蝶野正洋の持論に感動!方正ビンタ封印でリアル笑ってはいけない?

ビンタ反対の持論を語る蝶野正洋

毎年年末に蝶野正洋が月亭方正にビンタを食らわせる『笑ってはいけない』の企画が、今年はある騒動をきっかけに消滅する危機を迎えているそうです。

『ビンタ』ときて『ある騒動』とくれば、世界的ジャズ・トランペッター日野皓正が、コンサート中に自分の教え子の中学生に往復ビンタをして世間の是非を問われたあの騒動のことですが、この件について語られた蝶野正洋の持論が「深い」と感動の声が多く集まっています。

しかし、なぜ『笑ってはいけない』恒例のビンタコーナーが無くなる危機に陥っているのでしょうか?

詳しくみていきましょう。

Sponsored Link

蝶野正洋がビンタ騒動で持論語る

プロレスラー蝶野正洋と言えば、年末の『笑ってはいけないシリーズ』で月亭方正にビンタをする人という印象が強い人も多いでしょう。

如何にも強面で、正統派悪役レスラーの強烈な一発は、ビンタと言えども喰らいたくはないものですが、イチャモンをつけられてビンタを避けられない状況で生まれる笑いは、除夜の鐘や年越しそばのごとく欠かせない年末の風物詩となっています。

そんな蝶野正洋が、先日起きた世界的トランペッターの中学生往復ビンタ騒動を受けて、週刊誌フライデーで持論を語っていました。

「どれだけの信頼関係があったとしても、子どもたちに教える立場として、これはダメでしょう。不意打ちで髪を掴んだり、往復ビンタをしていたり、これは体罰ですらない。もはや暴力ですよ。

言葉で伝えなくちゃ意味ないんですよ。俺はこれまで親に殴られたことも、先輩のアントニオ猪木さんに叩かれたこともない。『手は出さず、口を出す』という指導を受けて大きくなったつもりなので、後輩への体罰も、自分の子どもに手を上げることも絶対にしません」

引用元:フライデー

蝶野正洋が親に殴られたこともなく、先輩であるアントニオ猪木からも体罰を使った指導をされたことがないというのは、少し意外という印象を受けます。さらに、自身の子供や後輩対しても、絶対に体罰で教え込ませることはないとのこと。身体を酷使することが生業であるプロレスラーの日常は、決して暴力的でないことが伺えます。

そう言えば、トランペッター日野皓正の往復ビンタ騒動では、不意打ちで髪を掴むシーンもありました。(詳しくは『トランペッター日野皓正が中学生に往復ビンタ制裁…何が問題なの?』の記事の動画参照)

この指導の仕方について、世間を含め、芸能人たちの間でも賛否両論意見が分かれていましたが、観衆の前で髪をワシ掴みにする行為については、指導を越えたアクションだと捉えた人も多くいたようです。そして蝶野正洋は、往復ビンタを含めて「これは体罰ですらない。暴力ですよ」とダメ出しをしているのですが、『手は出さず、口を出す』という指導の持論には、妙な説得力があります。

というのも、蝶野正洋の一般的なイメージとしては『悪役レスラー』が定着しているので、どちらかと言えば『言葉より身体で分からせたほうが早い』という台詞の方がしっくりきます。しかし、そんな暴力性をしっかりコントロールしているからこそ、芸能界でのオファーが止まらないのかもしれません。

蝶野正洋の持論に感動の声

笑ってはいけないで方正にビンタする蝶野正洋

指導の在り方について、『手は出さず、口を出す』という持論を持つ蝶野正洋。

そんな蝶野正洋の持論には、奥さんの言葉が支えになっていると言います。

「妻がよく『ハグするのと叩くのが同じ手ではダメ』と言いますが、こと教育については、本当にその通りだと思います」

引用元:フライデー

自身の子育ての信条として『背中で語る』ということをモットーとしているそうで、子供からの反発があっても絶対に手を出すことはしないと決めているとのこと。

よく、プロボクサーがプライベートでケンカをしてはいけないという話がありますが、プロレスラー蝶野正洋が手を出さないと心に決めていてもうまくいくのは、それだけ自分のパワーと感情をコントロールできているからでしょう。

感情とパワーのコントロールについては、蝶野正洋がトランペッター日野皓正の往復ビンタの分析にもよく表れています。

「そもそも日野さんのビンタは、(比較的安全な)首元もうまく捉えられていないうえ、予告なしでの往復ビンタ。手の甲が当たったら危ないし、不意打ちだと変なところに当たって脳震盪を起こす可能性だってあります。

(中略)

日野さんのことは音楽家としては尊敬していますが、あんまり上手なビンタじゃないですね(笑)」

引用元:フライデー

この発言から、芸としてのビンタにはきちんとした技術があることが伺えますが、感情に任せた暴力性の高い体罰については、やはり危険があると訴えています。

こうした蝶野正洋の持論について、賛同の声も多く集まっていました。

  • 強い男が暴力指導反対と言うのはかっこいい
  • 真に強い人ほど無駄な暴力を否定するものだ
  • 素人のビンタの危険性を見抜くプロの見解はさすが
  • 蝶野だからバラエティのビンタが許される。体罰はいけない
  • プロレスラーが言うと説得力がある
  • 痛みを知るからこそのコメント
  • 奥さんの考え方も素晴らしい
  • 力道山に体罰を受けて育ったアントニオ猪木が弟子にそうしなかった話に感動した
  • 蝶野さんがいい人なのはテレビで見ていてもわかる

痛みを知るからこそ、体罰を使った指導をしないのは『真の強さ』であることには同意せざるを得ません。すべての人にそれを求めることが難しいことかもしれませんが、そういった真の強さを求める世の中になってきたことは多くの人が認めるところでしょう。

体罰を用いた教育について確固たる持論で語ってくれた蝶野正洋ですが、そのために『あの名物企画』がなくなるという心配が世間の関心を集めています。

Sponsored Link

方正ビンタ封印でリアル『笑ってはいけない』か?

毎年、年末に行われる高視聴率番組『ガキの使いやあらへんで!笑ってはいけないシリーズ』で、蝶野正洋のビンタコーナーが封印されるのではないか?という憶測が駆け巡っています。

『笑ってはいけない』のビンタコーナーというのは、月亭方正がイチャモンをつけられた挙句、蝶野正洋からビンタを見舞われるという名物企画のことですが、今回の日野皓正往復ビンタ騒動を受けて、蝶野正洋は次のようなことを発言しています。

「今回の件が論争を呼んでいますし……今年はオファーがあってもビンタはしません

引用元:フライデー

正にリアル笑ってはいけないですが、月亭方正へのビンタ封印となると、年末の風物詩がひとつ消える感じがして寂しい気持ちにならなくもない…。あくまでも『芸』としてのビンタなので、そこまで神経質にならなくてもいいかなという気もしますが、当の本人は元々このオファーについてはよく思っていなかったとのこと。

蝶野正洋、笑ってはいけないからビンタ消滅のフライデー記事

たしかに、体罰指導反対の持論を聞けば納得してしまうところもあるのですが、それならなぜ今まで月亭方正のビンタをやり続けてきたのでしょうか?

「あのオファーも、最初は断っていたんです。だけどマネージャーが断り忘れていて、なんだかんだいままで続いてしまっている。本当はビンタなんてイヤです。そもそも俺は、芸人がツッコミで頭を叩くのを見るのも嫌いなんです」

引用元:フライデー

え?

って感じですが、逆に『フリ』のようにも思えてきます(笑)

この辺りはなんとも言えないのですが、本人の心情とは裏腹に、世間からは「ビンタコーナーは止めないで欲しい!」と懇願する声も多く集まっています。

元々『笑ってはいけない』自体にクレームが集まっているわけではなく、トランペッター日野皓正の往復ビンタ騒動の影響を考えて「今年はやらない」と名言しているようですが、結果的にこの企画のへの暗雲も綺麗サッパリ晴れたことを考えれば皮肉な話です。むしろ、そこを狙ったのだとしたら、逆に蝶野正洋の聡明さに惚れてしまいますけど。

しかしながら、蝶野正洋の体罰指導反対という持論がなければ、『笑ってはいけない』で月亭方正が受けるプロレスラーのビンタという強烈なイメージはうまく支えられなかったかもしれませんね。だからこそ、今年もビンタ封印などせずに『この人だから』ということで、蝶野正洋の正しいビンタで笑わせてほしいところです。

ただ、『もし自分が体罰を受けたら?」と訊かれた時に、「すぐにやり返すよ(笑)」とジョークを飛ばしていたとも書かれてあったので、やはり『フリ』である可能性は否めませんが。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ