栃木雪崩事故・大田原高校の生徒らが亡くなった原因は人災か?

栃木那須町スキー場、事故現場

2017年3月27日午前9時20分頃、栃木県那須町のスキー場で春山登山の安全講習会を受けていた高校生たちが雪崩に巻き込まれ、栃木県立大田原高校・山岳部の生徒ら8人(生徒7人と教員1人)が死亡するという痛ましい事故が起きました。

雪崩が起きた当時、季節外れの雪により想定外の積雪があったことから、当初の登山の予定を中止し、積雪をかき分けながら歩く『ラッセル』の訓練に変更していたのですが、茨城県警は、この時の現場の判断に誤りがなかったかどうか、業務上過失致死傷の疑いで捜査するとのこと。

捜索にあたった陸上自衛隊雪崩の捜索にあたった陸上自衛隊

雪崩に巻き込まれた栃木県立大田原高校・山岳部というのは、全国大会に連続出場するという強豪校であり、今回の訓練実施についての現場判断は大田原高校・山岳部のベテラン顧問が決めていたそうですが、このあたりの判断が適切だったかどうかが今後の注目されるところです。

自然災害ではあるのですが、事故の原因に人災の可能性も浮かんできたというのは少々残念な話ですね…。

Sponsored Link

栃木のスキー場で起きた登山訓練中の雪崩事故

2017年3月27日、栃木県那須町湯本の『那須温泉ファミリースキー場』で起きた雪崩事故。

当時、県高等学校体育連盟が主催した『春山安全登山講習会』には、約60人の高校生と教員が参加しており、突然起きた雪崩による事故で、顧問の男性教員を含む8人が死亡、40人が怪我を負う大惨事となりました。

気象庁によると、栃木県那須町では前日26日に『大雪・雪崩・着雪注意報』が出ており、27日も深夜から早朝にかけて雪が30センチも積もったことで、一気にゲレンデ状況が変わったとみられています。

ラッセル訓練について

そして、当初予定していた登山訓練は積雪のために中止になり、48人(生徒40人、教員8人)がゲレンデ上部の林の中で雪をかき分けて進む『ラッセル』訓練を行っていたところ、突然、激しい表層雪崩に遭遇。犠牲となった8人は、いずれもラッセルの先頭グループを作っていた大田原高校の生徒と教員だったそうです。

雪崩に遭った時の状況

この春山安全登山講習会は3月25日から始まった2泊3日の講習会で、栃木県内の7高校の登山部の生徒51人と引率教諭11人が参加していました。

大田原高校
那須清峰高校
矢板東高校
矢板中央高校
真岡高校
真岡女子高校
宇都宮高校

ちなみに雪崩が起きた『那須温泉ファミリースキー場』の営業は20日で終了しており、一般客はいなかったことが幸いですが、全国的に桜が咲こうかというこの時期の大雪は地元の人たちも「想定外」といった様子でした。

栃木県教育委員会によると、訓練は雪が残る中での遭難や滑落を防ぐ方法を実地に学ぶ内容で、本来は雪山登山をする時の危険を未然に防ぐための訓練でした。

であるならば、その訓練実施の判断が適切だったかどうかが、今後の問題点となってきます。

栃木県立大田原高校山岳部は強豪校だった?

高校生の春山登山について2017年3月27日においては冬山だった

今回の雪崩で被害に遭い死亡した8人全員が栃木県立大田原高校の生徒と教員でした。

【生徒】
高瀬淳生(あつき)さん(16)
浅井 譲(ゆずる)さん(17)
佐藤宏祐(こうすけ)さん(16)
奧 公輝(まさき)さん(16)
萩原秀知(ひでとも)さん(16)
大金 実(みのる)さん(17)
鏑木悠輔(かぶらぎ・ゆうすけ)さん(17)

【教諭】
毛塚優甫(けつか・ゆうすけ)さん(29)

雪崩で死亡した8人の死因

以上8人の死因は雪の重みによる圧死で、その他、生徒や教師40人が重軽傷を負っています。

亡くなった生徒の親御さんがインタビューに受けている姿を何人か拝見しましたが、どの親御さんも悲痛な気持ちを抑えながら取り乱すことなく辛い状況を受け止めていました。

こういうシーンは本当に胸が苦しくなります。

遺族のインタビュー

栃木県立大田原高校を調べてみると偏差値60(栃木県高校偏差値ランキング2017)で、かなり優秀な進学校であることがわかります。それだけでなく、大田原高校・山岳部は全国高校総体県予選会で8連覇中、関東大会予選会3連覇中、新人大会3連覇中という強豪校。

⇒栃木県立大田原高校HP

登山競技の内容は以下の通り。

全国高校総体県予選会で8連覇をなしとげた大田原高校の山岳部が、2016年8月6日~9日の4日間、岡山県の蒜山(ひるぜん)一帯・毛無山一帯で繰り広げられたインターハイに出場し、見事ベスト87位)に輝きました。

1チーム4人で4日間「準備から下山まで、生きる力を問う」登山競技です。

筆記試験のほか、山を登るための計画書作成から下山までの全行動がチェックされるそうです。

テント設営(10分間)も審査対象で、木槌の置き忘れや、断熱シートを敷き忘れも減点対象。毎日早朝にテントをたたみ、食料や調理用具、燃料、寝袋などをザックに詰めて歩くのです。

ザックの重さは18Kg。岩が転がる道もあり、選手が一列に並んで一定の間隔で歩く。選手交代は認められないようで、まさに生きる力を問われる競技のようです。

U字工事の益子君も、かつて大高山岳部で活躍しました。こつこつ頑張る山岳部の活躍に、是非、エールを送ってください。

引用元:公益財団法人 紫塚奨学団

U字工事の益子が大田原高校山岳部のOB
U字工事益子のブログ記事U字工事益子のブログから

お笑いコンビ・U字工事の益子卓郎さんも大田原高校・山岳部のOBだったそうですが、山岳部の競技内容のハードさから考えると体力の他に慎重さを要する競技だと言えるでしょう。

近くに住む大田原高校OBの伊沢邦夫さん(73)は、「練習ではいつも重い荷物を背負って、校内の階段を必死に上がっていた」と振り返り「かわいそうでならない」と唇をかみしめた。

引用元:日刊スポーツ

そのハードな登山競技において県大会連覇中だった大田原高校の顧問というのは、いわば山のエキスパートとも考えられるわけですが、悪条件が重なったとはいえ、なぜ雪崩を予見できなかったのかと悔やまれます。

大田原高校は国公立大学に100名以上合格するような進学校。決して優劣の問題ではありませんが、優秀でありながら山岳部に入るような子供たちの未来を考えると本当に残念です。

Sponsored Link

大田原高校の生徒らが亡くなった原因は人災か?

栃木県那須町スキー場で起きた雪崩事故について、警察は安全管理に問題がなかったか業務上過失致死傷の疑いで調べを進めていく方針です。

ネット上でも、高校生を対象とした『春山安全登山講習会』で多くの死傷者が出るほどの雪崩事故に巻き込まれたことについて、明らかな人災が原因だという指摘も多く見受けられます。たしかに事故が起きた日は大雪で、前日から『大雪・雪崩・着雪注意報』も出ていたことを考えれば、安全講習会の範疇を超えたいたという見方もできます。

それに対し、主催した栃木県高校体育連盟(以下、県高体連)は「ベテランの先生方の状況判断を尊重し、現場の指揮を任せていた」と話していますが、やはりその判断も甘かったと言わざるをえないのかもしれません。

県高校体育連盟の会見

とはいえ、県高体連主催の登山安全講習会は1963年から毎年茶臼岳周辺で行われていたもので、過去に大きな事故は一度もなく、当日は予定していた茶臼岳山頂(1915メートル)までの登山を大雪のために中止し、『ラッセル』訓練に変更をしていました。

ちなみに当時、登山経験が豊富な県高体連の委員長(大田原高校)と副委員長(真岡高校)が、講習内容の変更などの判断を行っていたそうですが、委員長は20年以上も山岳部の顧問を行っており、山岳指導員の免許も持っていたとのこと。それでも起きてしまった大惨事。この責任は一体どこにあるのでしょうか?

遺族のインタビュー遺族のコメント

ここで天災か人災か受け取り方が変わってくるとは思うのですが、安全講習会中に雪崩が起きる危険地帯に足を踏み入れたと考えれば、人災であった可能性は高いと言えるでしょう。

つまり、安全な登山を学習する場所において、安全確保や安全管理ができてなかったというのは問題であるということになります。

日本雪崩ネットワークでは次のようなことが書かれていました。

意志決定の際に忘れてほしくないこと 

雪崩事故の9割が、犠牲者あるいはその仲間の誘発による雪崩です。積雪不安定性にかかわる重要な情報を見逃さず、慎重に地形を選び、グループの行動を統制することが、雪崩に遭遇する可能性を低くし、もし事故となった場合でも、その被害を軽減させる鍵となります。安全は、あなた自身に掛かっているのです。

引用元:日本雪崩ネットワーク

テレビで登山講習に参加した男子生徒がインタビューに答えていたのですが、「朝のうちから結構雪が積もっていて、この状況で山を登るのは危険だということになり、6時頃に『テントで待機』と言われ、7時になって『7時半から活動開始します。準備してください』と言われた段階ではまだ全然吹雪いてて、こんな中でもやるのかなと思った」と、当時の状況を話していました。

強引な意思決定が引き起こした事故だとすれば、やはり人災といえるのかもしれません。

Sponsored Link

雪崩は予測できなかったのか?

那須温泉ファミリースキー場、雪崩事故現場

今回の雪崩は予測できなかったのでしょうか?

当日、登山を中止したことは正しかったのですが、変更したラッセル訓練について安全管理への配慮はきちんとなされていたのか疑問が残るところです。

もちろん、引率の先生方も子供たちに安全教育をする使命感を持っていたことは相違ないでしょう。

安全訓練と言えども、少しは危険なところへ行かなくてはいけないのはわかりますし、今回ラッセル訓練を行っていた場所が比較的雪崩の発生しにくい林の中であることから、先生方にもそれなりの配慮があったとも考えられます。

雪崩は山頂部にたまった新雪が崩れたことで発生したとみられていますが、それがラッセル訓練をしていた林間部を伝ってくるところまで予見できたかといえば難しいところでしょう。

ただ、アルピニストの野口健さんが、「なぜそんな高い位置でラッセル訓練をしていたのかがわからない。もっと低いところでやっても良かったと思う」と言っていました。

ほんの少しの冒険心がこのような悲劇を引き起こした要因になったことは確かであり、8人が亡くなっていることを考えれば、安全管理に不備があったかどうか調べる必要があります。

野口健が雪崩に遭った時の画像野口健が雪崩に遭った時の画像

通常、スキー場などでは、スタッフがコースを滑走して安全を確認したり、雪が溜まっている場合は人工的に雪崩を起こすなどして雪崩対策をしているのですが、栃木県那須町の那須温泉ファミリースキー場はちょうど一週間前に営業が終了していたことから、雪の安全確認をする必要があったと言われています。

雪崩についてはビーコンを付けていないことからも想定外だったとみられています。

ただ、雪崩を想定していない雪上訓練をどうみるか。

ビーコンの所持について雪崩が想定される時はビーコン所持が基本

雪崩捜索にビーコンビーコンがないと捜索が大幅に遅れることに…

捜索の際、雪崩に巻き込まれた生徒の安否を確認するために、GPS(衛星利用測位システム)を使おうという段階で保護者から携帯電話の番号の聞き取りをするということがありました。

引率指導の側に『雪崩に遭う』という危機意識が足りなかったことが伺えます。

今回の雪崩事故について、色々と参考になる意見も出てきているのでいくつか紹介しましょう。

栃木雪崩事故について共感の多いツイート

本来であれば、引率のベテラン指導員が先に行って雪の状況を確認し、それを無線で知らせるなどして安全確認をすべきだったと言われていますが、現時点では、近年の異常気象が引き起こした悲劇としか言いようがありません。

今後はより慎重な姿勢で、雪山の危険性を肝に銘じる必要があることだけは確かでしょう。

亡くなった県立大田原高校山岳部の生徒・先生のご冥福をお祈りします。

【関連記事】
栃木・那須のスキー場で高校生が雪崩に!安全登山講習中になぜ?

表層雪崩や事故の詳しい状況についてはこちらを参照。

【最新記事】
大田原高校山岳部の生徒遺族の言葉が泣ける…|栃木雪崩事故

遺族のコメントや先頭グループにいた生徒の証言についてはこちらを参照。

Sponsored Link

6 Responses to “栃木雪崩事故・大田原高校の生徒らが亡くなった原因は人災か?”

  1. トミー より:

    今回の事故は完全に人災!経験00年のベテラン顧問などということばが、いつも出てくるが10年でも年1回しか言ってなければ初心者同然、こんなリーダーに高校生がノー!といえないよ!責任者の追及を求める。未来ある子供の命を奪った責任は高体連含めて
    極めて重い!

  2. 高校山岳部0B より:

    教師/指導者の責任です。
    子供たちには何の過失もありませんし、争うこともできなかったでしょう。吹雪の時は速やかに登山も訓練も中止、実施するのであれば、もっと低く雪崩の心配のない安全な場所で訓練を行なうべきです。
    あの八甲田山の遭難と同様に、業務遂行を行いたい、雪山訓練の経験をさせたいと、指導者が組織と生徒を忖度した考えが起こした事故です。

  3. mayunyu より:

    地元民ですが、昔から大田原高校はスポ根のノリが好きな学校なんです。一昼夜かけて85km歩く強歩大会なんてのを30年くらい前からやってますが、それで強靭な精神養おうてんだから精神主義というか頭が古い。強歩大会では全生徒参加の上、父兄もサポートに動員されるし、とても都会じゃ賛同得られない内容です。
    私は今は宇都宮に住んでますが、宇都宮と比べても栃木県北地方の田舎の人って頭が古くて固い人が圧倒的に多いんですよ。
    八甲田山的な人災を起こす土壌が、大田原高校の精神主義に少なからずあったんじゃないかと思います。肉体の限界を精神で補おうとかそんなノリを生徒に強制して、まるで戦前みたいで今どきおかしいですよね?裁判になると思いますが被害者の立場に立ってきちんと責任とってほしいですね。

  4. OB より:

    上層部の判断以上に天候やその場の状態が悪かった。自然は怖いですよねぇ(笑)って第三者は笑って言えるけど指導陣はそう言えないもんなぁ。何人の指導者が首を切られるのやら……現地の旅館に待機してた最高責任者は全く同情できんが、先頭で犠牲になったであろう教諭も処罰するべきなんだよなぁ〜。ニュースや新聞は彼をただの被害者として扱っているが、彼も自身を除く7人の生徒を殺した今回の行動を抑止できなかったのだから……

  5. アンナ より:

    警察の検証が始まったので真実が分かってくると思いますが、スキー場で雪崩に巻き込まれたような報道は大間違いです。スキー場からかなり高い尾根に登って尾根の頂上付近を目指したと思われます。大田原高校の生徒が雪崩にあった場所から急斜面になっています。ラッセルをしたので雪崩を誘発したのではないでしょうか。
    私は一年中よくスキー場近辺に行きますがこの10年でお彼岸過ぎにこんな大雪は記憶にありません。顧問の先生も那須山をどれだけ知っていたか疑問です。私をはじめ地元の人は勿論ですが尾根の地形を知っていれば登らせなかったでしょう。本当に残念です。今回の研修責任者の反省を求めます。

  6. とらちゃん より:

    誰もやりたくない部活の顧問を初任者に押し付けこの結果ですか。子どもの立場に立ったって、高体連の上の人は言ってますが、形だけですね。

コメントを残す

このページの先頭へ