甘酒が夏バテ予防や肌に良いと人気!米麹甘酒の効果的な飲み方

甘酒ブームのイメージ

健康に良いとして、今人気急上昇なのが甘酒です。

夏に飲む冷やし甘酒が夏バテ予防や肌に良い美容効果をもたらすとして、季節を問わず注文が殺到しているとのこと。特に人気なのが米麹から作られる自然な甘みのある『米麹甘酒』で、血糖値を抑えたい人やダイエットしたい人にも勧められるカロリーの低い飲みものとして注目が集まっているのです。

近頃はスーパーなどの売り場にもさまざまな種類の米麹甘酒が並び、手作りの甘酒に必要な米麹に至っては品薄状態の店もあるほど。

今回は、今人気の米麹甘酒に隠されたメリットや効果的な飲み方について紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

甘酒が夏バテ予防や肌に良いと人気!

甘酒と言えば、寒い時期に身体を温めるとしてお正月やひな祭りの飲み物という印象が強いのですが、ここ数年の麹(こうじ)ブームにより女性を中心に夏場の需要が伸びているそうです。

夏場に甘酒といっても、湯呑みに入った熱い甘酒をふーふー言いながら飲むのではなく、ちゃんと夏用に冷やし甘酒としてアレンジが加えられていて、これが意外に美味しいのです。冬に飲む生姜湯が夏に冷やしあめとなる感じに近いのですが、冷やし甘酒は米麹のすっきりとした甘さと冷たさがマッチしていて、口当たりが優しいのです。(もちろん、夏でも温めて飲んでもOK♪)

甘酒は美味しいだけでなく、『飲む点滴』と呼ばれるほどビタミンやアミノ酸が豊富なことから、『夏バテ防止』や『美容目的』で大手スーパーやデパートで酒の陳列棚に色々な商品が並んでいます。ここ数年、麹がもたらす健康効果が見直され、夏に向けた夏バテ予防として甘酒を飲む人が増えてきているので、今や年中商品として取り扱われているのです。

では、改めて甘酒の効果やメリットについて紹介していきましょう。

【甘酒の良いところ】

栄養価が高く夏バテ予防・疲労回復効果

豊富なブドウ糖がダイエットに効果的

乳酸気食物繊維の力で便秘改善

ビタミンB群が豊富なので代謝が向上

血流アップで冷え性改善に効果的

老廃物を排泄するので美肌効果UP

酒粕に含まれるアデノシンで睡眠の質向上

BCAAによりストレスを感じにくくなる

米麹がシミ、シワ、くすみにアンチエイジング効果

メーカーによって味も色々と個性があるのですが、夏バテ防止や美容効果など身体に良い発酵食品として再注目されている甘酒。市場調査会社インテージによると2016年の国内甘酒市場規模は141億円で(前年に比べると8割増し)、これから夏に向けては、各メーカーが夏バテ対策として栄養価の高い甘酒をどんどん売りに出していくようです。

特に人気なのが、砂糖を一切使わずに麹のデンプンから甘みを引き出した甘酒で、カロリーも少なくすっきりとした味わいが楽しめます。

酒粕と米麹、2種類の甘酒の違い

米麹甘酒

甘酒には、大きく分けて酒粕と米麹から作られたものがあります。

『酒粕のあま酒』と『米麹のあま酒』、この2種類には一体どのような違いがあるのか、まずは簡単にまとめてみました。

酒粕のあま酒

  • 微量のアルコール成分がある
  • 砂糖で甘みをつける
  • 高カロリー
  • 作りやすい

米麹のあま酒

  • アルコール成分がない
  • 米麹のデンプンで甘みをつける
  • 低カロリー
  • ダイエット効果が高い
  • 手間がかかる

大きな違いとしてはアルコール成分があるかどうかで、市販品でもアルコール度数は1%未満と微量なので、ソフトドリンクに分類されています。栄養成分はほぼ同じで、米麹の甘酒にダイエット効果があると言われるのは『無加糖』であることが大きな理由となります。

ちなみに冒頭でも書いた『飲む点滴』というのは米麹の甘酒の方で、現在注目が集まっているのも米麹の甘酒です。ただ、どちらの種類も甘酒自体の栄養価が高く、夏バテ予防や美容に効果があるので、味や作り方など目的によって飲み分けると良いでしょう。

ダイエット目的であったり、妊娠中や子どもが飲むのであれば、アルコール成分のない米麹の甘酒。寒い時期に身体を温めたり、冷え性改善を目的とするのであれば酒粕の甘酒がおすすめとなります。

米麹甘酒の効果的な飲み方とは?

甘酒の効果的な飲み方イメージ

ここでは、米麹甘酒の健康に効果的な飲み方を紹介したいと思います。

米麹甘酒の場合、砂糖不使用のものも多くダイエットにも効果的と言われていますが、どのような飲み方であれば良いのか基本をおさらいしてみましょう。

Q.1 いつ飲むのがいいのか?

ダイエットや冷え性改善であれば朝、朝食前に飲むと代謝が高まるのでおすすめです。米麹甘酒は少量でお腹が膨らむので、ご飯を食べる20分前くらいがベスト。ちなみにおやつ代わりに甘酒を飲むのも良いでしょう。便秘改善には夕方に飲むのがおすすめです。

Q.2 ダイエットに効果的な飲み方は?

ダイエットに効果的な飲み方でおすすめなのは、豆乳を1:1で割って飲む方法。もちろん、使うのは砂糖不使用の米麹甘酒で。ダイエット中はタンパク質が不足しやすいので、豆乳との愛称は抜群。おやつ代わりや夜食に飲むと効果的です。

Q.3 どのくらいの量を飲むのが正解?

1度につきコップ1杯程度にしておきましょう。甘酒は栄養価が高いのですが、摂りすぎても体外に排出されるだけなので、1度につきコップ1杯が最適。ダイエット目的であれば、1日を通して200mlが理想。そうでなくとも、400mlまでなら安心でしょう。

Q.4 温める or 冷やす?

ダイエットにはHOTで。ダイエットに効果的な飲み方としては、温めてゆっくり飲むのがコツ。胃腸を温めることで代謝が上がりやすくなり、ゆっくり味わうことでより満腹感を感じられます。ただ、温めると菌や酵母が少し減るので、腸内環境を整える目的であれば冷やして飲むのがおすすめです。

Q.5 玄米 or 黒米?効果の違いは?

米麹甘酒には、原料となる米にも色々と種類があるものです。玄米はミネラルが豊富なので新陳代謝を上げてくれるので、ダイエットや美肌に効果的。黒米は抗酸化成分やアントシアニンが豊富なので、アンチエイジングに効果的です。

米麹甘酒、小松菜、キウイのスムージー

米麹甘酒の飲み方は基本的にそのままストレートでも良いのですが、ココアやヨーグルトにちょい足ししたり、『豆乳+バナナ』『小松菜+キウイ』『トマト+にんじん』などに甘酒を加え、スムージーにするのも健康で効果的な飲み方です。

また、調味料として使えるのも米麹甘酒のメリットと言えるでしょう。

個人的におすすめなのはグリーンティーの粉末を混ぜ、冷やして飲む方法。作り方は、粉茶小さじ2に水1/2カップを少しずつ加えて溶かし、米麹甘酒1/2カップを合わせるだけ。和テイスト感アップで美味しいですよ。

Sponsored Link

おすすめ米麹甘酒を紹介!

最後に、市販の米麹甘酒のおすすめ商品をいくつか紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

マルコメ プラス 糀(こうじ)甘酒

米糀からつくった 糀甘酒

お酒が苦手な人でも安心のノンアルコール米麹甘酒。米、米麹、塩のみで自然の甘さを引き出しただけあって、ほどよい甘さで飲みやすく、温めても冷やしても飲めて、調味料としても使えるオールマイティーな甘酒です。容器も紙製なのは嬉しいこだわりです。

 

福光屋 酒蔵仕込み 純米 糀甘酒

純米 糀甘酒 150g✕20袋

625年創業の酒蔵・福光屋が酒の仕込みに使う由緒ある水を使った無添加の米麹甘酒。ノンアルコールで老若男女問わず味わえるすっきりとした甘さが特徴。老舗ブランドだけあって非常に人気があり、リピート率の高い甘酒です。

 

れのあの玄米甘酒

れのあの玄米甘酒 500ml

女性から人気の高い玄米甘酒。ノンシュガー・ノンアルコールなのはもちろんのこと、これまでの甘酒のイメージを覆すほど飲みやすいと評価も高く、Amazonの売り上げランキングで1位を取ったこともある商品。栄養価が詰まった玄米甘酒をお探しの方におすすめ一品です。

 

国菊 黒米甘酒

国菊 黒米甘酒 900ml

黒米甘酒は香ばしく、日本人ならぜんざいを食すような印象を受けるかもしれません。しかしながら、米を発酵させた自然の甘さなのでさっぱりしています。食感がある黒米のコクと風味は他の甘酒よりも満足度も高く、一度ハマったら病みつきになるかもしれません。

 

ぶんご銘醸 酒蔵のあまざけ

ぶんご銘醸 麹天然仕込 酒蔵のあまざけ 900ml

米麹甘酒ランキングでは常に上位にランクインしている人気の商品です。老舗の酒蔵が作る甘酒ということで、仕込み水も九州屈指の清流『番匠川』の水を使用。天然麹で砂糖不使用。健康を考えて米麹甘酒入門するには、味・値段ともにコスパが高い商品です。

【関連記事】
高カカオチョコレートで便秘解消や血糖値低下!効果的な食べ方は?

江戸時代には滋養強壮食として大衆から好まれた甘酒。長い時を経て、米麹から作られる発酵健康食品として現代人から再び人気を集めています。

夏バテ予防や疲労回復麹菌のコウジ酸がメラニンを抑制する働きがシミ予防にも効果的だということで、これから夏にかけて米麹甘酒の需要が高まってきそうです。

米麹甘酒の自然な甘みはデザートやフルーツなどとも相性がいいので、調味料として使ってヘルシーなアレンジを考えるのも楽しいですよね。ぜひ、色々組み合わせて、甘酒の効果的な飲み方を発見してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ