博多高校の生徒が教師を蹴る動画がTwitterで炎上⇒逮捕される!

博多高校の生徒が教師を蹴る

2017年9月28日深夜、ある高校の男子生徒が授業中に教師を蹴りつける動画がTwitterに投稿され、それが炎上騒ぎとなっています。

高校は福岡市にある博多高校で、教師に暴行を加えた男子生徒(16)は1年生でした。

博多高校を調べてみると、複合ワードのトップが『ヤンキー』と出てくるので、それなりにガラの悪い高校なのかもしれません。だとしても、高校で教師に暴力を振るうというのはバカ過ぎる。普通の高校なら、即退学処分です

そして今回、Twitterで炎上した騒ぎを受けて警察が動き、問題の生徒は29日付けで傷害容疑で警察に逮捕されることとなりました。

福岡市東区の私立高1年の男子生徒(16)が授業中に男性講師(23)を暴行する様子を撮影した動画がインターネット上に投稿され、同校の校長が29日、記者会見して暴行の事実関係を認めた。男性講師は背中に軽傷を負っており、福岡・東署は同日、男子生徒を傷害容疑で逮捕した。

引用元:毎日新聞

今回はこのニュースについて詳しくみていきたいと思います。

Sponsored Link

博多高校の生徒が教師を蹴る動画がTwitterで炎上!

博多高校の生徒による教師への暴行は、2017年9月28日15時頃、1年の社会科の授業中に起きたことです。

問題となっている暴力動画は、生徒と教師のいざこざを見守っていた他の生徒が携帯で撮影したもの。その様子が約40秒間の動画に収められ、その日の深夜にTwitter上に投稿。その後、炎上騒ぎとなりました。

なんちゅーバイオレンスな高校なのかと驚きましたが、ちょっと普通じゃないですね。

こうした暴力事件があった背景には何があったのでしょうか?

博多高校側の説明によると、生徒が教師に暴力を振るったのは、授業中にiPadの使用を注意され、教師が取り上げたことに激高したからとのこと。元々、気性の荒さが目立つ生徒だったこともあり、授業を受けていた他の生徒が、持っていた携帯で動画を撮ったと推察されます。

今回、表沙汰になった生徒による教師への暴力も、動画を撮影し、Twitterにアップした生徒がいなければ問題にもなっていなかっただろうと考えると、この暴力動画を拡散した生徒はグッジョブといった感じでしょう。

しかし、教師に暴力を振るった博多高校1年の生徒はTwitterで大炎上。早速、SNSなどのネット上でバッシングという社会的制裁を受けています。

この動画を見た人たちの反応をいくつか紹介しましょう。

  • 高校は義務教育ではない。ルールに従わないヤツは退学が常識。暴行については、日本の刑法に準拠して暴行罪で逮捕を。
  • 蹴った生徒もそれで笑ってる生徒もまともな職につけないと思ったほうがいい
  • 悪質。教師が手を出せないのを知っててやってる
  • 通報したわ
  • こいつは何しに学校に来てるんだ?
  • チンパンジーですか?
  • 先生、忍耐力ありすぎだろ!
  • 生徒の処分は検討中?暴行で逮捕でしょ?
  • 生徒の為を思って穏便にしてはダメ
  • 博多高校は偏差値38だからなぁ…
  • 偏差値を聞いてさもありなん
  • 博多高校の偏差値低すぎて笑えない
  • 地元だが、ここは誰もが知るアホ高校
  • さすが修羅の国・福岡
  • 少年院にぶち込んどけ!
  • ツイッターにアップした生徒は本当に勇気ある行動をしたと思う
  • この動画UPした子が心配
  • これ、クラスの生徒も笑ってるけど、バカなの?
  • 体罰を暴行だと騒ぐからこんなことになる
  • 生徒に蹴られて黙ってる教師も教師
  • ガキにナメられすぎ
  • 暴行の動画が残ってるから逮捕だろ
  • 苦情の電話かけてるけどずっと通話中w
  • 博多高校にも良い生徒がいるんだろうけど、こいつのせいで評判下がりまくり
  • ヤンキーかと思えばそうでもないのでビックリ
  • 逮捕されたね。ネットの拡散力凄すぎ

さすがこのSNS時代に、あれだけはっきりした暴力動画がツイッターにアップされれば、一気に拡散されるのは無理ありません。最終的には6万リツイートでツイートは削除されたそうですが、動画はYouTubeにもアップされていますし、全国ニュースでも報じられているので、何か時代の早さというものを感じさせられます。

今回の炎上ぶりを見る限り、フラストレーションを暴力という形で教師にぶつける生徒の姿に、違和感を覚えた人が大勢いたことは事実です。今の20代以下の年齢だと、生徒が教師に暴力を振るうシーンを現実で目の当たりにしたことないはずなので、当然といえば当然と言えます。

そして、当初学校側は生徒の処分を検討すると言っていたのですが、こうした反感の声がたくさん集まったことで、先に警察が動いたようです。

Sponsored Link

教師に暴力を振るった博多高校の生徒、逮捕される

教師に暴力を振るった博多高校の生徒の動画がTwitterで拡散されたことで、暴行を加えた高校1年の男子生徒が教師への傷害容疑で逮捕されることとなりました。

逮捕容疑は28日午後3時~3時35分ごろ、博多高校の教室内で男性教師を蹴るなどして軽傷を負わせた傷害罪としており、男子生徒も容疑を認めているようです。

同校によると、男子生徒は28日午後の社会科の授業中、授業で使う予定のないタブレット端末を利用したことを男性講師から注意されて激高。動画は教室にいた別の生徒が撮影し、同日中に無料通信アプリ「LINE(ライン)」に投稿して知人らで共有された。このうち別の高校の生徒がツイッター上に投稿して拡散し、これを見た人から通報を受けた同署が29日未明に同校に連絡して発覚した。男子生徒は同日、登校しなかったという。

校長は「世間を騒がせて申し訳ない。道徳教育などを徹底し再発防止に努めたい」と話した。

引用元:毎日新聞

問題の動画は最終的にTwitterで6万リツイートされて炎上しましたが、行政の処分よりも司法の力を動かしたというのは無茶苦茶効果がありますね。逆に、学校の対処の甘さが目立つ形にはなりましたが、だからこその暴力沙汰とも言えるかもしれません。

博多高校の生徒が教師に暴力を振るうシーン

何にしても、授業をしている先生を背後から蹴るなんざ、決して許されることではないですからね。授業中にすることか、それ?

それでも「逮捕することない!」「子供の将来をネットの力で潰すな!」とか言う人もいるのかな? でも、どこかで痛い目に遭うかしない限り、この手の生徒がどこかで己を律するようなこともないだろうし、16歳という年齢を考えれば自業自得かな…。

でも、誰かが「そんなことするもんじゃない!」と叱らないと、はっきりとわからない子供がいますからね。

体罰問題については、ビートたけしの話がしっくりくるので、少し引用してみましょう。

オイラはこれまで、ことあるごとに「子供なんて殴りゃいいんだ」って言ってきた。「子供もひとりの人間なんだから、人格を尊重しましょう。叱る時は優しく、諭すように」なんて言うヤツがいるけど、そんなバカな話はない。無責任極まりないぜ。そんな甘いやり方で解決するなら、世の中の親たちは教育で悩んだりしねぇよ。

話せば分かる利口な子供も中にはいるんだろうけど、話したってわからないガキが多いのが現実だ。親なら話してわからない子供を殴ったっていい。それを「殴っちゃいけない」「話せば分かる」なんて言ってるから、子供はいつまで経っても理解しないし、しまいには親や周りの大人をナメはじめる。

子供なんてものは、どこかでガツンとやってやらないとトコトンつけあがる生き物だ。この世には、自分の思い通りにならない恐ろしい存在があるということを、子供のうちから見に染みて覚えさせなきゃいけない。それは親、とくに父親の役割だ。世間てのは親のゲンコツより何倍も残酷なんだからさ。

引用元:週刊ポスト

続きは下のリンクからどうぞ。

【参考記事】
体罰問題について|体罰肯定派ビートたけしの教育と暴力の境界線

 

逮捕された博多高校の生徒は、高校1年でありながらすでに一度停学処分を受けてるみたいなので、社会から粛清を受けたのも身から出た錆。逮捕されりゃ、当然退学処分が妥当だろうし、大きい代償となったことは確かでしょう。

それにしてもネット拡散恐るべし!

そして最後に、学校は、教師に暴力を振るう生徒の様子を撮影した子、バカの仲間に報復されないように、守ってやってください。むしろ、この生徒の勇気を称えるくらいのことはしてあげて欲しいものです。

追記(201/10/3)

逮捕された生徒は釈放され、3日付で学校を自主退学となったそうです。

福岡で中学生が先生に暴力を振るって逮捕されたニュースがあったので、私見を交えて記事にしました。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ