ダニ退治は布団をコインランドリー乾燥機で20分!費用対効果◎

ダニ退治、コインランドリー最強説

梅雨から夏に向けてダニたちの活動が活発になり、暑い時期の睡眠で頭を抱えるのがダニ刺されですよね。

私もこれまでに色々なダニ対策・駆除をしてきましたが、あらゆるダニ退治の中で一番抑えておかなければならないのがコインランドリーの大型乾燥機による布団の乾燥です。

個人的にドラッグストアが好きなので、夏の時期に陳列されるダニ対策コーナーであらゆる商品を試したのですが、正直、あまり効果がないものも多数ありました。もちろん、ダニ予防やなどの効果は多少あると思うのですが、その前に布団に繁殖しまくっているダニを一掃しなければ焼け石に水であることが多いのです。

実はダニ退治は、布団をコインランドリーの大型乾燥機で20分乾燥させるだけで全滅させることができるのです。しかも費用対効果は抜群!

今回は、コインランドリーでの布団のダニ退治について詳しく見ていきましょう。

Sponsored Link

ダニ退治は布団をコインランドリー乾燥機で20分!

夏場は薄着で寝ることが多いので、布団の中のダニは本当に困りますよね。

そこでおすすめしたい布団のダニ退治方法は、布団をコインランドリーの大型乾燥機で20分以上かけることです。

室内に生息するダニは、平均気温23℃、湿度70%以上になる梅雨のシーズンから急激に増え、夏に向けてねずみ算式に増殖すると言われています。通常、目に見えないダニですが、一般的に人の服やバッグなどについて室内に入ってきて、絨毯や畳へと移動し、布団などに潜り込むパターンが一般的。

そんなダニに対して様々な退治の仕方や駆除方法があるのですが、布団の中のダニをやっつけるには、布団をコインランドリーの大型乾燥機にかけるのが一番なのです。

理由は簡単。

ダニは熱に弱いからです。

ただ、ダニが熱に弱いとしても、ダニの息の根を止めるには60℃以上の高熱を与えるか、50℃以上の熱を20分~30分以上与える必要があります。自宅の布団乾燥機や天日干しの熱ではダニは完全に死滅しないので、結論から言うと『コインランドリーで布団をブン回す』というのが一番なのです。

 

ポイント!
ちなみにダニは高温多湿を好み、基本的に布団やまくら、畳、ソファ、カーペットに棲みついています。そしてダニは夜行性なので、一番最初にダニ退治を行わなければいけないのが布団などの寝具になるわけです。

 

間違いなくダニを退治したい時は、高温でダニを駆除できる状況を作り出すしかないのですが、コインランドリーの大型乾燥機の熱は80℃以上なので、その高さの熱になればダニは一瞬で死滅します。

ダニが死滅する条件

布団全体にそれだけの熱が行き通るまで大体15分もあれば十分なのですが、余裕を持って20分間乾燥機にかければダニ退治としての目的は達成できるでしょう。

コインランドリーでの布団のダニ退治は費用対効果◎

布団洗濯・乾燥、クリーニングとコインランドリーの費用対効果引用元:WASHハウス公式HP

コインランドリーでの布団のダニ退治は費用対効果抜群です。

私の近所のコインランドリーでは、大型乾燥機の値段は100円/8分なので、時間にして20分以上の乾燥なら300円で済みます。

これが布団クリーニング(選択+乾燥)の場合なら、値段がかなり上がってきます

ある大手クリーニングチェーン店の値段を参考にすると、敷ふとん(シングル)3,000円/1枚、敷ふとん(ダブル)4,000円/1枚となるので、コスト面においては少し割高になります。

先程紹介したコインランドリーの300円は乾燥のみなので、布団を洗濯機に回すとなると、プラス700円から1,000円ほど余計に料金がかかることになります。それでも十分コストが安いので、コインランドリーでの布団のダニ退治は費用対効果は抜群だと言えるでしょう。

コインランドリー市場で急成長中のWASHハウスを紹介

WASHハウス、布団のダニ退治に効果的な大型乾燥機

個人的にコインランドリーの利用は、家でできない洗濯物があるときや、ノミ退治で布団を乾燥にかけるときくらいしか使わないのですが、調べてみると、過去4年間で200店舗以上増えているコインランドリー店『WASHハウス』があることを知りました。

WASHハウスは九州・宮崎発のコインランドリーチェーンで、2016年末時点で386店舗を展開し、従来のコインランドリーのマイナスイメージを払拭した、清潔感漂う店内と安全性・利便性の高いサービスが人気。

WASHハウスでも特にニーズが高いのが布団洗いだそうで、子育て中の若い主婦を中心に、高齢者まで幅広い世代から評判が良いと利用が増えてきているそうです。

布団を洗わずにいると1ヶ月で30万匹のダニが繁殖するといわれ、ダニやその死がい、フン、花粉などで子供のアレルギーが増加する要因になっている社会背景から、布団の洗濯&乾燥の需要に応えた形になったのでしょう。

子供を襲うアレルギーの原因一覧図

特筆すべき点として、布団を大型乾燥機にかけてダニ退治をした後は、アレルギー対策としてダニの死がいやフンを掃除機で吸い取らなければならないのですが、WASHハウスの乾燥機内は、掃除機と同じような仕組みになっているので、乾燥するだけでこれらを除去してくれるんだそうです。

⇒WASHハウスホームページ

直近5年で売上高が5倍に増え、東京や大阪にも進出してきたWASHハウス。もし、近くにWASHハウスのコインランドリーがあれば、一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link

コインランドリーの乾燥機によるダニ対策の注意点

最後に、コインランドリーの乾燥機によるダニ対策の注意点を紹介しましょう。

まず、ダニ対策でよくある間違いが、洗濯によるダニ退治です。

ダニは洗剤入りの水に付けたとしても簡単には死にません。非常に生命力が強く、テレビで行われた実験によると、洗剤水に付けたダニがなんと1週間以上生き延びたというデータもあるとのこと。ただ、洗濯によってダニの死がいやフンを洗い流すことができるので、アレルギー対策としては効果があります。

つまり、コインランドリーでダニ対策をする場合、まず乾燥機でダニを駆除してから、洗濯機でダニの死がいやフンを洗い流し、最後に乾燥機でふっくら仕上げという

『乾燥⇒洗濯⇒乾燥』

の順番で布団をキレイにするのが一番良いということになります。

 

そしてその後は、できるだけダニを繁殖させないように掃除と換気を行うことが大切です。

ダニを増やさないための対策法をいくつかまとめてみました。

朝・昼・夕に窓を明けて換気

掃除機は週5回以上かける

定期的に布団の天日干し

干した布団にも掃除機をかける

敷ふとんカバーやシーツをまめに交換

畳の上にカーペットを敷かない

定期的にエアコンフィルターの掃除

たまに押し入れや下駄箱などの換気を行う

開封済みの粉製品は冷蔵保存

 

梅雨の季節から夏場にかけて、大切なのは除湿と換気です。

特に布団に付着した汗や垢、髪の毛はダニの好物なので、布団干しは定期的に行うようにしましょう。それだけでダニの繁殖を予防することができますよ。


伸縮式多機能ふとん干し

しかしながら、部屋の間取りや仕事の関係で換気や除湿が難しい場合もあるかと思います。そんな人におすすめなのがダニ退治シートを布団に挟んでおくことです。

ダニ退治シートの利点は、布団の奥に隠れているダニをおびき寄せ、生きたまま捕獲するので、アレルギーの原因となるダニの死骸が飛散せずに駆除ができることです。ちなみに私は子供への安全と費用対効果を考えた上で新しいダニ対策!【ダニピタ君】 を使っています。

ダニピタ君期間限定でひとつオマケでした

【関連記事】
赤ちゃん・子供のダニ刺され予防対策!簡単な布団のダニ駆除法!

今回は、コインランドリーの大型乾燥機を使った布団のダニ退治について、その効果を紹介してみました。時間にしてたった20分の布団乾燥が、あなたに快適な睡眠を与えてくれるはずですよ。

ダニが引き起こすアレルギーの比率アレルギーの原因が布団にあったとは…

巷で言われているアレルギー性鼻炎や喘息、目のかゆみ、アトピーなどの皮膚炎は、ダニの死がいやフンによるアレルゲンが原因となっていることが6割と言われているので、小さなお子さんがいる家庭は特に注意した方が良いでしょう。

今夏はしっかりとダニ対策をして、家族の安息の空間をダニなんかに奪われないようにしてくださいね。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ