バチェラー・ジャパン面白い?ネタバレ無し感想・評価|アマゾンプライム

バチェラー・ジャパン

アマゾンプライム独占配信のバチェラー・ジャパンが最終話を迎え、結果的に非常に楽しめたわけですが、ネット検索するとネタバレのオンパレード状態。

個人的に『バチェラー・ジャパン面白い!』という評価だったのでので、ぜひオススメしたいコンテンツなのですが、まだバチェラー・ジャパンを観ていない&バチェラー・ジャパンの評価やネタバレ無しの感想を知りたいだけの人にとって、これはキツイ…!

ということで、今回は純粋にバチェラー・ジャパンの感想や面白さなんかをネタバレ無しで語っていきたいと思います。

Sponsored Link

バチェラー・ジャパンは面白いのか?

2002年からアメリカで放送が始まり、いまや世界中で放送され多く人を魅了している恋愛リアリティ番組『The Bachelor』が、2017年に日本でも『バチェラー・ジャパン』として放送されることになりました。

バチェラー・ジャパンはAmazonの独占配信なので、アマゾンプライム会員のみが観られるコンテンツなのですが、これが面白い。

バチェラー・ジャパンの基本設定は、ある独身男性1人が25人の参加女性の中から運命の人(結婚相手)を選ぶという恋愛生き残りゲーム。そして選ばれし独身男性が、文武両道の東大卒・事業を成功させたセレブニート・見た目・性格良しという超ハイスペックなのです。

バチェラー・ジャパン、久保裕丈

おいおい、何者だ?

と、そうツッコミたくもなるのですが、このハイスペッカーな独身男性・久保裕丈(くぼ ひろたけ)氏がなんとも嫌味のない性格で、25人の女性が1人の男性を奪い合うという少々無茶なセッティングもわりと素直に受け入れられるのです。

そんなハイスペック・セレブのお眼鏡に叶うように、20~30代前半までの見目麗しい女性25人が「私を選んで♡」という感じでアピールしていくのですが、毎回最後に行われるローズ・セレモニーでバチェラー久保裕丈氏からバラを贈られなかった女性が脱落していくので、回を増す毎に色濃い女性たちの恋愛の攻防が激しくなっていきます。本編は全12回なので後半は少人数の絞込みになってくるのですが、ローズセレモニーで誰が選ばれて誰が選ばれないのか答え合わせをしながら見るのが面白い。

回によっては上手い編集で、誰が選ばれるのか(誰が落とされるのか)全くわからないので、友達や恋人と一緒にああだこうだ言いながら観るのがオススメ。

ロケーションも、北は北海道から南は沖縄、時には海外、ナイトクルージングまであり、キャンドルやバラを使ったデコレーションも豪華なので、非日常的でロマンチックな空間演出には思わずうっとりしてしまします。こんなシュチュエーションでもてなされたら「惚れてまうやろ」的なデートの数々は、男性にとっても色々と参考になるのではないでしょうか?

バチェラー・ジャパン本編12話ですが、毎回その後にゲストを招いて本編を振り返るトーク・セッション(約20分)12話と、終盤にスペシャル回がプラス2話追加されているので、エピソードは全部で26話となっています。結構なボリュームなのですが、CMもなく、結構ジェットコースター的に進んでいくので『あっという間に観れてしまう』そんな恋愛コンテンツです。

バチェラー・ジャパンネタバレ無し感想・評価!

バチェラー・ジャパン、ローズセレモニー

バチェラー・ジャパンをネットで検索するとネタバレが多いので、これから観ようかなという人や面白そうだったら観ようと考えてる人にとっては注意が必要です。ここではバチェラー・ジャパン(シーズン1)のネタバレ無しの感想・評価などを書いてみようと思います。

バチェラー・ジャパン(シーズン1)をすべて見終わった感想としては、バチェラー(独身男性)久保裕丈氏がこの難しい大役を卒なくこなしたことに尽きるでしょう。

巷ではシナリオありだとかヤラセありだとかの噂もあるのですが、そうだとしてもバチェラーがよくもまぁこの25人の女性を相手取り、最後の1人を選ぶところまでうまく持っていったなぁと感心してしまいます。私はそうは思いませんが、ヤラセではないかと噂が立つくらい女性を公平に扱い、結構きわどいところまで持っていく様は同じ男性として素晴らしいのひと言。

世界中で話題の『The Bachelor』が日本でも成功するかどうかは、この久保裕丈氏にかかっていたと言っても過言ではありません。バチェラー・ジャパンが最終回を迎え、公式にシーズン2も決定したとのニュースも出ていましたが、続編へ繋いだことは企画の面白さはもちろんのこと、日本のバチェラー一人目としての久保裕丈氏の功績はかなり大きいと言えるでしょう。

 

第一回目などは25人の女性のパーソナリティはほとんど理解できなかったのですが、回を追う毎に女性の性格や関係性などが見えてくるようになります。しかし普通に見ている分には、久保裕丈氏がどの女性を狙っているのかがまったくといっていいほどわかりません。実際に全編を見通してみると、中々上手い編集だと感心するところもあるのですが、最後のスペシャル回では色々と頷けるネタバレ的なところもあったりするので、本編やトーク・セッションを見ながらバチェラーと女性たちの動向観察も楽しめるのがいいですね。

個人的に興味深かったのは、女性同士の駆け引き。

バチェラーと女性がツーショットでデートに出かけてる間、その女性の欠席裁判のようなことをする女性たちには、思わず「怖っわ…」となりました。幸せ気分でデートから帰ってくる女性に対し、容赦なく冷や水を浴びせる女性たちをバチェラー久保裕丈が見抜いているのか見抜いていないのか…。こういう裏の顔を傍から見るのは意外と面白い(笑)

それでも、どの女性もツーショット・デートで見せる顔はキュートだし、久保裕丈氏もすべてのデートを華麗に演出してくれるので、その先がどのように展開していくのかが読めません。(私が男だからかもしれませんが)

ちなみにリアルタイムではインスタグラムやツイッターが荒れていましたが、それだけ感情が揺さぶられることの表れともいえるでしょう。ただ、女性たちのせめぎ合いの果てに行われるローズセレモニーは、本当にハラハラさせられます。

ひょっとすると

「この子を落とすんだったら、アイツを落とせよ!」

なんて思うこともあるかもしれません(笑)

個人的なバチェラー・ジャパンの評価としては、企画の設定以上に見どころ満載なので、たとえ結果がわかっていたとしても楽しめる恋愛コンテンツとしてオススメです。

Sponsored Link

バチェラー・ジャパンはアマゾンプライムで

バチェラー・ジャパンはアマゾンプライム限定の配信です。

アマゾンプライムはAmazonでの配送料が無料になったり、動画や音楽が無料で見放題・聴き放題になるサービスで、年会費として3,900円が必要になります。

しかしながら、有料会員になる前に『30日間の無料お試し期間』があるので、バチェラー・ジャパンを観たい場合は無料で見ることが可能です。

ちなみに無料お試しはいつでも解約できるので、必要なければ簡単に解約できるので安心です。(私も過去にアマゾンプライムの無料お試し期間内に解約したことがありますが、非常にスムーズな対応でした)

アマゾンプライム会員は、買い物時やセールの優待などでも十分元が取れますが、年会費3,900円も、毎月たった325円ですからね。映画やドラマ・音楽が好きな人であればかなりお得なサービスだと言えるでしょう。


無料お試しはコチラから

【関連記事】
初心者必見!バチェラージャパン出演者女性プロフィールまとめ!

松本人志ドキュメンタルがクソ面白いと話題に!ネタバレなし感想

Amazonプライム会員がお得過ぎて勝手に更新も気にならない件!

バチェラー・ジャパンを楽しめるのはAmazonプライム会員だけなのですが、有料とはいえCMなしで本編を楽しめるのはストレスフリーで快適ですし、決して中途半端なものではなく気合の入った本格的な恋愛コンテンツなので、ぜひぜひ、友達とバチェラー・ジャパンを一気見するなどして楽しんでみてくださいね。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ