今井絵理子の最後の一線…略奪不倫じゃなくても色々と越えてる説

今井絵理子

2017年7月27日に発売された週刊新潮のスクープにて、自民党・参議院議員の今井絵理子氏(33)の略奪不倫スキャンダルが発覚。

相手は同じ自民党神戸市議会議員の橋本健氏(37)で、現在、2児のパパ。

今井絵理子の不倫相手、橋本健市議

昨年から離婚調停中だそうですが、現時点においては既婚者なのでギリギリアウトなこの状況。週刊新潮の取材に応じた橋本氏の奥さんは「百歩譲ったとしてもダメだ」とご立腹なので、ラブラブだった二人にとっては全方位逆風といった感じでしょう。

この報道を受けて今井絵理子議員は、「最後の一線は越えていません」と不貞行為については否定しているのですが、もうなんか色々と超えてしまってるので、言い訳もかなり苦しいと言わざるを得ません。

このところの議員の不祥事に腹が立っているのは、他ならない有権者である私たちですが、とりあえず、略奪不倫と言われている今井絵理子×橋本健の苦しい言い訳を論破したものをわかりやすくまとめてみたいと思います。

Sponsored Link

今井絵理子の最後の一線

週刊新潮のスクープによって略奪不倫スキャンダルが報じられた、自民党参議院議員の今井絵理子氏。3日間に渡るお泊り愛が、いま世間で大きな問題となっています。

相手は自民党のホープと言われている神戸市議の橋本健氏で、妻子持ち。知名度の高さとシングルマザーである今井絵理子議員からすると、必然的に『略奪』という報じられ方になってしまうのは致し方ないのですが、週刊新潮のカメラマンが撮影した手つなぎや今井議員のホテルでのパジャマ姿などは、カメラマングッジョブな決定的瞬間を捕らえたものでした。

今井絵理子略奪不倫、週刊新潮のスクープ記事

不倫疑惑が報じられた日の夕方、今井絵理子議員は報道各社にFAXで回答。

その中には「一線を越えていない」と強調する箇所がありました。ただ、「一線」を越えていようが越えていまいが有権者にとってはどうでもよくて、二人が公費を使って不倫関係に陥っていたことについての弁解の余地はありません。

「一線を越えていない」とわざわざ書いて寄越したのは、要するに、体の関係には至っていないことをほのめかしているわけであり、これは相手男性の離婚調停を考えた言葉以外の何ものでもないので、有権者にとってはまったく余計な一言だと言えるでしょう。

つまり、不貞行為は離婚原因としては非常にはっきりしているので、離婚調停で不利にならないように慮ったということですね。ただ、二人としては、男性側の夫婦関係の破綻が認められるかどうかの微妙な時期ということもあって、今後、橋本氏の離婚において奥さんに慰謝料を払うことになるかどうかのポイントとして、しっかりと強調しておきたいのでしょう。

そして、不倫相手である神戸市義・橋本氏も、神戸市内で行われた会見で「(妻との)離婚調停中で婚姻関係が破綻している場合、仮に不貞行為はあっても問題にならないという認識があった」と説明しつつ、やはり不貞行為については否定しています。

ただ、どれだけ否定しようとも、国会議員が公衆の面前で、妻のいる男性と手を繋いで眠りこける時点でかなり問題であることは事実。たとえ一線を越えてなくても、政治を担う議員としては一線を越えたことになるのではないでしょうか?

今井絵理子は略奪不倫じゃなくても色々と越えてる説

仲の良い今井絵理子と橋本健今井絵理子氏の選挙応援をしていた橋本健氏

政治家の不倫があるまじきことなのは、社会的な倫理を守るのが然るべきだと有権者からみられているからなのは言うまでもありません。

今回、今井絵理子議員が略奪不倫について「断じてない」と否定しようとも、一連の報道を見る限り、もうなんか色々と越えてしまっているなという印象を受けます。

まず、安倍政権がバタバタしている時に、自民党所属の二人が不倫関係に陥っているところからしておかしな話です。この報道について、一部の有権者から『税金ドロボー』と非難の声が集まっていましたが、二人揃って自制が利かず、このタイミングでスキャンダルを報じられる情けなさを考えると仕方がないでしょう。

不倫関係を否定していことについても、言い訳が苦しすぎます。政治家の資質以前に、何も考えていないのかと心配になるわけですが、それより公費で乗っているグリーン車で手を繋いで寝ているとは何事かと。

恋に落ちると周りが見えなくなるのかもしれませんが、いくらなんでもこりゃひどすぎ。

講演内容を一緒に考えてもらうためにホテルの部屋に招き入れたというのも、軽率どころの話じゃありませんよね。どちらかの自制心が働いていれば、それがマズイことくらいは容易にわかることであり、そもそも女性がパジャマ姿でいる必要はまったくありません。さらに、ホテルで一生懸命原稿を作るくらいなら、新幹線の中で寝ているのはおかしな話です。本来寝るべき場所で寝ずに、パブリックスペースで眠りこけるのは本末転倒だからです

今井絵理子に対する共感の多かったツイート今井絵理子の不倫報道について共感の多かったツイート

Sponsored Link

有権者の責任だから怒り爆発?

幼い頃からアイドルグループ『SPEED』で華々しく活躍してきた今井絵理子氏。2004年にはロックバンド175RのSHOGOと結婚し、長男を出産。2007年離婚。2008年、24時間テレビにおいて長男の聴覚障害を公表し、多くの障害児童を持つ親から共感・支持を受けました。

そして2016年7月に自民党から参議院選挙に出馬し、障害福祉に期待を寄せる人たちなど約32万票を獲得し当選しました。

それからまだ1年で、不倫疑惑が浮上したもんだから有権者も怒り心頭です。今回の不祥事については「やっぱりタレント議員はダメか…」と落胆する気持ちも含め、有権者自身が責任を感じているかもしれません。

タレント議員がひと目でわかる画像
今井絵理子、議員としてダメな理由すでに色々越えてしまっている…

今井絵理子議員に関しては、息子さんが聴覚障害を持っていることもあって、障害児童を抱えた親の代表として選出されたところもあるわけですから、その代表が不倫をする余裕があるのは本当にイメージダウンです。

不倫をしていた橋本健氏に関しても、一応、別居期間が長く結婚生活が破綻していたという見方がありつつも、政治家としての道徳的な面においては到底支持は得られませんし、女性からはかなり強い逆風が吹き付けられることになるでしょう。

夫婦関係が破綻してしまえば、何をしても修正が効かないことも多いと言われています。それは最近の松居一代(と船越英一郎)を見ていてもよくわかります(例えが特別すぎるかもしれませんが…)。

【関連記事】
松居一代がおかしい?どうでもいいと思ってたけど策士ではある

 

ただ、橋本氏の奥さんは週刊新潮の取材に対して次のように答えています。

「(手つなぎ写真を見て)これは決定的ですね。今井さんは、この写真は間違いです、と言うんでしょうか。本人がいくら否定しても、こんな証拠があったら世間に通用しないと思うんですけど」

「私、昔のアイドル時代の姿しか知りませんけど、今井さんはもちろん彼が妻子持ちだってことは知ってるんですよね。国会議員なら、こういうのが出たら、自分だけじゃなくて、私や子供にも影響が出ることはわかっていますよね。そういうことは考えないんでしょうか。百歩譲って私たちが離婚に近づいているにしても、今の段階ではダメですよね。私は今井さんのお子さんも心配。お母さんは家にいなくて、不倫をしていると知ったら。育児のこと、家族のことを語って、それなのに…

引用元:週刊新潮

短い言葉でかなり冷静な分析をされているので、かなり頭のキレる人という印象を受けます。

反省している今井絵理子議員

国会議員の年収は2,000万円を超えると言われていますし、今回、手つなぎ写真の現場となったグリーン車も国会議員は無料(税金)ということもあって、有権者からの逆風は避けられないでしょう。

【関連記事】
上原多香子と阿部力のLINE内容がヤバい!旦那が遺書で真実を訴え炎上!

ただ、今井絵理子議員の場合、資質があったから国会議員になれたわけではない分、そこはもうちょっと謙虚に、しっかりやって欲しかったですね…。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ