未来人2062の最新情報とは?2017年の地震予知は嘘か本当か?

2062未来人のホームページトップ

昨年2016年4月15日と5月17日にネット上に現れた2062未来人

単純に2062年の未来から来た男が、2ちゃんねるの掲示板に地震予知や予言などをするという話なのですが、2017年においてもいくつか地震を予言しているとも読み取れる暗号を残しているそうです。

このような最新情報は地震が当たるまで続くと思われるのですが、微妙に2011年3月11日の東日本大震災や2016年4月の熊本大震災を予知していたとして、2017年の地震予言も無視できないところがあるのかもしれません。

本当に当たるのかどうか、ちょっと真面目な話をしたいと思います。

Sponsored Link

未来人2062の最新情報とは?

東日本大震災から6年となった2017年3月11日、地震関連のネット検索をしていると『地震予知』『地震予言』などのワードが出てきたので、それらを少し掘り下げてみると『未来人2062』というワードがひっかかりました。

さらに未来人2062の2017年最新情報を検索している人が多いのか、2062未来人の公式サイトのようなものまで出てきて驚きました。

⇒2062年未来人HP

チェックしてみるとこれが非常に面白い(怪しいという意味)。

かなりしっかり作り込んだエンタメ系のコンテンツとしてパワーアップしていたのです。しかも、最新情報をしっかりと掴むために課金だか寄付だかを求めるようなメッセージ付きで。

私も昨年に書いた記事で、このような話をうっかり真に受けてしまうとあなたのお金がなくなると忠告させていただいたのですが、2062年からきた未来人と仕掛け人が同じかどうかは別として、この手合は必ずといっていいほどお金を要求してくるので注意が必要です。

まぁ、この2062未来人コンテンツにちょっと『嫌な』感じがしたので調べてみたのですが、あっさりと『永山崇』という人物が仕掛けたものであることが判明しました。一応、Mr.Jaguarというコーディネーターもいるのですが、それが永山崇なのかどうかまではわからなかったのですが、一通りサイトをチェックしてみると「いつものアレか(キラーン)」ということだけはわかります。

一種のエンターテイメントとして楽しんでいる人もいるので無粋なことは言いたくないのですが、純粋に未来人の予言や地震予知が本当か嘘か知りたいというのであれば、そのほとんどが嘘であると言っていいでしょう。

ただ、2016年5月17日前後は本気で2062未来人を信じていた人もいたことは確かですし(今も多分いると思いますが)、今後もこのようなネットユーザー(情弱)を狙った愉快犯が後を絶たないかもしれないので、一応、そこは注意が必要です。

未来人2062というコンテンツが嘘くさい?

2017年3月12日の地震情報ただの余震に惑わされてはいけない?

2062未来人というコンテンツ。

現代人のために未来を教えるというのですが、これが本当によく作り込まれています。

現在トップページににおいて、2017年3月12日(日)夜19時に、次の2062年未来人の到着ダイブ日時を知らせるとのメッセージが表示されていました。

まるでUSJのアトラクションのような演出ですが、これがリンクフリー&転載自由なくせに、LINE・メルマガ・サイトの管理費は寄付しろという意味不明さ!

先程も、仕掛け人に永山崇なる人物がいるらしいと書きましたが、とりあえず2062未来人は現代人であるということは間違いありません。(当たり前ですが・笑)

じゃあ、一応ネタバレしときましょうか。

 

まず2062未来人コンテンツサイトは、地震予知や予言などの不確定情報を信じてしまう情報弱者を狙ったもので、到着点として無料メルマガや16200円の音声ダウンロードのページに誘導されてしまいます。

サイトをみると広告などが貼られていないから安心するかもしれませんが、間違いなく情報販売を目的としたアフィリエイトサイトであると断言しておきましょう。

2062年からきた未来人などという根拠のない情報を信じてしまったり、好んでサイトにアクセスするような人は、ネット業界ではいわゆる『情弱』という良いお客さんとして扱われているので、無料メルマガなどに登録するとそのメールアドレスはリストとして売りに出されることになります。(要するに、怪しげなメールが大量に届くってこと)

 

普段からネット利用する人は騙されませんが、たまたま未来人の存在を知ってアクセスするような人など、一定数の人は地震予知を引き当てるより高確率で引っかかります(笑)

ここまで手の込んだものを作ったとしても、ちゃんと商売として成り立っているものなので、あなたは騙されないように注意してくださいね。

ちなみに2062年からきた未来人そのものについては、過去記事でがっつり否定させてもらったのでわざわざ書きませんが、南海トラフ巨大地震の予言や2017年のいかなる最新情報だとしてもそれは同じことです。

そして、2062未来人のサイトに至ってはまったく話にならないということですね。

Sponsored Link

2017年の地震予知は何が嘘で何が本当か?

最後に、地震予知や予言について基本的な話をしたいと思います。

たとえば地震予知で調べてみると、地震予知ができるという色々な預言者らしき人物の名前が出てきますよね。(ミシェル、村井、早川、すずなど…)

この中で、村井俊治氏は東大名誉教授、早川正士氏は電通大名誉教授で、科学的に地震予知・予測をされているのですが、ミシェル氏やすず氏などはどちらかというとスピリチュアルな観点から地震予知・予測をされていることがわかります。

 

科学的か霊的か、双方真逆のアプローチで2017年の地震を予知しているのですが、先程の未来人に至っては完全にSFの世界です。これは「UFOを信じますか?」と言われて信じるか信じないかのレベルの話で、UFOを見たことあってもそれを科学的に解明されたことがないので論外です。(SFやオカルトは心理トリックとして大衆操作に使われてきた歴史があるので、そういう意味で注意が必要というだけの話)

少々話が逸れましたが、これらの地震予知が本当にアテになるのか気になるところしょう。

私も地震予知をする人にあったことはありませんが、地震予知の能力自体は否定できないと思っています。

ただ、地震予知はその人自身の命を守るためだけに突然ひらめく超能力のようなもので、ヒットしたアニメ映画のように、そのような力を利用して万人を助けることはできません。できないし、地震予知ができたとしてもそれをコントロールすることは難しいとみられるからです。

 

先程のミシェル、村井、早川、すずといった地震予知・預言者などが地震を言い当てる時、アプローチ法はそれぞれ違っていても、結局のところ霊的なひらめきを授かったかのような感じで地震を的中させたはず(たまたまともいう)なので、それが何かの公式や方程式に当てはめようとしても、次回は当たらなかったりするはずです。

2017年も色々と最新の予言や地震予知がありますが、そのひらめきというのも、毎回その人に降りるものでもなく、不特定多数の人間を救えるほど精度も高くないので、あまりアテにしない方がいいかもしれませんね。

2017年3月11日、クジラが打ち上がるニュース

地震学者たちが専門知識を活かし、市民の安全を守るために日々地震予測・予知をしていますし、2017年において大地震の予兆があればすぐに携帯にアラームが鳴るようにもなっています。

2017年3月11日、鹿児島県南さつま市の海岸でマッコウクジラ6頭が岸に打ち上がるというニュースが報じられていましたが、このような現象を地震の予兆と警戒することは何も悪いことではありません。

それ以外にも、普段見ないような地震雲らしき空の景色やペットの不自然な挙動など、私たちの暮らしの中からでも様々な地震の予兆を見ることだって不可能ではないのですが、地震の予兆を掴むことができる人間はホンの一握り。

ただ、◯◯だから地震予知できるというものは、現代において未だに存在しない事実だけは知っておいた方がいいでしょう。

【関連記事】
2062年未来人が2016年5月17日に再訪?地震が再び来る?

そして、生活の中で地震の予兆に繋がるような細かな違いを感じ取ったり直観が働くというのは、防災準備をしておくなど、普段から防災意識を持っていてこそです。何もせず、ネットの無料情報だけで地震から逃れられるのであれば、大多数の死者が出るような地震なんて起こり得ないのですから。

いつも言ってることですが、2062未来人を気にするくらいなら防災意識を常日頃から持っていた方が健全な毎日を送ることができますからね。

東日本大震災から6年が経ち、色々なことが忘れ去られようとしている今、『愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ』ということを肝に銘じておきたいものです。

追記(2017/03/14)

未来人は次回、2017年4月8日20:00に来るとのこと。また気になることがあれば追記したいと思います。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ