常人逮捕とは?福岡の中学校で生徒が教師に暴行⇒傷害容疑で逮捕

常人逮捕とは?福岡の中学校で生徒が教師に暴行で逮捕

2017年10月3日、福岡県内の中学校で、生徒が教師に暴行を加え、傷害容疑の現行犯で常人逮捕されるというニュースがありました。

先日、同じく福岡の高校で男子生徒による教師への暴力動画がTwitterに上がり、それが原因で男子生徒が逮捕されたばかり。このようなニュースが続いてしまうのは残念です。

ところで、常人逮捕とは聞き慣れない言葉です。

常人逮捕とは何か調べてみると、『私人による現行犯逮捕』のことを指すようでした。

なるほど。教師がその場で生徒を逮捕したということですが、これが正しいのか、それともやり過ぎなのか、ネットでは色々と意見が飛び交っているようです。

今回はこのニュースについて取り上げてみましょう。

Sponsored Link

常人逮捕とは?

まず常人逮捕とは何かについて、詳しく見ていきましょう。

常人逮捕は、私人逮捕とも言われおり(常人逮捕=私人逮捕)、私たち一般人でも目の前で犯罪が起きた時は、その場で犯人を逮捕できるという決まりのこと。たとえば、その場に警察が居ない(またはすぐに駆けつけることができない)時など、緊急性が高い場合に警察の代わりに一般市民が犯人を逮捕することができるということですね。

 

但し、常人逮捕には条件があります。

  • 現行犯人・または準現行犯人であること
  • 軽度の犯罪であり、犯人の所在が明らかでなく、逃走のおそれがあること

 

まず、常人逮捕の条件として、現行犯(または準現行犯)であることが絶対条件です。現行犯の場合、警察でも逮捕状が必要ないことからわかるように、非常に緊急性が高い。なので、私人でも逮捕できるようになっています。

言い換えると、現行犯や準現行犯でなければ、いくら犯人を特定していても、後で私人が逮捕をすることは認められていません。常人逮捕は、かならず事件が起きたその場で行うようにしなければならないということですね。

 

そして、もうひとつは、犯罪が軽度であり、犯人の所在(住所・氏名)が明らかでなく、逃走のおそれがあることが条件として挙げられます。

犯罪が軽度というのは、『30万円以下の罰金、勾留、科料の罪(最も軽い罪)』のこと。たとえば、過失傷害罪や侮辱罪がこれに当たります。

過失傷害罪と傷害罪の違い
過失傷害罪というのは、誤って相手にケガを負わせてしまった時の罪。傷害罪は、ケガをさせるつもりで相手に怪我を負わせた時の罪。

 つまり、現行犯であっても、相手の名前や住所がわかり、比較的軽い罪を犯した場合であれば、常人逮捕はできないということですね。

 

常人逮捕は、この2つの条件が揃っていなければなりません。

もし、これらの条件が揃わずに私人として逮捕してしまったらどうなるのでしょうか?

その場合、逆に暴行罪として訴えられることもあるということ。もちろん、かならずしも暴行罪で訴えられるわけではありません。理由として、現行犯で緊急を要しているので、とっさの判断でやむを得ない状況であることが考えられるからです。

この辺りは、プロである警察と私人では判断の違いが考慮されるので、社会通念上問題がなかったかどうかが評価のポイントなってきます。ただ、行き過ぎた常人逮捕は、逆に暴行罪で訴えられることもあることを頭に入れておくようにしましょう。

福岡の中学校で生徒が教師に暴行⇒傷害容疑で逮捕

常人逮捕のイメージ

福岡で生徒が教師に暴力を振るい、傷害容疑で逮捕される事件が立て続けに起こっています。

事件は2017年10月3日午後、県内の中学校で、男子生徒(14)が、男性教師(46)の顔を数回殴打。顔面打撲の傷害を負わせたとして、この教師が生徒を傷害容疑の現行犯常人逮捕したとのこと。

学校で、教師が生徒を逮捕するというのはあまり聞いたことがないのですが、調べてみると2016年7月8日に同様の事件で中学生が常人逮捕されたニュースを発見しました。

福岡県警早良署によると、2016年7月8日午後、福岡市早良区内にある中学校で、男子中学生(14)が、男性教員(53)の足を蹴ったり、首を締めるなどの暴行を加え たため、別の教員が生徒を暴行容疑の現行犯で常人逮捕した。刑事訴訟法では、現行犯の場合は、警察職員ではない一般人でも、逮捕状なしで逮捕できるとされ る。

出典:西日本新聞

ほとんど同じような内容ですね。

というか、福岡荒れ過ぎ。

今は学校の体罰厳禁であることから、そのことを逆手に取って教師に突っかかる学生が多いんでしょうね。それが行き過ぎると、警察でなくても逮捕できるというのは、世の中の学生たちに知らしめておいたほうがいいかもしれません

まぁ、2017年9月29日にも、福岡・博多高校で高校2年の男子生徒が教師の背後から蹴りを入れて、結果的に警察に逮捕されていますが、教師に手をあげるなんざ不届き者ですからね。特に教師側から手をあげられないということを知っての狼藉なので、逮捕されるのは然るべきところ。

ただ、そういう考えにもやはり賛否両論意見が分かれるようです。

Sponsored Link

生徒による教師への暴行で逮捕はやり過ぎか?

先ほど、福岡だけで3件もの生徒による教師への暴力事件を取り上げましたが、これで生徒が逮捕するのはやり過ぎだという声もあります。

ネットでは多くの人が「対処として逮捕は妥当」と感じているのですが、まずは博多高校で起きた生徒への暴力事件について多数派の意見を見てみましょう。

  • 教師がどつき返す権利があってもいい
  • 刑法に基づいて正当防衛権を行使すべき
  • 学校内だから暴力が許されるのはおかしい
  • やり返したら職を失うんだから警察に頼るのはアリだと思う
  • 動画があるということは、もともと問題のある生徒だったってことでは?
  • 体罰はダメ。生徒の暴力も当然ダメ
  • 教室にカメラかレコーダーを常設すべき
  • 体罰反対はいいけど、生徒の暴力を止める人がいなければ話にならない
  • 暴行は犯罪だから
  • 社会に出るまで暴力は許されると思ってるガキが多すぎる
  • いじめも暴力だから逮捕で
  • まだ明るみに出てない暴行とかあるんだろうな
  • 暴力に対してペナルティを与えなかったら、この子はどこで反省するんだ?
  • 放っといたら武勇伝になるだけ。反省などしない
  • 教師が暴力を受けたら、他の生徒にも影響が出る

博多高校の生徒による暴力事件に関しては、逮捕された生徒が3日付で自主退学したそうです。

社会的な影響も大きく、退学した生徒からすると理不尽な目に遭ったと感じているかもしれませんが、SNSで情報を共有する時代においては、モラルに反した行動はできるだけ避けなければいけません。

もちろん、モラルに反した行動が非難されるのはSNSが普及したからではなく、本来すべきでないことだからです。そして、それを教えるのが学校の役目でもあり、生徒たちも学ばなければいけないところです。

退学にすべきだという保護者からの厳しい意見

たとえば、学校内であっても逮捕されるような案件であれば、社会的制裁を受ける時代です。それが生きにくい世の中なのではなく、これまで見過ごされていた部分が看過されなくなったというだけのこと。真面目に生きている人にとっては大きな問題がないのです。

しかし、それでも学校でいざこざを起こした生徒を、司法警察に引き渡すことに異論を抱く人は少なくありません。

保護者からは次のような意見があったそうです。

学校で起きた生徒による教師への暴力事件について、保護者からの意見

「将来があるから逮捕するとは思わなかった」

これこそが、これまで学校で起きた生徒の不祥事が看過され続けてきた理由です。

ただ、逮捕に関しては、警察が先に動いたことなので、学校側が警察に生徒を引き渡したわけではありません。実際、福岡の中学校では、常人逮捕する事件の前例などもあったので、逮捕は妥当だという判断に至ったのでしょう。

他にも、朝の情報番組『とくダネ!』でこの問題が取り上げられた時に、笠井アナウンサーが「これって少年事件の逮捕の事例なんだろうか?」と疑問を呈したシーンがありました。つまり、反省をしているなら、逮捕はやり過ぎだと考えられるということです。

これも暴行の瞬間を動画がSNSで拡散され、多くの人が不快に思ったことで、学校の裁量に収まらなかったことで仕方がなかったと言えるでしょう。逆に、学校側がしっかりと対処していれば、おそらく逮捕にもならず、そもそも学生の問題行動も制御できたことかもしれません。

【関連記事】
博多高校の生徒が教師を蹴る動画がTwitterで炎上⇒逮捕される!

トランペッター日野皓正が中学生に往復ビンタ制裁…何が問題なの?

 

今回も立て続けに福岡の中学校で、男子生徒による男性教師への暴力が原因で常人逮捕されるという事件が起きてしまいました。

ひょっとしたら、若気の至りで「法律なんて関係ねぇよ!」という感じだったのかもしれません。でも、学校で暴力沙汰を起こしたり、いじめをしたりしても、「血の気があってよろしい」とはなりませんからね。それは社会に出たら絶対に許されないことなのです。

そもそも、そんな些細な事で人生に傷をつけるのは割に合わないことなのです。

福岡の中学校にしても、教師が生徒を常人逮捕するというのは余程のことだったとは思うのですが、生徒が反省して改心してくれるのを願うばかりです。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ