Amazon Fire HD 8(NEWモデル)変更点は?メリット・デメリット!

Amazon Fire HD 8、2017年NEWモデル

2017年5月17日、Amazonが販売しているタブレット『Fire HD 8』にNewモデルが発売されることが決定しました。

Amazonが開発、販売しているFireタブレットは、Androidとは似て非なる独自の『Fire OS』を採用したものなのですが、なんといっても他のタブレット端末と比べて価格が安く、ハイコストパフォーマンスなので非常に人気が高いタブレット端末ですよね。私もちゃっかり2016年モデルを持っているのですが、新型が出たということで変更点が気になります。

結論を先に書くと、「どこが変わったんですか?」と思わず二度見するくらいのドマイナーチェンジ。

言い方を変えると、Amazon Fire HD 8を2016年モデルから使っている人にとっては余計な出費を抑えられるのでホッと一安心といった感じでしょうか?

今回は、そんなAmazon Fire HD 8(NEWモデル)のメリット・デメリットなどを紹介をしたいと思います。

Sponsored Link

Amazon Fire HD 8(NEWモデル)の変更点は?

【関連記事】
Amazon Fire HD 10(NEWモデル)変更点!メリット・デメリット!

2017年6月7日に発売されるAmazon Fire HD 8(NEWモデル)ですが、現行のAmazon Fire HD 8(2016年モデル)と比較すると、どのような変更点があるのでしょうか?

早速、『2016年旧モデル』と『2017年Newモデル』を比較してみましょう。

 
Fire HD 8タブレット
(2016年旧モデル)
Fire HD 8タブレット
(2017年Newモデル)
価格 ¥11,980/¥13,980
⇒アマゾンプライム会員クーポンで¥7,980/¥9,980
⇒変更なし
ディスプレイサイズ 8インチ HD ⇒変更なし
解像度 1280 x 800 (189ppi) ⇒変更なし
カラー ブラック ⇒変更なし
プロセッサ クアッドコア最大1.3GHz ⇒変更なし
コンテンツ 約3000万の豊富な映画、ドラマ、音楽、本、アプリ、ゲーム ⇒変更なし
オーディオ Dolby Atmos、デュアルステレオスピーカー、マイク ⇒変更なし
ストレージ 16/32GB ⇒変更なし
microSDカードスロット あり(200GBまで対応) あり(256GBまで対応)
カメラ フロントカメラ  ⇒変更なし
  リアカメラ(+2メガピクセル) ⇒変更なし
Wi-Fi デュアルバンド a/b/g/n ⇒変更なし
バッテリー 12時間 ⇒変更なし
サイズ 214 x 128 x 9.2mm 214 x 128 x 9.7mm
重量 341g 369g
カスタマーサポート メール、チャット、電話、スクリーンシェア ⇒変更なし

ご覧の通り、目を見張るような真新しい変更はなく、microSDカードとサイズ・重量が少し変わっただけとなります。

microSDカードも256GBととなると、Fire HD 8の本体価格を上回るレベルになってくるので、特に重要なポイントではないでしょう。となると、わずかではありますが、サイズ・重量アップは変更点としてはデメリットといえるのではないでしょうか?

実質的には、2016年モデルと同様(見方によっては少し改悪?)となるので、2017年NEWモデルが出たからといって損をしたとか、書い直すか検討するといった心配はなさそうです。

Amazon Fire HD 8のメリット・デメリット

Amazon Fire HD 8のNEWモデルに革新的な変更点がないことで、安心された人も多いのではないでしょうか?買った途端にNEWモデルというのは悲しいですからね。

ここではそんなAmazon Fire HD 8のメリット・デメリットについてみていきましょう。

【メリット】

  • とにかくコストパフォマンスが高い!
  • プライム会員サービスとの親和性が最高
  • プライム会員ならKindle対象本が毎月1冊無料
  • クアッドコアで動きが滑らか
  • SDカード読み込みで容量を気にせずに済む
  • 最大12時間の長時間バッテリー

【デメリット】

  • アプリ入手はAmazonストアのみ
  • GPSや電子コンパス非対応
  • 映り込みが気になる
  • 毎月1冊無料のKindle対象本が少ない
  • ちょっと重い
メリット解説

Amazon Fire HD 8のメリットは、高・多機能な割に価格が安いところが挙げられます。同等の機能で、他のメーカーと比べても1/3程度の価格なのは嬉しいですよね。Fire HD 8は端末で儲けるために作られたのではなく、ショッピングやアマゾンプライム会員などのサービスを広く活用してもらうために作られたものなので、性能が悪いから安いのではなく、純粋に価格を下げて販売しているんだそうです。

なので、アマゾンプライム会員(無料お試しではなく本会員)なら、誰でもクーポン利用により4,000円OFFになるので、驚きの割引率と言えるのではないでしょうか?これは実質、アマゾンプライム会員1年間無料と同じであり、普段から動画を観たりや本を読む人であればかなりお得な買い物となるでしょう。

またアマゾンプライム会員だと『Kindle対象本が毎月1冊無料』になるので、書籍リーダーを試してみたいという人には嬉しいサービス(タブレット利用者の限定サービス)ですね。

またFire HD 8の性能として特筆すべき点は『画像がきれい』というところでしょう。画面の大きさが8インチと最適なサイズなので、動画プレイヤーとしても書籍リーダーとしてもストレスを感じさせるところがありません。CPUがクアッドコアなのでタブレット操作やゲームも滑らか。SDカードが利用できるので、音楽や動画の保存も安心ですね。充電も12時間とかなり持つので、コンテンツ利用で大きなストレスを感じることはないでしょう。

スピーカーについては期待していなかったのですが、ステレオ・スピーカーで音の分離も良く、動画を視聴するには十分といえる音質です。

 

デメリット解説

タブレット端末といえば『i-pad』や『Android端末』が有名ですが、Amazon Fire HD 8は独自のOSを使用しているので、アプリの利用はGooglePlayではなく、Amazonストアから入手することになります。要するに、代表的な一部のアプリが利用できない場合があるのです。

  • FacebookOK
  • TwitterOK
  • LINE
  • radiko.jpOK
  • DAZNOK
  • モンスターストライクOK
  • ポケモンGO

この辺りはスマホなどと使い分けることで問題解消できるのですが、Fire HD 8はGPSや電子コンパス非搭載なので、ナビ系の一部アプリは非対応になっています。しかしながら、まったく利用できないというわけでもなく、Wi-Fi接続した機器から位置情報を取得して利用できるアプリもあるので、一部利用可能とはなっています。

あと、モニター画面が「鏡か!」というくらい映り込みます。特にそれが不便ということはないのですが、私は映り込み防止のフィルムを購入しました。1,000円程度の出費にはなりましたが、お陰でかなりマシになりました。

購入時、スマホと大きさを比較購入時にスマホと大きさを比較した写真

上記画像は購入時にスマホと大きさを比較したものですが、フィルムを貼っていない状態だと天井の映り込みがくっきりしています。

映り込み防止フィルムを貼った後のFire HD 8映り込み防止フィルムを貼った後のFire HD 8

映り込み防止フィルムを貼った直後に同じ場所で写真を撮ったのですが、映り込みは解消されました。右下に気泡が入っていますが、こちらは放っておいたら勝手に消えました。

 

そして、Kindle本が毎月1冊無料のサービスですが、これが思ったより選べる本数が多くありません。よく『7つの習慣』『「原因」と「結果」の法則』などが紹介されているので、「これがタダで読めるのか!」とテンションが上がったりするのですが、とりあえず選べる本の種類は大したことありません。

あと、寝ながらFire HD 8を持っていると段々重たくなってきます。座りながら触っている時はそうでもないのですが、横になった体勢だとちょっと重いと感じるため、時々持ち手を変えなければならない点は注意が必要です。とはいえ、同サイズのタブレットの重さとしてはFire HD 8が特別重いわけではありません。ただやはり、体勢によっては『軽さ』や『持ち安さ』というのは大切だと感じさせられました。

Sponsored Link

Amazon Fire HD 8は『買い』なのか?

先程はAmazon Fire HD 8のメリット・デメリットを紹介していきましたが、私がFire HD 8に感じた魅力は、やはり『アマゾンプライム会員』の特典を自宅内で余すことなく利用できるというところでした。

特にKindle本はPCで読むより、リクライニングチェアや寝る直前に横になった状態で読みたいと思っていたので、読書に特化した『Kindle Paperwhite』か、この『Amazon Fire HD 8』かで迷っていました。結果的に、Amazonビデオや音楽、ネットサーフィン、ゲームなどが楽しめるFire HD 8を選んだのですが、非常に満足しています。

Amazonのオリジナル商品ということで、注文後にすぐ届けてくれるのも嬉しいところ。連休前などにAmazonプライムのコンテンツを存分に楽しみたいといった時でも、レスポンスが早いというのは地味にポイントが高いですよね。(1日あれば海外ドラマのワンシーズンくらいは一気に見れますから・笑)

ちなみに、アマゾンプライム会員のクーポン利用で購入した場合、開封後はWi-Fi接続を設定とアカウントの確認だけですぐに利用できます。

Fire HD 8 タブレット (Newモデル) 16GB、ブラック

個人的にはどのように使っているのかというと、私の場合、Fire HD 8は本の読み放題サービス『Kindle Unlimited』での利用がメインとなっています。プライムサービス利用としては、PCでは買い物や音楽、動画など。テレビでは動画メインといった感じで使い分けています。

Kindle Unlimitedは、漫画・小説・雑誌・実用書・専門書などの和書12万冊が読み放題のサービスで、月額980円で利用できます。月に一冊以上本を読む人なら絶対に元が取れる上、少し気になった本は気軽に読むことができるのでかなりお得感があります。

読み放題の本はタブレットに10冊までストックできるので、外出時などはFire HD 8をカバンに忍ばせておくと、スマホを惰性でいじるよりも有意義な時間の使い方ができるので重宝しています。

あと、映り込みを防止するシート(フィルム)は買って良かったと思うのでオススメしておきますね。かなり快適になります。


記事中画像のフィルム

余談ですが、お風呂場で貼るとキレイに貼れました。

ということで、今回はAmazon Fire HD 8(2017年NEWモデル)の変更点とメリット・デメリットを紹介していきました。NEWモデルといっても現行型のマイナーチェンジということなので、2016年・2017年モデルのFire HD 8のおすすめということになりましたが、アマゾンプライム会員で気になる方にとっては購入する良いタイミングではないでしょうか?

それでは良いAmazonライフをお過ごしくださいませ。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ