モバイルバッテリーメーカーのおすすめは?Anker対Poweradd!

モバイルバッテリー頂上対決

今や現代人の必須アイテムとなったモバイルバッテリー。

この手のAV機器ならAmazonだろうと調べてみると、おすすめされているモバイルバッテリーの上位がAnkerというメーカーが高い独占率を誇っていました。

さらに調べてみると、デジタルガジェット情報誌『Mr.PC』がAmazonのモバイルバッテリーの製品テスト行っていたので早速チェック。検証結果では、Poweraddというメーカーのモバイルバッテリーが圧勝していました。

モバイルバッテリーは人気で選ぶか性能で選ぶか?

今回は、モバイルバッテリーメーカー『Anker対Poweradd』ということで、本当におすすめできる商品について詳しく見ていこうと思います。

Sponsored Link

モバイルバッテリーとは?

モバイルバッテリーとは、スマホやタブレット端末を外で充電するために、持ち運びができる予備電源です。外出先で、うっかりスマホやタブレットのバッテリーが残りわずかという時にも、モバイルバッテリーを携帯しておくといつでも充電できるので安心ですね。

また、停電や災害時など、ライフラインが途絶えてしまった時の緊急時の電源供給としても使えるので、いまや現代人の必須アイテムと言えるでしょう。

 

モバイルバッテリーの使い方は簡単。モバイルバッテリーを自宅で充電し、あとは外出先でスマホやタブレットにモバイルバッテリーをつなぐだけ。うっかりスマホの充電を忘れていた時や、外出先での充電切れのトラブルを回避できるのでとても便利です。

2017-2018年のモバイルバッテリーは、小型で大容量なのは当たり前で、高速充電や加熱防止、LEDライト搭載、太陽光で充電できるものなど、性能の高さにも注目が集まっています。

モバイルバッテリーおすすめの人

◆こんな人にオススメ!
  • 通勤中で動画や音楽を楽しむ人
  • かけ放題プランに入っていて通話利用の多い人
  • スマホを手放せず、移動中に充電をしたい人
  • 電源供給できない場所でのタブレット利用頻度が高い人
  • ポケモンGOなど外出先でゲームをよくする人
  • アウトドアやキャンプにスマホを携帯する人
  • スマホの充電寿命が短くなっている人
  • 災害時の予備電源を持っていない人

 

◆モバイルバッテリーを選ぶ時のポイント

モバイルバッテリーを選ぶ時のポイントは、以下の点にまとめられます。

  • 充電容量の大きさ
  • 軽さ
  • 急速充電の有無

 

充電容量が大きければ大きいほど充電回数が増えます。充電容量はmAh(ミリアンペアアワー)という単位で示されます。

そして、持ち運び用途として重要なのが『軽さ』です。最近のモバイルバッテリーは軽量化が進んでいるので、うっかりネットショッピングで驚くほど大きなものが送られてくることはないと思いますが、できるだけ軽いものを選ぶようにしましょう

そして、モバイルバッテリーを充電する時に急速充電できるかどうかも、しっかりとチェックしておきましょう。モバイルバッテリーの出力しようによって、充電できる速さが変わってきます。一般的には出力電流(単位:A)の数値が高い方が良いとされています。(例:2.0A>1.0A)

AmazonおすすめのモバイルバッテリーメーカーはAnker!

Amazonのモバイルバッテリー人気ランキング

Amazonでモバイルバッテリーの売れ筋ランキングを調べてみると、なんとAnkerというメーカーの製品がベスト3を独占していました。

Anker製品はどれも評価が高く、モバイルバッテリーのおすすめメーカーとしてAnkerの人気ぶりに圧倒されてしまいます。

そして、3,500件近くのカスタマーレビューが集まり、モバイルバッテリーでベストセラー1位に輝いているAnker製品はAnker PowerCore 10000です。

Amazonランキング1位のモバイルバッテリー

は、iPhone 6sを約4回充電できるスペックの高さを誇りながら、重量も野球のボール(180g)以下の軽量化に成功。上記で紹介した急速充電機能(最大2.4A)も搭載されているので、さすがモバイルバッテリー部門で2017年上半期のAmazonランキング大賞を受賞しているだけのことはあります。

また、製品の耐久性や信頼性も、他のメーカーと比べて優秀である可能性も高いので、迷ったらAnkerのモバイルバッテリーを選ぶのが良いかもしれません。

口コミ(PowerCore 10000)

  • スマホなら4回充電できる。数日間の旅行ならこれ一つで大丈夫。
  • ノーブランド品に比べて安心感がある
  • ポケモンGOをするには必須
  • サイズ、容量、値段ともすべて満足です
  • 抜群にコンパクト。カバンに入れていても邪魔にならない
  • 他のメーカーを試したことがないけど満足している
  • 充電器はキャリアメーカーの純正品に限る
  • 値段がお手頃で機能も優れていると思う

AmazonのAnker製品の口コミを見ればわかるように、消費者の満足度が非常に高いことがわかります。

ただ、デジタルガジェット情報誌『Mr.PC』が行った、モバイルバッテリー30製品のコストパフォーマンスを比較したテストでは、別のメーカーがトップに輝くことになりました。

モバイルバッテリーを性能で選ぶならPoweradd!

本当におすすめできるモバイルバッテリー最強決定戦

今回、Mr.PCが「AmazonのモバイルバッテリージャンルでベストセラーになっているAnker製品が、本当に良いのか検証しました」ということで行ったモバイルバッテリー最強決定戦。

Amazonにラインナップされているモバイルバッテリー30製品のコストパフォーマンス・軽さなどを検証。その総合点が高い順にランキングをつけていくという企画です。

 

モバイルバッテリーというのは、基本的にスペック上の容量と、実際に充電できる容量が異なります。実容量としては、スペックで表記されている数字の約60%だと考えておくのが一般的だそうで、これは機種によってバラつきがあると言われています。

そこで3つの項目に分けて、Amazonの売れ筋ランキング上位38製品を購入し、検証したそうです。

  1. 実容量率(=スペック容量に対して実容量の測定)
  2. 1円あたりの容量(=実容量に対してのコストパフォーマンス)
  3. 1gあたりの容量(=実容量に対しての軽さ)

 

そして、この検証で総合1位に輝いたのがPoweradd(パワーアド)という無名のメーカーの製品でした。

Poweradd Pilot X7 モバイルバッテリーランキング一位

Poweradd Pilot X7 20000mAh モバイルバッテリー 大容量 スマホ急速充電器 2 USBポート(3.4A+3.4A) iPhone / iPad / Galaxy / Xperia / Nexus / PSvita / タブレット / ゲーム機 等対応(ブラック)

今回のテスト項目である『実容量率』『1円あたりの容量』『1gあたりの容量』すべてにおいて、ベスト3に入った唯一の製品がPoweraddのPilot X7だけだったそうです。

Amazonの売上げランキングでトップをキープしているAnker製品に比べると、コストパフォーマンスはかなり高いことがわかります。特筆すべきは、一般的にスペックの60%ほどだと言われている実容量が、Pilot X7は75%をマークしたことでしょう。

Poweraddはモバイルバッテリーのコスパ最凶

これは、Anker製品に比べて倍以上のハイパフォーマンスなので、Amazonで絶賛されている「Anker製品は価格が安い」というイメージを根底からくつがえす検証となりました。もちろん、急速充電は2USBポート(3.4A)なので言うことなしです。

Sponsored Link

ちなみに、モバイルバッテリー10,000mAh未満のモデルに絞ったの検証結果でも、1位を獲得したのがPoweraddの製品でした。

Poweradd Slim2 モバイルバッテリーランキング2位

Poweradd Slim2 5000mAhモバイルバッテリー 2.1A急速充電 小型 iPhone / iPad / Xperia / Android各種他対応(ブルー)

Poweradd Slim2は、iPhone7を2回近くフル充電できて1,000円台ということもあり、かなりコスパが良いですね。

とはいえ、Anker製品は多くの方が使用している実績と安心感があるので、どちらを取るかは人それぞれと言ったところでしょう。ちなみに、Anker製品で唯一ベスト10に入ったのが9位のAnker PowerCore 13000だけでした。Amazonのおすすめでよく見かけるAnkerですが、意外なことにコスパ面では他のメーカーに遅れを取っているようですね。

【関連記事】
Amazon Fire HD 10(NEWモデル)変更点!メリット・デメリット!

 

ということで、モバイルバッテリーで本当におすすめできるメーカーについては、コストパフォーマンスで選ぶか人気で選ぶかで大きく意見が分かれそうです。

たとえば、スマホで充電する機会が多い人は、コスパの高いPoweraddのメーカー製品を選ぶのが良いでしょう。逆にコスパは劣っていても、人気の高いAnkerのメーカー製品を購入して安心感を得るのも悪くありません。

ただ、Amazonの売上げランキングだけを信じ過ぎるよりも、良い選択肢なら沢山あった方が良いということですね。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ