とくダネ!がTwitter投稿動画を強引に放送して炎上?法的問題は?

ツイッターで炎上?とくダネ!

フジテレビ系のワイドショー『とくダネ!』が、Twitter上に投稿された動画を強引に放送したとして、ネットでちょっとした炎上になっていました。

Twitterに投稿された動画は、台風5号の影響で氾濫した滋賀県の姉川の様子を撮影したもので、とくダネ!のスタッフが2017年8月8日の放送で使用したいと、投稿者に許可を求めていました。しかし、投稿者から連絡がなかったため、最終的に「指定した時間までに連絡が来なければ放送する」といった主旨のツイートを残し、動画は放送されることとなったのです。

これが問題となり、Twitterで炎上。

今回はこのニュースについて詳しくみていきたいと思います。

Sponsored Link

とくダネ!がTwitter投稿動画を強引に放送して炎上?

2017年8月8日放送の情報番組『とくダネ!』で使用されたある動画が、ネット上でちょっとした問題になっていした。動画は、滋賀県長浜市の姉川が氾濫した様子を撮影したTwitter上の投稿動画で、とくダネ!スタッフが強引な解釈で無断使用したとして批判が集中したのです。

姉川氾濫の動画は8日の深夜1時ごろに投稿されたもので、とくダネ!のスタッフは2時半ごろから投稿者に動画の使用許可を求めていました。その後、同様のメッセージを5回送っているのですが、返信がなかったため、最終的に「午前7時30分までにご連絡を取らせていただけないでしょうか?また、午前8時の放送までにご返答がない場合、上記の理由により使用させていただきたく存じます。放送させていただいた場合は、追って当方よりご連絡いたしますので何卒ご理解のほど、お願い申し上げます。」と送信し、8時より放送の番組で姉川氾濫の動画を放送。

とくダネ!スタッフの炎上したツイート

Twitter上での投稿動画使用許可のやり取りを見守っていたSNSユーザーからは、「これはない」「許可がないのに勝手に番組で放送していいの?」「これがフェイクニュースだったらどうすんの?」「なんで上から目線なの?」と辛辣なコメントが殺到し、炎上することとなったのです。

たしかに、連絡があろうがなかろうが『動画を使用する』としたマスコミの権利主張については、癇に障った人がいても不思議ではありません。動画の内容によっては、公共の電波で流されたくない場合も考えられるからです。

投稿者アカウントには、とくダネ!スタッフからの問題となったリプライだけが残されており、その後のやり取りについては明かされていないので炎上することとなっていますが、実際にはDMでのやり取りで事なきを得ているようです。

とくダネ!は動画使用許可をもらっていた?

Twitter上の投稿動画を放送するとくダネ!のスクショ

TwitterなどSNSに投稿された動画には、各報道局から使用許可のリプライが送られ、その後DM(ダイレクトメール)でやり取りするのが一般的。今回の姉川氾濫動画については、連絡のタイミングこそわかりませんが、とくダネ!スタッフとDMにて連絡がついていることが伺えるツイートもありました。

とくダネ!からDMをもらったとの投稿者からのツイート動画投稿者のツイート

現在、なぜかこのツイートは消されているのですが、この件についてはとりあえず折り合いがついているとみていいでしょう。

たとえば、テレビ局がSNSで投稿された動画を放送で使いたい場合、その投稿に直接返信することで使用許可を得るパターンが多いのですが、最近はマスコミに対する監視が厳しくなってきたので、DMに移行してやり取りするのが一般的になってきています。

この辺りはテレビと情報提供者との交渉により、無償か有償か変わってくるのですが、基本的には無償提供を促されます。しかし、今回のように止む得ない場合は(先に放送しちゃった場合など)、謝礼を支払うことで折り合いをつけることもあるようです。さらに言うと、謝礼が発生する代わりに、交渉の内容を関連ツイートでつぶやかないで欲しいということですね。

 

今回、とくダネ!の取材が叩かれているのは、やはりマスコミが大上段に構えたところを伺わせるツイートをしたからでしょう。特にSNSはネタやフェイクニュースも問題となっているので、マスコミとしての裏付けの確認も不十分だという指摘もあるのかもしれません。

Sponsored Link

Twitter投稿動画の無断転載は法的に問題ない?

Twitterでの投稿を公共の電波に載せて放送するのは、法的に問題はないのでしょうか?

調べてみると、Twitterでの投稿は一般公開されているものなので、転載や引用という形での利用は法的に問題がないようでした。おそらく、個人を特定できるような内容のものであれば、それを公共の電波に乗せて放送するのはNGだと思うのですが、今回のような状況を知らせるような内容の動画の使用については、著作権問題には触れないというのが一般的な見解となっているようです。

ただ、コンプライアンス的な問題もあるので、ちゃんと利用許可を得たという証拠を残すためにリプライという形で依頼してるんでしょうね。

とくダネ!の動画無断利用についての取材依頼この件でさらに別のメディアから取材依頼も…

理想的な形としては、そのリプライに承諾のリプライがあれば良かったのでしょうが、マスコミは大衆の目を欺き方に関しても腕が長けてるので、DMでやり取りがあった場合、その内容を公開させないことでうまくごまかしているように見えてしまうのでしょう。

この辺りは、普段のマスコミの報道姿勢にたいする不信が、堰を切ったように炎上に繋がったということですね。

氾濫動画だけに。

【関連記事】
泉放送制作の反日工作とは?報道されない安倍首相への印象操作

ネットやSNSが普及してから、マスコミ不信が広まって監視の目が強くなっているので、マスコミの報道姿勢の正しさが求められていることは言うまでもありません。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ