のすべてが、一瞬で奪われてしまいました。犯人の身勝手な行動のせいで失ったものは数え切れません。傷のない元の体を返して欲しい」

「今、私が意見陳述している間も、きっと心の中では笑っていて、反省は一つもしていないと思います」

「また絶対に同じことをする。また犠牲になる人が絶対にいる。こんな人を野放しにしてはいけない」

加害者・岩崎友宏は、被害者・冨田真由さんを瀕死の重症を与えただけでなく、この先の人生にまで大きな影響を与える傷を残したのですが、それが懲役14年6ヶ月塀の中で過ごすことで社会的な罪を償えることになるのです。

判決を言い渡した後に、東京地方裁判所立川市部の阿部浩巳裁判長は、「被害者の夢を奪った重大性を自覚してもらう必要があります。自分をコントロールして、ルールを守る姿勢を刑に服している間に身につけてください」と話したそうですが、なんて甘く優しい言葉なんだろうと思ってしまいました。

こんな胸焼けするレベルの甘い言葉で、この犯人が本当に反省するのでしょうか?

反省と後悔は違います。

反省とは、行動に対する過ちを認識し、二度とそれを繰り返さないと誓うこと。

後悔とは、「やらなきゃよかった」と失敗を悔やむこと。

岩崎友宏被告の弁色々と危ない気がする…

 

どこまでも身勝手で、裁判中も反省などしていない姿が明らかなのに、たった十数年の社会と隔絶するだけで解決するような問題だとは思えませんし、実際に各報道でそのように感じた人は沢山いたでしょう。

果たしてこの判決が妥当なのか、甚だ疑問が残るところです。

女子大生刺傷事件の判決は妥当なのか?

殺人未遂事件の一審判決の割合

小金井市の女子大生刺傷事件の判決は懲役14年6ヶ月(求刑17年)となりましたが、この判決が妥当であるという見方ももちろんあります。

あるテレビ番組では、殺人未遂事件での懲役17年の求刑は非常に重い部類に入ると言っていました。

一般的には6~7年の懲役になることが多いそうで、その観点から今回の判決を見ると「結構、重い有罪判決」と言えるでしょう。

弁護士による殺人未遂事件の懲役についての解説

ただ、普通の殺人未遂事件なんですかね、これ?

打ち所が悪かったとか、刺した場所が悪かったとかの過失による殺人未遂でなく、34ヶ所も刺すって、完全に殺しにかかってますよね?

明らかな殺意を持って人を殺し損ねた殺人未遂だと思うからこそ、殺人と同等に扱われてもおかしくない事件なのに、その辺りの融通が利かないところは本当に苛立ちを感じます。

岩崎友宏の主張

そもそも、犯人が懲役刑を受けている間に更生しなかったら意味がありません。

被害者が無期懲役を求め、検察が懲役17年を求刑しているのに、それより短くなって本当に大丈夫なのか心配になります。

衝動的であろうとも、無抵抗な女性に対してナイフで滅多刺しにできるような人間であることを考えれば、これが妥当な判決なのかどうか、やはり疑問が残るところです。

Sponsored Link

女子大生刺傷事件の判決がおかしいの声多数!

小金井の女子大生ストーカー刺傷事件の判決結果について、ネット上では『刑が軽い』『判決がおかしい』といった声が沢山出ていました。

それらをいくつか紹介していきたいと思います。

女子大生死傷事件についてのツイッターの意見

もちろん、司法判決は感情論抜きで判決を出さなければならないので、この結果は妥当だという意見もありました。

ただ、自分に被害者・冨田真由さんのような娘がいて、このようなストーカー犯から散々な目に遭わされたとしたら、こんなに悔しい判決はありません。

そもそも冨田真由さんは犯行が起きる前に警察に身の危険を訴えていたのにも関わらず、守ってもらうことができなかったのです。司法が再び彼女を落胆させる結果を出したと思うと、本当に冨田真由さんやその家族が不憫です。

殺人事件としては重い判決だとしても、今回の懲役14年6ヶ月を完全に満たして出所するのが42、3歳と考えれば、色々と嫌なことだって想像してしまうでしょう。

殺意を否認する犯人のコメント被害者が聞きたい言葉だろうか…

【続きの記事です】
女子大生刺傷事件・冨田真由に落ち度?岩崎友宏が控訴するとは…

ダウンタウン松本人志が、犯人・岩崎友宏被告が34回相手をナイフで刺したことについて、「34回殺したのと一緒」ということを言ってました。刃物で人を刺すというのは、それくらい危険で命に関わることであることは同意せざるを得ません。

いかにこの事件が常軌を逸しているか…。

擦り切れるくらい頭を下げようが許される話ではないはずです。

いくら殺意を否認しようが被害者の狂わされた人生は返ってきませんし、犯人の狂気じみた言動を見る限り、たった14年6ヶ月刑務所で過ごす程度の罰で解決できるとは到底思えません。

共感できたツイート

妥当な判決?

くそくらえ。

Sponsored Link

One Response to “女子大生刺傷事件の判決がおかしい!犯人の懲役14年6ヶ月は妥当か?”

  1. 勇一 より:

    岩崎は死刑か刑務所にずっとはいていろ。検察のこうそがむりだったらくそ岩崎のまえにぶっ◯した父親の◯体をみせておめえをやくざ30人連れてぶっ◯すと伝え実行します。

コメントを残す

このページの先頭へ