ワンオペ育児とは?ムーニーのCM動画を見て夫は反省すべき?

ムーニー、ロゴ

ワンオペ育児という言葉をネットでよく見かけるようになりました。

ワンオペというのは『ワン・オペレーション』の略で、元々は牛丼チェーン『すき家』が深夜の店舗営業を1人でまわす状態(ワンオペ)から派生した言葉。つまり、ワンオペ育児というのは、基本的に母親ひとりだけで行う育児のことを指します。

そして、そんなワンオペ育児をストーリー仕立てにしたユニ・チャームのムーニーのCMが、賛否両論意見が分かれる内容とのことで、早速動画で見てみました。正直、YouTube動画で見るまでムーニーのCMのことは知らなかったのですが、シングルマザーの話なのかと思うくらいのワンオペ育児ぶりに、思わず胸が痛くなりました。

ただ、よく見ると父親らしき人物もほんの少しだけ映っているので、ワンオペ育児の大変さや疲れを乗り越えるママを称え、・パパに気づきを与えたいという意図があるようにも思えます。

私の家にも2児の子供がおり、妻とよく子育ての話をするのですが、最近よく思うことは、夫は『イクメン』なんて軽々しく言えないくらい子育ては大変だということ。

今回はそんな視点で、ワンオペ育児について詳しくみていきたいと思います。

Sponsored Link

ワンオペ育児とは?

ワンオペ育児とは何でしょうか?

ワンオペ育児とは、何らかの事情によってママが1人で赤ちゃんのお世話をする状態のことを指します。定義としては、専業主婦に近い印象を与えるのですが、ワンオペ育児の場合、たとえ共働きであっても子育ての負担は女性が背負うという意味合いが強く表れています。

 

ではなぜ、ワンオペ育児が問題になっているのでしょうか?

これはもちろん、夫が積極的に育児に関わろうとしないという理由もあるのですが、子育てで母親に求められるものが大きくなったことも大きな理由として挙げられます。

そして、昔と違って核家族化が進み、共働きを選択する家庭も増え、なかなか結婚⇒子育てというステップを踏み出せない現代において、いざ子供ができたといっても、周りのサポートを受けにくい環境の中で子育てしなければならない人も増えました。

ムーニーCM動画、お母さんと赤ちゃん

ワンオペ育児が大変なポイントを簡単にまとめてみました。

家事・育児・仕事で余裕がない

夫が育児に積極的ではない

母親への社会的要求が厳しい

核家族化でサポートする人がいない

経済的理由から共働きせざるを得ない

 

昔のように『サラリーマン&専業主婦』が主流だった経済状況とは違い、女性の社会進出率が増え、男性の労働収入も全体的に下がりつつある中で、性差別を解消しようとする動きも活発になってきました。すると、男性と女性の結婚観にも変化が生まれ、見えない大きな溝によってお互いが歩み寄りにくい状態となっています。

男女ともにあらゆる面で二極化が進み、場合によっては『勝ち組』『負け組』という言葉で一喜一憂するのですが、水面下でプライドを保つための熾烈な争いが巻き起こっていたりするのです。

 

何の話かわからなくなりそうですが、要するに一昔前と比べて結婚の価値観がまったく異なっているということ。この現代社会において、女性だけが子育てをするのは当たり前ではないのかもしれません。

実際、このようなことを言うと建設的な話し合いができず、最終的に押し付け論になって離婚の危機を迎えたり、離婚やケンカなどのトラブルを避けるためにジッと耐えるママもいます。しかし、本当にこれで良いのでしょうか?

ムーニーのCM動画に賛否両論の声

ワンオペ育児がどのようなものか、このムーニーのCM動画を見ればイメージしやすいでしょう。

タイトルには「ムーニーから、はじめて子育てするママへ贈る歌。」と書かれてあり、『トイレの神様』で有名な植村花菜さんの『moms don’t cry』という曲がBGMで流れてきます。

動画では、生まれたばかりの赤ちゃんを抱っこするシーンから始まり、ぐずる赤ちゃんをあやしたり、抱っこしながら両手に買い物袋を持っている姿、お風呂に入ってる途中で泣いてる赤ちゃんに駆け寄る姿、泣いている赤ちゃんを見ながら一瞬ぼうぜん自失になっている姿などが映されていきます。

約2分の動画の間、父親が出てくることはほとんどないのですが、「泣いて笑って君と一歩ずつ歩いて行く」と歌う音楽と共に、育児の大変さや報われる瞬間がフィードバックされ、最後は赤ちゃんを胸に抱え前に歩きだすママの姿が描かれています。

そして、

『その瞬間が、いつか宝物になる』

と、こんな言葉で結ばれているので、ワンオペ育児をがんばってるママにエールを贈る内容であることが伝わってきます。

ワンオペ育児パパはこういう苦労を知らないかも…

しかし、このムーニーのCMが賛否両論なのだそうです。

実際、どのような声があったのか、いくつか取り上げてみましょう。

  • とても共感できるし、思い出して涙が出てくる
  • 辛いことがあっても『その時間が、いつか宝物になる』で済まされたら「ふざけんな」って思う
  • ワンオペ育児を賛美しているようにしか思えない
  • リアル過ぎて直視できなかった。せめて夫の飲み会はやめて欲しい
  • たしかに『宝物になる』けど、CMの内容に苦しくなる
  • 母親の仕事の大変さがよく伝わってくる
  • トラウマが呼び起こされる。見なきゃ良かった…
  • 育児の現実はまさにこれ
  • 1人でやるべきでない仕事を1人にやらせて「お前のため、いい経験になる」という美徳を押し付けるのは本当に謎
  • 普通に良いCMだと思った
  • 炎上しても取り下げないユニ・チャームの姿勢には好感が持てる

色々な受け取り方がありますが、CMの内容が多くの女性の胸に突き刺さったことは確かです。

私は男性ですが、わりと自由が利く職業なので子供と接する時間は長い方だと思います。しかしながら、子供の世話を妻のようにできるかというと、とてもじゃないですが「できる」とは言えません。

正直、子育てには過酷な時もあります。

ワンオペ育児、ムーニーCM動画

ムーニーのCM動画の中に、泣いてる赤ちゃんを前に呆然とするシーンがありますが、子育てには本当にもうどうしていいかわからない瞬間というものがきます。私も1人で子守りをしている時に困り果ててしまうことがあります。そんな時、子供の拠り所はやっぱり母親なので、妻にはまったく頭が上がりません。

そんな母親たちでも大変だと思う時を経験しますし、皆、そういう瞬間を乗り越えてきているのですが、中にはトラウマになるくらいツラかった人もいるはずです。ユニ・チャームの演出に賛否両論あれども、ワンオペ育児がどれほど大変なのかは、ムーニーのCM動画がある程度リアルに伝えてくれているのかもしれません。

Sponsored Link

ムーニーのCM動画を見て夫は反省すべき?

「ムーニーのCM動画を見て夫は反省すべき」というのは、少々言いすぎかもしれませんが、私は世の男性が子育ての大変さに目を向ける必要があると思っています。

女性の価値観として『子育て=大変』というのは言いたくないのです。

しかし、そこに胡座をかいている男性が多いことは憂えるべきことでしょう。

妊娠から出産、子育てまで、男性にできることは少ないし、自分の役割が『経済面で家庭を支えることだけ』と考えがちなってしまうもの。しかし、今やこの考え方では女性の負担が大きくなるばかりです。

もちろん、妻が家庭で子育てをしている間、夫は会社でがんばっています。

ただ、結婚してから大きく生活が変わるのは、妊娠、出産、子育てを担う女性なので、初めての経験の連続で戸惑うパートナーの支えになれるのは、やはり夫しかいませんし、ワンオペ育児を当たり前と思ってはいけないのです。

夫婦の家事育児時間の国際比率

もし、夫が結婚前とライフスタイルを変えず、飲み会やら趣味の時間に勤しんでいれば、そのしわ寄せはパートナーに行くかもしれませんし、いつか自分に返ってくるかもしれません。最悪の場合、それが子供に向かってしまうことも…。

結婚したら女性と同様に、男性も生活環境を変え、自分の時間を家庭に還元するようにしなければなりません。自分の時間が減るというはネガティブに考えがちかもしれませんが、あなたの親もあなたに時間を捧げてきたことを思えばわかりやすいでしょう。

「自分の都合で子供作ったんだから当たり前」という意見もありますが、いつか子供が親に感謝するように、親のがんばりというものはあるのです。

ムーニーCM動画、赤ちゃん

【関連記事】
赤ちゃん・子供のダニ刺され予防対策!簡単な布団のダニ駆除法!

アニサキス回転寿司は大丈夫?症状に正露丸が効果的?予防法まとめ

ムーニーのCMの最後、『その瞬間が、いつか宝物になる』というのは、子供の成長を考えれば自然なコピーのように思えます。ただ、子育てはうまくいかないことも多々ありますし、こういったコピーに敏感に反応してしまうくらい落ち込んで傷ついてしまうこともあるでしょう。

夜泣きの時なんか、私が抱っこしてもダメですが、母親が抱っこすると泣き止む子供の姿を見るたび、母親なしでは家庭を持つのは大変だと痛感せざるを得ません。

私もCM動画を見て胸が痛くなりました。しかし、それ以上に子供とともに成長する母親の姿に感動しました。

普段、パパたちが仕事で家を留守にしながら家族を持てるのも、こうしたママたちのがんばりがあるから。最近『ワンオペ育児』という言葉をよく見かけるのも、育児を大変だと思いたくないママたちからのSOSなのかもしれませんね。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ