千葉小3女児殺害事件が不可解…犯人はまだ逮捕されないのか?

千葉小3殺害事件

2017年3月26日に千葉県我孫子市の排水路わきの草むらで小3女児の遺体が発見された事件。

亡くなったベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさん(9)の遺体はベトナムに還され、通っていた小学校では始業式を迎えたというのに、この千葉小3殺害事件の犯人がまだ逮捕されていません。

リンさんが行方不明になってからすでに2週間が経ち、その間も犯人逮捕に向けて必死の捜査が行われているのですが、この事件は遺体と遺留品が別々の場所で発見されたりと色々と不可解な点も多く、社会に暗い影を落としています。

今回は事件の最新情報や犯人の人物像や犯行の動機などについてみていきたいと思います。

Sponsored Link

千葉小3女児殺害事件が不可解

千葉小3連れ去られた場所

2017年3月24日の朝、自宅から約10分の距離の小学校の終業式に向かった小3女児レェ・ティ・ニャット・リンさん(9)が、自宅を出た後に消息不明となり、2日後に遺体となって発見された事件。

2週間経った現在も、この千葉小3女児殺害事件の犯人がいまだに逮捕されていません。

しかし、この事件は不可解なことも多く、2chの掲示板に犯行を伺わせる不審な書き込みがあったり、遺体発見現場から数キロ離れた場所に遺留品が相次いで見つかったりと、通常の誘拐・拉致殺害事件とは少し感じが違うというのです。

小3女児が行方不明であることがアナウンスされる前にネット掲示板2ちゃんねる(2ch)に不審な書き込みがあったことは、前回記事⇒千葉小3女児殺人事件の犯人逮捕を願う…ネットに不審な書き込みでもお伝えした通りです。

これはリンさんが千葉県松戸市の安心安全メールでリンさんの行方不明情報が出る前の2017年3月24日21:05に、「暖かくなったら用水路に女児の死体がないか見て回ろう」という犯人のみが知りうる内容の他、幼い女の子への強い執着を伺わせる書き込みがあったことから不審に思われているもの。

もちろん、何か捜査に関わってくるのではないかと見られているのですが、さらに別の掲示板でも3月26日06:07に、『ちばけんまで検索しろ!』という名前で「用水路にいるから探せ」という不審な書き込みがあったことが確認されています。

2chの不審な書き込み

そして26日午前7時前に、千葉県我孫子市で通りかかった男性がリンさんの遺体を発見となったので、ニュースになる前のこれらネット掲示板の不審な投稿が、事件と関連性がないか気になるところです。

 

さらに不可解なのが、遺体と遺留品が別々の場所に捨てられているという点。

この手の事件の場合、証拠品はまとめて処分されるのが自然だと考えられるので、遺体、ランドセル、白い手さげ袋・筆箱が、それぞれ別の場所で発見されているところは少々不自然だと見られています。

犯罪心理学専門家で東京未来大学教授の出口保行氏によると、これらの場所はある程度人通りがないという見当がついていて、車がないと来られない場所だと指摘しています。

そして、リンさんが連れ去られたと見られる自宅周辺付近も、車道は狭いが駐車スペースがあり、計画的に待ち伏せし、短時間で連れ去った可能性があることから、犯人はかなり土地勘があり、事件現場の土地について知識がある人物だと推察しているのです。

犯人の人物像や犯行の動機は?

不審者注意

犯人の人物像としては、やはり土地勘のあることから、地元の人間の犯行なのでしょうか?

同級生からは、「(リンちゃんが)通学路に知らない大人がいた。怖い」と話していたという証言もありましたが、それ以外にも子供たちから不審者情報が上がっています。

犯罪心理学専門家の出口保行氏は、さらに「子どもの連れ去り事件の多くは下校時が多いのですが、朝の時間帯に連れ去りの計画を行うのは、かなり綿密に調べておいて、被害者がどこをどう通ってどうするかということを調査した上で犯行に及んだと思える」とも指摘しています。

 

うーん。

目撃されている不審者と犯人の関係性ははっきりとしませんが、平日の朝8時に女児を連れ去ったということは、無職かかなり時間に自由の利く仕事をしている人物。そして、車を所持していて、土地勘があると…。

計画性が高いのは臆病な性格だからとも考えられますが、出口保行氏は『誘拐』と『殺害』の犯行については切り分けた方がいいと言っています。

「遺体が発見された状況を見ると、連れ去りまでは計画性があったが殺害は想定外の可能性もある。今回の場合であれば『誘拐』をするところまでの計画は十分に練られていたが、その後、被害者に抵抗されたり、大声を出すところまでは想定しなかったため、とっさに女児を殺害してしまったのかもしれない」

千葉小3殺害、遺体、遺留品発見場所

とすれば、自宅から約18km離れた茨城県坂東市・利根川の河川敷で遺留品が見つかった辺りは、犯人の焦りが出てしまっているという考え方もできます。

ただ、それならネット掲示板など、その気になれば足のつきそうな場所での不審な書き込みの意味するところが何なのか疑問ですよね。これについては、元警視庁検察官の杉山忠一氏が「警察側に挑戦している可能性も考えられる」と答えていましたが、当然これは2ch掲示板の書き込みと犯人を関連づけることができればの話。

ちなみにランドセルなどの遺留品が見つかった場所は、民家も少なく人目につかない場所。地元の住人が言うには、今の時期は釣りをする人も少なく、車で不法投棄をする人も多い場所とのこと。

非常に不可解な点も多く、ネットの書き込みについてはとっくに目星がついているハズなのですが、犯人逮捕のニュースはまだ聞こえてきません。

これは一体どういうことなのでしょうか?

Sponsored Link

千葉小3女児殺害犯人はまだ逮捕されないのか?

千葉小3女児殺害事件での2ch掲示板に書き込まれた不審なメッセージについては、警察はすでに調べがついていると思われるのですが、いまだに犯人逮捕まで至っていません。

そこで考えられる理由は2つあって、ひとつは事件とまったく関係ない人物の書き込みだったか、もうひとつは、不審な書き込みをした人間がパソコンのIPを偽装していた可能性が考えられます。

ややこしい話は抜きにして、書き込みの情報源を辿れないような工作をされてるということですが、児童への偏執嗜好があったり計画的な犯罪を犯すような人間なら、それくらいの偽装をしていてもおかしくはありません。

 

小3女児の遺留品も発見されているのですが、指紋などは付いていないのか、それとも過去に犯罪歴のない人間の犯行なのか。

さらに未だに見つかっていないものとして、『黄色の帽子』『くつ』『ランドセルの中身』『筆箱の中身?』などがあるそうですが、遺留品が別々の場所で発見されることについてどのような犯人の思惑があるのか、かなり不可解というか気味が悪いものを感じます。

安全対策を行う千葉県松戸市の事件現場近く犯人逮捕に至らず安全対策強化を図る

幼児を狙った計画性の高い誘拐や捜査を撹乱をしているようにもみえる遺留品のバラマキ、土地勘のある犯人による犯行と見られることから、小3女児が連れ去られた現場近くでは周囲のパトロールなども強化しているようです。

何にせよ、ここ2、3日ニュースの続報も止まっているので、水面下で捜査が進んでいると信じたいところですね…。

一刻も早い犯人の逮捕を願うばかりです。

追記(2017/4/14)

先程、速報で犯人が特定されたとのこと。

渋谷恭正容疑者、連行時の顔写真渋谷恭正容疑者の顔

NHKによると、逮捕されたのはリンさんの近所に住む男で、自称・不動産賃貸業、渋谷恭正容疑者46歳。犯人はリンさんの小学校のPTA会長だったこともあったそうで、DNA鑑定により犯人特定に至ったそうです。

渋谷恭正容疑者46歳。犯人はリンさんの小学校のPTA会長だったこともあったそうで、DNA鑑定により犯人特定に至ったそうです。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ