栃木・那須のスキー場で高校生が雪崩に!安全登山講習中になぜ?

栃木県那須町スキー場

2017年3月27日、栃木県那須町のスキー場で雪崩が発生し、春山登山安全講習を受けていた高校生が巻き込まれたというニュースが報じられていました。

報道によると、学校引率による登山訓練中の高校生が雪崩に巻き込まれとのこと。高校生は6人が心肺停止の状態で見つかっており、他8人の高校生がケガ、そして教諭1人と高校生3人が行方不明で連絡が取れない状況だそうです。

※続報・最新情報は記事下にて追記しています。

栃木県那須町スキー場での雪崩の速報

そして、なぜ雪崩が起きてしまったのか?

自然災害は予測がつきにくいものですが、那須のスキー場自体は3月20日で営業が終了しており、指導者側の安全管理に不備がなかったのかも気になるところです。

今回はこのニュースを詳しく見ていきましょう。

Sponsored Link

栃木・那須のスキー場で高校生が雪崩に!

2017年3月27日、栃木県那須町のスキー場で高校生らが雪崩に巻き込まれたというニュースが速報で流れてきました。

地元消防による発表では、登山をしていた高校生らが被害に遭い、そのうちの高校生とみられる6人が心肺停止。8人がケガ。そして、教諭1人と高校生3人がいまだ行方不明となっています。

雪崩が起きたのは27日午前9時20分ごろ、栃木県那須町のスキー場は『那須温泉ファミリースキー場』で、他にスキー客がいなかったのか気になったのですが、高校生たちはスキーをしにきていたわけではなく、春山登山の安全講習会という名目で登山訓練を受けていたとのこと。

ちなみに、那須温泉ファミリースキー場は3月20日で営業が終わっているので、一般のスキー客が雪崩に巻き込まれたという心配はないようです。

那須温泉ファミリースキー場の場所

栃木県教育委員会によると、春山登山安全講習会をを受けていた高校は以下の7校。

大田原高校
那須清峰高校
矢板東高校
矢板中央高校
真岡高校
真岡女子高校
宇都宮高校

この登山訓練では県内7つの高校の山岳部の1.2年生と教員、あわせて63人が合同で登山の講習会を受けていたのですが、心肺停止の6人、行方不明の4人はいずれも大田原高校の生徒・教師。

そして、この日は午前7時半から登山を始めたそうです。

現在、警察や消防が行方不明者の捜索にあたっていますが、現地では雪が降る悪天候により捜索が難航しているようです。

今回、被害者の多かった県立大田原高校山岳部は県大会9連覇を誇る強豪校で、毎年12月下旬に行われる冬山合宿では氷点下マイナス20度にもなる環境下でテントを張ることも…。部の関係者によると、大田原高校山岳部の顧問は山のエキスパートであったとのこと。

県立大田原高校は県内でも有名な進学校だそうです。

余談ですが、U字工事益子さんは元大田原高校山岳部サブリーダーで、あばれる君は元白河高校山岳部リーダーだったそうです。

雪崩はなぜ起きたのか?

栃木県那須町スキー場、雪崩発生場所

では、なぜ栃木県那須町のスキー場で雪崩が起こったのでしょうか?

栃木県北部ではちょうど前日の未明から大雪が降り、固い地盤での積雪となっていたそうですが、これはよく言われている雪崩ができやすい状況。そして、この那須温泉ファミリースキー場では、先週の3月21日にも雪が降っており、それが今回の積雪と重なって表層雪崩が起きたと考えられています。

しかしながら、整備されているゲレンデで雪崩が起きるというのは珍しいような気がしたので調べてみると、どうやらゲレンデより上部の林の中(傾斜のきつい登山コース)で雪崩が発生したと見られ、それが第2ゲレンデまでなだれ込んだ状態とのこと。

栃木県那須町のスキー場で雪崩があった当日、関東地方では真冬並みの寒気が入ってきていた影響もあって東京では冷たい雨が降っていました。栃木県北部でも冷たい雨が降っていたのですが、27日深夜ごろから降雪に変わり、気象庁によるとその影響で30センチ以上の積雪になったとのこと。それが季節外れの表層雪崩を引き起こしたのではないかとみられています。

ちなみ表層雪崩というのは、比較的気温が低い時期に起きる自然現象。新しく積もった雪のかたまりが滑り落ちてくるもので、時速100kmから200kmとも言われているので非常に危険です。

雪崩の発生しやすい場所

ちなみに雪崩の発生しやすい場所はこのような感じになっているのですが、登山訓練中だったことを考えると低木林やまばらな植生辺りで発生した表層雪崩に巻き込まれた形なのかもしれません。季節外れの降雪が、本来起こり得なかった悲劇を引き起こしたといえるでしょう。

表層雪崩の発生しやすい条件国土交通省のホームページより

表層雪崩は速度が速く破壊力が強大で被害範囲も広いといわれています。

Sponsored Link

安全登山講習中の安全性は?

雪崩の発生した那須温泉ファミリースキー場辺りの前日の気象情報では、雪崩や大雪の注意報が出ていたそうですが、学校引率の講習会だっただけに安全管理に不備がなかったのか気になるところです。

先程は季節外れの降雪が引き起こした雪崩の可能性があると説明しましたが、春山登山の安全講習会ということであるならば、やはり雪崩に巻き込まれて高校生が命を落とすような事故が起きてしまうのはおかしいと言えるでしょう。

高校生は雪山登山を行わない

雪崩は、たとえその場で予兆がわかったとしても逃げるのは難しいので、最良の判断は、無理だと思ったら山へ出向かないことだと言われています。つまり、無理な登山やスキーをするかどうかは経験者の判断が必要です。

このスキー場が、時期・コンディション的に雪崩が発生することを予見できなかったのか気になるところです。

春山登山安全講習会の様子昨年の春山登山安全講習会の様子

今回の雪崩は傾斜のゆるいスキー場のゲレンデではなく、傾斜30度以上登山コースだからこそ起きた表層雪崩だと見られていますが、さきほどの国交省のホームページにも雪崩による注意・対策が出ていることを考えれば、登山訓練を中止するなどの判断ができなかったのか疑問を持つところでしょう。

雪山についてはこんな意見もあります。

雪崩についてのツイート

例年にない気象は予測外だと考えられますし、ひょっとすると中止の案もあったかもしれませんが、毎年同じ時期に行われていた(54年も続いている)恒例の講習会であったことや、7つの高校の合同訓練ということで予定の変更が難しかったのかもしれません。

深夜から早朝にかけてコンディションが急激に変化したこともあるでしょう。

それに対してレスポンスの良い決断が取れなかったのも理解できますし、もちろん、先生方も細心の注意を払っていたとは思います。ただ、栃木県気象情報の前日の時点で『大雪』や『雪崩』の注意報が出ていたことを考えれば、雪崩に巻き込まれたことは悔やまれるところです。

追記(17:00)

現在、行方不明者は全員発見されており、県立大田原高校の生徒ら8人が心肺停止、3人が重症となっています。引き続き、安否の確認が行われている模様。

追記(21:50)

栃木県警によると、那須町のスキー場雪崩事故で病院に搬送された8人(生徒7人と教員1人)の死亡を確認。この他、40人がけがをし、うち7人が骨盤骨折などの重傷。県教委は、高校生らは当初の茶臼岳に登る登山の予定を変更し、スキー場内で雪を踏み固めて歩く「ラッセル」の練習中に雪崩に巻き込まれたと説明しました。

雪崩が起きたときの状況雪崩が起きた時の状況
栃木・那須町の事故現場の様子

講習会の安全管理はベテランの顧問の方にまかせていたとのことですが、色々な不運が重なった自然災害だったとはいえ、今後、安全管理面で問題がなかったか調査を行うとのことでした。

この記事の続きです
⇒栃木雪崩事故・大田原高校の生徒らが亡くなった原因は人災か?

謹んで亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

追記(2017/3/29)

【最新記事】
大田原高校山岳部の生徒遺族の言葉が泣ける…|栃木雪崩事故

遺族のコメントや先頭グループにいた生徒の証言についてはこちらを参照。

Sponsored Link

One Response to “栃木・那須のスキー場で高校生が雪崩に!安全登山講習中になぜ?”

  1. ツルッぱげ より:

    今回の事故に関しては明らかに「人災」です。
    そもそも「春山登山の安全講習」と銘打っていますが、5月迄は冬山と考えるのが登山者の常識。

    件のスキー場は3/20に営業を終えており、雪を固める作業や巡回はしていません。

    急激な降雪、日中の気温が高い等の雪崩が誘発され易い状況下で訓練講習を続行させた経緯が理解できません。

    更に深い新雪の中をラッセル(雪を踏み固めて進む)をしたら、新雪上に亀裂を発生させ表層雪崩を誘発させます。
    ※昨今、ボーダーが新雪で滑りたいが為に登山、新雪上を滑り表層雪崩を発生させる知識欠乏が増加中。

    更に酷いのが協会!
    「現場はベテラン・・・」と繰返し、現場に責任転嫁をしている事です!
    協会が管理運営し教育した人材が講習教員なのだから、最終的な責任は協会が負わなければならないのが理解出来ないのだろうか?

    無論、現場の講習教員にも責任がある。
    講習環境が明らかに「悪化」したのだから「現場判断」ではなく、上部組織に「報告・連絡・相談」するのは基本中の基本!

    以上をもって「人災」だと認められます。

コメントを残す

このページの先頭へ