仙台育英の選手がファーストの足を蹴り上げ炎上…何が問題だった?

仙台育英の選手が大阪桐蔭のファーストを蹴るシーン

2017年8月19日の夏の甲子園第四試合。仙台育英と大阪桐蔭がベスト8を賭けた試合において、仙台育英の選手が走塁時にファーストの足を蹴り上げたことが、ネットで大きな話題となっています。

試合は仙台育英が9回サヨナラで大阪桐蔭に競り勝ったのですが、本来ならばスリーアウトで大阪桐蔭勝利で終わっていたはずの試合に、夏の魔物が降臨した言っても過言ではないファーストのベース踏み忘れという珍事が発生。

そして、その珍事を引き起こしたのが仙台育英の選手が蹴り上げにあるとして、現在、ネット上ではこの選手が大炎上する騒ぎとなっているのです。

今回、このプレーがダーティーだとして、一部の高校野球ファンから物言いがついていますが、一体、この騒動の落とし所はどこなのでしょうか?

Sponsored Link

仙台育英の選手がファーストの足を蹴り上げ炎上

2017年8月19日に行われた夏の高校野球全国大会で、仙台育英の選手が大阪桐蔭のファーストの足を蹴り上げたことがネット上で物議を巻き起こしています。

試合は大阪桐蔭が1点をリードした状態で9回裏2アウトまで持ち込み、最後のバッターをショートゴロに打ち取ったかと思われたのですが、ファーストの足がベースから離れていたために満塁。次のバッターで2者がホームに帰りサヨナラゲームとなりました。

単純な内野ゴロでゲームセットで勝利を手にしていたはずの大阪桐蔭でしたが、ファーストがわずかに離れていたベースを踏み直すも、まるで同じ極の磁石が反発するようにベースの踏み直しも外すという珍プレー。九死に一生を得た仙台育英が好機を逃さず、見事に勝利を手にする結果となったのですが、この試合を見守っていた一部の人たちから、仙台育英のある選手のラフプレーに物言いがついたのす。

問題のプレーは、0対0で迎えた7回裏2アウト、仙台育英の攻撃。ショートゴロに打ち取られたバッターが、一塁を駆け抜ける際に大阪桐蔭の一塁手と交錯。その時に、仙台育英の選手が、ベースを踏んでいた大阪桐蔭一塁手の足を蹴り上げ(ているように見え)るといったもの。

ファーストの足がベースから離れていた原因が、これにあったのではないかとして、ネットではこのプレーが故意か偶然かで問題となっているのです。

仙台育英の選手の蹴り上げは故意なのか否か?

 

甲子園ベスト16の接戦となった仙台育英VS大阪桐蔭の試合は、仙台育英の劇的勝利で幕を下ろすこととなりましたが、その直後から仙台育英の選手が大阪桐蔭のファーストの足を蹴り上げたことがネットで炎上騒ぎとなりました。せっかくの勝利に水を差され、ネット上ですっかりヒール(悪役)なった当該選手は翌日の準々決勝には欠場し、仙台育英は敗退することとなりました。

さて問題は、仙台育英の選手の蹴り上げは意図的なものだったのか、それとも偶然だったのかというところでしょう。

当然ですが、夏の甲子園においてのこのような微妙な判定を要するものはテレビではほとんど報道されません。ネット上では『故意の蹴り上げに見える』という意見が大半を占めていたとしても、高校生の将来を考えて責めるべきではないというのが、公共放送としてのモラルとしてあるからでしょう。

まずはネット上の意見で、炎上するに至る理由として幾つかコメントをまとめてみました。

  • どの角度から見ても意図的に蹴ったようにしか見えない
  • 踏んだとかぶつかったのではなく、蹴りにいってるのが悪質
  • 日本文理の試合でも同じ奴が一塁手を蹴ってたよね
  • ラフプレー慣れした動きだな
  • そもそも、一塁でクロスプレーになる意味がわからない
  • プロでも見たことないシーン
  • 奇跡の逆転劇を導いた裏にこんなことが…
  • サッカー部の助っ人ですか?
  • フェアプレーに対する冒涜。許してはならない
  • 一塁を駆け抜ける時は左足でベースの右側を踏む。少年野球でも習う基本中の基本
  • 勝てば何やってもいいって教えてるんですか?
  • あれが偶然?帰宅部は黙ってろよ
  • ドカベンの土佐丸高校みたいだな
  • 学校もひどいんだろうな…
  • あんな綺麗なローキックが偶然なわけねーだろ
  • 野球経験者ならあれが故意かどうかすぐ判る
  • まさに外道
  • プロなら出場停止

これでも一部ですが、もちろん擁護する意見も少なくありません。

次は炎上以外の意見を幾つか紹介しましょう。

  • さすがにわざとじゃないでしょ
  • 高校野球ではあり得ること
  • 一生懸命やってれば当たることくらいあるだろ
  • 寄ってたかって高校生を責めるのは間違ってる
  • 大阪桐蔭が負けた。ただそれだけのこと
  • ファーストもベースを踏みすぎだったのでは?
  • モラルや道徳を言っても始まらん。ルールから見直さないと
  • イチイチ反応する話でもない

今回の件に関して言えば、故意に足をかけたと見る人が多いようです。実際、私も見てみましたが、動画などでは一塁手の足を蹴り上げたという印象を受けました。それをより確信させたのは、2回戦の日本文理との試合で、同選手が一塁手に不自然な足のかけ方をしていた過去があったからに他なりません。

やはりこのようなことがあると、どこか意図的にフェアプレーに反する気持ちがあったのではないかと思ってしまわれても仕方がないでしょう。

2日経った現在も、ネットではこの件について炎上が続いていますが、人の噂もなんとやらで、しばらくすれば多くの人々の記憶から忘れ去られてしまうことはわかっています。ただ、今回のようなラフプレーがSNSやネット掲示板で拡散され、容易に広められてしまう時代になったことを、大人が子供たちに教育する必要があることは確かでしょう。

そして、私たちも教訓にしなければならないところです。

Sponsored Link

結局、蹴り上げの件は何が問題だった?

結局、仙台育英の選手が大阪桐蔭の一塁手の足を蹴り上げたことについて、それが故意であれ、どうであれ、落とし所がどこなのか気になります。

大阪桐蔭としては、この件を大きく問題視してはいませんが、足をかけられた一塁手は車椅子で甲子園を後にしたそうです。そして、仙台育英についても「わざとではない」として、特に謝罪もない状態でこの一件は終わろうとしています

夏の甲子園に出場することだけでも大変であることは言うまでもないことですが、高校球児たちにとって甲子園での勝利は、しのぎを削ってでも手に入れたいもの。彼らがギリギリのプレーをしてでも、勝ちにいきたい気持ちはわかります。高校野球強豪校の多くは、甲子園に出場するために越境入学させる特待制度を設けており、関係者が一丸となって野球に全てをかけるのは至極当然だからです。

実際、プロスポーツの世界がフェア精神で成り立っているかというと、決してそんなことはなく、多少の強引さは必要不可欠なものになっていきます。先に進めば進むほど、シビアに勝利を求められるからです。

そして、試合中にズルい人間が得をする場面がそれほど珍しいことではないことくらい、スポーツに心血を注ぐ高校球児なら知っていることでしょう。

野球のラフプレー

もちろん、だからといってラフプレーが許されるかというと、そんなことはありません

ただ、それはスポーツマンシップやモラルといった建前ではなく、テクノロジーの進化により『観客という審判』が増えた現在においては、昔よりも格段に厳正にジャッジされるようになってしまっていることを忘れてはいけないのです。

夏の高校野球がバラエティ番組で特集され、異例的なまでに長期間テレビで完全放送されていることを考えれば、フェアプレーで勝ち抜いていかねばならないことは当然のことだからです。

県大会だと問題視されないプレーでも、世間の人が注目すればそうはいきません。今回、仙台育英の選手のプレーが物議を醸しているならば、責任はそれを指導している監督にあります。選手の誤解を与えるようなプレーについては、まさに監督不行き届と言っても過言ではないでしょう。

有耶無耶にして沈静化を図るにしても、黒歴史が半永久的に刻まれる時代においては、人々から完全にその記憶が消えることはないと言われています。せっかくの努力と汗が、ダーティーなワンプレーで台無しになり、人生を大きく変えることにもなりかねないのは本当に恐ろしいことなのです。

仙台育英と大阪桐蔭の試合を見て改めて感じたのは、日本は特にクリーンな試合を求める国民性でありし、時代と共に強制的にそうならざるを得ないことを理解する必要がある、ということでしょう。

仙台育英で問題になった選手が、2回戦の日本文理、3回戦の大阪桐蔭できわどいクロスプレーをするというのは、確率的にそうそう起きることではありません。もちろん、確信犯的に足を蹴ったかどうかは本人にしかわかり得ないことですが、そんな疑惑でさえあってはならないのが本来のスポーツマンシップです。そして、それこそが高校球児に求められていることなのです。

【関連記事】
ブラック部活で顧問6割が過労死ライン!ブラック過ぎる学校の実態

別に擁護するわけではありませんが、作戦としては劇的サヨナラゲームを導いた彼の殊勲と言えるでしょう。しかし、勝利の女神は彼には微笑まなかったのです。

まさに2017年甲子園、夏の魔物恐るべしといった出来事でした。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ