子供と行きたい関西日帰り動物園&水族館!GW以降が穴場?

ゴールデンウィーク以降が穴場の関西日帰り動物園と水族館のイメージ

今回は子供と行きたい関西日帰り動物園&水族館のまとめです。

近頃、『ふれあい』をテーマにした動物園や水族館が増えてきたので、子供が喜びそうなスポットを色々と紹介していきいと思います。GW以降に穴場となる場所も多いので、色々と参考にしてみてくださいね。

それではいってみましょう♪

Sponsored Link

子供が喜ぶ関西日帰り動物園!GW以降が穴場?

ここではGW(ゴールデンウィーク)以降が穴場の関西日帰り動物園を色々と紹介していきたいと思います。

ヨーデルの森(神埼農村公園)

ゴールデンウィーク以降が穴場の関西日帰り動物園2016!ヨーデルの森

【営業時間】
営業:土日祝、春休み、夏休み9:30~18:00 、平日10:00~17:00 
休業:年中無休(冬季不定休有)

【料金】
おとな(中学生以上):1,000円
こども(4歳以上):500円
シルバー(65歳以上):800円

【所在地】
〒679-2431 兵庫県神崎郡神河町猪篠1868

【内容】
都会から離れた自然あふれる広大な敷地にあるヨーデルの森。子連れファミリーやカップル、友達同志で訪れるにもオススメの体験型農村公園です。いわゆる動物園というよりも、牧場といった方がニュアンス的には近いかも?

山の中にあり、ちょっと緩やかな坂があったりするのですが、空気がおいしくてゴールデンウィーク前後に行くのにおすすめの場所です。春に生まれた動物のかわいい赤ちゃんたちが続々とデビューし始めているので癒されます。ドッグランや鷹匠のダイナミックなショーの他、土日祝はニジマス釣りも実施しているので、ハイキング気分でアトラクションを楽しめます。

⇒詳しくはコチラ

【補足】
ヨーデルの森で動物たちと触れ合った後は、近くにある『天然かさがた温泉』に寄って帰るのがオススメです。天然かさがた温泉は2016年4月にリニューアルオープンしたばかりで、広々と開放的な露天風呂など温泉情緒たっぷりのスポットで、山裾にたつ古民家風の建物が目印です。

天然かさがた温泉

ゴールデンウィーク以降が穴場の関西日帰り動物園2016!天然かさがた温泉

【営業時間】
営業:10:00~20:00

【料金】
入湯料:700円

【住所】
神崎郡市川町上牛尾半瀬2073-12

⇒詳しくはコチラ(クーポンあり)

 

アドベンチャーワールド

ゴールデンウィーク以降が穴場の関西日帰り動物園2016!アドベンチャーワールド

【営業時間】
営業:9:30~17:00 (4/29~5/6は20:30まで)
休業:不定休

【料金】
大人(18歳以上):4,100円
中人(中・高校生):3,300円
小人(4歳~小学生):2,500円
シニア(65歳以上):3,700円

【所在地】
〒649-2201 和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399番地

【内容】
大阪から約2時間の和歌山・白浜にあるアドベンチャーワールド。関西圏では非常に人気がある動物園ですね。 

ちょうど先月に訪れたばかりですが、動物たちの生態がダイレクトに伝わってくるケニア号やイルカショーなど、何度見ても飽きることはありません。もちろんそれだけでなく、動物たちと触れ合える場所や遊園地など楽しめるスポットも多く、動物たちにちなんだアイデアメニューも盛り沢山なので、テーマパークとしても好感を持つことができるでしょう。子供たちが一日楽しめる場所ですよ。

GW中は特別にナイトサファリやナイトマリンライブを開催中です。

⇒詳しくはコチラ

 

神戸市立王子動物園

ゴールデンウィーク以降が穴場の関西日帰り動物園2016!王子動物園

【営業時間】
営業:9:00~17:00(季節によって変動あり)
休業:毎週水曜日(祝日の場合は営業)

【料金】
大人:600円
中学生以下:無料

【所在地】
兵庫県神戸市灘区王子町3-1

【内容】
王子動物園は園内に子どもたちが楽しめる遊園地や、ウサギなどの小動物と触れ合えるスポットがあるので、小さいお子さんのいるファミリーからカップルまで十分に楽しめる動物園です。 動物たちの種類も満足のいくもので、なんとパンダとコアラが一緒に見られるのは、日本広しといえどもここだけなんだそうです。

非常に人気のある王子動物園ですが、ゴールデンウィーク中はかなりの混雑が予想される場所(いつも駐車場待ちの行列ができる)なのですが、園内は非常に広いので動物の姿が見えないレベルではありませんでご安心を。

狙いどきはゴールデンウィーク明けの6月で、この時期は穴場的スポットになります。それでも土日などは駐車場が埋まるほどの盛況ぶりなので、王子動物園に行く際は早めの行動がオススメですね。

⇒詳しくはコチラ

 

滋賀農業公園 ブルーメの丘

ゴールデンウィーク以降が穴場の関西日帰り動物園2016!ブルーメの丘

【営業時間】
営業:9:30~18:00(季節によって変動あり)
休日:不定休

【料金】
大人(中学生以上):1,000円
子供(4才~小学生):600円

【所在地】
滋賀県蒲生郡日野町西大路843

【内容】
ここはなんといってもロケーションが良く広いので(なんと広さが甲子園球場の約9倍!)、花や植物などの自然に囲まれながら開放感あふれる気分で過ごせるでしょう。

中世ドイツという世界観をそのまま再現した建物や、四季折々の花達が咲き誇るブルーメの丘は本当にのどか。都会の日常の喧騒を忘れさせ、一時の休息を約束してくれます。動物と触れ合うことができる他、芝そりやゴーカートなどの子供が喜ぶようなアトラクションも充実しているので、家族連れのおでかけにおすすめ。

また、ピザやソーセージ、アイスクリーム作りなどの体験教室などドイツの食文化を楽しむことができ、ブルーメの丘でしか食べられないメニューが盛りだくさんの自家製ソーセージやパン、ヨーグルトなどが食べ放題のバイキングレストランやバーベキューなどもあります。

ただ、GW中は非常に混雑するので、もし訪れる予定があれば開場前には到着しておかないと駐車場待ちで大変な目に遭うので注意が必要です。特にこだわりがなければ、ゴールデンウィークは避けて平日に訪れるのがベターです。

⇒詳しくはコチラ

 

淡路ファームパーク イングランドの丘

ゴールデンウィーク以降が穴場の関西日帰り動物園2016!イングランドの丘

【営業時間】
営業:9:00~17:00 (季節によって変動あり)
休日:無休

【料金】
大人(中学生以上):800円
子供(4才~小学生):400円
3才以下:無料

【所在地】
〒656-0443  兵庫県南あわじ市八木養宜上1402

【内容】
淡路島にある動物と自然のテーマパーク『淡路ファームパークイングランドの丘』。花の鑑賞や動物とのふれあい、島グルメ、乗馬、ゴーカート、手作り体験、収穫体験など、日帰りで楽しめる場所として人気の高いスポットです。

とにかく駐車場も園内も広く開放感たっぷりの農業公園なので、関西から日帰りでしっかり楽しみたいという方にはピッタリの場所と言えるでしょう。 イングランドの丘の顔として20年以上愛されているコアラたちは、観るだけでとっても癒やされますよ。

2016年3月には、日本最多の世界のうさぎと触れ合えるラビットワーレンがオープン。個人的にオススメなのは、地元食材を使った淡路島ならではの食事が楽しめるところ。ご当地グルメの生しらす丼や淡路牛を使ったメニューなどもあり、手ぶらで自然を満喫しながら島グルメに舌鼓を打つのも最高です。

⇒詳しくはコチラ

 

子供が喜ぶ関西日帰り水族館!GW以降が穴場?

こちらでは子供と一緒に楽しめる関西日帰り水族館を紹介していきましょう。

水族館の良いところは天候に左右されないところですよね。今やシーズンごとにイベントを開催しているところも多いので、色々とエンターテイメント性の高い水族館を紹介していきたいと思います。

二見シーパラダイス

ゴールデンウィーク以降が穴場の関西日帰り水族館2016!二見シーパラダイス

【営業時間】
営業:9:00~17:00 (季節によって変動あり)
休日:不定休

【料金】
大人(高校生以上):1,400円
子供(小中学生):600円
3才以上:300円

【所在地】
〒519-0602 三重県伊勢市二見町江 二見町江580

【内容】
二見シーパラダイスはアザラシやアシカ達と触れあえる、日本でも珍しいタイプの水族館です。

特にトドやアザラシ、セイウチ、イルカといった大型海獣たちとの距離がここまで近いのは、ここを置いて他にないのではないでしょうか?北海道の旭山動物園が手作りアイデア満載で人気を博したように、二見シーパラダイスもそんな手作り感たっぷりの水族館で、子どもだけでなく、大人にとっても好奇心を刺激されるでしょう。

非常に演出に凝っていて、エサやりやショーなどが盛りだくさんな上、併設の二見プラザでは地元伊勢湾の海の幸を味わえたり、海産物などのお土産物などを購入することができます。

近くに鳥羽水族館もあるのですが、地元の友人曰く、満足度が高いのは絶対二見シーパラダイスとのことなので、迷った場合はぜひこの意見も参考になさってくださいね。

帰りは伊勢神宮前のおかげ横丁に寄って、伊勢を満喫するコースもおすすめです。

⇒詳しくはコチラ

 

城崎マリンワールド

ゴールデンウィーク以降が穴場の関西日帰り水族館2016!城崎マリンワールド

【営業時間】
営業:9:00~17:00 (季節によって変動あり)
休日:年中無休

【料金】
大人(高校生以上):2,470円
子供(小中学生):1,230円
3才以上:620円

【所在地】
兵庫県豊岡市瀬戸1090番地

【内容】
とりあえず城崎マリンワールドは目の前が日本海なのでテンションが上がります。ただ魚を観るだけの水族館ではなく、磯の生物とふれあえるスポットがあったり、イルカやアシカのショー、とどのダイビング、ペンギンの散歩など、毎日沢山のショーを開催。 非常に印象的なのがアジ釣りができるスポット。有料ですが釣ったアジはその場すぐ天ぷらにして食べられます。

2017年3月には魚の行動が楽しめる『Fish Dance』が登場し、その他にも昨年新設されたエリアなどもあるので、久しぶりに訪れるという方にもおすすめの水族館です。城崎マリンワールドは海水浴が盛んになる夏に向けて人が増えてくる場所なので、ゴールデンウィーク前後は非常に穴場の水族館だといえるでしょう。

帰りは車で5分の城崎温泉でゆったりするのもおすすめですよ♪

⇒詳しくはコチラ

 

須磨海浜水族園

ゴールデンウィーク以降が穴場の関西日帰り水族館2016!須磨海浜水族園

【営業時間】
営業:9:00~17:00 (季節によって変動あり)
休日:平成28年12月及び平成29年1月~2月の毎週水曜日

【料金】
大人(18歳以上):1,300円
中人(15歳~17歳):800円
小人(小・中学生):500円

【所在地】
兵庫県神戸市須磨区若宮町1丁目3-5

【内容】
2017年は須磨水族園開業60年目となる節目の年で、様々なイベントが盛り沢山。

2016年春にペンギン館とさかなライブ劇場がリニューアルオープンしたばかりで、ペンギンの様々な行動がマジ感で観測できるオープンスペース・ペンギン館では、ペンギンと一緒に記念写真やエサやりが体験できたり、さかなライブ劇場ではいつもと違う魚たちの動きを見ることができます。

大きなエイやサメが泳ぐ大水槽やイルカショーなど、開放感のある園内には、海洋生物の生態がわかるスポットが数多くあり、タッチプールゾーンや足湯の他、フードメニューにピラニアやワニ料理なども食べれたりと、ここでしか楽しめないこだわりのアトラクションが盛り沢山です。

須磨海浜水族園はリピーターが多いことで知られていますが、そのまま須磨のビーチで遊べるのは嬉しいところ。しかしながら、駐車場の列が絶えないこともあるので注意が必要です。

GW中(5月3日~7日)は夜間開園として20時まで営業しているとのこと。17時以降はナイトチケットも販売しているのでお得です。基本的に平日意外は混雑している須磨水族園ですが、夜は意外と穴場かもしれませんね。

⇒詳しくはコチラ

Sponsored Link

関西日帰り動物園&水族館のおすすめ!

私が最近訪れた中で、個人的なおすすめ動物園&水族館を紹介したいと思います。

動物園のおすすめスポットは『神戸どうぶつ王国』、水族館のおすすめスポットは『NIFREL』です。もちろん、ゴールデンウィーク中は混雑すると思うのですが、平日などに訪れると非常に快適に楽しめる穴場スポットであることは言うまでもありません。どちらも関西日帰りで行くことができる上、車でも電車でもスムーズに訪れることのできるスポットです。

神戸どうぶつ王国

ゴールデンウィーク以降が穴場の関西日帰り動物園2016!神戸どうぶつ王国

【営業時間】
営業:10:00~17:00 (土日祝は17:30まで)
休日:木曜(繁忙期は営業)

【料金】
大人(中学生以上):1,500円
小人(小学生):800円
4才・5才:300円

【所在地】
〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町7-1-9

【内容】
ポートアイランドにある『神戸どうぶつ王国』は、正にふれあいがテーマとなった動物や鳥達と花と植物が共生している楽園のような場所です。こんなに近くていいの?って思うくらい動物たちが近くて楽しめます。

神戸どうぶつ王国の素晴らしいところは花や植物がとても綺麗に植えられていて、ハス池では見事なハスの花が咲いていたり、天井から吊るされた色とりどりの花達がとても良い気分にさせてくれます。

雨でも安心の全天候型の施設内は色々なエリアに分かれていて、ナマケモノやカピバラ、うさぎ、猫、犬、巨大な亀、オオハシ、カモ、オシドリ、キツネザルなど、かなりの種類の動物達を間近で眺めたり、触れたりすることができます。ちょうど2週間前に訪れたばかりですが、ハリスホークなどの飛行をかなり間近で観ることができたり、ペンギンのエサやり、ラクダや馬に触れたりなど、動物好きにはたまらないスポットでした♪

園内にはバイキングやランチをできる場所や授乳室、男女トイレにおむつ交換台なども設置されてあったりと、小さなお子さんのいるファミリーにも優しいスポットです。

⇒詳しくはコチラ

 

NIFREL(ニフレル)

ゴールデンウィーク以降が穴場の関西日帰り水族館2016!NIFREL

【営業時間】
営業:10:00~20:00 (最終入館19:00)
補足:GW中5/3-5は8:30~、5/6-8は9:30より営業
休日:年中無休

【料金】
大人(16歳以上・高校生):1,900円
小人(小・中学生):1,000円
幼児(3才以上):600円

【所在地】
大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内ニフレル

【内容】
2015年11月にオープンしたばかりの新感覚の水のミュージアム『NIFREL(ニフレル)』。

海や水辺の生物を中心としたオリジナリティあふれる展示が魅力の、海遊館が手掛けるミュージアムとして、開園して以来大阪の新しいスポットとして人気の高い場所です。普通に思い浮かべる水族館よりもアートっぽい作りになっているので、子どもだけでなく、大人も十分に感性を刺激されます。 まさに『感性にふれる』をコンセプトに7つのゾーンに分かれ、様々な着眼点から生物の魅力を引き出してくれています。

また、NIFRELのあるエキスポシティには、SEGAとBBC Earthが共同して創りあげた大自然ミュージアム『オービィ大阪』やポケモンジム、床面がシースルーの観覧車、ショッピング、ここでしか味わえないグルメなど、1日中色々と楽しめるスポットが集まっています。

GW中はさすがに人が多いかもしれませんが、休日でも夜間帯だったり、平日のNIFRELは本当に穴場スポットなのでオススメです♪

⇒詳しくはコチラ

 

ということで、今回はゴールデンウィーク中でも楽しめるけれど、ゴールデンウィーク以降に穴場スポットなりそうな動物園や水族館を色々と紹介していきました。

最後には私のおすすめスポットを紹介してみましたが、特に楽しかったのは『神戸どうぶつ王国』ということで、興味のある方はぜひ行ってみてくださいね。帰りはリニューアルオープンした神戸メリケンパークを散策したり、モザイクやUmieでショッピングするなどすると楽しいかもしれません。

【関連記事】
関西大阪・梅田ゴールデンウィークイベント2017!無料・穴場あり

関西・大阪の潮干狩り・子共安全ビーチ2017!穴場や無料は注意?

ぜひ参考にしていただければと思います。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ