甲子園のイオンが駐車場理由で閉店?跡地はその後どうなるの?

イオン甲子園店

阪神甲子園駅から甲子園球場へ行く途中にあるイオンが閉店するそうです。

サンテレビの甲子園野球中継では「甲子園には駐車場はおまへん!」というオマリーの有名なCMがありましたが、電車でも車でも甲子園駅からすぐそばにあるイオンは阪神ファンにとって馴染みの場所でした。閉店は2017年5月末となっているようで、これから夏の甲子園をピークにかき入れ時のだと思っていた人も多く、残念だという声も少なくありません。

イオン甲子園店、駐車場終了のお知らせ

一体その後、イオン甲子園店の跡地はどうなるのでしょうか?

今回はこのニュースについてみていきましょう。

Sponsored Link

イオン甲子園店が突然の閉店

私は地元が大阪なのですが、阪神電車で甲子園に行く時に必ず立ち寄るのが、駅すぐそばにあるイオン甲子園店です。そのイオン甲子園店が2017年5月末を予定に閉店することがニュースになっていました。

うーん、これは残念。

阪神の試合前は選手のユニフォームを着た阪神ファンで賑わっているので、それなりに繁盛していると思っていたのですが、ネットで地元の人のクチコミを見ていると「試合がない日やシーズンオフはガラーンとしてる」なんてものがありました。一応、共同通信が配信したニュースによると、閉店の理由は『業績不振』ということですが、トータルで考えるとやはり採算が取れないくらいギャップが大きいということなのでしょう。

もともとはダイエーだったのですが、かつてはダイエー全店の中でもトップクラスの売り上げだと言われて納得するくらい、野球観戦前のファンたちが食料品などを買い求めにきていました。(ビールは球場で買って飲むにしても、観戦中の酒のあてや食べ物は外で買ったほうがお得ですしね)

私も甲子園でしか食べられない弁当や、球場の焼き鳥(うまい!)はついつい球場内で買っちゃうのですが、それでも何か足を運んでしまわなければいけない気持ちにさせてくれるくらい、阪神戦のある日の賑わいは特別なものです。

ちなみにダイエーは昨年3月にイオンに変わったばかりですが、約1年で突然の閉店というのは少々もったいない気がしますよね。

イオン甲子園店は駅からすぐそばで立地も非常に良いのですが、甲子園の近くにはもうひとつ『ららぽーと甲子園』というわりと新しくて大きな商業施設があり、その中にイトーヨーカドーが入っているので、そちらの方に客足が伸びたことも理由としてあるのかもしれません。

しかし、野球ファンにとって一番痛いのは、イオンの駐車場が使えないということではないでしょうか?

甲子園のイオンは駐車場利用の穴場だった?

甲子園球場

甲子園のイオンと言えば、地元の阪神ファンの間では穴場(定番?)の駐車場でした。

もともと甲子園球場は阪神電鉄が儲かるように作られた場所であり、車での来場がしにくいということもあって、最大収容台数1,000台駐車可能なイオン甲子園店は貴重な存在。イオンは駐車場料金の上限が2,000円(試合・イベントがある日のみ)なのですが、立地としては一番わかりやすく、甲子園までの距離も近いので、ファンにとっては非常に使い勝手の良い駐車場として親しまれていたところがあります。

甲子園まで車で行った場合、周辺にコインパーキングなどの駐車場や、鳴尾浜の方まで行けば臨時駐車場も出ていたりするので(甲子園球場まで徒歩15分くらい)なんとかなるものです。しかし、買い出しや待ち合わせすることなどを考えればイオンの駐車場以上に使いやすい場所はないでしょう。

他に大きな駐車場と言えば大型商業施設・ららぽーと甲子園(駐車台数3,000台)があるのですが、こちらは甲子園に試合やコンサートがある特定日は、ららぽーと内にある機械に規定時間内に駐車券を通さないと駐車料金が6,000円加算されるシステムを設けています。(ちなみにこのシステムは万博公園にあるエキスポシティでも、ガンバ大阪の試合のある日は同様のシステムを設けているので注意しましょう)

ららぽーと甲子園の駐車場サービスららぽーと甲子園の駐車場利用は注意が必要

このような甲子園球場を取り巻く周辺の駐車場状況を考えると、イオンの駐車場は神ってると言わざるを得ないでしょう。しかしながら、イオンが業績不振で閉店するのは駐車場のみの利用客の影響があったことは容易に想像できるのですが、例えば4・5・6・屋上とある駐車場のうち5・6・屋上だけを上限適用の駐車場にして、4階の駐車場をイオン利用客専用にするとかなどして利用規制すると良かったかもしれませんね。

ただ、今後は甲子園球場の駐車場問題は深刻になりそうです。

当然のこと、甲子園へは阪神電車や公共の交通機関の利用を勧めているので、車で来場して駐車場がないと言われても「知らんがな」で済まされるのでしょうが、子供連れで野球を観に来るファミリーなんかはやっぱり車で行きたいですよね。

イオン甲子園店が閉店することで一気に駐車場を求め彷徨う車が増えそうですが、こういった時代の流れは致し方ないのかもしれません。たとえば電車で行けば飲酒運転を気にせずにビールを飲めるとか、普段使わない電車を使って新鮮だとか、できるだけ前向きに考えていきたいものです。

Sponsored Link

イオン甲子園店の跡地はその後どうなるの?

イオン甲子園店が5月末に閉店すれば、その後はどうなるのでしょうか?

ちなみにイオンの大きさはこのような感じです。

駅前の立地の良さが目立ちますが、イオン閉店後の跡地がどう利用されるのかは地元民ならずとも気になるところです。

実はイオン甲子園店の跡地に関しては、三菱地所信託受益権(物件の賃料を得たりできる跡地の権利)を取得しているのですが、現時点では新たな商業施設をオープンする見通しが立っているとのこと。三菱地所は不動産最大手であり、大阪であればグランフロント大阪などは三菱地所の事業施設として有名ですね。

三菱地所が展開する商業施設であるならば『マークイズ(MARK IS)』が思い当たるのですが、福岡ヤフオクドームでも隣接していた商業施設跡地にマークイズが建設予定(2018年開業予定)になっているそうです。

三菱地所、イオンの跡地はマークイズ?福岡のマークイズ完成予想図

【関連記事】
星野リゾートが大阪の新今宮に?大阪地元民がざわつく理由

もともとヤフオクドームに隣接していた商業施設ホークスタウンモールも、野球観戦やイベントのついで利用が多く、商業施設単体での利用が少なかったことが原因で閉店となったそうなので、今回のイオン甲子園店の状況とよく似ていると言えます。現時点でイオン甲子園店跡地の商業施設の詳細は発表されていませんが、三菱地所が運営するということで、おそらく閉店後は『マークイズ』になるのではないでしょうか?

ただ、阪神ファンにとっては何が入ろうが、駐車場料金のことが気がかりなのは言うまでもありません。

追記(2017/5/24)

先週の日曜日(試合がない日)にイオン甲子園店に行ってきましたが、店じまいセールで中は賑わっていました。駐車場はやはり5月末で終了とのことでした。

追記(2017/5/25)

神戸新聞NEXTの取材によると、6月1日以降も当面、地下2階の食品売り場と、地上4階-屋上までの時間貸し駐車場は通常営業するそうです。これは朗報ですね。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ