北朝鮮ミサイルで遂にJアラート!ツイッターでうるさいとの批判も!

Jアラート

2017年8月29日早朝5時58分、北朝鮮ミサイルが発射されたことを受け、緊急警報音である『Jアラート』が発令されました。ミサイルは北朝鮮西岸から北東に向かって飛翔し、06時12分頃、襟裳岬東方の東約1180kmの太平洋上に落下したそうです。

遂にJアラートが発動し、早朝から北朝鮮ミサイルに脅かされることとなったわけですが、実際に避難できた人はどれくらい居たのでしょうか?

ネット上での反応を見てみると、ちゃんと皆、仕事や学校へと向かっていますし、避難どころか「Jアラートがうるさい」とツイートしている人も少なくありません。ホリエモンこと堀江貴文はツイッターで、「マジでこんなんで起こすなクソ。こんなんで一々出すシステムを入れるクソ政府」とJアラートを批判して炎上するなんてこともありました。

仮にこれが避難訓練だとしたら、先生から「はいダメお前らやり直し!」と言われてしまいそうですが、今回はJアラートが鳴った時の騒動を振り返りつつ、正しい避難方法について見ていきたいと思います。

Sponsored Link

北朝鮮ミサイルで遂にJアラート発令

2017年8月29日早朝、北朝鮮の弾道ミサイルによりJアラート発令されました。

Jアラートは、他国から武力攻撃を受けた時や大災害が起きた時に短時間で全国民に伝える警報システムですが、危ぶまれていた北朝鮮からのミサイルによるJアラートということもあって、日本中が大騒ぎすることとなりました。

北朝鮮から発射されたミサイルの軌道と落下地点

Jアラートは6時2分に北朝鮮のミサイル発射を知らせてくれましたが、そこから日本上空に到達するまで何分かかったのかというと、

わずか4分

対象地域は、北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、長野県で、約2週間前に警告されていた中国・四国方面とはまるっきり違う方向へのミサイル発射となった分、Jアラート対象地域の住民からは動揺が走っています。

とはいいつつ、北朝鮮からの弾道ミサイルは、1998年、2009年、2016年にも日本上空を飛んでいるのですが、Jアラートによって北朝鮮ミサイルの脅威を身近に感じる時代になったことは間違いないでしょう。

今回、大事に至らなかったことが幸いでしたが、Jアラートがミサイル発射を伝えてから、ミサイルが日本上空に到達するまで4分間だったことは、以前から言われている試算通りだったので、今後の参考として非常に貴重なデータとなったのではないでしょうか。Jアラート発令から危険が迫るまで僅かな時間しかなくとも、その存在意義は十分あると思います。しかし実際のところ、その捉え方に賛否両論意見が分かれたことも事実としてありました。

Jアラートの仕組み

ツイッターでJアラートがうるさいと批判の声も

29日早朝に起きた北朝鮮からのミサイル発射を知らせるJアラートについて、「うるさい」「わずか4分の猶予じゃ避難できない」「役に立たない」などとツイッターで非難する人もいたようです。

ホリエモンなどは、単純に「うるさい」という理由でJアラートを批判して炎上していましたが、こうしたホリエモンのツイートのように、ミサイルを発射した北朝鮮に対してではなく、警報で突然起こされたことにキレてツイッターに不満を書き込む人も多数見られました。

ホリエモンが炎上ツイートした背景には、宿泊していたホテルでJアラートが鳴って強制的に起こされたということがあったようですが、しかしそこには、Jアラートによる避難対処には限界があるということが根本的な考えとしてあるようです。さらにホリエモンは、『防衛利権』といった日本政府の裏の意図も踏まえた上で「いちいち踊らされない方がいい」と提言をしているので、それはそれで納得させられてしまう部分もありました。

もちろん、Jアラートを批判している人の中には、普段から北朝鮮問題などまったく意に介さない人や、Jアラートの揚げ足を取って政権批判したい人、ただの目立ちたがり屋もいるでしょう。

たとえばこの人、上西小百合衆議院議員。

バカと思われるから誰も言わないのではないでしょうか?

なんにせよ、今回のJアラート発令で発見できたことも色々あったので、そう目くじら立てて怒るようなことではありません。もちろん、社会に過剰な反応を誘発してしまうなどの反省点が残ったこともありますが、基本的に非難されるべきは北朝鮮なので、「Jアラートうるさい!」といった政府批判は筋違いでしょう。(ホリエモンの言うように、『防衛利権』についての批判をしたい場合は別として…)

北朝鮮のミサイル発射で産経新聞では号外も号外新聞も出る騒ぎに…

北朝鮮のミサイルが日本本土に着弾する危険性があった時、数分の猶予しか残されていないという意識付けになった実地訓練と考えれば、Jアラートが鳴った後の避難対処のイメージをつかみやすくなったことは確かです。

それに、北朝鮮から時間差でミサイルが発射されることも考えられますし、核兵器使用が想定されている限り広範囲での警報も致し方ありません。つまり、『何も知らない』のと、『事前に4分間の猶予がある』のとでは、生存率に大きな違いが出る可能性は大いにあると言えるでしょう。

というわけで事項では、Jアラートが鳴った時の正しい避難方法・避難対処について見ていきましょう。

Sponsored Link

Jアラートが鳴った時の正しい避難方法

北朝鮮からのミサイル発射でJアラートが鳴った時、私たち日本人が避難するための猶予はわずか数分しかないと考えていいでしょう。

そこで正しい避難方法や対処の仕方が問題となってくるわけですが、曲がり間違ってもミサイルを確認しようと窓から顔を出してはいけないことは言うまでもありません。実際、今回の北朝鮮ミサイル&Jアラートの情報を受けて、為替市場で日本の円が買われて急騰したことがニュースになっていましたが、ポジションやチャートの確認をする前にまずは自分の身を安全な場所へ移すことが先決です。

元々、政府は北朝鮮からミサイルが飛来してきた時に、『できるだけ頑丈な建物の中に避難するように』と注意を呼びかけていました。しかし、実際に2017年8月29日5時58分にミサイル発射され、その4分後の6時02分にJアラートが発令。さらにその4分後の6時06分にミサイルが北海道上空を通過したという経緯を考えれば、学校やビルに逃げ込むなどできない場合もあります。

その場合、この4分間で私たちが最大限すべきことが何なのかが重要です。

日本政府のミサイル落下時の防災マニュアル

自宅に居れば近くの頑丈な建物に逃げ込むこともできますし、マンションにいるのであれば、4分で火を消し、ガスの元栓を締め、お風呂に水を貯め、窓のない部屋に逃げ込む(窓から離れた場所に避難する)といったことができます。子供のいる家庭であれば、子供の安全確保を最優先させる選択も可能でしょう。

ちなみに窓ガラスから離れる理由については、下記ツイートの映像を見れば一目瞭然です。

Jアラートによってミサイル攻撃が知らされた時、私たちが取るべき基本的な避難方法は、できるだけ頑丈な建物中に身を置くことです。

屋外にいる場合や木造の建物にいた場合であれば、ビルやコンクリート製の建物、地下施設などに逃げ込むようにしましょう。

もし、木造の建物しかないのであれば、できるだけ窓から離れ、頭を守りながら身を伏せるようにしましょう。これは地震から身を守る時と同様です。もし、車の中でJアラートの避難指示を受けた時は、すみやかに車を停車させ、車から離れるようにしましょう。車は燃料に引火するおそれがあるので注意が必要となります。

【関連記事】
北朝鮮ミサイルは日本のどこに落ちる?避難場所はお風呂が安全?

2017年8月29日早朝のミサイル騒動、ツイッター上の様子

「そもそもミサイルを撃ち落せば何も問題ないのでは?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、詳しくは下の記事を参考までに。

【関連記事】
北朝鮮ミサイルはいつ発射?日本で一番危険な落下地点を予測

【関連記事一覧】
⇒北朝鮮情勢まとめ

今回、北朝鮮からのミサイル発射によるJアラートで、日本中が大騒ぎすることとなりましたが、多くの人はいつもと変わらない日常生活を過ごすことができたようです。突然のJアラートで緊張感は走りましたが、実際にはうまくJアラートが作動しなかった地域もあったようです。

何はともあれ、日頃から防災意識を持つという意味では良い機会だったかもしれませんね。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ