松居一代がおかしい?どうでもいいと思ってたけど策士ではある

松居一代

松居一代と船越英一郎のドロ沼騒動が世間を賑わせています。

7月に入ってからも連日どこかで松居一代のことが取り上げられていますが、世間の反応を見ても「松居一代がおかしい」という感じだし、私も正直、更年期を迎えた夫婦のいざこざなど「どうでもいい」と思っていました。

しかし、2017年7月5日のYouTube動画が急上昇ランキングで松居一代本人がアップした動画が1位になっていたので、怖いもの見たさの好奇心で覗いてみたら『おやまあ意外』なクオリティに驚かされました。

余談ですが、松居一代ってジャッキー・チェンに似てますよね。

松居一代とジャッキー・チェンが似てるのツイート

ブログで巨大フォントを使いまくって自身の苦悩を訴えてたときは、『統合失調症』だの『頭おかしい』だの言われていましたが、ひょっとすると、思ってた以上に策士なのかもしれないと考え直すようになりました。

今回はそんな少し変わった目線で、世間を騒がせている松居一代騒動について見ていきたいと思います。

Sponsored Link

松居一代がおかしい?

松居一代と船越英一郎のドロ沼騒動。

ブログや動画を使って一方的に相手の非を主張する松居一代をみて、「この人なんかおかしいんじゃ…?」と不安になる人が多いようです。私ももちろんその1人で、ネットでよく見かける統合失調症や虚言癖などの噂についても「当たらずといえども遠からずなんだろうなぁ」といった印象を持っていました。

ただ、松居一代が騙され傷ついた内容についてはハッキリしたことがわからなかったのですが、2017年7月6日に発売された週刊文春を読んだところ、『松居一代と船越英一郎の間で離婚調停までに及ぶ夫婦トラブルがあった』という記事がありました。

ただ、文春発売前にアップされた松居一代の動画を見れば、『文春に裏切られた』とあったり、夫・『船越英一郎への超絶バッシング』があったり、まったく穏やかではありません。

さて、その背景には一体何があったのでしょうか?

元々、松居一代が船越英一郎のネタを週刊文春に持ち込んだところから騒動が始まったのですが、この時、松居一代は自分の話を余すことなく記事にしてくれると思っていたそうです。しかし、それでは船越英一郎への名誉毀損にあたるかもしれないため、文春側が色々裏取り(事実確認の取材)をしているうちに、誤認事実も含まれていることがわかったので、それを公式に発表したのです。

週刊文春に凸する松居一代週刊文春に凸する松居一代

そして、てっきり自分の味方になると思っていた文春が自分の主張に100%乗っかってくれないとわかった松居一代が、ブログや動画を使って『文春に裏切られた(騙された)』だの『船越英一郎の裏の顔』だのと騒いでいるのが今の状況…ということですね。

普通の人なら、第三者である文春が裏取りできない情報を掲載するわけないんだから仕方ないと考えるのですが、そこで引き下がるどころか戦争する勢いで戦う姿勢を露わにした松居一代は、やっぱりおかしい人なのかもしれません。

しかし、ここまで知ってしまうと、二人のいざこざは真実なのかどうか気になってくるものです。

松井・船越騒動はどうでもいいと思ってたけど…

松居一代と船越英一郎の記事、週刊文春2017年7月6日に発売された週刊文春より

客観的に考えると、松居一代と船越英一郎の夫婦トラブルという言葉だけで片付く話なんですよね。

言葉は悪いですが、犬も食わない夫婦喧嘩なんてどうでもいい話じゃありませんか。ただ、どうでもいい話をここまでワイドショーに取り上げさせた松居一代は、考えようによってはかなりの策士とも考えられます。

これまでに数々の芸能人夫婦が言った言わないの話で揉めてきた歴史がありますが、結局のところ、真実はそれを見守る視聴者が決めていたりします。

今回の松居一代と船越英一郎なんて芸能生活が長いので、対立した場合、相手の評判を落とすことが一番ダメージを与えられることも重々承知と考えられるでしょう。

ここ最近世間を賑わしているニュースで、豊田真由子代議士が秘書に暴言を吐くという裏の顔が暴露されたことがありましたが、表のイメージを覆すような暴露は失職の可能性も出てくるもの。実際、それが怖くてお金で解決する芸能人や有名人も後を絶ちません。

【関連記事】
「このハゲーーー!ちーがーうーだろー!」豊田真由子が流行らす…

つまり、芸能人同士でこうしたことを行うのはタブーなのです。芸能生活の長い松居一代からすると、それでも許せないことがあったということなのですが、まずは彼女の言い分について見てみましょう。

  • 夫・船越英一郎を死ぬほど愛していた
  • 自殺をしようと考えるほど苦しかった
  • 夫は糖尿病で夜の活動ができない
  • そんな夫が精力剤を飲んで不倫をしている
  • さらに女と共謀して私の財産を奪い取ろうとしている

とまぁ、こんな感じなのですが、先に言っておきましょう。

しらんがな…(´・ω・`)

これに対し、船越英一郎の代理人・弁護士は「2016年4月の時点で、指摘されている女性との間に不倫関係はないと伝えた」とした上で、「現在、二人の夫婦関係は完全に破綻していて、7月には離婚調停が始まる予定です」と話しているそうです。

松居一代としては、旦那が自分のところから逃げ出したので懲らしめたいという思いがあるのでしょうが、改めて本気でどうでもいい話です。

私が非常に興味を持ったのが、このようなどうでもいい話が連日ワイドショーで取り上げられているという事実であり、この部分においては松居一代の策士としての戦略が功を奏したといえるのではないでしょうか?

Sponsored Link

松居一代はかなりの策士かもしれない

松居一代がどこかおかしいのはさておき、身内の夫婦喧嘩に世間を巻き込んだ手腕は天晴です。

週刊文春に夫の評判を下げるネタを持ち込みからはじまり、狂人を装ったブログ記事や、YouTuber顔負けの編集で恨みつらみを語った動画のアップ、さらにはTwitterまで、大規模な船越英一郎バッシングキャンペーンです。

まったく遠慮ってもんを知りません。

騒動の発端となったブログでは、統合失調症などと噂されていたように精神的な病を患っているのかと勘ぐりもしたのですが、迫真に迫りながらも理路整然と語る動画を見ていると、「ひょっとして、わざと頭のおかしいフリしてるのか?」と思い直すところがあるのです。

なぜ松居一代がそんなフリことをするのか?

それはもちろん、松居一代自身がこのスキャンダルをメディアに大々的に取り上げてもらって、自分を裏切った船越英一郎への罰を与えたいに他ならないわけですが、ただ普通に訴えるだけでは世間に注目されないので、我が身を呈してインパクトのある手段を選んだ可能性がある、ということです。

松居一代は策士だというツイート

ただ、それでも違う意味でおかしいということになるんですが、動画を見る限り、怒りで我を忘れているところを感じながらも、病的なまでに精神を病んでいるかどうかについては少し疑問を抱かざるを得ません。


松居一代、話題の動画

それよりも、信頼している人に裏切られたという絶望感から攻撃的になっているところは心配です。松居一代からすると聖戦みたいなもんですからね。電気を消して、姿をくらますのは船越英一郎の方じゃないかとツッコミたくなりますが、あることないことブッ込むスタイルじゃうまくいかないような…。

船越英一郎が不倫していた事実を一番訴えたいはずなのに、精力剤やら夜の話やらでもうよくわかりませんね。

それでも、次は何が飛び出してくるかと世間の注目を浴びてるので、ワイドショーも松居一代を面白おかしく取り上げていますが、冷静に考えるとやっぱりどうでもいい話としか思えません。まぁ、松居一代がスパルタンXのベニー・ユキーデ戦の時のジャッキー・チェンに似てるというツイートは笑いましたが。

ジャッキー・チェンに似ている松居一代ジャッキー・チェンに似てるとのツイート

【関連記事】
松居一代は『品がない』の一言に尽きる。全く応援する気になれない

ただ、掃除や風水などで資産を築き成功者である松居一代が、人が変わったように深刻に思い詰めて◯◯や△△などと口走っている姿はなんとなく痛ましいので、早く今の負の感情がサッと掃き捨てられる日が来るように願いたいですね。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ