松居一代は『品がない』の一言に尽きる。全く応援する気になれない

品がある時の松居一代

7月の第一週目は、松居一代のニュースで席巻された一週間でした。

前回は『松居一代がおかしい?どうでもいいと思ってたけど策士ではある』という記事を書いたのですが、まだまだこの話題の火はおさまりそうにありません。

肝心の松居一代の方は、怒りの矛先である船越英一郎を罵って全面戦争をするという感じになっており、第三弾の動画が話題を呼んでいますが、はっきりいって『品がない』の一言に尽きます。

ブログやなんかでは「応援してくれる皆さん!」なんて拳を突き上げる勢いですが、一体誰が松居一代を応援しているのでしょうか?

夫婦間でどんなことがあったのかは知りませんが、夫である船越英一郎のプライバシーを暴く品性の欠片も感じられない松居一代を応援する気になれない私からすると、本当にそんな人達がいるのか疑問を抱いてしまいます。

色々と謎すぎてガチサスペンス突入の松居一代騒動。どうでもいいと言った割には、珍しく連投している私もすでに術中にハメられているのかもしれません。

ということで、今回もこの話題に突っ込んでいきたいと思います。

Sponsored Link

松居一代のリアルサスペンス

松居一代と船越英一郎の夫婦間での不仲。ここから始まった松居一代の狂人的な訴えが、ネットやテレビの芸能ニュースを賑わせています。

わかりやすくまとめると、松居一代は船越英一郎の不倫が許せないと怒っており、船越英一郎は松居一代のDVから逃げ出したい、それだけの話なのですが、二人がメディアを使って訴えている主張が異なっているということですね。

客観的に見ると非常に明快。

「勝手にやってろ」って感じです。

ただ、問題をややこしくしている松居一代。YouTubeチャンネルやツイッターアカウントを新たに立ち上げ、船越英一郎へのバッシングに世間の賛同を集めようとしているのがこの騒動の現状ですが、私たちはこの松居一代のクレイジーな話に巻き込まれてはいけません。

結論はこれに尽きます。

この騒動を、体験型コンテンツ(リアルサスペンス)として経過を見守る分には楽しいかもしれませんが、松居一代主導の下で船越英一郎バッシングに回ってはいけないということですね。

 

なぜ、こんなことをわざわざ言うのか?

それは松居一代が病的な執着を持っていながらも、メディアやネットのプラットフォームをうまく利用した立ち回り方をしているため、うっかりこの狂人的な話を信用する人もいるかもしれないと思ったからです。

松居一代は『品がない』の一言に尽きる

松居一代、品がない

松居一代の話が本当かどうか? そんなことは私たちにとってどうでもいいことです。

モラルや夫婦間の倫理がどうとか、ルールを守ったとか破ったとか、そもそもそれは二人の間で決めればいいことであって、世間を巻き込んでゴチャゴチャと言うものではないからです。

動画をはじめとする松居一代の情報発信を見ていて感じるのは、『品がない』ということです。

どれほど憎んでいるとはいえ、還暦を迎えた女性が、現役で仕事をしている夫のことについて、あらゆるメディアをつかってここまで中傷するのはどうなんでしょう?

はっきり言って『品がない』の一言に尽きます。

妻として耐え難い屈辱があったことが事実だったとしても、傍からこのニュースを見ている私たちからするとドン引きです。もちろん船越英一郎ではなく、松居一代に対して「そこまで言うか…」という気持ちしか抱きません。

 

『正義の反対は、もう1つの正義』という言葉がありますが、松居一代の場合は船越英一郎を完全に悪と見なし、戦争を仕掛ける勢いで世間を巻き込もうとしています。熱気に煽られ、ひょっとすると何人かは「あれだけ言ってるんだから、船越英一郎にも原因があるんじゃない?」と考えるかもしれませんが、こんなに救われない話はありません。

松居一代は全く無関係な私たちに向かって、『船越英一郎は悪』というメッセージを送っているのですから。

それなりに著名な人物が、週刊文春で夫婦の内情についての暴露情報を持ち込み、それが叶わないからといってYouTuberになったり、ブログ、Twitterを使ってそれを訴える。自分の人気に乗じて、ファンや視聴者に特定の人物が「こんなに悪い人間だ。あんなに悪いことをしてきた」と吹聴するのは、どう考えてもルール違反をしているのは松居一代自身じゃないか!と思わざるを得ません。

男女関係なく、このような汚いやり口をする人間は到底信用できません。

Sponsored Link

松居一代を全く応援する気になれない

松居一代の動画や週刊文春、関連情報など一通り見ましたが、全く応援する気になれません。

その主張がいくら正しいとしても、自分が傷ついたことへの執着がエグすぎます。

そりゃ誰だって失望したり裏切られたりしたら傷つくでしょうし、人によっては人生に影響するくらい後に残ることもあるでしょう。船越英一郎が憎くてたまらない松居一代の気持ちもわかりますが、私たちを巻き込むなっちゅーの。

ドラマでたとえたら、ヒロインの恋を引っ張るクソ女役ですからね。

もうね…、怖い。

そりゃリアルサスペンスとか言われますよ。

船越英一郎の名前を呼ぶ時の低い声、ありゃキン◯マ縮み上がっちゃうって。

平時では機嫌良く、気に入らないことがあったらブチ切れるタイプ。変に有名で、変に頭が回るから、ファンを取り囲んで対立する相手の評判を下げようとしてるんでしょうけど、それで残った人って結局面白いから、ファンだからという理由だけだから、そんなバカなことしてたらいつかはその人達も離れていくことでしょう。

この手のタイプは地雷だね。

一緒になったらタダじゃ済まない。

もちろん、松居一代だけが悪いとは思ってないですが、この品のなさはとても応援する気になれません。

心配しなくても、船越英一郎がやったことはいつか自分に返ってきます。しかし、それを自分で返そうとすれば『人を呪わば穴二つ』、そのひとつには自分で入ることになります。

早く目を覚ましてくれることを願うばかりです。

Sponsored Link

One Response to “松居一代は『品がない』の一言に尽きる。全く応援する気になれない”

  1. 匿名 より:

    時にはひとを巻き込まなかったら解決しない問題もありますし、みんなまきこんで解決していきますから。どちらが正しいのかではなく、ここまで追い込まれておられることは真実であって、彼女が基地外なのかどうか?そのうちに明らかになるコトでしょう…今のだんかいで彼女だけを悪者になさらないでほしいと個人的には思いますけどね…

コメントを残す

このページの先頭へ